工大福井野球部に大阪桐蔭の「血」 新体制で臨む(福井新聞ONLINE)

情報元 : 工大福井野球部に大阪桐蔭の「血」 新体制で臨む(福井新聞ONLINE)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00010002-fukui-l18
 福井県内高校球界の強豪、福井工大福井を昨年8月から率いる田中公隆監督(44)と今年就任した古川卓コーチ(43)、白水健太コーチ(23)はいずれも大阪桐蔭OBだ。春夏通算7度の甲子園優勝を誇る“常勝チーム”で培った技術や経験、心構えを注入し、新体制となって最初の夏に臨んでいる。
 田中監督は大阪桐蔭2年時に控え捕手で夏の甲子園初出場優勝を経験。福井工大に進み、全日本大学野球選手権にも出場した。その後、静岡学園の監督などを経て大阪桐蔭で10年間コーチを務め、平田良介選手(中日)中田翔選手(日本ハム)森友哉選手(西武)らを育てた。特に「強く振る打撃」を目指し、型にはめず「選手に合ったものを見抜く」指導に定評がある。
 2013年から福井工大福井のコーチになり、昨年8月に監督に昇格。人脈を生かして古川、白水両コーチを迎え指導体制を構築した。
 白水コーチは12年に藤浪晋太郎投手(阪神)を擁し、甲子園春夏連覇したときの中堅手で、田中監督の教え子の一人だ。同志社大を経てルートインBCリーグ石川に所属していた。
 田中監督を慕い「高校野球の指導者になりたい」と現役を退き、高校などの指導資格を回復。今年2月からコーチになり「現役時代もいろいろなことを教わったが、指導者の経験がないのでまだまだ教えてもらいたい」と意欲的。選手と同じ寮に住み、より近い立場でアドバイスを送る。
 古川コーチは田中監督と大阪桐蔭の同級生。大阪産業大などを経て箕面学園(大阪)で野球部長、コーチを務めていた。田中監督の就任要請を「一番よく知っているので力になりたいと思った」と受諾し、4月に就任。「また同じユニホームを着るとは思わなかった。部員120人を超える大所帯にもやっと慣れてきた」と語る。
 古川コーチはバッテリー、白水コーチは野手を中心に指導する。「気心が知れているので自分の意図をくんでやってくれる」と田中監督。3人の思いは一つ。甲子園で勝ち進めるチームをつくり「全国制覇」することだ。“常勝の血”が、県内高校球界に新風を吹き込むかもしれない。
 夏の福井大会は21日の2回戦で敦賀気比と対戦する。

“工大福井野球部に大阪桐蔭の「血」 新体制で臨む(福井新聞ONLINE)” の続きを読む

【高校野球東京大会】堀越・東亜学園8強(産経新聞)

情報元 : 【高校野球東京大会】堀越・東亜学園8強(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-00000059-san-l13
 第100回全国高校野球選手権記念大会東東京大会は21日、神宮、神宮第二球場で5回戦4試合が行われた。帝京が東海大高輪台に昨年の雪辱を果たし、東亜学園がシードの錦城学園を破って8強入り。都立勢は江戸川が二松学舎大付に、城東が堀越にいずれも五回コールドで敗れた。東東京の準々決勝は、いずれも神宮で関東第一-修徳(24日第1試合)、安田学園-小山台(同第2試合)、帝京-東亜学園(25日第1試合)、二松学舎大付-堀越(同第2試合)に決まった。
 ◆東東京 
 ▽5回戦
 【神宮】
 東海大高輪台300 000 000-3
 帝 京   011 012 30×-8
 二松学舎大付127 11-12
 江戸川   000 00-0
 (五回コールド)
 【神宮第二】
 錦城学園  200 100 500-8
 東亜学園  200 500 03×-10
 城 東   000 00-0
 堀 越   013 6×-10
 (五回コールド)

“【高校野球東京大会】堀越・東亜学園8強(産経新聞)” の続きを読む

【高校野球新潟大会】新潟金星、日本文理を破る(産経新聞)

情報元 : 【高校野球新潟大会】新潟金星、日本文理を破る(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000019-san-l15
 第100回全国高校野球選手権新潟大会は8日目の18日、4球場で4回戦計8試合が行われ、甲子園常連校の中越や加茂暁星、新潟産大付などがベスト8に進出した。新潟市中央区の鳥屋野球場では、昨夏の甲子園出場校、日本文理が3-5で新潟に敗れる波乱があった。(松崎翼)
 新潟は、プロ注目の相手エース・鈴木を初回に攻略。1番・松永の右前打、2番・中川の四球、3番・木村の左前打で無死満塁のチャンスをつくると、敵失で早々と先制点を挙げる。さらに暴投と5番・小野の犠飛でこの回一挙3点を奪う。
 追う日本文理は二回、4番・相場、6番・鈴木の2本の左越え本塁打で1点差まで詰め寄る。三回以降はスコアボードにゼロが並び、3-2で迎えた六回、新潟は2死から5番・小野、6番・佐藤の連続内野安打などで、一、三塁の好機を演出。主将の7番・伊部が右前適時打を放ち、1点を追加する。
 2点ビハインドで迎えた日本文理は七回、2死一塁から9番・新谷の右中間適時二塁打で再び1点差に。対する新潟は八回、5番・小野の会心の左越え本塁打で日本文理を再び突き放す。
 後がなくなった日本文理は九回、9番・新谷の中前打、2番・長坂の四球などで1死一、二塁とするも、3番・先川が併殺に倒れ、試合終了。新潟が一度もリードを許すことなく逃げ切った。
 新潟の後藤桂太監督は「丈夫(ますらお=勇気のある強い男)魂ここにあり。やばいです。よく頑張りました」と下馬評を覆す大金星に涙。「文理を倒したからには大きな責任がある。次(の新発田との対戦)に向けて心と体を整えたい」と甲子園出場に向けて決意を新たにしていた。
 大会9日目の21日は、同区のハードオフエコスタジアムで準々決勝4試合が行われる。
                   ◇
 ◆新潟3年・熊倉智也投手 緊急登板「仲間を信じ攻めた」
 強打の日本文理打線を相手に6回を投げ1失点。観衆の度肝を抜く力投で大金星を呼び込んだ左腕は「いつ打たれるか分からない恐怖はあったけど、周りの仲間を信じて攻め続けました。とにかくうれしい」と喜びを爆発させた。
 昨夏の県大会では文理戦に先発するも、「手も足も出なかった」と0-10のコールド負け。リベンジに向けて闘志を燃やし続けてきた。
 エース・竹石が二回途中にけがで降板し、巡ってきた登板機会。「逃げたら負ける。気持ちで負けないように投げた」との言葉通り、伸びのある直球で打者の内角を攻め続け、文理打線を翻弄した。後藤桂太監督は「過去は精神的な弱さがあったが、きょうは文理相手に堂々と強気で攻めてくれた」と手放しで力投をたたえた。
 「次の試合は学校のみんなも応援に来てくれると思う。応援してくれる人の思いも背負って自分たちの野球で勝ちたい」。自分に言い聞かせるように力を込めた。

“【高校野球新潟大会】新潟金星、日本文理を破る(産経新聞)” の続きを読む

【高校野球山梨大会】山梨学院、甲府工4強(産経新聞)

情報元 : 【高校野球山梨大会】山梨学院、甲府工4強(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000031-san-l19
 第100回全国高校野球選手権山梨大会は第9日目の18日、山日YBS球場(甲府市小瀬町)で準々決勝2試合が行われた。3連覇を目指す山梨学院は、好機を逃さない試合運びで得点を重ね、3人の継投で都留の追撃を抑えた。12年ぶりの頂点を目指す甲府工は、八回の猛攻で日本航空を逆転し、主戦・渡辺が完投した。山梨学院と甲府工は21日の準決勝で対戦する。(昌林龍一)
                   ◇
 ◆都留3点先制も…
 都留は初回、程原の左中間二塁打で3点を先制。これを追う山梨学院は三回、清水の左前打などで2点を返し、五回に佐古の内野安打を足がかりに中尾の左越二塁打などで逆転。七、九回にも追加点をあげた。
 都留は六回、四球に盗塁を絡め、萩原の中前打で1点を返したが、八回から登板した山梨学院の主戦垣越に6三振を奪われるなど、相手の継投に抑えられた。
 ◆甲府工八回に逆転
 甲府工は初回、田中の右越二塁打で1点を先制後、七回まで無得点。一方、日本航空は同点後の六回、柏木の右前打で逆転し、さらに2点を加えて試合を決めたかに見えた。
 しかし、甲府工は八回、武田が左越二塁打、渡辺が左中間二塁打、和田も右越三塁打と3連続長打で追撃。風間の中前適時打で逆転した。渡辺は奪7三振で完投した。
                   ◇
 ▽準々決勝
 【山日YBS球場】
 都 留  300 001 000-4
 山梨学院 002 030 21×-8
 日本航空 000 013 000-4
 甲府工  100 000 04×-5
                   ◇
 ■都留3年・金丸大輝主将 8強の裏に地道な積み重ね
 「力の差はあったが、強い気持ちで臨んだ。強豪相手に序盤に3点取れた。チームが今までやってきたことが実った」
 負けはしたが、後悔はなかった。
 柏木洋和監督(38)の方針で、練習メニューや対戦相手の研究を部員が主体的に考えてきた。
 「打撃マシンを使った練習では、得点圏での相手の球種やコースを想定し、実戦を意識した練習を重ねてきた」。序盤では読みが当たったという。
 試合中、いつも元気の良い声でチームメートを鼓舞している。
 野球を始め、父親の裕之さん(50)から「何でもいい。得意なものを1つ作りなさい」とアドバイスを受けた。声を出すことが主将のリーダーシップと思っている
 「後輩には練習で積み重ねてきたことが試合で出る。野球だけでなく日々の学校生活すべてが野球につながると伝えたい」
 実家は甲州市の果実農家。「コツコツやる仕事は野球にもつながると思っている。実ができるのは年1回だが、それまでの下積みが大事だ」。地道な積み重ねでベスト8をつかんだ。

“【高校野球山梨大会】山梨学院、甲府工4強(産経新聞)” の続きを読む

習志野、中央学院、市立船橋など勝つ! 高校野球千葉大会第9日(千葉日報オンライン)

情報元 : 習志野、中央学院、市立船橋など勝つ! 高校野球千葉大会第9日(千葉日報オンライン)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00010010-chibatopi-l12
 第100回全国高校野球選手権記念東千葉・西千葉大会第9日は19日、県総合スポーツセンター野球場など3会場で西千葉の4回戦8試合が行われ、西千葉大会のベスト8が決定した。
県船橋 0-3 習志野
八千代東 4-10 中央学院
市船橋 11(コールド)1 千葉敬愛
千葉英和 5(コールド)14 西武台千葉
四街道 11(コールド)1 船橋北
千葉商大付 4-1 松戸国際
小金 5(コールド)15 東京学館浦安
船橋啓明 1(コールド)11 八千代

“習志野、中央学院、市立船橋など勝つ! 高校野球千葉大会第9日(千葉日報オンライン)” の続きを読む

高校野球61分で試合終了 夏季福井大会で記録(福井新聞ONLINE)

情報元 : 高校野球61分で試合終了 夏季福井大会で記録(福井新聞ONLINE)福井新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00010002-fukui-l18
 第100回全国高校野球選手権記念福井大会1回戦の敦賀気比-丸岡(福井県営球場・7月15日第2試合)は試合時間1時間1分で終了。夏の福井大会における試合時間の最短記録を更新した。
 試合は敦賀気比が10-0で丸岡に5回コールド勝ちした。これまでの記録は2013年の大野-奥越明成で、1時間9分だった。
 敦賀気比は初回に4番打者、阪口竜暉のスリーランで先制。4点リードで迎えた四回には森田里玖の中前打と死球で1死一、三塁とし、岩本大輔のショートへの内野安打で1点追加。なお満塁のチャンスを作り、高橋丞の犠飛で得点した後、阪口が左越えの適時二塁打。この後、野道大誠も適時打を放ち、この回一挙6点を挙げた。先発の1年生投手、笠島尚樹もテンポのいいピッチングで丸岡打線を抑えた。

“高校野球61分で試合終了 夏季福井大会で記録(福井新聞ONLINE)” の続きを読む

銚子商OB・木樽さんが始球式 高校野球千葉大会(千葉日報オンライン)

情報元 : 銚子商OB・木樽さんが始球式 高校野球千葉大会(千葉日報オンライン)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00010000-chibatopi-l12
 千葉県総合SC野球場の第1試合、銚子商-成田戦の前に銚子商OBで元プロ野球選手の木樽正明さん(71)による始球式が実施された。母校のユニホーム姿でマウンドへ上がると、大きく振りかぶった。捕手へノーバウンド投球となり大きな拍手が送られ、「野球をやってきて最高の栄誉。誇りです」と笑顔で話した。
 木樽さんは銚子市出身。銚子商では右腕エースとして活躍し、3年時の1965年夏に県勢初の甲子園決勝へ進んだ。卒業後は東京(ロッテ)オリオンズでプレー。現在は銚子市の行政アドバイザーとしてスポーツを通じた市の活性化に尽力している。
 長身で体形が似ている同校の沢田洋一監督(37)にユニホームを借り、妻に背番号「1」を縫ってもらったという。節目の100回大会に出場中の県内球児に向け、「時代は違えど甲子園という目標は今も一緒。燃え尽きるまでプレーしてほしい」とエールを送った。

“銚子商OB・木樽さんが始球式 高校野球千葉大会(千葉日報オンライン)” の続きを読む

浦添運動公園から「ANA SPORTS PARK 浦添」へ ANAが命名権取得(琉球新報)

情報元 : 浦添運動公園から「ANA SPORTS PARK 浦添」へ ANAが命名権取得(琉球新報)琉球新報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000021-ryu-oki
 【浦添】浦添市の浦添運動公園と公園内の各施設の命名権(ネーミングライツ)を全日本空輸(ANA、平子裕志社長)が取得した。同公園の愛称は「ANA SPORTS PARK 浦添」となる。公園内の野球場や体育館など各施設の名称は今後決定する。契約金は非公表。契約は2018年10月から3年間。
 浦添市は今年1月、年間2千万円の契約金で命名権のスポンサーを募集。ANAを含め4社から応募があり、事業内容や命名期間、愛称が市民に親しみやすいかなど9項目を審査し、ANAを選定した。
 浦添運動公園は市民球場で毎年、プロ野球の東京ヤクルトスワローズが春季キャンプを張るほか、今年10月にはてだこ祭りが開催される。公園内に愛称を記した看板が設置するほか、公園内の施設の改修も検討している。
 18日、浦添市役所で開かれた発表会見で、ANAの志岐隆史副社長は「浦添市の今後の発展に可能性を感じており、共に大きな飛躍を遂げていきたい。広告効果も十分に取れるだろうと確信している」と述べた。
 松本哲治市長は「浦添市は国内外に向けたまちづくりを目指しており、世界に打って出ているANAという素晴らしいパートナーに出会えた。市民、県民、観光客に足を運んでもらい、ANAファンになってもらえるよう取り組みたい」と語った。
 浦添運動公園は全天候型の陸上競技場、体育館、多目的屋内運動場、相撲場、温水プールまじゅんらんどなどがある。【琉球新報電子版】

“浦添運動公園から「ANA SPORTS PARK 浦添」へ ANAが命名権取得(琉球新報)” の続きを読む

高校野球61分で試合終了 夏季福井大会で記録(福井新聞ONLINE)

情報元 : 高校野球61分で試合終了 夏季福井大会で記録(福井新聞ONLINE)福井新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00010002-fukui-l18
 第100回全国高校野球選手権記念福井大会1回戦の敦賀気比-丸岡(福井県営球場・7月15日第2試合)は試合時間1時間1分で終了。夏の福井大会における試合時間の最短記録を更新した。
 試合は敦賀気比が10-0で丸岡に5回コールド勝ちした。これまでの記録は2013年の大野-奥越明成で、1時間9分だった。
 敦賀気比は初回に4番打者、阪口竜暉のスリーランで先制。4点リードで迎えた四回には森田里玖の中前打と死球で1死一、三塁とし、岩本大輔のショートへの内野安打で1点追加。なお満塁のチャンスを作り、高橋丞の犠飛で得点した後、阪口が左越えの適時二塁打。この後、野道大誠も適時打を放ち、この回一挙6点を挙げた。先発の1年生投手、笠島尚樹もテンポのいいピッチングで丸岡打線を抑えた。

“高校野球61分で試合終了 夏季福井大会で記録(福井新聞ONLINE)” の続きを読む

重圧も“主将像”模索 苦労分かち新たな地平 四街道・村田選手<高校野球千葉大会>(千葉日報オンライン)

情報元 : 重圧も“主将像”模索 苦労分かち新たな地平 四街道・村田選手<高校野球千葉大会>(千葉日報オンライン)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00010007-chibatopi-l12
 Bシードを倒し、昨夏の16強に並んだ四街道。チームメートとハイタッチを交わした村田裕希主将(17)にとって、ここまでの道のりは平たんではなかった。チームメートとの軋轢(あつれき)。練習方法変更への戸惑い。重圧を背負い理想の“主将像”を探し続けた日々で見つけたのは「自分らしさ」と、仲間と分かち合うことの大切さ。「きょうの勝利は通過点」と言い切った主将が新しい歴史を切り開く。
 昨年秋、先輩たちの投票で主将に選ばれた。やる気は十分にあった。しかし同学年は個性派がそろい、チームの運営を巡って意見が衝突。かじ取りに悩んだ。統率力のあった前主将とも比べられ、同学年から「代わった方がいいんじゃないか」と厳しい言葉を浴びせられたことも。
 「自分は人をまとめるのはうまくない」。それでも主将を辞めることは考えなかった。「自分らしい主将とは」。考え抜いて見つけた答えは、仲間と悩みや苦労を分かち合うこと。チーム内で意見がぶつかった時は納得がいくまで話し合いを重ねて、選手一人一人と徹底的に向き合った。
 新監督の就任で練習方法も大幅に変更。決められたメニューをこなせば良かった練習から、自分たちで考え練習することを求められた。戸惑うチームにあって、副主将と力を合わせ今何をすべきかを模索。春からは新監督に自ら考えた練習メニューを提案するまでにチーム全体が成長した。
 チームの目標に掲げたのが「誰かが本塁打を打つよりも、全員が打って得点する」こと。その言葉通り、この日の試合でも3ランを浴びた直後に打線をつないで逆転。昨夏の成績に並んだ。「この勝利はあくまでも通過点。一戦一戦目の前の試合に向き合っていくだけ」。先輩たちが見ることができなかった地平を目指し、全員で作り上げた自慢のチームとの夏は終わらない。

“重圧も“主将像”模索 苦労分かち新たな地平 四街道・村田選手<高校野球千葉大会>(千葉日報オンライン)” の続きを読む