呉・安浦 被災免れたウナギ養殖業者「元気届けたい」(テレビ新広島)

情報元 : 呉・安浦 被災免れたウナギ養殖業者「元気届けたい」(テレビ新広島)広島ニュースTSShttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000001-tssv-l34
きょう(20日)は『土用の丑の日』です。豪雨の被害を受けた呉市にあるウナギの養殖場でも出荷が始まりました。
呉市安浦町にある小谷智代登さんの養殖場では、地下水を使ってウナギを育てています。
2週間前の豪雨で、ウナギが全滅するかもしれない危機に直面しました。
【原記者】
「この地区では豪雨の際に電気が止まり、イケスに供給している地下水や酸素が止まったということです」
しかし、近所の人などから燃料を分けてもらうなどし、なんとか自家発電で乗り切ったということです。
【小谷智代登さん】
「みんなに食べてもらって元気になってもらいたい」
谷さんが養殖するウナギは市内の川を遡上するシラスウナギを捕まえて育てた純国産で、主に県内のスーパーマーケットや鮮魚店に向けて出荷されるということです。

“呉・安浦 被災免れたウナギ養殖業者「元気届けたい」(テレビ新広島)” の続きを読む

STU48とせとうちDMOが募金開始 西日本豪雨被災地支援「がんばろう!瀬戸内」(徳島新聞)

情報元 : STU48とせとうちDMOが募金開始 西日本豪雨被災地支援「がんばろう!瀬戸内」(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-03075662-tokushimav-l36
 徳島など瀬戸内海沿岸7県を拠点に活動するアイドルグループ「STU48」と、瀬戸内地域の観光振興に向けて7県の官民でつくられた「せとうちDMO」は19日、西日本豪雨の被災地支援を目的とした募金活動「がんばろう! 瀬戸内」を共同でスタートさせた。
 募金活動は、DMOが開設しているインターネット上のクラウドファンディングサイト「せとうちチアーズ」で行われている。義援金の額は1口1000円から10万円までの6コース。募金した人にはSTU48メンバーからのお礼メッセージと、募金活動の報告がメールで届く。
 募集期間は8月31日までの44日間。寄せられた義援金は、クレジットカード決済代行会社に支払う手数料を除いた全額が日本赤十字社に寄付され、豪雨被災地の復興支援に充てられる。
 募金受付は「がんばろう! 瀬戸内」のサイト https://setouchibrand.jp/cheers/project/s/project_id/16
 STU48は豪雨被害に配慮して、8月29日に予定していた2枚目シングル(タイトル未定)の発売を延期し、今夏に予定していた船上劇場のオープンも見送った。キャプテンの岡田奈々さんやセンターの瀧野由美子さんらは会員制交流サイト(SNS)などを通じて「被災地を支援するために私たちにできる活動をしたい」と心境を語っていた。

“STU48とせとうちDMOが募金開始 西日本豪雨被災地支援「がんばろう!瀬戸内」(徳島新聞)” の続きを読む

豪雨災害 広島沿岸部に大量の「漂流ごみ」(テレビ新広島)

情報元 : 豪雨災害 広島沿岸部に大量の「漂流ごみ」(テレビ新広島)広島ニュースTSShttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000007-tssv-l34
豪雨災害では災害ゴミが深刻な問題となる中、ゴミの搬出に苦労している地域もありますが海へ流れ出た漂流ゴミを回収する作業も追い付かない状況です。
【福田記者】
「大量の流木や災害ゴミで瀬戸内海を行き来する船舶の航行にも支障が出ています」
国土交通省中国地方整備局は9日から、海洋環境整備船『おんど2000』など3隻を投入し、流木などを回収しています。
きのうまでの10日間で流木238本など557立法メートルの漂流ゴミを回収しましたがこれは去年1年間に回収した漂流ごみの3分の1にあたる量だということです。
【国土交通省中国地方整備局広島港湾空港整備事務所・出口和也副所長】
「流木といったものが通常よりもかなり多く浮遊しているのが見受けられて、それらをこれから回収していくのに、どれだけ人材を要するかはまだめどがついていない状況です」
漂流ゴミは、船舶の航行に大きな妨げとなるほか、海の環境にも悪い影響を及ぼすことが懸念されます。豪雨災害の爪痕は一見、穏やかに見える瀬戸内の海でも色濃く残されています。

“豪雨災害 広島沿岸部に大量の「漂流ごみ」(テレビ新広島)” の続きを読む

西日本豪雨から2週間 復旧作業続く神戸市灘区篠原台(関西テレビ)

情報元 : 西日本豪雨から2週間 復旧作業続く神戸市灘区篠原台(関西テレビ)関西テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-12523901-kantelev-l28
西日本豪雨の影響で今も避難指示が続く神戸市灘区の篠原台では、20日も土砂の撤去作業が続いています。
7月6日、土石流が押し寄せた灘区の篠原台では、今も76世帯152人に避難指示が出されています。
20日は、生活道路をふさいでいた土砂や大木が重機で撤去され始めましたが、避難指示が出ているためボランティアを募ることができず、家の中などは自主的に集まった人が作業をしています。
篠原台の約300m北にある山の斜面が崩落した現場では、19日、土地の所有者と国・神戸市による協議が行われ、二次災害を防ぐために市が主導して応急処置をすることが決まりました。
神戸市は、8月中旬をめどに避難指示の全面解除を目指していますが、土砂の撤去や下水道の復旧など課題が多く残っています。

“西日本豪雨から2週間 復旧作業続く神戸市灘区篠原台(関西テレビ)” の続きを読む

豪雨で汚れた写真 洗って被災者へ 笠岡の柳生写真館がボランティア(山陽新聞デジタル)

情報元 : 豪雨で汚れた写真 洗って被災者へ 笠岡の柳生写真館がボランティア(山陽新聞デジタル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00010008-sanyo-l33
 七五三用の着物をまとった子ども、誕生日を祝うケーキ、笑顔あふれる家族…。西日本豪雨災害で泥水に漬かって汚れた写真は、プロの手で一枚一枚きれいに洗浄され、かつての輝きを取り戻していた。
 写真は岡山県倉敷市真備町地区と笠岡市の被災者から持ち込まれた。「かけがえのないものばかり。少しでもきれいな状態にしてお返ししたい」。洗浄を手掛ける柳生写真館(笠岡市十一番町)の柳生晋伸社長(38)は力を込める。
 写真はぬれたり汚れたりしたまま放置すると、バクテリアやカビが繁殖し劣化が進んでしまう。柳生社長は災害発生後「専門業者として、何かできるボランティアはないか」と考え、13日から自社のホームページやフェイスブックなどで受け付けを開始。20日現在、14件計約2万枚の持ち込みがあったという。
 同社駐車場に臨時作業場を設け、柳生社長と社員4人がアルバムから1枚ずつ丁寧に写真を取り出して水洗いした後、陰干ししている。1日千数百枚のペースで処理し、被災者が取りに来るまで保管する。
 柳生社長は「思い出の詰まった写真を宝物にしている被災者は多いはず。長時間泥水に漬かり洗浄しても駄目なケースはあるが、ぜひ相談してほしい」と話している。
 持ち込みは今月末までの予定で、笠岡市内の他の4つの写真店でも受け付ける。問い合わせは柳生写真館(0865―63―2161)。

“豪雨で汚れた写真 洗って被災者へ 笠岡の柳生写真館がボランティア(山陽新聞デジタル)” の続きを読む

豪雨被害救助 緊急消防援助隊が会見  三重・四日市市消防本部(三重テレビ放送)

情報元 : 豪雨被害救助 緊急消防援助隊が会見  三重・四日市市消防本部(三重テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00010000-mietvv-l24
 記録的な豪雨により甚大な被害を受けた広島県内で、行方不明者の捜索活動を行ってきた四日市市消防本部の消防職員が19日、活動報告を行いました。
 三重県からは、県内6つの消防本部から、一次隊と二次隊あわせて108人の消防隊員が緊急消防援助隊として派遣され、四日市市消防本部からは32人が参加しました。
 隊員らは、警察や自衛隊とともに7月13日から17日まで、広島県熊野町の川角地区で行方不明となっていた12人のうち、最後まで行方が分からなかった2人の捜索にあたりました。
 スコップなどでの手掘りによる捜索の結果、土砂の中から30代と40代の女性二人が発見され、搬送されたということです。
 三重県の消防援助隊として土砂災害による救助活動は、初めてです。
 太田清美消防司令長は「ここにあった全てのものが流されていく自然災害のすごさを実感した」、青木貴秋消防監は「35度の暑さの中で土砂をスコップで除去する大変な労働で隊員の体調管理が重大な課題」、四日市市消防本部の坂倉啓史消防長は「経験したことのない土砂災害の現場で夏場の活動の難しさを実感し今後の対策も検討したい」と話していました。

“豪雨被害救助 緊急消防援助隊が会見  三重・四日市市消防本部(三重テレビ放送)” の続きを読む

地震・豪雨被災者に市営住宅提供 京都市、市外の困窮者対象(京都新聞)

情報元 : 地震・豪雨被災者に市営住宅提供 京都市、市外の困窮者対象(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000037-kyt-l26
 京都市は19日、大阪府北部地震と西日本豪雨により住宅に困窮する市外の被災者に対して、市営住宅を無償提供すると発表した。提供期間は半年で、最長1年まで延長できる。
 対象は二つの災害で災害救助法の適用を受けた市町村の在住者で、罹災(りさい)証明書が必要。向島市営住宅(伏見区)の30戸を無償で提供する。間取りは3DKで広さは約60平方メートルあり、単身から4、5人の世帯まで入居ができる。光熱費や水道費、共益費の負担が要るほか、家具や家電は入居者が準備する。
 申し込みは市住宅供給公社(上京区)に設けた被災者向け住宅情報センターで、先着順で受け付ける。センター075(223)0750。

“地震・豪雨被災者に市営住宅提供 京都市、市外の困窮者対象(京都新聞)” の続きを読む

豪雨で光を失った倉敷・真備の夜 人影も車もなし、寝苦しい避難所(山陽新聞デジタル)

情報元 : 豪雨で光を失った倉敷・真備の夜 人影も車もなし、寝苦しい避難所(山陽新聞デジタル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00010001-sanyo-l33
 西日本豪雨で大規模な浸水被害が発生した倉敷市真備町地区。昼間は人や車が慌ただしく行き交い、自宅の片付けなどが急ピッチで進む。雰囲気が一変するのは日が暮れてからだ。街灯や民家の明かりはほとんど見られず、人影もない。18日夜から19日未明にかけ、暗闇に包まれた地区内を回った。
 辺りが暗くなった午後8時すぎ。地区中心部を東西に走る幹線道路沿いに立ち並ぶガソリンスタンドや飲食店は、いずれも明かりが消えていた。すれ違う人も車もほとんどない。消灯したままの信号機もあった。
 民家の玄関や窓は、壊れたり外されたりして開いたままの状態で、岡山県警によるパトロールが夜通し続けられていた。
 巡回中の警察官と避難所に向かうと、眠れないのか、避難所の外で住民同士が話をしたり、スマートフォンを操作したりして過ごす人も。19日朝の最低気温は倉敷市で27・3度までしか下がらなかった。熱帯夜(最低気温25度以上)で寝苦しかっただろう。

“豪雨で光を失った倉敷・真備の夜 人影も車もなし、寝苦しい避難所(山陽新聞デジタル)” の続きを読む

真備の小中学校9月3日再開 倉敷市教委、プレハブ校舎建設へ(山陽新聞デジタル)

情報元 : 真備の小中学校9月3日再開 倉敷市教委、プレハブ校舎建設へ(山陽新聞デジタル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00010005-sanyo-l33
 岡山県倉敷市の市教委は19日、西日本豪雨の浸水被害により臨時休校している同市真備町地区の小中学校の授業を、9月3日から再開すると発表した。同地区で被災を免れた学校の敷地内にプレハブ校舎を建てるなどして対応する。プレハブ校舎の整備には時間がかかるため、最初の1カ月程度は他地区の小学校などの空き教室を活用する。
 校舎などの被害が大きい小学校、中学校各2校については、早急な復旧は難しいと判断した。プレハブ校舎は、川辺小が薗小、箭田小は二万小の敷地内に整備。中学は真備東中の運動場に、同中と真備中の2校分を建設する。
 計画では、各校のプレハブ校舎は9月末までに完成予定。同3日の授業再開には間に合わないため、当面は仮校舎として水島、玉島地区の小学校の空き教室などを活用する。
 プレハブ校舎完成までの受け入れ先は、川辺小が連島東小と連島西浦小、箭田小が玉島小と玉島南小、真備東中が霞丘小、真備中が倉敷芸術科学大。児童生徒はバスで送迎するという。担任教諭は変更しない。受け入れ先について市教委は「地理的に真備町地区から近い学校を優先して決めた」としている。
 幼稚園については、川辺は薗、箭田は二万でそれぞれ合同保育を行う。真備陵南高校は同校敷地内でのプレハブ校舎整備まで、市内の市立高校の空き教室を活用する。
 いずれも2学期が始まるまでに保護者向けの説明会を開き、周知を図る。
 19日夜、会見した伊東香織市長は「被災者が生活再建していく中で、コミュニティーの中心である地域の学校園を早期に復旧させるとともに、復旧までの道のりを示すことが大切だと考えた」と話した。市長はまた、被災校については原則、現在の場所で再建する意向も示した。
 同地区の全小中8校では9日から臨時休校が続いており、19日に予定していた1学期の終業式を行わないまま、夏休みに入った。

“真備の小中学校9月3日再開 倉敷市教委、プレハブ校舎建設へ(山陽新聞デジタル)” の続きを読む

西日本豪雨 高知県内の農業被害も深刻に(テレビ高知)

情報元 : 西日本豪雨 高知県内の農業被害も深刻に(テレビ高知)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00010001-kutvv-l39
農業被害も深刻です。農家の人からはボランティアの人を求める声などがあがっています。
安芸川沿いの地区=栃ノ木・東地では、川の水があふれた影響で、ゆず畑がこのような姿に。
ガードレールのところまで浸水し、ゆず畑には、近くの家々からモノが流れてきたといいます。
「ボランティアが来てくれて手伝ってくれたら本当うれしいけどね。」
香南市夜須町でも深刻な農業被害が。夜須川の目の前のハウスでは。
ハウス内のエメラルドメロンはおよそ4800個。本来、きょうから収穫する予定だったといいますが・・・
すべて廃棄になります。
浸水によりメロンが腐敗してしまうため出荷できないそうです。
生産者は、「ほかに無事だったハウスもあるのでこれから出荷するエメラルドメロンをよろしくお願いします」と話していました。
県によりますと、今回の記録的豪雨による県内のユズとメロンの被害額は、それぞれおよそ7千万円にのぼります。これらを含む農作物などの被害額はおよそ3億1800万円にのぼっているということです。

“西日本豪雨 高知県内の農業被害も深刻に(テレビ高知)” の続きを読む