別府市の「べっぷ浜脇薬師祭り」始まる おいらん道中に邦楽ショーなどイベント多彩 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 別府市の「べっぷ浜脇薬師祭り」始まる おいらん道中に邦楽ショーなどイベント多彩 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00000067-minkei-l44
 別府の晩夏を彩る「べっぷ浜脇薬師祭り」が24日、浜脇温泉(別府市浜脇1)周辺で始まった。(大分経済新聞)最優秀の市長賞を受賞した朝見1丁目2区自治会の「西郷どん」 ツーリズム浜脇まちづくり推進協議会(TEL090-9659-9080)、浜脇薬師奉賛会の主催。万病に効くとされる同温泉や安置されている薬師如来像への感謝と、湯治で長期滞在する客らを慰めるために始まった祭りで、毎年、8月下旬に開いている。今年は26日までの3日間開催で、「風流見立て細工」の展示、お化け屋敷、花魁(おいらん)道中(25日)、薬師音頭大会(26日)などの恒例行事のほか、初開催の邦楽ショー(25日)も開く。期間中は浜脇温泉を無料開放する。
 祭の柱となる「風流見立て細工」は、地域住民らがそれぞれテーマを決め、日用品を素材として見学者を喜ばせる飾り物を作る伝統行事。2013年に市の無形民俗文化財に指定された。今年は地域の自治会や各種団体が、サッカーやラグビーのW杯や西郷隆盛などを題材に取り入れた23点を出展した。
 初日の24日は17時30分から法要が行われ、浜脇こども太鼓が勇壮な演奏でオープニングを飾った。19時からの開会式では、同協議会の清家政人会長が「実行委員会は平均年齢70歳だが、年齢に負けないように頑張ってみなさんの期待に応えられるような楽しい祭りにしたい」とあいさつ。風流見立て細工の表彰に続き、餅まきで祭りの開幕を盛り上げた。
 25日は18時30分から花苗を無料配布するほか、19時から吾妻栄紘さんが民謡、石井応風さんが尺八、鈴木利枝さんが津軽三味線を披露。20時からは長野恭紘別府市長、ミス別府らが参加する花魁道中が行われる。最終日は18時から幼稚園児から高校生まで約50人が踊る「ユニークダンスシアター」のステージ、19時30分から約600人が参加する薬師音頭大会を開く。
 実行委事務局長の三重野治久さん(74)は「別府の夏を締めくくる祭り。邦楽は国内でも名だたる3人が声と腕を披露するのでぜひ聞いてほしい。花魁道中もダンスも薬師音頭も見応え十分。子どもから大人まで楽しめるのでぜひ来場してほしい」と呼び掛ける。
 期間中、旧南小学校を臨時駐車場として開放する。

“別府市の「べっぷ浜脇薬師祭り」始まる おいらん道中に邦楽ショーなどイベント多彩 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

磐城6年連続、湯本3年連続 全国出場決める(福島民報)

情報元 : 磐城6年連続、湯本3年連続 全国出場決める(福島民報)福島民報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180826-00001091-fminpo-l07
 全日本吹奏楽コンクール第六十一回東北大会は二十五日、青森市のリンクステーションホール青森(青森市文化会館)で開幕した。初日は高校の部を行い、福島県勢は磐城、湯本が金賞に輝き、磐城が六年連続十九回目、湯本が三年連続十三回目の全国大会出場を決めた。平商も金賞を受賞したものの全国には届かなかった。相馬は銀賞を受けた。
 東北吹奏楽連盟などの主催で、二十四校が課題曲と自由曲を奏でた。表彰式の席上、昨年まで三年連続で東北大会金賞を受けた平商が特別表彰された。
 全国大会は十月二十一日、名古屋市の名古屋国際会議場で開かれる。本県の二校のほか、聖ウルスラ学院英智(宮城)が出場する。
 二十六日は中学校の部を行い、県内から湯本一、原町一、郡山六、植田が出場する。小学校、高校小編成、大学、中学校小編成、職場・一般の部は九月八、九の両日、岩手県北上市文化交流センターで行う。
 全国大会出場を決めた磐城の飯田大翔(やまと)部長(三年)は「先輩から受け継いだ全国大会連続出場をつなげられた。満足せずにさらに上を目指したい」と意欲を示した。
 湯本の稲本響樹(ひびき)部長(三年)は「福島県大会で思うような結果が出せなかった悔しさをぶつけた。全国大会金賞に向けて気持ちを切り替えたい」と語った。

“磐城6年連続、湯本3年連続 全国出場決める(福島民報)” の続きを読む

下関で全国選抜少年野球開幕(産経新聞)

情報元 : 下関で全国選抜少年野球開幕(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00000021-san-l35
 第22回全国選抜少年野球下関大会(山口銀行、産経新聞など特別協賛)が24日、山口県下関市のオーヴィジョンスタジアム下関球場を主会場に開幕する。山口県や九州など全国各地から16チーム、計300人以上の球児が参加する。
 24日は午後7時から下関球場で開会式を開く。雨天の場合は、会場を県立下関武道館に変更する。
 25日午前8時半から予選トーナメント、26日には決勝トーナメントがある。
 優勝チームには優勝旗のほか、カップや金メダルなどが授与される。
 同大会は、参加者が多くの仲間と、友情や感動を体験する「少年野球の甲子園」を目指し、平成9年に始まった。

“下関で全国選抜少年野球開幕(産経新聞)” の続きを読む

泥にまみれバレー 筑西 熱戦に声援と拍手(茨城新聞クロスアイ)

情報元 : 泥にまみれバレー 筑西 熱戦に声援と拍手(茨城新聞クロスアイ)茨城新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180826-00000001-ibaraki-l08
県内外の社会人や大学生、子どもたちが参加する「泥んこバレーボール大会」が25日、筑西市倉持で開かれ、12チーム約70人が参加。東の筑波山を背に、陸田に水を張った特設コートで競技を楽しんだ。ボールを拾おうと泥の中にダイブする選手の闘志に満ちたプレーが披露されるたびに、観戦者から大きな声援と拍手が湧いた。
同日、100万本の八重ヒマワリを楽しめるイベント「あけのひまわりフェスティバル」が隣接地で開幕。大会は、市民団体「筑西デザインプロジェクト」(山口浩司代表)が同フェスを盛り上げようと企画し、4回目。今回は5月の東京都町田市、9月8日の福井県南越前町のそれぞれの大会と「花畑の中でのプレー」というコンセプトで連携し、参加者も倍増した。
長野県軽井沢町から参加した社会福祉法人勤務の宮山光海さん(24)は「足の指の間に泥が入り込む普段できない体験ができて、本当に気持ちいい。どんなにつらいことがあっても泥の感触で全部忘れられる。来られて良かった」と笑顔で話した。大会事務局の藤川遼介さん(30)は「筑西発祥の大会が全国に広がってきている。来年も開くことができれば」と意欲を示した。(冨岡良一)

“泥にまみれバレー 筑西 熱戦に声援と拍手(茨城新聞クロスアイ)” の続きを読む

最新機器 一堂に いわてスマート農業祭開幕 95の企業・団体出展(岩手日日新聞社)

情報元 : 最新機器 一堂に いわてスマート農業祭開幕 95の企業・団体出展(岩手日日新聞社)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180825-00010000-iwanichi-l03
 ICT(情報通信技術)やロボット技術を活用した最新の農業機器を一堂に集めた「いわてスマート農業祭NEO(県主催)」は24日、滝沢市の岩手産業文化センター(アピオ)で始まった。出展者数は昨年の66を大幅に上回る95の企業・団体で、スマート農業技術関係のイベントでは国内最大規模。農薬散布用などの各種ドローン(小型無人飛行機)や自動運転のコンバイン、データ連携のトラクターなどが展示され、農業者らの関心を集めている。
 県がスマート農業技術の普及を目的に昨年度初めて開催した。今回は林業分野へも出展範囲を広げ、農機メーカーやIT関連企業、大学などが各ブースを出展。
 会場では、農薬散布用などの各種ドローンをはじめ、自動運転のコンバインや田植え機、GPS(全地球測位システム)ガイダンス付大型トラクターなどが展示されている。
 農薬散布のドローンでは、専用のスマートフォンを使って、離陸や農薬散布、着陸の全ての操作が完全自動で、手動による散布よりも作業効率は最大で80倍も短縮される。また、特殊なカメラを装着した固定翼のドローンは、広域圃場(ほじょう)を撮影し、生育状況をデータ化することで農作物の管理が可能となる。1回の飛行時間は約1時間で、220ヘクタールの撮影が可能としている。
 このほか、クラウド型営農システムに対応し自動運転が可能なコンバインでは、さらに食味と収量のセンサーを搭載しており、収穫と同時にコメや麦の食味と収量がデータで確認できる。
 県農業普及技術課の菊池政洋総括課長は「農業者やメーカーの情報交換の場として開催している。農業者には作業効率の改善や収穫量の増加が期待できる最新技術を提供する場にもなっている。自らの経営に合ったスマート農業技術を学び、導入につなげてもらいたい」と普及に期待する。
 最終日の25日は午前9時~午後3時。

“最新機器 一堂に いわてスマート農業祭開幕 95の企業・団体出展(岩手日日新聞社)” の続きを読む

山口・台湾の旅行会社が「ゆめ花博」会場視察(tysテレビ山口)

情報元 : 山口・台湾の旅行会社が「ゆめ花博」会場視察(tysテレビ山口)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180823-00000006-tysv-l35
来月、山口市で始まる山口ゆめ花博を海外にもPRしようと、台湾の旅行会社の関係者らが会場に招かれました。山口ゆめ花博の会場を訪れたのは、台湾の旅行会社や観光プロモーターの5人です。きょう来日し、来月の開幕に向けて工事が進む会場を視察しました。担当の職員は、県産のユリや日本で初めて披露される花などを紹介しました。また、ガイドは日本語だけなので通訳が必要になることなどを説明しました。今回視察に訪れた旅行会社では、すでに山口ゆめ花博を含むツアーを4泊5日で組んでいて、予約も入っているということです。

“山口・台湾の旅行会社が「ゆめ花博」会場視察(tysテレビ山口)” の続きを読む

リサ・ラーソンの作品130点展示 新潟(産経新聞)

情報元 : リサ・ラーソンの作品130点展示 新潟(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-00000022-san-l15
 スウェーデンの著名陶芸家の代表作約130点などを紹介する企画展「北欧の陶芸家 リサ・ラーソン展 暮らしを愛するすべての人へ」が、新潟市秋葉区蒲ケ沢の市新津美術館で9月1日に開幕する。11月11日まで。
 リサ・ラーソンは87歳になった今も精力的に創作を続けており、動物や子供をテーマにした素朴で温かみのある作品が特徴。同展では「ABC少女シリーズ」などの代表作を、鳥やイヌなどのテーマ別に紹介する。また、夫で画家のグンナル・ラーソンの絵画作品など計約190点も併せて展示される。
 観覧料は一般1千円、大学・高校生700円。中学生以下は無料。午前10時~午後5時。休館日は月曜など。問い合わせは同館(電)0250・25・1300。

“リサ・ラーソンの作品130点展示 新潟(産経新聞)” の続きを読む

アフィニス夏の音楽祭 夜の街に迫力の演奏(さくらんぼテレビ)

情報元 : アフィニス夏の音楽祭 夜の街に迫力の演奏(さくらんぼテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-00010002-sakuranbo-l06
8月19日に開幕したアフィニス夏の音楽祭の夕涼みコンサートが21日、山形市で開かれ、プロの演奏家たちの音色が夜の街に響き渡った。
アフィニス夏の音楽祭は山形県内を含め国の内外のプロ奏者が集結し、音楽を奏でながら交流を深めるイベント。21日は弦楽八重奏のメンバー8人がコンサートを行った。コンサートのテーマ「夏祭り」は山形大学大学院の学生たちが企画し、会場の周りには縁日の屋台が立ち並び、お祭りムードも広がる。会場には溢れるほど多くの人が集まった。訪れた人たちはプロ奏者が奏でる音の迫力を間近で感じながら聞き入っていた。2009年から1年おきに開催されてきた県内での音楽祭は、今年で最後。
(ヴィオラ奏者のポール・ペシュティさん)
「山形が大好きなので最後だと思うと少し悲しい。今までのいい思い出を思い出しながら演奏に臨んだ」
会場では山形市で弦楽を学ぶ子どもたちとの共演も行われた。コンサートは誰もが楽しめる曲で締めくくられ、会場は大きな拍手に包まれた。
(観客)
「大人数の演奏がダイレクトに伝わってきて本当に楽しい、迫力のあるものだった」
「各地から集まった音楽を楽しむ人たちがこの山形で音楽を一緒に演奏していてとても素敵だと思った」
アフィニス夏の音楽祭は8月26日まで開かれている。

“アフィニス夏の音楽祭 夜の街に迫力の演奏(さくらんぼテレビ)” の続きを読む

アフィニス夏の音楽祭 夜の街に迫力の演奏(さくらんぼテレビ)

情報元 : アフィニス夏の音楽祭 夜の街に迫力の演奏(さくらんぼテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-00010002-sakuranbo-l06
8月19日に開幕したアフィニス夏の音楽祭の夕涼みコンサートが21日、山形市で開かれ、プロの演奏家たちの音色が夜の街に響き渡った。
アフィニス夏の音楽祭は山形県内を含め国の内外のプロ奏者が集結し、音楽を奏でながら交流を深めるイベント。21日は弦楽八重奏のメンバー8人がコンサートを行った。コンサートのテーマ「夏祭り」は山形大学大学院の学生たちが企画し、会場の周りには縁日の屋台が立ち並び、お祭りムードも広がる。会場には溢れるほど多くの人が集まった。訪れた人たちはプロ奏者が奏でる音の迫力を間近で感じながら聞き入っていた。2009年から1年おきに開催されてきた県内での音楽祭は、今年で最後。
(ヴィオラ奏者のポール・ペシュティさん)
「山形が大好きなので最後だと思うと少し悲しい。今までのいい思い出を思い出しながら演奏に臨んだ」
会場では山形市で弦楽を学ぶ子どもたちとの共演も行われた。コンサートは誰もが楽しめる曲で締めくくられ、会場は大きな拍手に包まれた。
(観客)
「大人数の演奏がダイレクトに伝わってきて本当に楽しい、迫力のあるものだった」
「各地から集まった音楽を楽しむ人たちがこの山形で音楽を一緒に演奏していてとても素敵だと思った」
アフィニス夏の音楽祭は8月26日まで開かれている。

“アフィニス夏の音楽祭 夜の街に迫力の演奏(さくらんぼテレビ)” の続きを読む

よさこい開幕に先立ち安全祈願祭(テレビ高知)

情報元 : よさこい開幕に先立ち安全祈願祭(テレビ高知)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00010000-kutvv-l39
開幕に先立ち、高知市の中央公園で安全祈願祭が行われました。
65回目の節目となる今年のよさこい祭り。今回は206チーム、約1万8000人の踊り子が参加します。開幕を前に高知市の中央公園では、安全祈願祭が開かれ、尾崎知事ら関係者が玉串を捧げました。そして尾崎知事が「平成最後のよさこい。世界のよさこいにしていけるようみなさんと盛り上げたい」とあいさつしました。
よさこい祭りはあす、あさってが本番で、12日には、全国大会・後夜祭が開かれます。

“よさこい開幕に先立ち安全祈願祭(テレビ高知)” の続きを読む