八田技師絵本で日台の絆育む 今月、金沢の55小学校に配布(北國新聞社)

情報元 : 八田技師絵本で日台の絆育む 今月、金沢の55小学校に配布(北國新聞社)北國新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190204-00695601-hokkoku-l17
 台湾・烏山頭(うさんとう)ダムを築いた八田與一(よいち)技師(金沢出身)の生涯をつづった絵本が今月、市内55小学校や市立図書館に配布される。現地で出版された絵本の日本語版で、泉丘高卒業生の丸岡昭夫さん(74)=千葉県=が企画した。ダムがある台南市では日本からの訪問客に記念品として贈る予定で、絵本を懸け橋に日台の絆を深め、技師の功績を次世代に語り継ぐ。
 絵本は2016年に制作され、台南市にある嘉南国民小児童による絵が使われている。17年に絵本の存在を知った丸岡さんが知人の手を借りて和訳し、旧制金沢一中・泉丘高の同窓会「一泉同窓会」の有志や県台湾華僑総会の高仙桃会長の協力のもと、台南市政府から許可を得て計400冊を用意した。
 制作費用は150冊分を丸岡さん、250冊分を台南市が負担した。150冊は金沢市内の小学校や市立図書館などに贈る。250冊は、台南市政府が日本からの訪問団に対する贈り物として使うという。
 3日に金沢国際ホテルで開かれた県台湾華僑総会の新年懇親会(北國新聞社後援)では、刷り上がったばかりの日本語版が披露され、高会長が「八田技師のことがとても分かりやすく書かれている。ぜひ手に取ってほしい」と紹介した。
 出席した丸岡さんも技師の絵本だからこそ多くの協力が得られたとし「改めて偉大さを感じた。こんなにすごい人がいたということを、金沢の子どもたちに知ってほしい」と話した。
 懇親会には116人が参加し親睦を深めた。大谷信夫顧問が開会の辞を述べ、高会長があいさつした。台北駐大阪経済文化弁事処の李世丙処長、佐々木紀衆院議員、宮元陸加賀市長、山野之義金沢市長らが祝辞を贈り、砂塚隆広北國新聞社常務の発声で乾杯した。

“八田技師絵本で日台の絆育む 今月、金沢の55小学校に配布(北國新聞社)” の続きを読む

長野県人口206万1053人 17年連続減少 昨年の出生数、過去最低(産経新聞)

情報元 : 長野県人口206万1053人 17年連続減少 昨年の出生数、過去最低(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00000034-san-l20
 ■2年連続で「転入超過」
 県のまとめによると、1月1日現在の県の人口は206万1053人で、この1年間で1万2116人(0・58%)減少した。人口減は17年連続で、出生数が死亡数を下回る「自然減」に歯止めがかからないのが主な要因。一方、昨年1年間の県内への転入者数は、県外への転出者を230人上回り、2年連続で「転入超過」となった。
 昨年1年間に生まれた赤ちゃんは平成29年と比べて377人少ない1万4351人で、少子化を反映して過去最低を更新した。一方、死亡者数は192人減ったものの2万5511人にのぼった。この結果、自然減は1万1160人と前年に続いて1万人を超え、初めて1万1千人台となった。自然減は15年連続。
 一方、昨年1年間の転入者数は前年比1606人増3万8264人だったのに対し、転出者数は1623人増の3万8034人だった。外国人の増加などで転入超過になったものの、県内の若者が大学進学などで県外に流出する傾向が続いているとみられる。
 市町村別でみると、前年比で人口が増えたのは軽井沢町、原村、南箕輪村、白馬村など8町村。郡別では北佐久郡(軽井沢町など)だけが増えた。一方、19市は全て減少し、長野市は県内の市町村で最も多い2475人減となった。
 県は人口の減少を食い止めるため、県内への移住促進や結婚・出産・子育てへの支援、企業誘致などに引き続き注力する考えだ。

“長野県人口206万1053人 17年連続減少 昨年の出生数、過去最低(産経新聞)” の続きを読む

170mのしめ縄を引く 伝統のお綱かけ神事 三重・熊野市(メ〜テレ(名古屋テレビ))

情報元 : 170mのしめ縄を引く 伝統のお綱かけ神事 三重・熊野市(メ〜テレ(名古屋テレビ))https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190202-00194429-nbnv-l24
世界遺産に登録されている三重県熊野市の「花の窟神社」で伝統の「お綱かけ神事」が行なわれました。
花の窟神社は社殿はなく、高さ45メートルの岩をご神体に祀っています。お綱かけ神事は、1枚岩の頂上から境内へと張られたしめ縄を掛け換えるもので、毎年、2月と10月に行なわれます。しめ縄を引くとご利益があるとされ、参拝客や地元の子どもたちがおよそ170メートルのしめ縄を七里御浜海岸から境内に向けて引っ張りました。

“170mのしめ縄を引く 伝統のお綱かけ神事 三重・熊野市(メ〜テレ(名古屋テレビ))” の続きを読む

日本初、大阪で陽気なイタリアのレアチョコ祭典が開幕(Lmaga.jp)

情報元 : 日本初、大阪で陽気なイタリアのレアチョコ祭典が開幕(Lmaga.jp)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00059170-lmaga-l27
イタリアのペルージャで毎年10月におこなわれるチョコの祭典『Eurochocolate(ユーロチョコレート)』が日本初上陸。2月1日から14日まで「堂島リバーフォーラム」(大阪市福島区)で開催される。【写真】木槌でチョコを割って量り売り。ローチョコレートの「ビーウェル」は、ナッツもイタリア産のビオにこだわるイタリアでは10日間で約100万人が訪れるという、このヨーロッパ最大級のチョコイベント。日本ではあまり知られていないが、イタリアのチョコレート工房13社とともに初上陸を果たした。チョコレートアドバイザーの齋藤奈津子さんは「イタリアのチョコレートのなかでも、日本にあまり入ってきていないウンブリア州のショップを多めに選んでいます。パーム油を使用せず、品質にとことんこだわったお店ばかりです」と、出店工房の選定に自信をみせた。
現地の雰囲気を味わってほしいと、ショップの約半分が量り売り。陽気なイタリア人スタッフの呼びかけで試食をしながら、お気に入りのチョコレートを見つけて50グラムから購入できる。注目は、ウンブリア州ペルージャの「BEWELL(ビーウェル)」。非加熱製法のローチョコレートが、体にいいだけでなく、口溶けもなめらか。クコの実など栄養価が高いスーパーフードをミックスしたタブレットもあり、美容にもよさそうなチョコレートがならぶ。
イタリアならではのチョコは、チョコレートとジャンドゥーヤ(ナッツのペーストとチョコレートを混ぜたもの)が3層になったクレミーノ。クリーミーな味わいに品質の高さを感じる「TOCIOK(トチョック)」と「MELILLO(メリッロ)」の2工房で楽しめる。ほかにも、カカオバターを使わず伝統的な製法で作るシチリア島「DONPUGLISI(ドンプリージ)」のモディカチョコレートは、口溶けとは無縁のザクザクした食感が新鮮。入場料は大人400円(金土日祝は500円)。
取材・文・写真/太田浩子

“日本初、大阪で陽気なイタリアのレアチョコ祭典が開幕(Lmaga.jp)” の続きを読む

お互いに観光情報発信 熊野古道とサンティアゴ巡礼道(紀伊民報)

情報元 : お互いに観光情報発信 熊野古道とサンティアゴ巡礼道(紀伊民報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00365105-agara-l30
 和歌山県とスペインのガリシア州は、観光客増を目指し、熊野古道と、姉妹道のサンティアゴ巡礼道などを互いの国でPRすることを決めた。州は首都マドリードにある州観光オフィスから県について、県は県東京事務所から州についてそれぞれ情報を発信する。
 両道が昨年、姉妹道提携して20周年を迎えたことから、仁坂吉伸知事が22~27日の日程でスペインを訪問。マドリードであった欧州最大規模の旅行博覧会で、ガリシア州のフェイホー首相とともに、熊野古道とサンティアゴ巡礼道を共同PRした。
 仁坂知事はフェイホー首相と、互いの国で観光情報を発信する具体的方策を検討していくことを確認した。問い合わせを受け付けるほか、パンフレットを置いたり、ポスターを掲示したりする。
 仁坂知事は訪問中、スペインや南米を対象に県内を含む日本周遊ツアーを販売している旅行会社「イベロ・ジャパン」の三上優社長とも面会。スペインや南米諸国への観光PRに力を入れるため、同社に県職員を派遣し、スペイン語ができる人材を養成することも検討することにした。

“お互いに観光情報発信 熊野古道とサンティアゴ巡礼道(紀伊民報)” の続きを読む

2,885名の新成人誕生!「秋田市新成人のつどい」開催(CNA秋田ケーブルテレビ)

情報元 : 2,885名の新成人誕生!「秋田市新成人のつどい」開催(CNA秋田ケーブルテレビ)CNA秋田ケーブルテレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00010000-cnaakitav-l05
新成人を祝うかのように快晴となった1月13日、「新成人のつどい」が秋田市のCNAアリーナ☆あきたで開催されました。
新成人は、平成10年4月2日から平成11年4月1日までに出生した方が対象で、秋田市では男性が1,462名、女性が1,423名の合わせて2,885名です。
お盆の時期に成人式を開催する市町村が多い中、秋田市の式典には、新成人の77.5%、2,237名が出席しました。
式典でははじめに、穂積志秋田市長が「人生はたゆまぬ努力をした人が成功する。失敗を恐れず夢を追い求めてほしい。秋田への誇りと郷土愛を胸に、将来の秋田のため、日本の未来のために大いに活躍されることを期待する」と、新成人にお祝いの言葉を述べました。
その後、新成人を代表して、社会人の加賀谷昌梧(しょうご)さんが「様々な人に支えられてこの場にいる。今後は成人として一層周囲の力になるために頑張りたい」と話し、秋田大学2年生の近藤悠加(はるか)さんは「感謝の気持ちと秋田で生まれた誇りを忘れずに恩返しができるよう思いやりと前向きな心を持って精進することを誓う」と、それぞれ新成人の抱負を語りました。
この後のアトラクションでは、秋田にゆかりのある著名人からビデオメッセージが披露され、新成人たちは目を輝かせて聞いていました。
最後のふれあいタイムでは、久しぶりに会った中学校の恩師や友人らと満面の笑顔で語り合って、楽しいひと時を過ごしていました。

“2,885名の新成人誕生!「秋田市新成人のつどい」開催(CNA秋田ケーブルテレビ)” の続きを読む

高岡銅器の技術見て 幕張の立体造形フェスでPR(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 高岡銅器の技術見て 幕張の立体造形フェスでPR(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190127-00000002-hokuriku-l16
 高岡市の高岡伝統産業青年会(和田瞬佑会長)は2月に千葉市の幕張メッセで開かれる立体造形の祭典「ワンダーフェスティバル2019冬」に初出展する。全国からフィギュア愛好家が集まるイベントで、高岡銅器の技術をアピールする。メンバーは26日、同市波岡の梶原製作所で展示品の梱包(こんぽう)作業を行った。 (高岡支社編集部・安多萌子)
 ワンダーフェスティバルは、造形メーカー「海洋堂」(大阪)などが主催する。プロ、アマチュアを問わず約2千ブースが並び、フィギュアなどの模型を展示販売する。
 青年会は、釈迦如来立像の仏頭(高さ約2メートル)や四天王の一つ多聞天像(同)などの銅像を展示するほか、手のひらサイズの仏像や螺鈿(らでん)、蒔絵(まきえ)の置物など計約300点を展示販売する。伝統技術を広く紹介しようと鋳物体験や、高岡銅器と高岡漆器の製造工程を紹介するパネル展示も行う。高岡の伝統産業を若年層にアピールするとともに、フィギュア分野での伝統技術の需要も見込めるという。
 この日は搬出に向け、メンバーが仏頭などの展示品を木枠で囲む作業を行った。和田会長は「細かい技巧が凝らされた仏像は高岡銅器の粋の結集。高岡の造形技術をしっかりとアピールしたい」と意気込んだ。

“高岡銅器の技術見て 幕張の立体造形フェスでPR(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

「かなくれ」ブランド設立 立山町の越中瀬戸焼4窯元(北日本新聞)

情報元 : 「かなくれ」ブランド設立 立山町の越中瀬戸焼4窯元(北日本新聞)北日本新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00120031-kitanihon-l16
■2月4日から東京で展示販売
 立山町の越中瀬戸焼の四つの窯元でつくる「かなくれ会」(釋永由紀夫代表)は、会のブランド「かなくれ」をつくり、2月4日から東京・日本橋室町の県アンテナショップ「日本橋とやま館」で開く同会の陶芸展で初めて出品する。越中瀬戸焼に親しんでもらおうと、日常の生活で使うご飯茶わんや銘々皿など5種類を1セットとして販売する。(立山・上市支局長 広田明)
 越中瀬戸焼は約430年の歴史がある。かなくれ会は2011年に結成され、メンバーは伝統工芸の魅力を発信している。今回、越中瀬戸焼を知ってもらうきっかけにしようと共同で普及活動に取り組み、「かなくれ」ブランドをつくることにした。
 メンバーと会の研修生計5人がご飯茶わんと銘々皿、湯飲み茶わん、日本酒などを注ぐ片口、杯の5種類をそれぞれ制作した。陶芸家個人の名前は作品に記さず、「かなくれ」印に統一。5人の作品を1点ずつ組み合わせ、5種類を1セットとする。10日まで日本橋とやま館で開くかなくれ会の陶芸展に合わせ出品する。
 会のメンバーらは25日、展示会に向け、立山町瀬戸新の陶農館でかなくれ印の作品の梱包(こんぽう)作業をした。今後は茶会など同会の県内外のイベントで販売する。釋永代表は「それぞれの陶芸家の仕事にも関心を深めてもらうきっかけになってほしい」と期待している。

“「かなくれ」ブランド設立 立山町の越中瀬戸焼4窯元(北日本新聞)” の続きを読む

宇部・高校生がそば打ち体験(tysテレビ山口)

情報元 : 宇部・高校生がそば打ち体験(tysテレビ山口)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00000005-tysv-l35
日本の食文化を学ぼうと、山口県宇部市の高校生がそば打ちを体験しました。そば打ちを体験したのは、宇部西高校の3年生13人です。食文化を伝える活動をしている、地元のグループが開いた出前授業で体験しました。生徒全員がそば打ちは初めてです。そば粉とつなぎの小麦粉を7対3でまぜ、切れにくくなるようにしっかりとこねていきました。出来た生地は包丁で切っていきましたが、太さをそろえるのに苦労したようです。麺の太さはまちまちでしたが、生徒は自分たちで打ったそばをおいしそうに味わっていました。

“宇部・高校生がそば打ち体験(tysテレビ山口)” の続きを読む

大分市のコンパルホールで「日本映画傑作選」 一日券で昭和の名作4本じっくりと /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 大分市のコンパルホールで「日本映画傑作選」 一日券で昭和の名作4本じっくりと /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190110-00000021-minkei-l44
 第8回コンパルホール映画上映会・フィルムマラソン「日本映画傑作選」が1月13日・14日、大分市のコンパルホール(大分市府内町1、TEL097-538-3700)の1階文化ホールで開かれる。一日フリーパス券(1,400円)で昭和の名作4本を観賞できる。(大分経済新聞)上映する昭和の4名作 同ホール、文化庁、国立映画アーカイブの主催。同アーカイブが選定した25のプログラム(4作品セット)から毎年1つを選んで公開している。今年は、1960年代に頭角を現した4監督の作品、「心中天網島」「復讐(ふくしゅう)するは我にあり」「秋津温泉」「少年」を両日10時から立て続けに上映する。
 「心中天網島」(1969年)は篠田正浩監督作品。近松門左衛門の有名な人形浄瑠璃を映画化した。中村吉右衛門さん、岩下志麻さんらが出演している。今村昌平監督の「復讐するは我にあり」(1979年)は、実際に起こった連続殺人事件を基に描かれた。別府市の鉄輪温泉でもロケが行われた。主演は緒形拳さん。吉田喜重監督の「秋津温泉」(1962年)は戦後の日本人の精神に触れたメロドラマ。岡田茉莉子さんらが出演。「少年」(1969年)は大島渚監督作品で「当たり屋」の少年とその家族を描いた。
 いずれも35ミリフィルムで上映。同ホールイベントディレクターの安部知美さんは「作品を懐かしみ、デジタル映像とは異なる趣と『カタカタ』という音を楽しむ観客も多い」と話す。途中の出入りは自由で、同日内であれば再入場もできる。一日楽しめるようにロビーで軽食を販売する。
 13日は12時20分から映画論専門家の衛藤賢史さんとシネマ5支配人の田井肇さんによるトークイベント(チケット代金内)を開く。このほか会場ではアーカイブ選定の25プログラム(全100作品)のリストを公開。見たいプログラムを選んで投票するアンケートも行う。安部さんは「複数のフィルム映画を休憩を挟んでゆっくりじっくり観賞するといった、昔の映画館のような楽しみ方をしてもらえれば」と話している。
 13日は10時から「心中-」、13時10分から「復讐-」、15時45分から「秋津温泉」、17時50分から「少年」を上映する。14日は同じ順で10時、12時30分、15時、17時から。全席自由。チケットはコンパルホール、トキハ会館、シネマ5で販売中。

“大分市のコンパルホールで「日本映画傑作選」 一日券で昭和の名作4本じっくりと /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む