奈良大附属 甲子園初勝利へ 応援も一丸(奈良テレビ放送)

情報元 : 奈良大附属 甲子園初勝利へ 応援も一丸(奈良テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00010000-tvnv-l29
 第100回全国高校野球選手権記念大会は、あさって10日に奈良代表・奈良大学附属高校が1回戦を迎えます。
 初めての夏の甲子園に向け、学校では応援の練習にも力が入っています。
 
 奈良大附属では、甲子園出場が決まってから吹奏楽、チアリーダー、そして野球部の控え部員がそれぞれのパートで応援の練習に取り組んできました。きょうは午後から吹奏楽と振付けなどをあわせる合同練習があり、本番に向け課題を話し合いました。
 初の夏の甲子園に向け、学校や周囲のムードも高まっていて、チアリーダーは奈良大会の8人から24人に増加。さらに吹奏楽は試合当日、奈良北高校や法隆寺国際高校なども応援に駆けつける予定です。
 そして試合を前に奈良大附属にビッグプレゼントが届きました。バッターがホームランを放つ重厚なイメージで始まる新しいチャンステーマ「青のプライド」です。プロ野球や高校野球の応援曲などを数多く手がける「ジントシオ」さんが、部員から入れてほしい言葉などを聴き取り、作詞・作曲したもので、学校に譜面が届いたのはわずか5日前だといいます。
 「青のプライドを見せてやれオォ~勝利の栄冠、大和の国へ」
 この曲で勝利を勝ち取れるか、それぞれ、本番に向け気持ちを高めました。
 奈良大附属吹奏楽部・山本幸奈部長「すごく力強い感じで、かっこいい曲を作って頂いたのですごくうれしく思います。奈良大附属の曲なので、この曲を聞いてもらって頑張ろうという思いが出てくれたらすごくうれしいです。」
 奈良大附属生徒会・神子直輝副会長「これだけ皆、しっかり練習しているので、ぜひ皆で勝利をつかみたいと思います。」
 奈良大附属はあさって大会6日目の第3試合で山形の羽黒と対戦、学校一丸で甲子園初勝利を目指します。

“奈良大附属 甲子園初勝利へ 応援も一丸(奈良テレビ放送)” の続きを読む

【甲子園】慶応エンジョイ新時代<上>監督より「経営者」(カナロコ by 神奈川新聞)

情報元 : 【甲子園】慶応エンジョイ新時代<上>監督より「経営者」(カナロコ by 神奈川新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00028495-kana-l14
 慶応が10年ぶりに甲子園で挙げた1勝は、森林貴彦監督(45)にとっては初勝利だった。就任3年目の指揮官は、慶応に根付く「エンジョイ・ベースボール」を継承した上で、さらに進化させようと試みている。2回戦以降も躍進が期待される「森林野球」に迫った。2回連載の初回。
 バッティング練習中、森林監督は打撃ケージの後ろに据えた椅子に座り、じっと見守っている。声を荒らげたり、手取り足取り選手を指導することはほとんどない。
 その間、監督と頻繁にやりとりを交わすのは学生コーチたちだ。学生コーチは、上田誠前監督の時代から野球部OBの慶大生が担う。監督と選手の間に立ち、投手、野手担当などに分かれて指導し、森林監督自身もかつて4年間務めていた。多くは高校時代は控えで、「自分も学生コーチに支えられたから」と裏方に回る。現在は計15人が指導に当たり、大阪にも7人が帯同している。
 森林監督はコーチたちの権限を最大化する「進化」に踏み切った。
 「ある程度の意思統一は図りますが、『好きにやっていいよ』と言っています。打ち方も投げ方も捕り方も、どんどん試してくれ、と」
 赤松衡樹部長(41)が言う。「今は自分も選手に直接指導することがほぼない。(打撃フォームなどが)おかしいなと思っても、学生コーチと試行錯誤している途中の段階だったりするんで」
 底流にあるのは、森林監督自身が慶応野球部で出合った、自ら考え、自ら学ぶという「自主性野球」だ。
 「僕が高2の夏に上田前監督が就任して、『二塁けん制のやり方はおまえらで考えてくれ』と言ってくれて、もう夜になるまで夢中になって話し合った。自分が指導者を志した原点ですね」
 上から答えを与えられるのではなく、学生コーチとともに「なぜ」を悩んだ先にある、高校生なりの解を探してほしい。その繰り返しが、真の自立につながると考えている。
 大学院1年で、最年長の杉山瑛彦コーチが「良い例」に挙げたのは、5番根岸だ。豪快なフォームの根岸は打撃練習中も一人別メニューを組み、黙々と練習を行う。「普通のチームなら根岸ははじかれると思う。自分で考えた上なら、違ったアプローチが許容されるのが慶応らしさ。それを支えるこちらもやりがいを持てますよね」
 ただ、ここで疑問が浮かぶ。学生コーチも日々指導を学ぶ発展途上の存在だ。その知識や指導が的外れになる心配はないのだろうか。
 森林監督は「僕自身がすごい技術屋で、自信満々に教えられたらそれはありだと思う。そんな技量はないので、コーチ一人一人の力を引き出すという方がいい。そういう思いは就任1年目より2年目、今年とどんどん大きくなってきている」。
 学生コーチがノックを打つ後ろで、好守に静かに手をたたく指揮官の姿はいわゆる「高校野球の監督」とは一線を画す。
 「僕はこの大所帯(部員105人)の組織をどう回して、どう力を引き出すかを考えている。そういう意味では監督というより、経営者の感覚に近いですね」

“【甲子園】慶応エンジョイ新時代<上>監督より「経営者」(カナロコ by 神奈川新聞)” の続きを読む

楽天アマダー、ドーピングで6カ月の出場停止(TBC東北放送)

情報元 : 楽天アマダー、ドーピングで6カ月の出場停止(TBC東北放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00000002-tbcv-l04
NPB・日本プロ野球機構は9日、楽天イーグルスのジャフェット・アマダー選手がドーピング検査で陽性反応を示したため、6カ月間の出場停止処分を科したと発表しました。
アマダー選手は6月13日に行われたドーピング検査の対象選手となり、その後、分析機関が国際基準で禁止されている利尿剤の成分などを検出した、と報告していました。
アマダー選手は球団からの聞き取りに対して「意図的な摂取はない。」と説明したということですが、NPBは8日、アンチドーピング調査裁定委員会を開き、アマダー選手を9日から2019年2月8日まで6カ月間の出場停止とする処分を発表しました。
アマダー選手は2016年から楽天イーグルスに在籍、今シーズンはここまでチーム最多の20本塁打を放っており、特に7月は11本塁打の固め打ちで、イーグルス、後半戦快進撃の立役者となっていました。
アマダー選手はコメントを発表し、「これまでの野球人生においてドーピング行為を行ったことは一度もなく、今回の陽性反応には大変な驚きと共に身に覚えのないことでとても不安です。」と語っています。

“楽天アマダー、ドーピングで6カ月の出場停止(TBC東北放送)” の続きを読む

警察電光掲示に「高校野球愛」 全56校もじる 甲子園前(神戸新聞NEXT)

情報元 : 警察電光掲示に「高校野球愛」 全56校もじる 甲子園前(神戸新聞NEXT)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00000024-kobenext-l28
 第100回全国高校野球選手権大会に合わせ、兵庫県警の車両が甲子園球場(西宮市)前で電光掲示しているメッセージが、観戦に訪れた人らの注目を集めている。「よこ道は まさかの危険 迫る道」(南神奈川・横浜高)、「おおがた車 サイドにしかく 側方注意」(北大阪・大阪桐蔭高)など、その日に出場する学校名に引っ掛けた標語で大会期間中の毎日、交通安全を呼び掛けている。インターネット上でも話題となっているが、さて交通事故防止の効果のほどは?【写真】南神奈川・横浜高のバージョン 全56の出場校をもじった標語は7月から、甲子園署の和泉幸男・交通課長(45)が一人でこつこつと考えたという。お気に入りは、地元の兵庫県勢2校の「いほうちゅうしゃ うっとうしいし とにかく危険」(東兵庫・報徳高)と「あぶないよ! かくにん不足! しんごう無視!」(西兵庫・明石商業高)。両校がそろって初戦に臨む11日にお披露目する。
 大会が進むにつれ、短文投稿サイト「ツイッター」などで「高校野球愛がすごい」「兵庫県警の粋な計らいをご覧ください」といった反応が相次ぎ話題に。車両の前では、入場者らが足を止めて見入っている。
 和泉課長は「話題になっているのはうれしい。高校野球の応援と一緒に、交通安全意識も高めてもらえたら」と話している。(杉山雅崇、名倉あかり)

“警察電光掲示に「高校野球愛」 全56校もじる 甲子園前(神戸新聞NEXT)” の続きを読む

白山ナイン 活動資金のアルバイトが縁  全国高校野球大会(三重テレビ放送)

情報元 : 白山ナイン 活動資金のアルバイトが縁  全国高校野球大会(三重テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00010002-mietvv-l24
 夏の全国高校野球大会に出場する白山高校野球部の選手がアルバイトを行ってきた縁で、三重県津市にある津中央郵便局が7日、寄付金を学校に贈りました。
 白山高校野球部の部員たちは、東監督が就任した2013年から、活動資金を確保するため、毎年、冬休みに郵便局で年賀状の仕分け作業のアルバイトを行っています。
 寄付は、野球部員たちが一生懸命働く姿を見ていた局員らの呼びかけに応じ、中南勢地区の郵便局員約500人が協力したもので、応援の気持ちを込めた約60万円が野球部に贈られました。
 いっぽう、学校まで寄付に訪れた人たちに、白山高校ではオリジナルの応援グッズを配っています。
 5日から配布を始めたところ、3日間で約500人が学校を訪れ、中には愛知県や滋賀県など県外から来た人もいるということです。
 グッズは、Tシャツやメガホン、タオルなどのセットで、2600円の寄付につき1セット渡されています。
 受付は、10日の午後6時までで、9日までは応援バスツアーの参加受け付けも行っています。

“白山ナイン 活動資金のアルバイトが縁  全国高校野球大会(三重テレビ放送)” の続きを読む

【速報】夏の甲子園 香川・丸亀城西は宮崎・日南学園と対戦(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : 【速報】夏の甲子園 香川・丸亀城西は宮崎・日南学園と対戦(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180802-00010002-ksbv-l37
 100回目となる夏の全国高校野球選手権記念大会の組み合わせ抽選会が2日、大阪市で行われました。
 13年ぶり5回目の出場となる香川代表の丸亀城西は、大会4日目(8日)第1試合で、宮崎代表の日南学園と対戦することが決まりました。
 日南学園は宮崎勢では最多となる9回目、2年ぶりの夏の甲子園出場です。
 丸亀城西は、香川大会5試合全てで2桁安打の強力打線と、エース大前の安定した投球で勝ち上がりました。過去4回の夏の甲子園ではいずれも初戦で敗退していて、夏の1勝を目指します。
 第100回夏の全国高校野球選手権大会は、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で5日に開幕します。

“【速報】夏の甲子園 香川・丸亀城西は宮崎・日南学園と対戦(KSB瀬戸内海放送)” の続きを読む

【大分】県代表 藤蔭高校野球部 甲子園へ(OAB大分朝日放送)

情報元 : 【大分】県代表 藤蔭高校野球部 甲子園へ(OAB大分朝日放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-00010001-oabv-l44
夏の高校野球大分大会を制した藤蔭高校野球部が、31日、夢の舞台へ向けて出発しました。28年ぶり2回目の甲子園出場を決めた藤蔭高校。野球部の寮には、選手たちを激励しようと保護者や関係者が集まりました。
熊懐郁祐キャプテン:
「甲子園で戦えるというワクワク感が出てきたので、気持ちを抑えながら藤蔭らしい野球ができるように頑張りたい」
また、日田市役所などにも見送りに駆け付けた在校生や市民の姿がありました。選手たちは大勢の期待を背負い、憧れの舞台へと旅立ちました。
在校生:
「1勝でもして帰ってきてほしい」
日田市民:
「災害があった日田から元気を届けに兵庫県まで行ってほしい。頑張れ!」
大会は8月2日に抽選会、5日に開幕です。

“【大分】県代表 藤蔭高校野球部 甲子園へ(OAB大分朝日放送)” の続きを読む

佐賀商ナイン、甲子園に出発 「気持ち背負って頑張る」(佐賀新聞)

情報元 : 佐賀商ナイン、甲子園に出発 「気持ち背負って頑張る」(佐賀新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180802-03253735-saga-l41
 第100回全国高校野球選手権記念大会に、県代表として10年ぶりに出場する佐賀商高野球部が1日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場に向け出発した。
 佐賀商高の正門には、全校生徒約700人が花道を作り、「頑張って」と声をかけたり、選手とハイタッチしたりと盛大に見送った。選手たちも笑みを浮かべ、声援に応えた。
 佐賀大会で本塁打を放った山崎陸右翼手は「見送りを見て、いよいよだなとやっと実感が湧いた。みんなの気持ちを背負って頑張りたい」と意気込んだ。
 木村颯太主将のクラスメートで佐賀大会の4試合にも応援に駆けつけたという吉成真弥果さん(17)は「クラスで見ている分、より頑張ってほしい。みんな打って」と期待を寄せた。
 ナインは歩いてJR佐賀駅へ向かい、保護者や市民らが見守る中、聖地への期待を胸に、笑顔で列車に乗り込んだ。
 大会は5日開幕。1日は甲子園球場を見学し、2日の組み合わせ抽選会で対戦相手が決まる。

“佐賀商ナイン、甲子園に出発 「気持ち背負って頑張る」(佐賀新聞)” の続きを読む

済美はつらつ行進、開会式リハーサル 甲子園(愛媛新聞ONLINE)

情報元 : 済美はつらつ行進、開会式リハーサル 甲子園(愛媛新聞ONLINE)愛媛新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180804-05000201-ehime-l38
 第100回全国高校野球選手権大会に出場する愛媛県の済美は4日、甲子園球場で開会式のリハーサルに参加し、はつらつとした姿を見せた。

“済美はつらつ行進、開会式リハーサル 甲子園(愛媛新聞ONLINE)” の続きを読む

台風が去り豪雨被災地でボランティアの受け付け再開 倉敷・真備町(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : 台風が去り豪雨被災地でボランティアの受け付け再開 倉敷・真備町(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-00010009-ksbv-l33
 台風が去り、ボランティアが戻ってきました。台風12号の接近により中止していたボランティアの受け付けが倉敷市で再開されました。
 午前10時には、気温が32度を超える中、台風の影響で3日間中止していたボランティアが倉敷市真備町に戻ってきました。31日は、バスに乗って、おかやま山陽高校の生徒もボランティアにやってきました。
(おかやま山陽高校/原田一成 校長)
「子どもたちは力はありますので、幸い夏休みですので、できる人ができることをしっかりとやっていこうと、呼びかけました」
 原田校長の呼びかけに集まったのは、野球部など運動部を中心に131人。中には、家が被災した生徒もいます。
(おかやま山陽高校 野球部/井元将也 元主将)
「自分の家はだいたい終わりました。復興まではまだまだ時間がかかると思うんですけど、できることを自分たちがやっていけたらなと思います」
 県外のボランティアも参加しています。兵庫県姫路市から来た男性は、他のボランティアとチームを組んで活動しています。
 向かった先は被災者の家。冷蔵庫など重い電化製品を軽トラックに積んでいきます。男性が真備町に来るのは2回目で、台風による2次被害も心配していました。
(姫路からのボランティアはー)
「(台風による)雨の被害もあんまり聞いてないんで、よかったかなと思います」
(被災した家の人はー)
「台風はきのうのはもう全然関係なし。きのう来てたらアウトですよここらは」
 汗をかきながらこまめに休憩をとりつつ、2軒の家を手伝いました。
(記者)
「こちらの浸水した家では、家具が運びだされ片付けは進んでいるものの、床下にたまった大量の泥をかき出すために、まだまだ人手が必要です」
(愛知からのボランティアはー)
「きょうは家の泥を排出する作業ですね。ちょっとでも助ければいいなと思いますけど」
 倉敷市災害ボランティアセンターによると、7月24日よりも100人多い、900人を超える受け付けがあったということです。

“台風が去り豪雨被災地でボランティアの受け付け再開 倉敷・真備町(KSB瀬戸内海放送)” の続きを読む