三重県立高校入試、後期選抜1.11倍 南伊勢南勢校の志願なし(伊勢新聞)

情報元 : 三重県立高校入試、後期選抜1.11倍 南伊勢南勢校の志願なし(伊勢新聞)伊勢新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00000502-isenp-l24
 三重県教委は27日、県立高校入試後期選抜の志願状況を発表した。全日制は53校125学科・コースの定員7665人に8530人が志願し、志願倍率は前年同期と同じ1・11倍だった。南伊勢高南勢校舎の志願者がいなかったほか、昨夏に野球部の甲子園初出場で沸いた白山高が定員割れとなった。
 学科・コース別では、津西国際科学が4・75倍と最も高く、神戸理数の4・13倍、川越国際文理の3・75倍が続いた。
 最低は南伊勢南勢校舎普通で、後期選抜の志願者がいなかった。次いで志摩国際コースと白山情報コミュニケーションが低く、それぞれ0・19倍だった。
 志願変更は3月4―6日まで受け付ける。試験は11日に実施し、18日に合格者を発表する。
 定時制は定員583人に191人が志願し、倍率は前年同期比0・05ポイント減の0・33倍。通信制は418人の募集に対し、34人が志願し、倍率は前年同期と同じ0・08倍となった。

“三重県立高校入試、後期選抜1.11倍 南伊勢南勢校の志願なし(伊勢新聞)” の続きを読む

米子東センバツ応援団 東京で結団式(中海テレビ放送)

情報元 : 米子東センバツ応援団 東京で結団式(中海テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00010000-chukaiv-l31
関東地区に住む鳥取県立米子東高校の卒業生たちが、センバツ出場を決めた野球部の選手たちを応援しようと6日に応援団の結団式を行いました。
結団式には、関東地区に住む米子東高校のOBやOGあわせて200人が参加しました。
はじめに、米子東高校の田中 宏校長が「甲子園では、中国地区代表として勝利を挙げて校歌を高らかに歌うことを願っています。皆さんのご支援をお願いします。」とあいさつしました。
米子東高校センバツ甲子園大応援団は、春のセンバツ高校野球に23年ぶり9回目の出場を果たした野球部を支援しようと関東地区に住む卒業生たちが発足させました。
そして、米子東高校の卒業生でつくる東京米城会の下村節宏会長が「選手のみなさんは日頃の厳しい鍛錬の成果を発揮して実力と品位の野球を甲子園で示して欲しいです。」と応援の言葉を贈りました。
最後に、応援団OBのリードで全員で校歌と応援歌を歌って選手たちの甲子園での活躍を祈りました。

“米子東センバツ応援団 東京で結団式(中海テレビ放送)” の続きを読む

志摩 35チームの児童ら熱戦 神明スポ少交流野球・中村稔杯が開幕 三重(伊勢新聞)

情報元 : 志摩 35チームの児童ら熱戦 神明スポ少交流野球・中村稔杯が開幕 三重(伊勢新聞)伊勢新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00000711-isenp-l24
 第17回神明スポーツ少年団交流野球大会・第14回中村稔杯(伊勢新聞社後援)が10日、三重県志摩市阿児町神明の阿児ふるさと公園などで開幕した。岐阜県からの1チームを含む35チームの児童たちが、2日間の日程で熱戦を繰り広げる。
 同町の少年野球チーム、神明スポーツ少年団が小学5年以下の新チームのレベルアップを目的に毎年開いている。
 13年前からは伊勢市出身で、読売ジャイアンツの元エース中村稔さんの名前も冠している。大会最終日には中村さんから最優秀選手賞も贈られる。
 歴代出場者からは、昨年秋のプロ野球ドラフト会議を経て阪神タイガースに入団した湯浅京己選手=尾鷲市出身=のようなプロ野球選手も誕生。10日の開会式に出席した中村さんも大会OBの活躍に触れて「高い目標を持って頑張って欲しい」と児童らを激励していた。

“志摩 35チームの児童ら熱戦 神明スポ少交流野球・中村稔杯が開幕 三重(伊勢新聞)” の続きを読む

結成1年目、東北クラブ初優勝 全国大会へ決意/青森県ジュニア学童野球(デーリー東北新聞社)

情報元 : 結成1年目、東北クラブ初優勝 全国大会へ決意/青森県ジュニア学童野球(デーリー東北新聞社)デーリー東北新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00010002-dtohoku-l02
 昨年11、12月に五所川原市などで本戦が開催された「青森県ジュニア学童野球選手権2018」で、結成1年目の東北町の東北クラブが初優勝した。メンバーは6日、町役場本庁舎に蛯名鉱治町長を訪ね、快挙を報告。全国大会に向け、決意を新たにした。
 同選手権は、東北地方で学童野球大会を運営する「ビッグウエストカップ」と、県小学生野球交流協会の共催。本戦には76チームが出場した。
 昨年6月に発足した同クラブは、持ち前の堅守とつなぐ打線で勝ち上がり、決勝では藤崎レッドファイターズ(藤崎町)を14―1で圧倒。8月に兵庫県淡路島で行われる第40回全日本都市対抗少年野球大会の切符を手にした。
 同日はメンバー20人と槙田真一コーチが訪問。蛯名町長は「優勝おめでとう。これからも勝とうとする野球を目指してください」と激励した。主将で町立蛯沢小5年の笹倉未羽さん(11)は「声を出してチームのいい雰囲気をつくれた。優勝できてすごくうれしい」と笑顔。全国大会に向け、「ピンチでも声を掛け合えるように、練習を頑張りたい」と力を込めた。

“結成1年目、東北クラブ初優勝 全国大会へ決意/青森県ジュニア学童野球(デーリー東北新聞社)” の続きを読む

センバツ頂点、待ってな!/10回目出場の八学光星ナイン、日本一の難しさ知る監督も「優勝目指せる」(Web東奥)

情報元 : センバツ頂点、待ってな!/10回目出場の八学光星ナイン、日本一の難しさ知る監督も「優勝目指せる」(Web東奥)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190204-00000005-webtoo-l02
 第91回選抜高校野球大会(3月23日から12日間・甲子園球場=兵庫県西宮市)へ出場する八学光星野球部が4日、青森市の東奥日報社を訪れた。3年ぶり10回目のセンバツに、選手らは必勝を誓った。
 仲井宗基監督と選手20人、中村良寛教頭らが、本社の河田喜照執行役員編集局長らと懇談した。
 八学光星は現チームとなった昨年秋、自慢の強打と堅守を武器に県大会と東北大会で優勝。明治神宮大会では準々決勝まで進んだ。1月25日、大阪市で開かれた選考委員会で出場校に選出され、春夏通算19回目の甲子園に挑む。
 2010年春からチームの指揮を執り、自らを日本一になる難しさを一番知っている監督-という仲井監督は「今年のチームは優勝を目指せる力がある。さらにレベルアップし甲子園に乗り込みたい」と話し、11年夏から3季連続で準優勝まで迫りながら届いていない「優勝」へ並々ならぬ意欲を見せた。
 主将武岡龍世(2年)は「東北悲願の優勝旗を持ち帰りたい」と、チーム一丸で目指す「全国制覇」へ向けて決意を力強く語った。
 選手らは同日、県庁を訪れ、佐々木郁夫副知事と和嶋延寿県教育長にもセンバツ出場を報告した。
 初戦の対戦相手を決める組み合わせ抽選会は3月15日に行われる。

“センバツ頂点、待ってな!/10回目出場の八学光星ナイン、日本一の難しさ知る監督も「優勝目指せる」(Web東奥)” の続きを読む

2年ぶり日本一へ始動 徳島インディゴ合同自主トレ(徳島新聞)

情報元 : 2年ぶり日本一へ始動 徳島インディゴ合同自主トレ(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190202-03157559-tokushimav-l36
 四国アイランドリーグplus(IL)の徳島インディゴソックスは1日、JAバンク徳島スタジアムで今季初の合同自主トレーニングを行い、リーグ制覇と2年ぶりの独立リーグ日本一へ向けてスタートを切った。昨年から選手が大幅に入れ替わり、35人のうち19人が新加入。それぞれが言葉を掛け合って意思疎通を図りながら精力的にメニューをこなした。
 この日は34人が参加。牧野塁監督が「優勝を目指して元気よく頑張っていこう」と声を掛けて練習が始まった。ストレッチやランニングで体をほぐした後、投手陣はブルペンで投げ込み、野手陣はティー打撃やノックなどに汗を流した。
 センターラインを中心に守備の強化を打ち出す中で、捕手は3人全員がルーキー。25歳の横溝は「野球人生最後の1年と思っている。負けないようレギュラーを取りにいく」と決意を語った。
 板野高から加入した安藝はブルペンで30球を投げ、「思ったほど体が動かなかった。最速155キロを出せるように鍛えていく」と力を込めた。
 35人のうち19人が投手で激しい競争が予想される。牧野監督は「各自ある程度仕上げてきていて今後が楽しみ。個性を大事にして伸ばしていきたい」と話した。
 合同自主トレは月末までで、平日は鳴門市内のグラウンドでトレーニングし、週末は地域の行事などに参加する。3月4日から7日間、海陽町の蛇王球場などでキャンプに臨む。
 新主将に安井内野手
 徳島インディゴソックスの2019年シーズンの主将が安井勇輝内野手(24)に決まった。1日の練習前のミーティングで発表された。
 安井主将は大阪府出身。東海大山形高、近畿大、四国ILの愛媛マンダリンパイレーツを経て18年に入団した。1年目の昨季は48試合に出場して打率2割7厘、10打点。昨季は主に外野を守り、攻守でチームの勝利に貢献した。
 安井主将は「人生初の主将。昨季の垂井主将を手本にチームを引っ張っていく。日本一に向け前期は断トツで勝つ」と力強く語った。
 副主将は瀬口拓也内野手(24)と竹内裕太投手(22)が務めることになった。
 四国IL3月30日開幕 徳島、高松で香川戦
 四国ILは1日、2019年シーズンの開幕カードを発表した。徳島インディゴソックスは3月30日午後6時から、高松市のレクザムスタジアムで香川と対戦する。愛媛対高知も同日午後1時から、松山市のマドンナスタジアムで行われる。
 徳島のホーム開幕戦は31日午後6時から、JAバンク徳島スタジアムであり、香川と対戦。高知は4月6日午後6時から高知市の高知球場で徳島とホーム開幕戦を戦う。
 今季も前期・後期の2シーズン制で、前期が3月30日~6月2日。後期が7月13日~9月8日の予定。今季の各球団の年間試合数や全日程は3月上旬に発表される。

“2年ぶり日本一へ始動 徳島インディゴ合同自主トレ(徳島新聞)” の続きを読む

祝福ムード会場包む ホークスパレード(宮崎日日新聞)

情報元 : 祝福ムード会場包む ホークスパレード(宮崎日日新聞)宮崎日日新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00015484-miyazaki-l45
 プロ野球で2年連続日本一となった福岡ソフトバンクホークスの歓迎パレードが行われた31日、宮崎市・橘通りは県内外から訪れたファン約5万人の熱気で包まれた。ファンらは、目の前を通る選手をスマートフォンで撮影したり、メッセージボードを掲げエールを送ったりするなど、キャンプ地ならではの特別な一日を満喫した。

“祝福ムード会場包む ホークスパレード(宮崎日日新聞)” の続きを読む

函館商業高校、日商簿記2、3級の合格率が全国上回る(函館新聞電子版)

情報元 : 函館商業高校、日商簿記2、3級の合格率が全国上回る(函館新聞電子版)函館新聞電子版https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00000001-hakoshin-hok
 昨年11月に実施された第150回日商簿記検定の2級、3級試験で、函館商業高校(大庭隆校長)の会計ビジネス科に在籍する生徒の合格率が全国合格率を大幅に上回った。
 2級は全国で6万4838人が受け、7275人が合格。合格率は14・69%と2002年6月実施の第100回以降で6番目に低かった。一方、同科からは31人が受験して15人が合格し、合格率は全国比の約3倍となる48・39%だった。
 同科2年の小林茉亜玲さん(17)は「毎日こつこつと勉強を積み重ねてきたので合格できてうれしい」と話す。吹奏楽部の部長を務め、昨年12月には定期演奏会もあり、部活動との両立も成し遂げた。「2月には全経簿記上級を受ける。次も頑張りたい」と意欲を見せる。
 3級の合格率は、同科から38人が受けて35人が合格し、合格率89・74%をたたき出した。全国では、8万8774人の受験者に対して合格者は3万8882人で、合格率は43・80%だった。
 合格した同科1年の宮永海杜さん(16)は野球部の活動にも精を出す。「両方中途半端になるのは嫌だったので両立を頑張った。合格できてよかった」と笑顔。幼いころから計算好きで、5歳からそろばんを続けている。「2年生になったら、2級や全経簿記の試験にも挑戦したい」と意気込む。
 同科の石塚和久教諭は「道南では企業の倒産も相次いでいる。これからは簿記が得意な人材が求められてくるので、生徒たちの今後の飛躍にも期待したい」と話している。

“函館商業高校、日商簿記2、3級の合格率が全国上回る(函館新聞電子版)” の続きを読む

習志野高校野球部 10年ぶり4度目の選抜出場に歓喜(チバテレ)

情報元 : 習志野高校野球部 10年ぶり4度目の選抜出場に歓喜(チバテレ)チバテレ(千葉テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190128-00010001-chibatelev-l12
 3月23日に開幕する選抜高校野球大会の出場校が25日発表され、習志野高校が10年ぶりに出場を決めました。1月25日午後3時14分、第91回選抜高校野球大会の出場連絡が、習志野高校の小西薫校長に届きました。吉報はその後、グラウンドで練習をする野球部員たちに伝えられました。
 習志野高校野球部根本翔吾主将
「選抜に選んでいただいたからには、2か月間しっかり準備して頑張って行きましょう」 
 習志野高校野球部は去年10月に山梨県で行われた秋の関東大会で群馬県の桐生第一高校などの強豪に競り勝ち、ベスト4に進出。そして、1月25日、10年ぶり4度目のセンバツ甲子園出場を決めました。
 習志野高校野球部小林徹監督
「子どもたちの夢が一つかなってホッとしている。千葉県、関東、そして習志野市を代表して、皆さんに応援してもらえるような精一杯のプレーができる準備を2か月していきたい」
竹縄俊希主将
「自分たちの全力プレーや、吹奏楽部の応援など色んな部分に注目してほしい」
根本翔吾主将
「時間が少ない中で、自分たちができる完璧な準備をして大会に臨みたい」
 習志野高校が10年ぶりに出場する春の選抜高校野球大会は、3月23日から阪神甲子園球場で12日間に渡って開催されます。

“習志野高校野球部 10年ぶり4度目の選抜出場に歓喜(チバテレ)” の続きを読む

春日部共栄高 野球部で監督が体罰/埼玉県(テレ玉)

情報元 : 春日部共栄高 野球部で監督が体罰/埼玉県(テレ玉)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190120-00010000-teletama-l11
ことし春のセンバツへの出場が確実となっている春日部共栄高校野球部の本多利治監督(61)が去年4月、練習試合中に部員に体罰を加えていたことが分かりました。
高校によりますと、本多監督は去年4月練習試合で見逃し三振をした当時の2年生と3年生の合わせて3人の部員に平手打ちをしたり蹴ったりしたということです。本多監督はすでに部員や保護者に謝罪し現在は指導を自粛しています。
春日部共栄高校は春夏合わせて甲子園7回出場の強豪で去年の秋季関東大会でも準優勝を果たし、ことし春のセンバツ出場を確実にしていました。学校側は、現時点で出場辞退を申し入れず、今月25日の選抜選考委員会の結論を待つとしています。

“春日部共栄高 野球部で監督が体罰/埼玉県(テレ玉)” の続きを読む