福袋大市、そごう川口で1月1日から 「美人すぎるプロ野球選手から野球を教わる福袋」など販売(埼玉新聞)

情報元 : 福袋大市、そごう川口で1月1日から 「美人すぎるプロ野球選手から野球を教わる福袋」など販売(埼玉新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00010005-saitama-l11
 クリスマスが終わると、お正月まであっという間。そごう川口店(埼玉県川口市)では、1月1日から3日まで「福袋大市」を開催する。1万個以上のブランド福袋のほかに、米作り体験などができる、川口店限定の体験型福袋を販売する。女子高生ら95人、聖夜彩る特製ケーキ作り「パーティーで食べたい」 熊谷の専門学校、将来の進路決定に そごう川口店限定の体験型福袋は3種。応募期間は1月1日~3日までで、当選者には直接連絡される。
▼『力士に会える!湊部屋朝稽古見学福袋』/1人:2019円、限定10組。朝稽古の見学とちゃんこなどの試食会を予定。
▼『美人すぎるプロ野球選手から野球を教わる福袋』/1人:2019円、限定8組。埼玉アストライア選手による野球教室。2月3日実施予定。
▼『見沼田んぼで米作り体験福袋』/一組2000円、限定5組(一組最大5人、うち大人2人まで。大人1人参加必須)今年初登場。
 川口市の魅力を再発見できる体験型福袋となっている。
 また、西武ライオンズの辻発彦監督から直々にノックを受けられる『“西武魂ノック”を受けられる夢の福袋』も販売する。一組2019円、限定5組10人(1組親子ペア2人)。※西武池袋店・所沢店、そごう大宮店・川口店の4店舗合計。
==埼玉新聞WEB版==

“福袋大市、そごう川口で1月1日から 「美人すぎるプロ野球選手から野球を教わる福袋」など販売(埼玉新聞)” の続きを読む

「天下統一」にあと一歩届かず 軟式野球「SAMURAI」 全国大会決勝で惜敗/兵庫(丹波新聞)

情報元 : 「天下統一」にあと一歩届かず 軟式野球「SAMURAI」 全国大会決勝で惜敗/兵庫(丹波新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181225-00010000-tanba-l28
 兵庫県の社会人軟式野球チーム「SAMURAI」が、このほど明治神宮球場で開かれた国内軟式野球のチャンピオンを決める全国大会「MLB(メジャーリーグベースボール)ドリームカップ」で準優勝を果たした。各ブロック予選を勝ち抜いた強豪4チームで争われ、決勝はタイブレークまでもつれ込む熱戦で惜敗した。
 MLBジャパンなどでつくる実行委員会が主催する大会のため、出場チームはそれぞれメジャーリーグのユニフォームを身にまとって戦った。同チームは大谷翔平選手が所属するロサンゼルス・エンゼルスのユニフォームでプレーした。
 創部3年目の「SAMURAI」は、関西ブロック大会を連覇して全国大会の出場権を得た。同県丹波市出身の高見晃希さん(27)と、金川友一さん(36)ら20人が所属している。
 中国・四国地区代表と対戦した準決勝では、高見さんが3打数2安打と爆発。チャンスを広げる活躍を見せて勝利に貢献し、4―0で快勝した。
 頂点を決める決勝は、元プロ選手や甲子園で優勝経験がある選手らも所属する北海道地区代表と対戦。初回に先制を許したものの、2回表に一死1、3塁から金川さんの内野ゴロの間に1点を返して同点に。その後、最終の7回を終了して3―3の同点となり、一死満塁から始まるタイブレークに突入した。9回表には金川さんがレフト戦に大飛球を放ったが、相手が好捕。9回裏に相手が1点を挙げ、3―4でサヨナラ負けした。
 金川さんと高見さんは「決勝は野球エリートばかりがそろう強豪だったが、必死で戦えば十分戦えた」と話している。

“「天下統一」にあと一歩届かず 軟式野球「SAMURAI」 全国大会決勝で惜敗/兵庫(丹波新聞)” の続きを読む

カープ菊池選手 来シーズンオフにもメジャー挑戦の意向(テレビ新広島)

情報元 : カープ菊池選手 来シーズンオフにもメジャー挑戦の意向(テレビ新広島)広島ニュースTSShttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181221-00000006-tssv-l34
カープの菊池涼介選手が来シーズンオフにもポスティングシステムを利用してメジャーに挑戦すると球団に伝えたことを明らかにしました。「トップのレベルでやりたい。僕もその1人」と理由を語りました。
球団事務所で契約更改交渉を終え、会見場に現れた菊池選手が語ったこととは…。
【カープ・菊池選手】
「僕自身は来年国内FA権取得見込みということで、みなさんも気になっていると思いますし、ポスティングの方をお願いしますと僕から球団に伝えてきました。WBCが終わってから球団の方にもオーナーの方にも出向いてそういう話はしていたので、納得は頂けたんじゃないかと思います。野球をやっている以上、トップのレベルでやりたいと思っている選手はたくさんいると思いますが、僕もそのひとりだということですね」
一方、交渉では来シーズンの契約を更改。球団は丸選手が離脱中の活躍や持ち前の守備面を大きく評価しました。(推定年俸2億4000万円・5000万円アップ)      )
新井選手の引退や、丸選手のFA移籍でチームリーダーとして期待される中、メジャー挑戦で自らを奮い立たせた菊池選手。
来シーズンのチームについては…。
【カープ・菊池選手】
「来シーズンの戦いは厳しくなると思います。丸選手と新井さんの穴を僕だけとか、會澤選手会長だけとはではなく、選手みんなでカバーしながら…その穴は…大きいと思います。大きい穴だと思いますけれど、埋めて…しっかりと勝ち取りにいきたいと思います」

“カープ菊池選手 来シーズンオフにもメジャー挑戦の意向(テレビ新広島)” の続きを読む

「経営手腕に期待」モンテ次期社長に吉村知事エール 山形(さくらんぼテレビ)

情報元 : 「経営手腕に期待」モンテ次期社長に吉村知事エール 山形(さくらんぼテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181217-00010004-sakuranbo-l06
サッカーJ2・モンテディオ山形の次期社長に就任する相田健太郎さんが、吉村知事を表敬訪問した。サポーターと一丸となってJ1昇格を目指すと、改めて抱負を語った。
吉村知事のもとを訪れたのは、モンテディオ山形の次期社長に決まっている相田健太郎さん。相田さんは南陽市出身で、プロ野球の東北楽天やJ1の神戸で営業本部長や戦略室長などを務めてきた。吉村知事は、相田さんに「長くプロスポーツの舞台で経験してきたことを活かし、アウェーサポーターも取り込んだ経営を期待したい」と述べた上で、県としても出来る限り協力していくとエールを送った。
相田さんは「スポンサー企業などからも意見を聞き、多くの人がスタジアムに足を運んでくれるシステムを作っていきたい」と語った。
(モンテディオ山形・相田健太郎次期社長)
「見る側やる側ではなくて関わっていただくみなさんとともに戦ってJ1に上がれればいいと思う」
相田さんは来年1月1日付で社長に就任する。

“「経営手腕に期待」モンテ次期社長に吉村知事エール 山形(さくらんぼテレビ)” の続きを読む

展勝地整備に一役 北上信金70周年記念 標柱と石碑お披露目【岩手】(岩手日日新聞社)

情報元 : 展勝地整備に一役 北上信金70周年記念 標柱と石碑お披露目【岩手】(岩手日日新聞社)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181215-00010002-iwanichi-l03
 北上信用金庫(木村幸男理事長)が、岩手県北上市の市立公園展勝地周辺に設置を進めていた標柱5基と石碑1基が完成し、14日に現地でお披露目された。関係者が新たな観光表示の完成を喜び、2021年の展勝地開園100周年に向けた盛り上がりに期待した。
 同信金が創立70周年記念事業の一環として、設置費用を含み総額約250万円相当を市に寄贈。開園100周年を前に桜並木にある老朽化した木製標柱2基を撤去し、新たに桜並木付近に3基と展勝地エリア一帯の陣ケ丘に2基の合わせて5基の標柱を新設。また、展勝地野球場側入り口にあった石碑1基を更新した。
 桜の名所にちなんで標柱、石碑のいずれも桜御影石を採用。標柱の大きさは直径20センチほどで高さは2・3メートル。栗の木で作られていた古い標柱を再利用して表示板に活用し、「北上市立公園展勝地」の文字はかつての字体を生かした。また、石碑は幅2・5メートル、高さ約1メートル。古い石碑からブロンズ製の文字盤を切り抜き新しい石碑に移設。いずれも開園からの歴史を次世代につなぐ思いが込められている。
 同日は、市や同信金などの関係者約20人が出席して、展勝地レストハウス側の桜並木入口付近でお披露目式が行われた。木村理事長と高橋敏彦市長が除幕を行うと新しい標柱が姿を現し、出席者が拍手をして完成を喜んだ。
 木村理事長は「創立記念事業として取り組んだもので、開園100周年の整備に少しでも役立てていただきたい」と話し、高橋市長は寄贈に感謝した上で「開園100周年に向けさまざまな整備を進めており、案内板整備など残る工事をしっかり行い、100周年には素晴らしい景観になるよう整備を進めたい」と意欲を示した。

“展勝地整備に一役 北上信金70周年記念 標柱と石碑お披露目【岩手】(岩手日日新聞社)” の続きを読む

長野商出身の日本ハム・金子投手、千尋→弌大に登録名変更し心機一転(産経新聞)

情報元 : 長野商出身の日本ハム・金子投手、千尋→弌大に登録名変更し心機一転(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00000034-san-l20
 プロ野球・オリックスを自由契約となり、日本ハム入りが決まった長野商高出身の金子千尋(ちひろ)投手(35)は、10日に札幌市内で行った入団記者会見で、登録名を読み方は同じ「金子弌大」に変更したと明らかにし、心機一転の抱負を語った。
 平成12年に選抜高校野球に出場。トヨタ自動車を経てオリックスに入り、26年に沢村賞に輝くなど通算120勝の右腕。
 「35歳のルーキーの気持ちを持って、これから北海道のために一生懸命頑張っていきたい」。オリックス入団後から「運が悪くならないように」と信じている風水の先生の勧めで、一の古字である「弌」を取り入れることを決めた。
 オフは例年と同じく米ロサンゼルスなどで自主トレを行う。今季は4勝7敗と振るわなかったが「開幕には、しっかりした状態で投げられる」と自信をのぞかせた。
 来年3月29日に本拠地・札幌ドームで迎える開幕カードは、くしくも古巣のオリックス戦。北の大地で“弌”からスタートを切る。

“長野商出身の日本ハム・金子投手、千尋→弌大に登録名変更し心機一転(産経新聞)” の続きを読む

日本プロ野球OBクラブ杯中学生野球大会が熊本・宮崎で開幕(産経新聞)

情報元 : 日本プロ野球OBクラブ杯中学生野球大会が熊本・宮崎で開幕(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000011-san-l43
 日本プロ野球OBクラブ杯「中学生野球大会(軟式)」(全国野球振興会主催、日本中学校体育連盟、産経新聞社など後援)の熊本、宮崎両県の大会が8日、行われた。熊本、宮崎とも16チームが出場した。熊本では五霊、相良、長嶺、御船が、宮崎では西、延岡、西階、中郷が勝ち上がった。両県とも9日に準決勝と決勝が行われる。
 ≪熊本大会≫
 ▽1回戦
八代四 5-3 富合
五霊  1-0 牛深
三和 14-0 玉東・玉陵
相良 19-1 菊池北・七城
佐敷 12-1 米野岳
長嶺  2-1 維和
御船  5-0 飽田
三角  7-0 南阿蘇・高森
 ▽準々決勝
五霊 9-5 八代四
相良 6-4 三和
長嶺 9-0 佐敷
御船 7-3 三角
 ≪宮崎大会≫
 ▽1回戦
西   5-2 日向
高原  1-0 五ヶ瀬
延岡 10-3 新田
清武  2-1 串間
門川  8-1 油津
西階  3-0 飯野
加納  3-2 都農
中郷 13-2 西郷・諸塚
 ▽準々決勝
西   1-0 高原
延岡 12-0 清武
西階  5-2 門川
中郷  3-0 加納

“日本プロ野球OBクラブ杯中学生野球大会が熊本・宮崎で開幕(産経新聞)” の続きを読む

石川の球児にプロの技伝え NPBのシンポに角中、島内ら12選手(北國新聞社)

情報元 : 石川の球児にプロの技伝え NPBのシンポに角中、島内ら12選手(北國新聞社)北國新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181209-00676695-hokkoku-l17
 プロ野球選手が高校生に技術指導する日本野球機構(NPB)や日本高野連などのシンポジウム「夢の向こうに」(北國新聞社後援)は8日、小松市のこまつドームなどで開かれた。県内の高校球児167人が、県関係7選手を含む7球団の12選手から守備や打撃、投球などで指導を受けながら一流の技に触れ、上達への意欲を高めた。
 星稜高OBの島内宏明外野手(楽天)はフライの捕球練習で「なるべく後ろ向きで走らないように」などと助言。金沢西高OBの谷内亮太内野手(ヤクルト)、能美市出身の京田陽太内野手(中日)らも指導に加わった。コーディネーターとして小松工高OBの北篤外野手(元巨人)も参加した。
 航空石川高OBの角中勝也外野手(ロッテ)は指導後、「体が大きく、スイングも速い選手が多く、石川のレベルは上がっている。ぜひ甲子園優勝を達成してほしい」と期待した。
 シンポジウムは2003年から高校野球のレベル向上を目的に全国で開かれ、県内での開催は初めて。元大リーガーの松井秀喜さんがメッセージを寄せた。小中学生に対する野球教室も開かれ、日本ハムの木田優夫投手チーフコーチや森山恵佑外野手(星稜高OB)らが指導した。
 9日には、プロ野球選手との交流イベント「ベースボールクリスマス2018in石川」(本社特別協力)が、こまつドームで行われる。北陸初開催で、全12球団から28選手が参加する。

“石川の球児にプロの技伝え NPBのシンポに角中、島内ら12選手(北國新聞社)” の続きを読む

日本高野連 日本文理野球部に厳重注意(UX新潟テレビ21)

情報元 : 日本高野連 日本文理野球部に厳重注意(UX新潟テレビ21)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00010004-niigatatvv-l15
日本文理高校野球部の3年生が、寮で飲酒をしていた問題で、日本高校野球連盟は野球部を厳重注意としました。日本文理高校野球部では3年生5人が引退後の9月以降、一般生徒3人とともに、寮で飲酒と喫煙をしていたことが発覚しています。このうち1人は、夏の大会の登録メンバーでした。日本高野連は4日付けで、日本文理高校野球部を文書で厳重注意としています。対外試合の禁止などの処分は課されてなく、来年春の県大会にも出場できるということです。学校側は既に部員を退寮処分、自宅謹慎とし、後任人事が決まり次第、佐藤琢哉部長を交代することを決めています。

“日本高野連 日本文理野球部に厳重注意(UX新潟テレビ21)” の続きを読む

鶴見台が優勝 プロ野球OBクラブ杯中学生野球大分大会(産経新聞)

情報元 : 鶴見台が優勝 プロ野球OBクラブ杯中学生野球大分大会(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181124-00000022-san-l44
 日本プロ野球OBクラブ杯「中学生野球大会(軟式)」(全国野球振興会主催、日本中学校体育連盟、産経新聞社など後援)の大分県大会は24日、準決勝と決勝がダイハツ九州軟式野球場(同県中津市)であった。鶴見台が今津を3-1で下し、優勝を決めた。
 
 ●大分大会
 ▽準決勝
鶴見台 5-2 豊陽
今津  8-6 大在
 ▽決勝
鶴見台 3-1 今津

“鶴見台が優勝 プロ野球OBクラブ杯中学生野球大分大会(産経新聞)” の続きを読む