秋田犬保護活動のONE FOR AKITAプロジェクト クールジャパン・マッチングアワードで準グランプリ受賞/秋田(CNA秋田ケーブルテレビ)

情報元 : 秋田犬保護活動のONE FOR AKITAプロジェクト クールジャパン・マッチングアワードで準グランプリ受賞/秋田(CNA秋田ケーブルテレビ)CNA秋田ケーブルテレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190220-00010000-cnaakitav-l05
秋田犬保護活動のONEFORAKITAプロジェクトが、第3回クールジャパン・マッチングアワードで、その活動内容が高く評価され2月19日、準グランプリを受賞しました。
クールジャパン・マッチングアワードとは、クールジャパン官民連携プラットフォームの主催で、業種の垣根を越えて連携し、日本の魅力を海外に展開する新たなサービスや商品などを生み出す先進的なプロジェクトに対して評価、表彰するものです。今回、全47件の応募プロジェクトから5つの団体が表彰されました。
ONEFORAKITAプロジェクトとは、公益社団法人秋田犬保存会と株式会社秋田ケーブルテレビが連携したプロジェクトで、秋田犬の飼育頭数拡大や殺処分ゼロという課題を解決するため、バッグやバンダナなどの商品開発・販売をし、その売り上げの一部を秋田犬の保護費用として寄付する展開をしているものです。
表彰式は東京ビッグサイトで行われ、一般社団法人ONEFORAKITAからは三浦廣巳理事長、遠藤敬秋田犬保存会会長ら関係者8人が出席しました。
このONEFORAKITAプロジェクトは、今後も秋田犬保護のため、活動を広く長く続けていくとのことです。

“秋田犬保護活動のONE FOR AKITAプロジェクト クールジャパン・マッチングアワードで準グランプリ受賞/秋田(CNA秋田ケーブルテレビ)” の続きを読む

春の香り…特産のアサツキ収穫が最盛期 北海道豊浦町(HBCニュース)

情報元 : 春の香り…特産のアサツキ収穫が最盛期 北海道豊浦町(HBCニュース)北海道放送(株)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190205-00000004-hbcv-hok
胆振の豊浦町では、春の香りが楽しめる特産のアサツキの収穫が最盛期を迎えています。
雪に囲まれたビニールハウスの中に、春を感じさせる青々とした景色が広がります。
豊浦町の根津公男さんは、毎年およそ2.5トンのアサツキを出荷しています。
野生種を品種改良した豊浦町のアサツキは、葉が太く、卵とじのほかジンギスカンやギョーザに入れても香りや甘みを楽しめます。
今年は先月に寒い日が続きましたが、生育は順調だということです。
「生育は至って順調で、おかげさまでちょうどいい春一番のアサツキを食べてもらえるかなと思っている」(根津公男さん)
収穫は4月まで続き、地元の道の駅のほか、農協を通して札幌などにも出荷されます。

“春の香り…特産のアサツキ収穫が最盛期 北海道豊浦町(HBCニュース)” の続きを読む

長野県人口206万1053人 17年連続減少 昨年の出生数、過去最低(産経新聞)

情報元 : 長野県人口206万1053人 17年連続減少 昨年の出生数、過去最低(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00000034-san-l20
 ■2年連続で「転入超過」
 県のまとめによると、1月1日現在の県の人口は206万1053人で、この1年間で1万2116人(0・58%)減少した。人口減は17年連続で、出生数が死亡数を下回る「自然減」に歯止めがかからないのが主な要因。一方、昨年1年間の県内への転入者数は、県外への転出者を230人上回り、2年連続で「転入超過」となった。
 昨年1年間に生まれた赤ちゃんは平成29年と比べて377人少ない1万4351人で、少子化を反映して過去最低を更新した。一方、死亡者数は192人減ったものの2万5511人にのぼった。この結果、自然減は1万1160人と前年に続いて1万人を超え、初めて1万1千人台となった。自然減は15年連続。
 一方、昨年1年間の転入者数は前年比1606人増3万8264人だったのに対し、転出者数は1623人増の3万8034人だった。外国人の増加などで転入超過になったものの、県内の若者が大学進学などで県外に流出する傾向が続いているとみられる。
 市町村別でみると、前年比で人口が増えたのは軽井沢町、原村、南箕輪村、白馬村など8町村。郡別では北佐久郡(軽井沢町など)だけが増えた。一方、19市は全て減少し、長野市は県内の市町村で最も多い2475人減となった。
 県は人口の減少を食い止めるため、県内への移住促進や結婚・出産・子育てへの支援、企業誘致などに引き続き注力する考えだ。

“長野県人口206万1053人 17年連続減少 昨年の出生数、過去最低(産経新聞)” の続きを読む

香川県でまた死亡事故 87歳女性が軽自動車にはねられ死亡 高松市(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : 香川県でまた死亡事故 87歳女性が軽自動車にはねられ死亡 高松市(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00010000-ksbv-l37
 香川県では今年、交通死亡事故が多発しています。1月31日夜には、高松市で87歳の女性が軽自動車にはねられ、死亡しました。
1月31日午後7時45分ごろ、高松市東山崎町の県道交差点で、高松市前田東町のパート従業員太田美代子さん(87)が横断歩道を渡っていたところ、軽自動車にはねられました。
 この事故で太田さんは頭を強く打ち、病院に運ばれましたが約2時間後に死亡しました。
 交差点には押しボタン式の信号があり、警察が事故当時の状況を調べています。香川県では今年、交通事故で6人が亡くなっていて、去年の同じ時期の2倍となっています。

“香川県でまた死亡事故 87歳女性が軽自動車にはねられ死亡 高松市(KSB瀬戸内海放送)” の続きを読む

徳島駅前ににぎわいを 四国大生がイベント(徳島新聞)

情報元 : 徳島駅前ににぎわいを 四国大生がイベント(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-03148977-tokushimav-l36
 四国大生が徳島駅前の活性化を目的としたイベント「四国大学 徳島駅前にぎわいキャンパス」を企画した。駅周辺の3会場をキャンパスに見立て、若者や親子連れを対象にした催しを行う。期間は12日から3月7日まで。
 徳島市から駅前のにぎわい創出への協力を求められ、四国大生活科学科の学生57人が企画した。徳島駅クレメントプラザとアミコ専門店街、ポッポ街商店街を会場に、バルーンアート体験やポスター展など六つの催し(いずれも無料)を実施する。事業費は66万円。徳島市の「市中心市街地賑わい創出事業」の補助(3分の2)を受けた。
 初日の12日は、3年生24人が、バルーンアート体験や歯磨き指導などを3会場で実施。親子連れらが大勢訪れ、犬やハート型の風船を作ったり、学生から歯の磨き方を教わったりした。
 学生が手掛けたバレンタインデー用ポップ広告の展示会(16日~2月14日)、駅前の24店を紹介するポスター展(2月15日~3月7日)を予定している。今月25、26両日は、来場者にカラーコーディネートを助言するブースを設ける。
 3年の國久真依さん(20)=徳島市多家良町=は「若い世代や子どもたちが楽しめる空間をつくり、駅前をにぎやかにしたい」と話した。

“徳島駅前ににぎわいを 四国大生がイベント(徳島新聞)” の続きを読む

前橋初市まつり 多くの人で賑わう(群馬テレビ)

情報元 : 前橋初市まつり 多くの人で賑わう(群馬テレビ)群馬テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190110-00010002-gtv-l10
 前橋市の新春恒例行事「前橋初市まつり」が開かれ、古いだるまを供養するお焚き上げが行われました。
 前橋市本町にある八幡宮では、初市まつりの幕開けとなる、だるまのお焚き上げが行われました。お焚き上げは、一年の役割を終えた古だるまを供養するものです。
会場には、前橋市の山本市長や県選出の国会議員などが出席し、市民や企業から集められただるまの前で神事が執り行われました。境内の広場に積み上げられただるまが炎に包まれると、集まった人たちは煙を身体に当てるなどし、無病息災を祈っていました。
 また、国道50号の本町通りには、約330店の露店が軒を連ね、多くの人たちが福を求めてだるまを買い求めていました。

“前橋初市まつり 多くの人で賑わう(群馬テレビ)” の続きを読む

家内安全、豊漁、五穀豊穣へ願い込め勇壮に 東通で伝統の能舞/青森(Web東奥)

情報元 : 家内安全、豊漁、五穀豊穣へ願い込め勇壮に 東通で伝統の能舞/青森(Web東奥)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00000004-webtoo-l02
 国の重要無形民俗文化財「下北の能舞」を伝承している青森県東通村の各集落で1日から、各家を回って家内安全、豊漁、五穀豊穣(ほうじょう)を祈祷(きとう)する「門打ち」や、能舞が行われている。2日夜は、鹿橋青年会が地区の集会所で能舞を披露。住民たちが、舞台で繰り広げられる勇壮な舞に盛んに拍手を送り、新年の訪れを祝った。
 舞台は午後6時すぎに始まり、同青年会のメンバーたちが式舞の「とりまい」「おきな」、武士舞の「しのぶ」などを次々と舞った。太鼓や笛、手びらがねなどの情感あふれる囃子(はやし)に合わせ、演者は時に優美な、時に軽快な舞を披露。集落には夜遅くまで、住民たちの拍手や歓声が響いていた。
 秋田市から帰省し、7年ぶりに「しのぶ」を舞ったという大学生の赤石凱斗(かいと)さん(20)は「お客さんの視線がある中で舞うと、気分がどんどん盛り上がってきた。今度帰省したときもまた稽古を積んで、能舞を継承していきたい」と話した。
 同青年会の須道直樹会長は「正月の能舞は、地域が楽しみにしている特別な舞台。若い人たちにも、能舞の歴史を受け継いでいけたら」と語った。
 

“家内安全、豊漁、五穀豊穣へ願い込め勇壮に 東通で伝統の能舞/青森(Web東奥)” の続きを読む

「人を育てなさい」遺訓を胸に全国初挑戦 元Jリーガー、龍谷高サッカー部・太田恵介監督 亡き前理事長にいい報告を 佐賀(佐賀新聞)

情報元 : 「人を育てなさい」遺訓を胸に全国初挑戦 元Jリーガー、龍谷高サッカー部・太田恵介監督 亡き前理事長にいい報告を 佐賀(佐賀新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-03320467-saga-l41
 元J選手が教壇へ、教え実践
 30代で教職に就いた元Jリーガーが、念願の初陣を迎える。就任6年目で全国高校サッカー選手権に初出場する龍谷の太田恵介監督(39)。学園の前理事長で昨年1月に78歳で亡くなった井浦順爾さんに誘われたことが人生の転機になった。「先生にいい報告がしたい」と晴れ舞台での全力プレーを誓っている。
 「大切なのは人を育てること。(勝ち負けの)結果が全てじゃないよ」-。太田監督は前理事長の言葉をよく思い出す。勝つことだけを考えていたが、すっと肩の力が抜け、不思議と結果も出るようになった。昨年1月、初めて県新人大会で頂点に立ったが、病気療養中だった前理事長がその2日後に帰らぬ人に。直接優勝を報告することはかなわなかった。
 太田監督は静岡県出身で、清水商高(現・清水桜が丘高)から福岡大に進み、2002年にJ2福岡でプロデビュー。195センチの大型FWとして活躍した。ザスパ草津やV・ファーレン長崎、一時は米国のチームでもプレーした。
 08年に現役引退し、福岡大でコーチを務めていた時に教職の道に導いてくれたのが前理事長だった。13年に体育教諭として赴任すると同時にサッカー部監督にも就任。県大会は新人大会で優勝するまでベスト4が最高で、「いろんな反発もあったと思うけど、先生が全部受け止めてくれた」。クラブハウスの部屋に飾ってある1枚の遺影が、いつも背中を押してくれる。
 太田監督は前理事長の教えをさまざまな形で実践。寮生活を共にしている部員たちには「身の回りの整理整頓などがサッカーのプレーにもつながる」と掃除やあいさつなど日々の生活の大切さを訴えてきた。今年6月の県総体は準優勝だったが、11月の選手権は初の決勝進出で佐賀東を3-1で破った。
 チームは1月2日、羽黒(山形)と激突。太田監督は「自分たちがやってきたことを信じ、部員たちと戦い抜きたい」と話している。

“「人を育てなさい」遺訓を胸に全国初挑戦 元Jリーガー、龍谷高サッカー部・太田恵介監督 亡き前理事長にいい報告を 佐賀(佐賀新聞)” の続きを読む

阿久根市長選挙 現職・西平良将氏が3選(MBC南日本放送)

情報元 : 阿久根市長選挙 現職・西平良将氏が3選(MBC南日本放送)MBC南日本放送|鹿児島https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181224-00125922-mbcnewsv-l46
23日投票が行われた鹿児島県阿久根市の市長選挙は現職の西平良将さんが3期目の当選を果たしました。
阿久根市長選挙は、開票の結果、現職の西平良将さんが7031票、元職の竹原信一さんが5553票で、西平さんが3期目の当選を果たしました。
投票率は71.65%で、4年前の前回を7.05ポイント上回りました。

“阿久根市長選挙 現職・西平良将氏が3選(MBC南日本放送)” の続きを読む

中国籍の患者の女、診察中に医師をナイフで刺す 兵庫県立がんセンター(関西テレビ)

情報元 : 中国籍の患者の女、診察中に医師をナイフで刺す 兵庫県立がんセンター(関西テレビ)関西テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-19200911-kantelev-l28
12月14日午前、兵庫県立がんセンターで男性が突然、女が持っていたナイフで刺され、重傷を負いました。2人の関係は医師と患者でした。
【記者リポート】
「女はこの椅子に座ってのどの処置を受けているときに、いきなり医師の腹部を刺したということです」
殺人未遂の現行犯で逮捕されたのは中国籍の周麗華容疑者(65)です。周容疑者は14日午前、椅子に座り診察を受けていたところ、持っていたナイフで男性医師(30代)の腹部を刺し、殺害しようとした疑いがもたれています。
周容疑者はその場で別の看護師などによって取り押さえられました。男性医師は重傷ですが命に別状はないということです。
【駆け付けた看護師】
「ご主人と一緒にいた。興奮していた。通常の手術後の経過ときいてます」
周容疑者は昨日、甲状腺の手術を受け今朝、「喉が痛くて寝苦しい」などと訴えたため術後の状態を確認している際に突然犯行に及んだということです。周容疑者は調べに対し殺意を否認しているということです。

“中国籍の患者の女、診察中に医師をナイフで刺す 兵庫県立がんセンター(関西テレビ)” の続きを読む