10万球の光で幻想的な世界 砺波チューリップ公園(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 10万球の光で幻想的な世界 砺波チューリップ公園(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00000002-hokuriku-l16
 砺波チューリップ公園(砺波市花園町)と周辺施設を約10万個の電球で彩る「チューリップ公園KIRAKIRA(きらきら)ミッション2018」が1日、開幕した。初日から大勢の人が訪れ、美しいイルミネーションによる幻想的な世界を楽しんだ。25日まで。
 市民の協力で設置した発光ダイオード(LED)電球で一帯を彩った。
 公園北門には砺波商工会議所青年部が作製した幅5・5メートル、高さ6メートルの「ライジングゲート」を設置し、両側にも翼のように電飾を広げた。新たに高さ約5メートルの雪だるま形のイルミネーション「キラキラ☆スノーマン」をひょうたん池に設け、チューリップタワー内はランタン風の電飾で演出した。水面や鏡を生かし、写真映えするよう配置を工夫した。
 点灯式で夏野修市長があいさつし、川岸勇市議会議長が祝辞を述べた。関係者と共にスイッチを押し、点灯させた。出町中学校合唱部による合唱披露もあった。25日まで午後5~10時に点灯する。8、24日は特別イベントを開催する。
 公園の活性化のため砺波市の青年サークル「となみ元気道場」が2012年に始め、13年から市や市観光協会が加わったキラキラ・アップ実行委員会(八田俊伸会長)が主催している。北日本新聞社後援。

“10万球の光で幻想的な世界 砺波チューリップ公園(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

ターゲット設定の提言も 持続可能な観光へセミナー 鹿児島県奄美大島瀬戸内町(南海日日新聞)

情報元 : ターゲット設定の提言も 持続可能な観光へセミナー 鹿児島県奄美大島瀬戸内町(南海日日新聞)奄美の南海日日新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181201-00010004-nankainn-l46
 自然保護と観光開発の両立などについて考える「持続可能な観光セミナー」が11月30日、鹿児島県奄美大島瀬戸内町のきゅら島交流館であった。講師から「どんな人に来てほしいのかを設定すべき」「インバウンド(訪日外国人旅行者)だけではなく国内の旅行者を増やすことを目指しては」などの提言があり、参加者は講演やパネルディスカッションを通して奄美大島の観光の在り方について考えを深めた。
持続可能な観光セミナーセミナーは奄美・沖縄が世界自然遺産登録を目指す中、自然環境を守りながら地元の発展につなげるためには何をすべきかを考えてもらおうと「せとうちんちゅネットワーク協議会」(高野良裕代表)が主催。奄美大島の観光業者や自治体職員ら約40人が参加した。
 鹿児島県自然保護課室長補佐の鶴田晃紀氏は、県が2016年に策定した「奄美群島持続的観光マスタープラン」について講話。自然保護の優先度によって地域別にルールを定め、多様な体験プランを提供することで経済効果の分散や観光客の満足度向上を目指す取り組みについて解説した。
 国連観光機関「持続可能な観光プログラム」諮問委員の高山傑氏は、過剰な観光化による自然破壊や旅行者の体験の低質化、外部資本による経済効果流失などのリスクについて指摘。「受け入れる住民側の満足度も含め、どんな人を呼び込むのかを考えた観光の展開が必要」と語った。
 大分県佐伯市観光協会業務執行理事の前嶋了二氏は瀬戸内町が同町西古見へ誘致を考えているクルーズ船寄港地開発計画について、海底に沈殿している泥の巻き上げや中心街へのアクセス道路建設、後背地のリゾート施設開発などによる環境への影響を懸念。 「観光開発は奄美全体のこととして考えてほしい。外貨獲得だけに注目せず、奄美大島を第2の拠点とする国内の旅行者を増やしてはどうか」などと提言した。
 パネルディスカッションでは奄美大島観光ガイドの基武雄氏、あまみ大島観光物産連盟の恒吉美智子氏が近年の奄美大島観光について、現場からの意見を報告。高山氏、前嶋氏と意見を交わした。

“ターゲット設定の提言も 持続可能な観光へセミナー 鹿児島県奄美大島瀬戸内町(南海日日新聞)” の続きを読む

しまねっこファン集まれ!〈しまねっこカフェ〉東京と島根で期間限定オープン(Webマガジン コロカル)

情報元 : しまねっこファン集まれ!〈しまねっこカフェ〉東京と島根で期間限定オープン(Webマガジン コロカル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-11642003-colocal-l32
その愛らしさで人気の、島根県の観光キャラクター〈しまねっこ〉。この夏より、しまねっこがプロデュースする〈しまねっこカフェ〉が東京と島根で開催されます!【写真で見る】しまねっこファン集まれ!〈しまねっこカフェ〉東京と島根で期間限定オープン☆東京での開催は2会場。2018年8月22日(水)~8月31日(金)まで、〈GRILL BURGER CLUB SASA代官山店〉(東京都渋谷区恵比寿西2-21-15)にて。
2018年8月22日(水)~9月24日(月・祝)の期間は、〈島根イン青山/レストランクーポール〉(東京都港区南青山7-1-5)にて。
会場ではオリジナルメニューや、今しか手に入らない限定グッズなどの特典が盛りだくさん!
GRILLBURGERCLUBSASA(代官山店)では“島根県産アジのタルタルバーガー”(1,300円)が、島根イン青山では“しまねっこオムライス”(1,000円)が食べられます。島根会場では、“しまねっこカプチーにゃ”(500円、いずれも税込)も。
会場では、しまねっこカフェ限定のグッズを販売。また、各会場に設置してあるスタンプを専用の台紙に押して応募すると抽選でプレゼントがもらえます。
2018年8月22日には、島根イン青山にしまねっこが来場します。一緒に写真が撮れるかも(予定)!
information
しまねっこカフェ
期間:2018年8月22日(水)~12月2日(日)まで
会場:東京都内(GRILL BURGER CLUB SASA(代官山店)、島根イン青山/レストランクーポール)、島根県内(島根県立美術館など5店舗)
Web:しまねっこカフェ公式サイト
writerprofile
AkikoSaito
齋藤あきこ
さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。
【コロカルニュース】とは?
全国各地の時事ネタから面白情報まで。コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

“しまねっこファン集まれ!〈しまねっこカフェ〉東京と島根で期間限定オープン(Webマガジン コロカル)” の続きを読む

横手で「平鹿イルミネーション点灯式」 打ち上げ花火も /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 横手で「平鹿イルミネーション点灯式」 打ち上げ花火も /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181128-00000019-minkei-l05
 「槻(つき)の木光のファンタジー」点灯式が12月15日、平鹿の「浅舞感恩講保育園地内」(横手市平鹿町浅舞)で行われる。(横手経済新聞)「槻の木光のファンタジー」昨年の点灯式での打ち上げ花火子どもたちに夢を与えたいと1987年(昭和62)年から例年行うイルミネーション。秋田県指定天然記念物の「槻の木」をLEDで装飾した高さ約40メートルの巨大クリスマスツリーが毎年多くの人を魅了する。琵琶沼周辺のイルミネーションとツリーを、合わせて約3万個を超えるLEDがライトアップする。
点灯式当日は、おしるこや甘酒を振る舞うほか、大クラッカーや打ち上げ花火が会場を盛り上げる。平鹿・大雄・大森・十文字の市内4地域を回ることで抽選会に応募できる「イルミネーションスタンプラリー」を行う。
平鹿町観光協会事務局の佐藤久司さんは「地元の方はもちろん、観光客の皆さんにも槻の木のイルミネーションを見ていただきたい」と話す。
 開催時間17時30分~。点灯時間は17時~24時(12月24日は翌2時まで)。来年1月13日まで。

“横手で「平鹿イルミネーション点灯式」 打ち上げ花火も /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

富山に「日本刀鍛錬道場」開業へ 刀匠の弟子・高田さん(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 富山に「日本刀鍛錬道場」開業へ 刀匠の弟子・高田さん(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181128-00000010-hokuriku-l16
 著名な刀匠・吉原義人さん(東京)の道場に弟子入りし、腕を磨いた魚津市友道の高田欣和(よしかず)さん(44)=刀工銘・義景(よしかげ)=が、富山市横内を拠点に、日本刀制作を始めている。制作拠点を自由に見学できる日本刀鍛錬道場にしようと準備を進めており、来月の本格開業を目指す。高田さんは「機能を追求し、自然と美しさのにじみ出る刀を作りたい」と話している。
 吉原義人さんは、伊勢神宮の御神刀を作刀し、米国のメトロポリタン美術館やボストン美術館に作品が展示されている第一人者。
 高田さんは滑川市出身で、30歳目前で会社員から転身し、義人さんと息子の故義一さんの元で修業した。2012年に文化庁作刀実施研修修了証を取得。17年には日本刀保存協会の現代刀職展で優秀賞を受賞し、同年末にUターンした。
 富山市の制作拠点は、かつて作刀に使われていた建物を再利用。見学者を迎えられるよう内装を整えている途中だが、現代刀職展に向けた制作は既に始めている。師匠に倣い、初心者でも日本刀作りに親しめるよう、道場には材料の玉鋼(たまはがね)や制作過程ごとの刀見本をそろえた。
 高田さんは「縁あって富山で制作することになった。道場は誰でも自由に来られるようにしたい」と話した。

“富山に「日本刀鍛錬道場」開業へ 刀匠の弟子・高田さん(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

ロボット作り技術学ぶ 来年1月のジュニア大会向け講座(岐阜新聞Web)

情報元 : ロボット作り技術学ぶ 来年1月のジュニア大会向け講座(岐阜新聞Web)岐阜新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181127-00093498-gifuweb-l21
 来年1月に岐阜県大垣市で開かれる、子どもたちが自作のロボットを使ってサッカー種目で競う「大垣市長杯ロボカップジュニア大垣ノード大会」に出場する小、中学生を対象とした集中講座が、同市小野の情報工房で開かれ、プログラミングしたロボットの動きなどを確認した。
 大会は、大垣観光協会が市制100周年記念事業として開催する。参加者は大会までにA、Bコースに分かれて基礎を学ぶ「スタートアップ講座」を2回とロボットの改良などを行う「フォローアップ講座」を3回受講する。1回目の講座ではロボットの組み立てを行い、センサーやモーターなどを取り付けた。進んだり後退したりといった基本的なプログラミングを学んだ。
 Aコースの第2回の講座には小学4年から中学2年までの19人が参加。ボールの方向に進み、黒の線をセンサーで識別するようパソコンでプログラムを作成した。2人1組でサッカーの試合を行い、ロボットが相手ゴールにボールを運ぶと歓声を上げて喜んだ。
 同協会は大会の出場者を募集している。申し込み期限は来年1月5日。申し込み、問い合わせは同大会事務局、電話0584(74)8861。

“ロボット作り技術学ぶ 来年1月のジュニア大会向け講座(岐阜新聞Web)” の続きを読む

東大と三重県が協定 地域づくりに連携  三重・四日市市(三重テレビ放送)

情報元 : 東大と三重県が協定 地域づくりに連携  三重・四日市市(三重テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181126-00010004-mietvv-l24
 三重県と東京大学が、県内の地域課題への対応や活力ある地域づくりに向けて互いに連携することになり23日、四日市市内で協定の締結式が行われました。
 締結式には、東京大学の五神真総長と三重県の鈴木知事が出席し、連携協定書に署名しました。
 協定では、産業や観光といった県内の地域課題に対応するため、学術研究の推進や地域での取り組みを通じた人材の交流など、互いに協力して進めることがうたわれています。
 さらに東京大学は来年2月、地域課題に関する研究機構のサテライト拠点を全国で初めて四日市市内に設置する予定で、三重県を対象とした研究プロジェクトの活動や、三重大学など県内の大学との共同研究などが進められることになっています。

“東大と三重県が協定 地域づくりに連携  三重・四日市市(三重テレビ放送)” の続きを読む

アウトレット起点、御殿場周遊しよう 12月から、市と共同企画(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)

情報元 : アウトレット起点、御殿場周遊しよう 12月から、市と共同企画(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)静岡新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181127-00000023-at_s-l22
 年間1千万人に上る御殿場プレミアム・アウトレットの来訪者に御殿場市内を周遊してもらおうと、市とアウトレットは12月から2019年3月まで、御殿場周遊キャンペーンを実施する。アウトレットで配布する周遊チケットを市内の観光施設などで提示すると、割引やプレゼントなどの特典を受けることができる。
 市の観光ハブ都市づくり推進事業。過去にアウトレット単独で同様の取り組みを行ったことはあるが、共同実施は初めて。同施設内の「ごてんば観光案内所」で、周遊チケットを毎月先着300枚配布する。市民も入手できる。
 キリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所の見学ツアーでウイスキーミニボトルのプレゼント、秩父宮記念公園の入園料無料など9施設が特典がある。立ち寄った施設でスタンプをもらい応募すると、抽選で特産品などが当たる。
 市は3%程度と言われているアウトレット来訪者の市内周遊の割合を、5%とする目標を掲げる。若林洋平市長は「御殿場には楽しみ方がたくさんあると知ってもらい、インスタグラムや口コミで広めてほしい」と期待を込める。

“アウトレット起点、御殿場周遊しよう 12月から、市と共同企画(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)” の続きを読む

万代太鼓港町沸かせ50年 23日、新潟市芸文で記念公演(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 万代太鼓港町沸かせ50年 23日、新潟市芸文で記念公演(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-00000004-hokuriku-l15
 大小の和太鼓に「樽砧(きぬた)」や、しの笛の音が重なる勇壮で軽快な響き-。新潟まつりを活性化させようと始まった「万代太鼓」がことし創設50周年を迎えた。港町新潟の郷土芸能として定着し、活動してきた関係者は「ようやくここまできた」と喜ぶ。23日には、新潟市の市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)で、恒例の「万代太鼓フェスティバル」が50周年記念として開かれる。
 「新潟の新しい郷土芸能にしようとやってきた。ようやくここまできた」と語るのは、創設当時を知る白井国男さん(70)=東区=。万代太鼓を「たたくと気持ちが高揚する。その魅力に取り付かれた連中の集まりなんだ」と笑う。
 万代太鼓は1968(昭和43)年、新潟商工会議所が新潟まつり活性化策として発案したことが始まりだ。その後、普及に尽力した当時の商議所職員・小泉光司さん=故人=の呼び掛けで、白井さんらが結集した。石川県の片山津太鼓の指導を受け、万代太鼓をつくり上げた。
 翌69年1月には、万代太鼓の源流となる「飛龍会」が誕生した。万代太鼓を演奏する企業のグループが次々と結成され、現在22団体が加盟する「新潟万代太鼓振興会」ができた。
 名前について、同振興会会長、広川隆夫さん(70)=北区=は「市民の心のよりどころである萬代橋にちなみ『万代』の名前を付けたようだ」と説明する。
 また初期の頃から、後継者育成のため、小中学校にも活動を広げた。活動が細ることがなかったのは「子どもたちへの普及に力を入れてきたのも大きい」と関係者は口をそろえる。
 これまで国内外で公演を行うなど、新潟のPRに一役買っている。現在、各団体を合計すると年300以上の舞台があるという。
 23日の公演には、17団体が出演する。各団体から選抜された子どもの合同演奏もあり、11日には東区で最終練習があった。沼垂小「鼓助」に所属する6年生の女子児童(12)は「50周年の舞台に立てるなんてうれしい。心を一つにして頑張りたい」と意気込む。
 フェスティバルは午後1時半から。太鼓芸能集団「鼓童」も特別出演する。入場料千円、高校生以下は500円。問い合わせは振興会事務局、025(270)9329。

“万代太鼓港町沸かせ50年 23日、新潟市芸文で記念公演(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

東京五輪・パラ「フラッグツアー」 30日から群馬県内13市町村巡回 県出身オリンピアンも参加(産経新聞)

情報元 : 東京五輪・パラ「フラッグツアー」 30日から群馬県内13市町村巡回 県出身オリンピアンも参加(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00000017-san-l10
 2020年東京五輪・パラリンピックの旗が全国の都道府県で巡回展示される「フラッグツアー」が30日、県入りする。旗は12月27日まで13市町村を巡回。これまで訪れた都道府県でのイベントの様子を伝えるパネルなどとともに展示される。関連イベントには過去の大会に出場した県出身のオリンピアンも駆けつけ、五輪ムードを盛り上げる。(住谷早紀)
 県入りする30日には、前橋市の県庁県民ホールで「フラッグ歓迎イベント」を開催。千代田町出身でロンドン五輪レスリング銅メダリストの松本隆太郎さんがアンバサダーとして参加する。
 旗は翌12月1日から県庁県民ホールを皮切りに、吉岡町、川場村、草津町、嬬恋村などを巡回。同24、25日には高崎市の高崎アリーナ1階事務所前で展示され、貴重な「クリスマスプレゼント」になりそうだ。
 また、期間中の同17日には、フェアプレー精神や多様性への理解を深める「東京2020オリンピック・パラリンピック教育実施校」として認証を受ける桐生大付属中(桐生市小曽根町)に、オリンピアンが訪問する予定。教師役となり、自らの経験を通して大会の価値を生徒たちに伝えるという。
 ツアーは平成28年10月に東京都をスタートし、来年3月の高知、山梨両県まで全国を巡回する。
 大会開催年の3月31日と4月1日には、福島県を起点とした聖火リレーが県内を通過する予定。4~6月に開催される大型観光キャンペーン「デスティネーションキャンペーン(DC)」とともに、県の魅力をPRする絶好のチャンスになると期待される。

“東京五輪・パラ「フラッグツアー」 30日から群馬県内13市町村巡回 県出身オリンピアンも参加(産経新聞)” の続きを読む