【佐賀】嘉瀬川の遺体は行方不明の81歳女性(九州朝日放送)

情報元 : 【佐賀】嘉瀬川の遺体は行方不明の81歳女性(九州朝日放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00010000-kbcv-l41
11日午後、佐賀市の嘉瀬川で見つかった遺体は、6日の豪雨で行方不明になっていた女性と判明しました。身元が判明したのは、佐賀市大和町で行方不明になっていた81歳の女性です。女性は、大雨が降った6日以降、行方不明になっていて、自宅近くの増水した川に転落した可能性があるとみて、消防などが捜索を続けていました。警察によりますと、11日午後1時すぎ、佐賀市大和町を流れる嘉瀬川の河川敷で、男性作業員が女性の遺体を発見し、警察に通報しました。死因は分かっていませんが、歯型などから行方不明だったこの女性と判明したということです。今回の豪雨による福岡県・佐賀県の死者は5人になりました。

“【佐賀】嘉瀬川の遺体は行方不明の81歳女性(九州朝日放送)” の続きを読む

呉市安浦 老舗酒造会社も被災 復旧に向け奮闘(テレビ新広島)

情報元 : 呉市安浦 老舗酒造会社も被災 復旧に向け奮闘(テレビ新広島)広島ニュースTSShttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000003-tssv-l34
豪雨による冠水や幹線道路の寸断で大きな被害が出ている呉市安浦町では、地元の老舗酒造会社もいち早い復旧へ向けた作業に追われています。
『白鴻』などの地酒で知られる「盛川酒造」も今回、豪雨の被害を受けました。
【菱野記者】
「盛川酒造では、この近くを流れる野呂川が氾濫し、大量の水や泥が蔵の中へと入っていきました。一時は膝の高さまで冠水し、まるで川のようだったということです」
きょうは従業員やボランティアなどおよそ10人が集まり、被害を受けた2000ケースの商品を洗浄したり消毒したりする作業に追われていました。
【盛川酒造・盛川知則社長】
「営業的にいっても売り上げもダウンしていますし、いろんな影響が出ています。物流が復活し次第どんどんお酒の方も出荷できるように準備を進めていきたいです。」
「盛川酒造」では、数日中に店舗向けの出荷を再開する予定だということです。

“呉市安浦 老舗酒造会社も被災 復旧に向け奮闘(テレビ新広島)” の続きを読む

豪雨災害・広島 湯崎知事「県民の避難する意識高めたい」(テレビ新広島)

情報元 : 豪雨災害・広島 湯崎知事「県民の避難する意識高めたい」(テレビ新広島)広島ニュースTSShttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000006-tssv-l34
豪雨災害の発生から1週間が経ち広島県内の死者・安否不明者が100人を超えていることについて、湯崎知事は県が進めてきた災害時に避難する意識を高める運動の県民への浸透がまだ不十分だったという認識を示しました。
【湯崎知事】
「広島県における戦後最大級の災害になっている。しかも全県的に大きな被害が広がっているという未曽有の大災害になったと」
湯崎知事は今回の豪雨災害について死者、安否不明者が100人を超え、県内の広い範囲に被害が及び、戦後最大級だとしました。
そのうえで4年前の広島市の大規模土砂災害後に進めたてきた県民の災害死ゼロを目指す県の取り組みについて次のような認識を示しました。
【湯崎知事】
「現実にですね、これだけたくさんの方々がお亡くなりになられていると」「結果としてみれば十分にそれが浸透していたとは言い難いと」
13日午後6時現在、広島県では、88人が死亡。27人の安否がわからなくなっています。

“豪雨災害・広島 湯崎知事「県民の避難する意識高めたい」(テレビ新広島)” の続きを読む

ニンスタで19時から 愛媛FC、 あす15日 徳島戦(愛媛新聞ONLINE)

情報元 : ニンスタで19時から 愛媛FC、 あす15日 徳島戦(愛媛新聞ONLINE)愛媛新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-14006901-ehime-l38
 選手が西日本豪雨の募金活動(17時半~18時、正面入り口)
 【マッチタウン】
▽砥部町 砥部焼絵付け体験(16時~)
▽出前木育ひろば(16時~)
▽選手を応援する小型フラッグ「ゲーフラ」作成ブース(16時~)
 【イベント】
▽ネッツトヨタ愛媛スペシャルマッチ 車と愛媛FC選手との写真撮影会(17時15分~)
▽PIT体験タイヤ交換チャレンジ(16時~)=以上、イベント広場で
▽ネッツトヨタ愛媛特製「VICTORYうちわ」を先着3千人にプレゼント(17時~、各入場口)
▽あなたが選ぶMIP=最も印象に残った選手に投票(配布されるプログラムのQRコードにアクセス)
 【臨時バス=JR松山駅―松山市駅―大街道―いよ立花駅―ニンスタ】16~18時、30分ごと。試合後は随時運行
 【駐車場】園内駐車場(有料)、臨時駐車場なし。
 【託児所】あり。愛媛FC=電話089(970)0700

“ニンスタで19時から 愛媛FC、 あす15日 徳島戦(愛媛新聞ONLINE)” の続きを読む

九州豪雨復興盛り上げ 日田祇園祭イベントに女性ばやしが初参加へ(産経新聞)

情報元 : 九州豪雨復興盛り上げ 日田祇園祭イベントに女性ばやしが初参加へ(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00000020-san-l44
 昨年の九州北部豪雨で被災した大分県日田市で、日田祇園祭の関連行事に女性のおはやしグループが初参加する。約300年の歴史を誇る祭りは女人禁制とされるが、19日開催の事前行事は観光イベントと位置付け、初めて山鉾に女性が乗ることが可能となった。グループは「被災した方に元気を届ける」と意気込んでいる。
 参加する「日田祇園囃子なでしこ会」は、小学生から50代の女性17人で構成する。毎週稽古を続け、市内の行事などで年に10回以上、息の合った音色を披露してきた。
 人形や花などで飾られた豪華な山鉾9基が市の中心部のJR日田駅前に集う「集団顔見世」に登場。このうち高さ約10メートルの平成山にメンバー約10人が乗り込み演奏する。
 同会は昨年の顔見世に参加する予定だったが、豪雨被害でイベント自体が中止となっていた。会長の山本友紀さん(43)は「期待を裏切らない演奏をしたい」と話した。日田祇園祭は風水害を払い安泰を願うもので、今年は21日から2日間開催する。2016(平成28)年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された。

“九州豪雨復興盛り上げ 日田祇園祭イベントに女性ばやしが初参加へ(産経新聞)” の続きを読む

西日本豪雨 那須与一の縁、栃木・大田原市が岡山・井原市に職員派遣(産経新聞)

情報元 : 西日本豪雨 那須与一の縁、栃木・大田原市が岡山・井原市に職員派遣(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000581-san-l09
 栃木県大田原市は13日、西日本豪雨で甚大な被害を受けた友好親善都市の岡山県井原市に職員2人を派遣すると発表した。派遣期間は17日~9月30日の予定。また、災害見舞金200万円を送ることも決めた。
 井原市からの人的支援要請を受け、派遣。水道課と都市計画課の男性土木技師2人で、道路や農地の設計や測量などが任務となる。
 11日時点での井原市の被害状況は、死者と行方不明者が各1人、軽傷4人。床上浸水61件、床下浸水66件に上り、公共土木や農業関係の被害通報が900件近くある。また国道や県道の13路線で交通規制がある。
 大田原市の津久井富雄市長は同日の記者会見で「被災された方にお見舞いを申し上げるとともに被災地の一日も早い復興を願っている」と述べた。
 両市は、源平合戦の屋島の戦いで扇の的を射抜いた弓の名手、那須与一にゆかりが深く、昭和59年に友好親善都市となった。東日本大震災では井原市から災害物資や義援金の支援を受けた。大田原市は与一の生誕地とされ、井原市は屋島の戦いの恩賞で得た領地や与一の墓とされる供養墓がある。

“西日本豪雨 那須与一の縁、栃木・大田原市が岡山・井原市に職員派遣(産経新聞)” の続きを読む

<西日本豪雨>佐賀市の女性、遺体で発見 筑肥線は一部再開(佐賀新聞)

情報元 : <西日本豪雨>佐賀市の女性、遺体で発見 筑肥線は一部再開(佐賀新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-03244707-saga-l41
 記録的な大雨が降った6日から行方不明になっていた佐賀市大和町の女性(81)が11日、同町の嘉瀬川で遺体で見つかった。大雨による県内の死者は、伊万里市の男性(20)に続き2人目となった。
 佐賀北署によると、同日午後1時10分ごろ、同町東山田の嘉瀬川の川べりにうつぶせの状態で倒れていた女性の遺体を、近くで作業していた50代男性が見つけた。女性は6日深夜に行方が分からなくなり、警察や消防が自宅近くの河川などを捜索していた。
 一方、大雨の被災箇所の復旧は進展、線路への土砂流入で運行中止になっていたJR筑肥線の唐津-筑前前原(福岡県糸島市)間は11日、始発から運行を再開した。5日ぶりの復旧で、乗降客に日常が戻った。線路横の国道202号も10日夕に通行止めが解消した。
 土砂流入箇所は仮設の防護設備を施し、通過車両は上下線とも現場付近を徐行運転で進んだ。
 乗客は2日間、バス代替輸送を強いられた。午後7時前に唐津駅に降り立った、博多に通う男子専門学校生(20)は「バスは助かったけど、各駅停車で時間がかかり、大変だった。いつまで続くか分からず、昨夜は友達の家に泊まった」。東唐津駅を利用する男性会社員(42)は、9日から3カ月間の定期券を払い戻し、11日も車で福岡市内に通勤。「JRの『当分の間』はもっとかかると思っていた」と予想より早い運行再開に驚いていた。
 同様に土砂流入で不通となっていた筑肥線の山本(唐津市)-伊万里間は、12日の始発から運行再開する。

“<西日本豪雨>佐賀市の女性、遺体で発見 筑肥線は一部再開(佐賀新聞)” の続きを読む

佐世保市が旧軍港の広島県呉市に飲料水支援(NBC長崎放送)

情報元 : 佐世保市が旧軍港の広島県呉市に飲料水支援(NBC長崎放送)NBC長崎放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00001255-nbcv-l42
西日本豪雨災害に伴い市内全域で断水が続いている広島県呉市に飲料水を届けるためけさ、佐世保市の職員が現地に派遣されました。
呉市に提供されるのは500ミリリットルの飲料水4080本で、けさ、佐世保市消防局の職員らが170箱をバスに積み込みました。
佐世保市と呉市は旧軍港のつながりから災害時の相互応援協定を結んでいます。今回の豪雨災害で、呉市は市内のほぼ全域およそ9万3000世帯で断水が発生しているということです。佐世保市消防局の吉井課長補佐は「色々な生活物資が不足しているということだがまず第一に水が必要だと考え飲料水を提供することにした」と話しています。飲料水は今日中に呉市役所に届けられる予定で佐世保市では現地での情報収集を行い今後の支援のあり方について検討することにしています。

“佐世保市が旧軍港の広島県呉市に飲料水支援(NBC長崎放送)” の続きを読む

家も墓も土砂に埋まった 「住民だけでは到底無理」(両丹日日新聞)

情報元 : 家も墓も土砂に埋まった 「住民だけでは到底無理」(両丹日日新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00010000-rtn-l26
 7月豪雨の被害の大きさがまた明らかになった。京都府福知山市私市地区で、裏山が大規模に崩れた。山裾の住宅一軒に流れ込み、住民らの墓も崩壊。早めの避難で人的被害こそなかったものの、一帯が土砂で埋め尽くされ、住民らは途方に暮れている。
 府道舞鶴綾部福知山線から集落につながる市道を進んですぐの地点で、佐賀小学校と中丹支援学校の中間。80歳代の高齢者夫婦宅の裏手にある山が頂上から崩れ、市道までを広範囲に埋め尽くした。
 7日未明、尾松直夫自治会長らに促されて、高齢者夫婦は避難所に逃げた。その30分後に「ドン!」と大きな音を立てて裏山が崩れた。明るくなってから現地を見た住民らは、ぼうぜんとしたという。
 高齢者宅は土砂に埋まり、今も家がきしむ音がする。裏山にあった7世帯の墓も流されたり埋没したりして、一面赤土まみれの無残な姿。家の墓があった男性は「盆も近いのに、何をしたらいいのか考えも浮かんでこない」と立ちつくす。
 市道の土砂は週明けから撤去が始まるが、裏山部分の今後の対応は白紙状態で、尾松自治会長は「これを住民だけでやれというのは到底無理。どうしたらいいんでしょうか…」と困惑した。

“家も墓も土砂に埋まった 「住民だけでは到底無理」(両丹日日新聞)” の続きを読む

北九州市が陸自OBを採用 大規模災害に備え新ポスト 危機管理体制を強化 福岡県

情報元 : 北九州市が陸自OBを採用 大規模災害に備え新ポスト 危機管理体制を強化 福岡県テレビ西日本

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00000009-tncv-l40

大規模な災害に備え、危機管理体制を強化しようと北九州市は新たに防災専門官を採用しました。

防災専門官に採用されたのは、陸上自衛隊OBの林優さん(56)です。

この防災専門官は、大規模な災害に備えるため市が新たに設けたポストで、林さんは九州北部豪雨などでの災害支援の経験を生かし、関係機関との連携強化や防災計画の見直しにあたります。

任期は来年3月までで、北橋市長は「市民の安全のため力を発揮してほしい」と話しています。

“北九州市が陸自OBを採用 大規模災害に備え新ポスト 危機管理体制を強化 福岡県” の続きを読む