「金屋石」採掘跡へ山道 砺波の「語る会」(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 「金屋石」採掘跡へ山道 砺波の「語る会」(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00000009-hokuriku-l16
 砺波市庄川地域でかつて採掘されていた「金屋石」を広く知ってもらうため、庄川右岸の山の中腹にある採掘跡(同市庄川町庄)へスムーズに行けるように、山道が整備されることになった。地元の有志らでつくる「金屋石を語る会」が今春から、5年ほどかけて階段を設置する。将来的には地域遺産として新たな観光スポットにしたいと、夢を膨らませている。
 金屋石は江戸時代中期から1970年ごろまで採掘された緑色凝灰岩。加工しやすく、石仏や民家の敷石などのほか、金沢城の水道管にも使われた。昨年、砺波市の「となみブランド」に認定された。
 採掘跡は山の中腹の高さ約70メートルの地点にあり、5カ所が確認されている。大きい洞穴は幅6メートル、高さ15メートル、奥行き15メートルの空間になっている。
 語る会の宮窪大作会長(44)らメンバーは年に数回、許可を得て採掘跡の調査や周辺の整備を行っている。ただ、現地に行くには庄川水記念公園からゴムボートで向こう岸に渡り、険しい斜面を登らなければならない。行きやすくするほか、市民らの「採掘跡を見たい」という声に応えるため、山道に階段を設けることにした。木製で150~200段作る予定だ。
 語る会は解体された住宅から金屋石を収集し、住宅建材に再利用するなど、再び光を当てる取り組みを本格化させている。宮窪会長は「金屋石は貴重な地域資源。多くの人に採掘跡に注目してもらい、庄川地域が良質な石の産地だったことを伝えたい」と話している。

“「金屋石」採掘跡へ山道 砺波の「語る会」(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

地中に埋まった石垣間近に 金沢城公園、発掘現場を一般公開(北國新聞社)

情報元 : 地中に埋まった石垣間近に 金沢城公園、発掘現場を一般公開(北國新聞社)北國新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180826-00639019-hokkoku-l17
 金沢市の金沢城公園玉泉院丸庭園の南東側にある石垣の発掘調査現場が25日、一般公開された。参加者は地中に埋まっていた往時の石垣の姿を見学し、「石垣の博物館」と称される金沢城の奥深い魅力に触れた。
 県金沢城調査研究所の発掘調査では、庭園が造られた当時の石垣の高さが現在の3倍超の約7・5メートルだったことや、基礎部分が粗加工石積だったことが分かった。
 現場では、職員が石垣の高さによって石の積み方が異なることを解説し、「石垣の改修と、庭園や池の整備の変遷が見て取れる」と語った。現場の公開は25日のみで、今後は埋め戻して保存する。

“地中に埋まった石垣間近に 金沢城公園、発掘現場を一般公開(北國新聞社)” の続きを読む

猛暑で屋外敬遠、屋内は好調 県内行楽地(北國新聞社)

情報元 : 猛暑で屋外敬遠、屋内は好調 県内行楽地(北國新聞社)北國新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180724-00627904-hokkoku-l17
 収まる気配のない猛暑が、石川県内の行楽地の入り込みに影響を及ぼしている。炎天下の屋外施設は敬遠され、いしかわ動物園(能美市)の7月の入園者数は前年同期比3割減になっている。空調の効いた屋内施設は好調で、のとじま臨海公園水族館(七尾市)の入園者数は同3割増に。厳しい暑さはこの先もしばらく続く見通しで、防災訓練など屋外行事を中止する動きも目立つ。
 いしかわ動物園の1~23日の来園者数は約9千人にとどまり、昨年7月の月間入園者数約1万7千人から減少が見込まれる。強烈な日差しが照り付ける時間帯は人影がまばらだ。
 21日にリニューアルしたトラの園舎ではホワイトタイガーの「クラウン」が岩場の陰でぐったりとしている。園側はユキヒョウやレッサーパンダなど暑さに弱い動物の世話にも神経をとがらせる。
 県金沢城・兼六園管理事務所によると、兼六園の1~22日の来園者数は9万1140人(前年同期比3346人減)、金沢城公園の来園者数は7万9千人(同3600人減)といずれも5%程度少ない。「暑さの厳しい時間帯はさすがに観光客が少ない」と藤村秀人所長は話す。
 これに対し、のとじま臨海公園水族館の来館者数は、1~22日で3万9261人(同1万206人増)と好調だ。屋内展示が多く、4月に回遊水槽がリニューアルオープンしたことも要因とみられるが、担当者は「水族館は涼しいイメージがあり、涼を求めて訪れる人も多いのでは」と話した。
 金沢21世紀美術館も7月の来館者数は、22日時点で12万1805人(同912人増)と増えた。
 屋外でも好調なのは金沢市の健民海浜プールで、1~23日までの利用者数は、3万487人(同1万8601人増)と約6割増となった。

“猛暑で屋外敬遠、屋内は好調 県内行楽地(北國新聞社)” の続きを読む