南日本ナイターソフト決勝大会 開会式(MBC南日本放送)

情報元 : 南日本ナイターソフト決勝大会 開会式(MBC南日本放送)MBC南日本放送|鹿児島https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-00031370-mbcnewsv-l46
県内の職場チームなどで競う南日本新聞社杯ナイターソフトボールの決勝大会がきのう開幕しました。
ことしの決勝大会には県内各地区の予選を勝ち抜いた単独の部・36チーム、混成の部・38チームの合わせて74チームが進みました。鹿児島市の鹿児島ふれあいスポーツランドで開かれた開会式では、知覧ソフトボールクラブの飯野大選手が選手宣誓をしました。
(知覧ソフトボールクラブ飯野大選手)
「チームメイトとの絆を大切にしながらこの歴史ある大会を盛り上げられるよう正々堂々プレーすることをここに誓います」
開会式の後、さっそく試合が始まり、熱戦を繰り広げていました。
決勝戦は日程が順調に進めば来月8日に南九州市の知覧平和公園多目的球場で行われます。決勝戦の模様はMBCテレビで来月28日の午後1時55分から放送する予定です。

“南日本ナイターソフト決勝大会 開会式(MBC南日本放送)” の続きを読む

アジア大会前に日本選手団の結団式・奥原希望選手などが出席(SBC信越放送)

情報元 : アジア大会前に日本選手団の結団式・奥原希望選手などが出席(SBC信越放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00334588-sbcv-l20
今月18日にインドネシアで開幕するジャカルタアジア大会を前に、大町市出身でバドミントンの奥原希望選手などが出席して日本選手団の結団式が行われました。
東京で開かれた結団式には、秋篠宮ご夫妻も出席され、主将を務める陸上競技の山縣亮太選手と旗手のソフトボールの上野由岐子選手に選手団の旗として国旗が手渡されました。
山縣選手は「2年後には東京オリンピック・パラリンピックが控えている。
アジア大会から未来につながるバトンを東京に届けられるよう、一人ひとりが全力で戦い抜くことを誓います」と決意を述べました。
40競技の465種目で優勝が争われるアジア大会には日本から762人の選手が参加し、県関係では大町市出身でバドミントンの奥原希望選手など12種目に13人が出場します。
SBCでは大会の模様を19日から連日生中継でお伝えします。

“アジア大会前に日本選手団の結団式・奥原希望選手などが出席(SBC信越放送)” の続きを読む

ブルーインパルスあすの本番前に高知の空を舞う(テレビ高知)

情報元 : ブルーインパルスあすの本番前に高知の空を舞う(テレビ高知)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00010000-kutvv-l39
あすのよさこい祭り前夜祭で、航空自衛隊のアクロバットチーム「ブルーインパルス」が展示飛行を行います。本番をあすに控えきょう予行飛行が行われ、高知の空を舞う姿に大勢の人が魅了されました!
「今、姿が見えました!ブルーインパルスの6機の飛行機が白い煙を上げながら高知市の上空を飛んでいます!」
「ブルーインパルス」は、航空自衛隊のアクロバット飛行チームで、あすのよさこい祭り前夜祭で、展示飛行を行います。きょうは本番を想定して予行飛行が行われました。
「綺麗に隊列を組みながら高知城の上空を通過していきました」
ブルーインパルスが高知市の上空を飛行するのは初めてで、華麗な技を一目見ようと、高知城周辺では大勢の人が空を見上げていました。
あすの見学会場になっている城西公園にも200人以上が訪れました。
「本当に空の色に映えるなという感じで感動です」
「想像よりすごく綺麗でした」
Q.飛行機どうでしたか?
「楽しかった」
高知城の天守閣でも・・・
「色々なマークとか煙を出してくれたのが(見られて)嬉しかった」
「音が凄くてスピードも速くて皆に見られながら飛ぶのはかっこいいと思った」
およそ20分間、高知市上空を華麗に舞った「ブルーインパルス」。あすの本番ではよさこい祭りの開幕に花を添える予定です。
展示飛行はあす午後5時35分から午後6時までの予定です。城西公園では午後2時から、「ブルーインパルス」パイロットのサイン会なども行われます。

“ブルーインパルスあすの本番前に高知の空を舞う(テレビ高知)” の続きを読む

「秋田竿燈まつり」に合わせ飲食屋台、続々 バルメニューやおでんも /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 「秋田竿燈まつり」に合わせ飲食屋台、続々 バルメニューやおでんも /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180802-00000038-minkei-l05
 8月3日に開幕を控える「秋田竿燈(かんとう)まつり」に合わせて現在、市内各所で飲食イベントや屋台の出店準備が進められている。(秋田経済新聞)
 国の重要無形民俗文化財「秋田竿燈まつり」。開催4日間で県内外から足を運ぶ約130万人(2017年)の来場者に立ち寄ってもらおうと、JR秋田駅から竿燈会場の山王エリアまでの導線にある屋外広場や駐車場に多くの飲食屋台が立ち並ぶ。
 例年、秋田市役所駐車場(山王1)や県産業会館跡地(中通1)、大町イベント広場(大町2)、仲小路商店街などで市内飲食店や地元の食品加工会社など10~40店ほどが出店する飲食イベントが開かれるほか、近年は、大通りに面した企業の駐車場などを利用した飲食屋台も増えた。
 今年は初めて、健康レストラン「山王デリカテッセン」(山王2)とダイニングバー「サミット」(山王1)が連携し、ローストポークやピザ、総菜の盛り合わせなどのバルメニューや地ビールを山王胃腸科駐車場(山王2)で提供する。
 山王十字路近くのオフィスビル駐車場(旭北栄町)で、鳥白湯風や京風の出汁の「おでん」を提供するサーバー会社「エスツー」(中通3)の担当者は「おでんの販売に向けて本格的な屋台を制作した。手に入りにくい日本酒も用意する。居酒屋のような感覚で楽しんでいただけるのでは」と利用を呼び掛ける。
 「秋田竿燈まつり」は8月6日まで。

“「秋田竿燈まつり」に合わせ飲食屋台、続々 バルメニューやおでんも /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

大分市の「七夕まつり」華やかに開幕 勇壮&きらびやか「府内戦紙」に拍手喝采 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 大分市の「七夕まつり」華やかに開幕 勇壮&きらびやか「府内戦紙」に拍手喝采 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180803-00000072-minkei-l44
 大分市の中心街で8月3日、夏の一大イベント「第37回大分七夕まつり」が始まった。5日までの3日間、大分市が祭り一色に染まる。主催は大分市まつり振興会(事務局・大分市商工労政課、TEL097-537-5959)。(大分経済新聞)山車を先導して会場を盛り上げる踊り隊 JR大分駅前の中央通り一帯をメイン会場の「48万人の広場」として開催。初日は照明を入れた山車が練り歩く「府内戦紙(ふないぱっちん)」、2日目は「おおいた市民おどりの祭典」「七夕ブロードウェイ2018」などを開催。最終日は大分川弁天大橋上流で花火大会が開かれる。商店街には折り紙などで作った巨大な七夕飾りが連なり、通りを彩っている。
 3日は、18時30分からの開会セレモニーで佐藤樹一郎大分市長、元首相で名誉市民の村山富市さん(94)らがあいさつ。「子どもぱっちん」の20団体・1100人が踊りを披露し、豊後潮太鼓の演奏で開幕した。
 今年で34回目となる「府内戦紙」は「天華勇舞~府内から新たな時代の幕開け!平成の世のラスト戦紙」をテーマに過去最多タイとなる26団体が参加。武者姿や昇り龍をかたどった山車22基が、約5500人の踊り隊とともにが勇ましく会場を練り歩き、会場から大きな声援を受けた。
 4日は、18時30分から七夕飾り付けコンクール表彰式、18時40分からオープニングパレードを実施。19時から約1000人が「チキリンばやし」を踊る「おおいた市民踊りの祭典」、ラグビーイベントの「はじラグ」、太鼓大会などを開く。20時30分からの「七夕ブロードウェイ2018」では吹奏楽と神楽のコラボレーションイベント、餅まき、2万個の「風船リリース」を行う。5日は20時から約6,500発の花火を打ち上げる。

“大分市の「七夕まつり」華やかに開幕 勇壮&きらびやか「府内戦紙」に拍手喝采 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

【速報】夏の甲子園 香川・丸亀城西は宮崎・日南学園と対戦(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : 【速報】夏の甲子園 香川・丸亀城西は宮崎・日南学園と対戦(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180802-00010002-ksbv-l37
 100回目となる夏の全国高校野球選手権記念大会の組み合わせ抽選会が2日、大阪市で行われました。
 13年ぶり5回目の出場となる香川代表の丸亀城西は、大会4日目(8日)第1試合で、宮崎代表の日南学園と対戦することが決まりました。
 日南学園は宮崎勢では最多となる9回目、2年ぶりの夏の甲子園出場です。
 丸亀城西は、香川大会5試合全てで2桁安打の強力打線と、エース大前の安定した投球で勝ち上がりました。過去4回の夏の甲子園ではいずれも初戦で敗退していて、夏の1勝を目指します。
 第100回夏の全国高校野球選手権大会は、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で5日に開幕します。

“【速報】夏の甲子園 香川・丸亀城西は宮崎・日南学園と対戦(KSB瀬戸内海放送)” の続きを読む

平和希求「ナヘア」開幕 キッズゲルニカ17点展示(長崎新聞)

情報元 : 平和希求「ナヘア」開幕 キッズゲルニカ17点展示(長崎新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180805-00000002-nagasaki-l42
 長崎原爆の日に合わせ、8月に地元作家らが平和を発信する複数のイベントを長崎市内で展開する「長崎平和アートプロジェクト(ナヘア)」が、4日開幕した。爆心地公園内の下の川では、国内外の子どもたちが平和や古里への思いを描いた大型絵画を飾る「キッズゲルニカinながさき」がスタート。未来を感じさせる作品群に、関係者は平和希求の思いを新たにした。
 以前からあるアート系平和イベントの一部や新イベントの運営主体が集まって主催団体のナヘア(米村昭彦代表)を組織し、初めて開催。31日まで絵画、書、写真、音楽、茶道、生け花といった多ジャンルの16の催しを順次開く。
 キッズゲルニカは、スペインの画家ピカソの「ゲルニカ」と同じ縦3・5メートル、横7・8メートルのキャンバスに、子どもたちが平和壁画を描く12年目の国際プロジェクト。長崎親善人形の会「瓊子の会」主催。今年は、下の川(14点)など市内3カ所に計17点を飾る。
 ナヘアの開会式典は爆心地公園であり、田上富久長崎市長ら来賓を含め約100人が出席。画家の米村代表(88)=同市=はあいさつで、キッズゲルニカの絵に触れ「戦争、原爆を地球上からなくすことができるのではないかと、未来を明るく感じる。ナヘアが平和を願う思いを発信する大きな広がりになれば」と述べた。
 出席者は午前11時2分、原爆落下中心地碑に向かい、黙とう。キッズゲルニカの絵をバックに、米村代表らがテープカットを行った。

“平和希求「ナヘア」開幕 キッズゲルニカ17点展示(長崎新聞)” の続きを読む

【大分】県代表 藤蔭高校野球部 甲子園へ(OAB大分朝日放送)

情報元 : 【大分】県代表 藤蔭高校野球部 甲子園へ(OAB大分朝日放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-00010001-oabv-l44
夏の高校野球大分大会を制した藤蔭高校野球部が、31日、夢の舞台へ向けて出発しました。28年ぶり2回目の甲子園出場を決めた藤蔭高校。野球部の寮には、選手たちを激励しようと保護者や関係者が集まりました。
熊懐郁祐キャプテン:
「甲子園で戦えるというワクワク感が出てきたので、気持ちを抑えながら藤蔭らしい野球ができるように頑張りたい」
また、日田市役所などにも見送りに駆け付けた在校生や市民の姿がありました。選手たちは大勢の期待を背負い、憧れの舞台へと旅立ちました。
在校生:
「1勝でもして帰ってきてほしい」
日田市民:
「災害があった日田から元気を届けに兵庫県まで行ってほしい。頑張れ!」
大会は8月2日に抽選会、5日に開幕です。

“【大分】県代表 藤蔭高校野球部 甲子園へ(OAB大分朝日放送)” の続きを読む

佐賀商ナイン、甲子園に出発 「気持ち背負って頑張る」(佐賀新聞)

情報元 : 佐賀商ナイン、甲子園に出発 「気持ち背負って頑張る」(佐賀新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180802-03253735-saga-l41
 第100回全国高校野球選手権記念大会に、県代表として10年ぶりに出場する佐賀商高野球部が1日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場に向け出発した。
 佐賀商高の正門には、全校生徒約700人が花道を作り、「頑張って」と声をかけたり、選手とハイタッチしたりと盛大に見送った。選手たちも笑みを浮かべ、声援に応えた。
 佐賀大会で本塁打を放った山崎陸右翼手は「見送りを見て、いよいよだなとやっと実感が湧いた。みんなの気持ちを背負って頑張りたい」と意気込んだ。
 木村颯太主将のクラスメートで佐賀大会の4試合にも応援に駆けつけたという吉成真弥果さん(17)は「クラスで見ている分、より頑張ってほしい。みんな打って」と期待を寄せた。
 ナインは歩いてJR佐賀駅へ向かい、保護者や市民らが見守る中、聖地への期待を胸に、笑顔で列車に乗り込んだ。
 大会は5日開幕。1日は甲子園球場を見学し、2日の組み合わせ抽選会で対戦相手が決まる。

“佐賀商ナイン、甲子園に出発 「気持ち背負って頑張る」(佐賀新聞)” の続きを読む

山口ゆめ花博・日本一長い竹のコースター完成(tysテレビ山口)

情報元 : 山口ゆめ花博・日本一長い竹のコースター完成(tysテレビ山口)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180803-00000004-tysv-l35
9月に開幕する山口ゆめ花博の会場に「日本一長い」竹のコースターが完成し報道陣に公開されました。山口ゆめ花博の会場に登場したのは「日本一長い」竹のコースターです。里山の再生などに取り組むNPO法人の会員20人が製作しました。これまでの日本一は千葉県にある長さ50メートルですが、それをはるかに更新する全長およそ85メートル。高低差8メートル、最大斜度およそ15度で最高時速は25キロほどです。今年4月に製作が始まり美祢市於福のモウソウチクおよそ300本を使いました。山口ゆめ花博は来月14日に開幕します。

“山口ゆめ花博・日本一長い竹のコースター完成(tysテレビ山口)” の続きを読む