隠岐・中ノ島で「カセキパーラー」 日の目見ぬ化石にスポット、京都の学生ら開く /島根(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 隠岐・中ノ島で「カセキパーラー」 日の目見ぬ化石にスポット、京都の学生ら開く /島根(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180821-00000015-minkei-l32
 隠岐・島前中ノ島の町歴史民俗資料館・民具館(海士町海士)が収蔵する古代の化石をモチーフに据えたイベント「カセキパーラー」が8月23日・24日、同館で開かれる。(隠岐経済新聞)「小さな自分」 イベントを開くのは、京都造形芸術大学(京都市)空間演出デザイン学科海士町ゼミの学生ら。ゼミ旅行で同島を訪れる機会をターゲットに約6カ月かけて企画・準備を進め、20日に来島した。
 モチーフに据えた化石は、収蔵を観光客や島民へアピールできていないのが実情。両日は、見やすさ・訪れやすさを工夫した空間を設けて化石を展示する。展示では、あらかじめ島民らに彩色で協力を求めてきた身長3センチメートルほどの人形「小さな自分」も使う。
 併せて同館前には飲食ブースを特設。いずれも「地層」「発掘」「化石」をテーマにフードクリエーター・小桧山聡子さんの監修を受けたスイーツで、ラスクを使った「地層サンド」(200円)や島特産のふくぎ(クロモジ)茶のシロップをかけた「発掘かき氷」(500円)、アイスクリームを島に見立てた「カセキフロート」(600円)を提供する。
 ゼミ代表の学生・新宮夏樹さんは「せっかくの化石を島の宝として認知してもらいたい。私たちが学んできたデザインの力で、もっと訪れたくなるような空間を演出できることも知ってもらえれば」と来場を呼び掛ける。化石は2020年4月のリニューアルオープンを目指す島内の宿泊施設「マリンポートホテル海士」に移して展示する予定もあるという。
 開催時間は11時~19時。

“隠岐・中ノ島で「カセキパーラー」 日の目見ぬ化石にスポット、京都の学生ら開く /島根(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

高知商業高校の生徒たちがおもてなしに挑戦(テレビ高知)

情報元 : 高知商業高校の生徒たちがおもてなしに挑戦(テレビ高知)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00010000-kutvv-l39
高知市内でも高知商業の生徒たちが奮闘している姿が見られました。クルーズ客船でやってきた外国人への観光案内です。
高知商業高校では英語教育の一環で去年から有志の生徒が外国人観光客を案内しています。きょうは香港発のクルーズ客船=ボイジャー・オブ・ザ・シーズが高知新港に寄港し、およそ3700人の乗客が高知にやってきました。高知商業高校の生徒は港からのバスが発着するはりまや橋観光バスターミナルと中心街の帯屋町の二手にわかれて市民ボランティアらと観光案内などを行ないました。
クルーズ客船で来高する外国人への観光案内は、今月12日に高知南高校も行っていて、南高校の生徒はあさって18日にも案内をする予定です。

“高知商業高校の生徒たちがおもてなしに挑戦(テレビ高知)” の続きを読む

夏の風物詩「人形のまち岩槻まつり」に12万人 挙式控えた夫婦、ジャンボひな段に並び“結婚式”(埼玉新聞)

情報元 : 夏の風物詩「人形のまち岩槻まつり」に12万人 挙式控えた夫婦、ジャンボひな段に並び“結婚式”(埼玉新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180821-00010001-saitama-l11
 岩槻の夏を彩る風物詩「人形のまち岩槻まつり」(同実行委員会主催)が19日、埼玉県さいたま市岩槻区の東武線岩槻駅東口周辺で開かれた。人形仮装パレード、ジャンボひな段など人形のまちを体現する催しが行われ、約12万人が来場した。夏休みもあと少し!まだ行ける県内祭り日程 平成最後の夏休み、忘れられない思い出を 市民に郷土の歴史と文化の素晴らしさを実感してもらい、観光と商業振興を図る目的で開催され、今年で43回目を迎える。
 人形仮装パレードは、地元の小学生や高校生ら32人がひな人形に扮(ふん)し、岩槻黒奴に先導されて約2キロを練り歩いた。旧岩槻区役所跡地に到着すると、3段のジャンボひな段に並んで記念撮影。お内裏様、お雛(ひな)様は挙式を控えた夫婦が務め、大勢の見物客に祝福されて“結婚式”を挙げた。

“夏の風物詩「人形のまち岩槻まつり」に12万人 挙式控えた夫婦、ジャンボひな段に並び“結婚式”(埼玉新聞)” の続きを読む

遠くへ「プッ」 モモの種、最長不倒は7m98cm/南部町で全国大会(Web東奥)

情報元 : 遠くへ「プッ」 モモの種、最長不倒は7m98cm/南部町で全国大会(Web東奥)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180820-00000003-webtoo-l02
 青森県南部町の達者村農業観光振興会(川守田義雄会長)は19日、町内の観光農園「パノラマ観光果夢園」でモモの種飛ばし全国大会を開いた。参加者はもぎたてのモモの味を楽しんだ後、勢いよく種を吹き飛ばして距離を競った。
 14回目を迎えた今年は八戸市、階上町や米軍三沢基地などから家族連れ計49人が参加した。園内で栽培された「あかつき」を味わった後、直径3センチほどの種を体を反らして遠くに飛ばす大人もいれば、思い通りに口から出せず、足元に落としてしまう子どももいて、会場は笑いに包まれた。
 大会記録である15メートル19センチを塗り替える人はなく、同基地のディヴィアス・バーローさん(20)が7メートル98センチで優勝し、モモ10キロとブドウ2キロがプレゼントされた。
 3年連続で出場し、今回4メートル23センチを記録した佐々木こはるさん(階上中1年)は「夏休み終わりの良い思い出になった。来年も出て、記録を更新したい」と笑顔で振り返った。
 町内の観光農園ではこの日からモモ狩りがスタートした。9月10日ごろまで楽しめるという。川守田会長は「町の名産をぜひ味わってほしい」と話した。問い合わせは、ながわ農業観光案内所(電話0178-76-3020)へ。
 

“遠くへ「プッ」 モモの種、最長不倒は7m98cm/南部町で全国大会(Web東奥)” の続きを読む

お盆でにぎわうわんぱーくこうち(テレビ高知)

情報元 : お盆でにぎわうわんぱーくこうち(テレビ高知)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00010002-kutvv-l39
きょうは盆の入り。高知市のわんぱーくこうちは帰省客や家族連れでにぎわいました。
きょうも気温が上がり、日中の最高気温は大栃で34.7度、高知で34.5度など県内全域で真夏日に、江川崎では35.1度と猛暑日となりました。この暑さの中、高知市のわんぱーくこうちはお盆の帰省客や観光客らでにぎわい、多くの家族連れが水遊びなどを楽しんでいました。
「楽しいです。(夏休みにしたいことは)虫取り。」
また、わんぱーくこうち内にはミストが設置されている場所があり、訪れた人たちの憩いの場になっていました。
「暑いですね今年は特に。ここ(ミストの中)はすごく涼しいですね。ありがたいです。」
暑さ対策は動物たちにも。ミストの下で休むシマウマや飼育員さんにもらった氷のペットボトルにぴったり寄り添うモルモットの姿が見られました。この暑さに日陰に大集合した動物たちもぐったり。あまりの暑さに百獣の王ライオンもこの姿。
わんぱーくこうちアニマルランドではさらにホットな話題が・・・
今月10日、ニホンカモシカの赤ちゃんが誕生しました。名前はまだ決まっていませんがすでに展示されています。大人のニホンカモシカと違い真っ黒な毛が特徴的で、一年もすれば親離れするということです。
お母さんカモシカに甘える可愛らしい姿を見られるのも今だけです。こちらがカモシカの赤ちゃんの写真です。お母さんにぴったり寄り添う姿が愛くるしいですよね。この夏ぜひニホンカモシカの赤ちゃんに会いに行ってみてはいかがでしょうか。

“お盆でにぎわうわんぱーくこうち(テレビ高知)” の続きを読む

精霊流し(長崎)(NBC長崎放送)

情報元 : 精霊流し(長崎)(NBC長崎放送)NBC長崎放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00001372-nbcv-l42
長崎のお盆の伝統行事『精霊流し』が行われ町中が、故人を偲ぶ爆竹と鉦の音に包まれました。
初盆を迎えた家が故人の御霊を船に乗せ西方浄土へ送り出す『精霊流し』。故人にちなんだものなど様々な形をした『精霊船』がゆかりの人たちに引かれながら街中を移動しましたことし、県内ではおよそ3100隻の精霊船が流されました。沿道には多くの観光客もつめかけ「迫力があって感動しました」という声が聞かれました大切な人との思い出も乗せて『精霊流し』は昨夜遅くまで続きました。

“精霊流し(長崎)(NBC長崎放送)” の続きを読む

阿波おどり「総踊り」を強行 徳島市「中止」要請するも(MBSニュース)

情報元 : 阿波おどり「総踊り」を強行 徳島市「中止」要請するも(MBSニュース)MBSニュースhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00023920-mbsnewsv-l36
 徳島市の阿波おどりをめぐり実行委員会が名物の「総踊り」を今年から中止すると発表しましたが、これに反発する踊り子グループが13日夜、独自に総踊りを行いました。
 13日夜10時すぎ、総踊りを中止とした実行委員会に反発する踊り手側。
 「演舞場以外での大規模な踊りは非常に危険ですので」(実行委員会の市職員)
 「阿波おどり本来の姿というのは桟敷でやるだけのもんではあらへん。やります!」(阿波おどり振興協会 山田実理事長)
 阿波おどりはこれまで徳島市の観光協会などが主催してきましたが、多額の累積赤字を抱え今年から市が中心の「実行委員会」に代わりました。
 実行委員長を務める徳島市の遠藤市長は阿波おどりの名物となっていた総踊りにだけ人気が集まり、他の場所のチケット販売に悪影響が出るとして、総踊りの中止を宣言していました。しかし、踊り子グループがこれに反発して総踊りを強行。大きなトラブルにはなりませんでしたが、遠藤市長は「誠に遺憾で対応を協議したい」としています。

“阿波おどり「総踊り」を強行 徳島市「中止」要請するも(MBSニュース)” の続きを読む

15日の精霊流しで交通規制 長崎電気軌道も一部運休(長崎新聞)

情報元 : 15日の精霊流しで交通規制 長崎電気軌道も一部運休(長崎新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00000005-nagasaki-l42
 長崎県警は15日、伝統行事「精霊流し」に伴い、県内5市の一部で交通規制を実施する。このうち、精霊船が例年、最も多い長崎市では、中心部で車両と歩行者の通行が午後6時から行事終了まで禁止される。
長崎市以外では、
  ▽佐世保市=車両通行禁止を同7時~10時(一部は同3時からと同6時から)
  ▽諫早市=車両通行禁止を同7時~9時
  ▽大村市=一方通行を同6時~9時
  ▽島原市=車両通行禁止(一部は大型と中型を除く)を同7時~10時
でそれぞれ予定している。
 長崎市では、長崎電気軌道も同5時ごろ以降、1号系統の新地中華街-崇福寺間、4号系統の全区間を運休する。
 長崎県警交通規制課によると、県内では13日現在、道路使用許可の届け出が必要な全長2メートル以上の精霊船だけで826隻(昨年比101隻減)が予定。このうち、最も多い長崎市では427隻(同67隻減)となっている。
長崎市中心部の主な車両通行禁止区間は次の通り。
  ▽崇福寺入口交差点-観光通り-中央橋-旧県庁前-夢彩都前
  ▽長崎駅南口交差点-五島町交差点-玉江橋交差点(一部区間、路線バスを除く)
  ▽馬町交差点-桜町小前-興善町交差点-テレビ長崎前-県警本部前交差点
  ▽玉江橋交差点-夢彩都前-県警本部前交差点-流し場付近道路(一部区間を除く)

“15日の精霊流しで交通規制 長崎電気軌道も一部運休(長崎新聞)” の続きを読む

静岡空港→韓国・釜山便PR 6年ぶりチャーター機(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)

情報元 : 静岡空港→韓国・釜山便PR 6年ぶりチャーター機(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)静岡新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00000019-at_s-l22
 静岡県などは14日、静岡空港から韓国・釜山へのチャーター便運航と、韓国・忠清南道との友好提携5周年を記念した企画ツアーをPRする街頭キャンペーンを、JR静岡駅北口で行った。
 県職員と静岡空港利用促進協議会、旅行会社の関係者計10人が、乗降客や通行人にパンフレットを配った。
 静岡-釜山間のチャーター便運航は2012年以来6年ぶりとなる。運航は韓国の航空会社「エアプサン」で、10月13~15日に双方向チャーター便を予定する。
 釜山での観光や買い物を楽しむフリープラン、釜山の名所や慶州の世界遺産を巡るツアーなどの旅行商品も用意されている。
 忠清南道へのツアーは静岡空港のソウル定期便を利用する。10月1日に出発し、忠清南道の世界遺産を巡る3泊4日の「県民友好交流団 世界遺産の公州扶余」と、11月1日出発の4泊5日「ウオーキングフェスタin百済」がある。

“静岡空港→韓国・釜山便PR 6年ぶりチャーター機(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)” の続きを読む

調べに合わせ勇壮に 二俣いやさか踊り(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 調べに合わせ勇壮に 二俣いやさか踊り(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00000001-hokuriku-l17
県無形民俗文化財「二俣いやさか踊り」(北國新聞社後援)は15日、二俣町の真宗大谷派本泉寺で行われ、住民や帰省した出身者ら約300人が調べに合わせて伝統の踊りを繰り広げた。
 浴衣やはかま姿の子どもからお年寄りまでが境内で輪になり、歌や鈴の音に合わせて、男性の勇壮な「太刀踊り」「鈴踊り」、女性のたおやかな「手踊り」「扇踊り」など6種類で踊りの輪を広げた。
 二俣いやさか踊りは、1183(寿永2)年、木曽義仲が倶利伽羅峠の合戦で平家の軍勢を破り、勝利を知らせるのろしを見た住民が喜び、踊ったのが始まりと伝えられる。

“調べに合わせ勇壮に 二俣いやさか踊り(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む