全国高校野球静岡大会4回戦 草薙球場(22日)(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)

情報元 : 全国高校野球静岡大会4回戦 草薙球場(22日)(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)静岡新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-00000024-at_s-l22
 ■飛龍、静岡の春夏阻む
 ▽4回戦(草薙第1試合)
 飛龍
 100003130―8
 011310000―6
 静岡
 ▽三塁打 木下、黒岩(静)
 ▽二塁打 五十嵐2、角田(飛)草薙、成瀬(静)
 ▽暴投 草薙(静)
 ▽試合時間 2時間50分
 【評】飛龍は六、七、八回に11安打の猛攻で5点差を逆転し、静岡を破った。
 飛龍は5点を追う六回、五十嵐の二塁打など長短4連打と2犠飛で3点を返し、八回に深谷の適時打で勝ち越した。五回途中に救援した岡田が4回⅓を3安打無失点に抑えた。
 静岡は五回までに長短11安打で6点を挙げたが、救援した投手陣が打ち込まれた。
 ■後半に猛打、5点差逆転 飛龍
 「ガンガン攻めるぞ」―。後半、長短14安打の猛打で一気に畳み掛けた飛龍が、県内公式戦無敗だった第1シードの静岡を撃破した。5点差をひっくり返しての勝利。その瞬間、飛龍ベンチは優勝を決めたかのように、喜びに沸き返った。
 八回、一打勝ち越しの場面で打席に立ったのは主将の深谷。「何を打ったか覚えていない」と無我夢中の殊勲打を振り返り、「今までやってきたことが正しいなら、結果は出るだろうと思っていた」と興奮気味に話した。小林監督代行も「100人以上の部員の思いを乗せて打ってくれた」と感慨深げだ。
 前半、静岡に長短11安打を浴びて6失点とリードを広げられた。だが、ナインは諦めなかった。深谷は「やっぱり静高は強い。でも、このくらいやってもらわなくちゃ」と、開き直った。
 チームは昨秋と今夏の大会開幕直後の2度、監督辞任を経験した。現在は就任したばかりの22歳の小林監督代行が指揮を執り、主力数人が先発や選手交代の決定に関わっている。非常事態にも「監督が変わっても甲子園に行きたい思いは変わらない」と深谷。「あと3試合。気を抜かずにこのままの勢いで攻めていく」と気持ちを高ぶらせた。
 ■静岡、投手交代流れ一変
 静岡ナインにあらがいようのない逆風が吹いた。前半は快勝ペースで得点を重ねた。だが後半、投手交代直後に流れは一変した。「負けは負け。相手打線がすごかったということ」と淡々と受け止めた黒岩主将も、「情けなくて、恥ずかしい」とやるかたない思いをつぶやいた。
 選抜後はけが人が相次いだ。5月上旬、不動のリードオフマンで遊撃手の村松が左足首に大けがを負った。開幕直前には二塁手の加茂が故障で離脱。右腕春も右肘痛からの回復途上で夏を迎えた。
 2点を追う九回1死一塁、代打に送られた村松は「ホームランを打って同点にしたかった」。出場への執念でリハビリに励み、驚異の回復力でたどり着いた打席。「まだ完璧に踏ん張ることができない。でもバットが振れるようになったのは奇跡。周囲の支えに感謝したい」と語った。
 村松が放った左翼への飛球は、スタンドまであとひと伸び届かなかった。「あれを運べないのは自分の実力。悔しいけれどこれをスタートラインに、もっと自分を高めていく」と前を向いた。
 ■島商、9回に勝ち越す
 ▽4回戦(草薙第2試合)
 島田商
 100200002―5
 000300000―3
 浜松大平台
 ▽三塁打 佐藤(浜)
 ▽二塁打 山本、菊地(島)鈴木裕、畑(浜)
 ▽捕逸 斎藤(島)
 ▽守備妨害 斎藤(島)
 ▽試合時間 2時間19分
 【評】島田商は小林の投打の活躍で浜松大平台に競り勝った。
 島田商は3―3の同点で迎えた九回、山本の死球と斎藤の右前打で2死二、三塁とし、小林の左前適時打で2点を勝ち越した。守っても五回に救援した小林が4回2/3を散発2安打無失点に抑えた。
 浜松大平台は、四回に佐藤の適時三塁打で同点としたが、島田商の小林に勢いを封じられた。
 ■決勝打の小林、投打活躍
 島田商は2年生エース小林の投打の活躍で、浜松大平台との競り合いをものにした。五回途中から救援した小林は4回2/3を2安打無失点に抑えて相手の勢いを止め、九回には決勝打を放って主役を独り占めした。
 「自分が決めてやる」と強気で臨んだ九回2死二、三塁の打席で狙っていた内角直球を思い切り引っ張った。再三、好機をつくりながらも残塁の山を築くなど、我慢の時間帯が続いていただけに、会心の一打にベンチも沸き返った。
 投げても「1点も与えない気持ちだった」と、切れのあるスライダーを効果的に使って相手打線を封じた。池田監督に「小林が登板すれば100%抑えてくれるというチームの信頼感がある」と言わしめた。

“全国高校野球静岡大会4回戦 草薙球場(22日)(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)” の続きを読む

パシフィコ横浜で福祉の総合イベント「ヨコハマ・ヒューマン&テクノランド」  /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : パシフィコ横浜で福祉の総合イベント「ヨコハマ・ヒューマン&テクノランド」  /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000049-minkei-l14
 パシフィコ横浜(横浜市西区みなとみらい1)で7月20日、福祉のことがわかる総合イベント「ヨコハマ・ヒューマン&テクノランド2018」(愛称:ヨッテク)が開幕した。(ヨコハマ経済新聞)
 今年で17回目を迎える同展は「探しに行こう!暮らしに活きるリハビリテーション」をスローガンに、最新の福祉機器の紹介や体験会などを開催する。主催は横浜市リハビリテーション事業団(横浜市港北区鳥山町1770)。
 オープニングセレモニーでは、横浜市総合リハビリテーションセンター・療育センターを利用する子どもたちが描いた絵でつくったフラッグのお披露目も行われた。
 会場では、暮らしを支えるリフト・階段昇降機・自助具などの福祉機器を試すことができるほか、理学療法士、作業療法士、義肢装具士、建築士などのリハビリテーション専門職スタッフから、福祉機器や住環境づくり、さまざまな生活場面における介助技術のアドバイスを受けることができる。
 試乗ができる車椅子・バギーの体験や、福祉車両の展示、介護ロボットやリハビリテーションロボットの展示、パラスポーツ体験、補助犬デモンストレーション、災害時への備えや避難時に活用できる福祉用具の紹介、大学生による福祉用具コンテストなど、さまざまな取り組みを紹介する。
 ヨッテク総合プロデューサーの小川淳さん(横浜市総合リハビリテーションセンターセンター長)は「2018年は『暮らしを彩るプラスワン』を全体テーマに、移動・暮らしにプラスワンする『質』に着目し、毎日の暮らしの工夫やアイデアを伝えたい。暮らしに役立つリハビリテーション・ノウハウを得て欲しい」と話している。
 会期は20日と21日。会場はパシフィコ横浜・展示ホールD。開催時間は10時~17時。入場無料。

“パシフィコ横浜で福祉の総合イベント「ヨコハマ・ヒューマン&テクノランド」  /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

石川遼、ハーフ終え首位 北陸オープンゴルフ(北日本新聞)

情報元 : 石川遼、ハーフ終え首位 北陸オープンゴルフ(北日本新聞)北日本新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00107399-kitanihon-l16
 北陸オープンゴルフトーナメント2018は20日、富山市三熊の呉羽カントリークラブ(CC)日本海コース(6905ヤード、パー72)で開幕した。初日は予選ラウンドがあり、ハーフを終えプロの部は石川遼(CASIO)が4アンダーで単独首位に立っている。富山テレビ放送、北日本新聞社主催。
 アマの部は、冨岡宇翔(金沢学院大)と織田信亮(杉の木台)が1アンダーでトップタイとなっている。
 20回の節目を迎えた今年はプロ127人、アマ41人の計168人がエントリー。初参戦の石川ら豪華な顔触れがそろい、会場は大勢のギャラリーでにぎわっている。
 大会は2日間の計36ホールストロークプレーで争う。プロの部は予選60位タイ、アマの部は同20位タイまでが21日の決勝ラウンドに進む。

“石川遼、ハーフ終え首位 北陸オープンゴルフ(北日本新聞)” の続きを読む

霧島国際音楽祭 開幕 県庁でコンサート(MBC南日本放送)

情報元 : 霧島国際音楽祭 開幕 県庁でコンサート(MBC南日本放送)MBC南日本放送|鹿児島https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00030766-mbcnewsv-l46
恒例の霧島国際音楽祭が開幕しました。初日の19日は、鹿児島県庁で県民ふれあいコンサートが開かれました。
今年で39回目となる霧島国際音楽祭は、霧島市のみやまコンセールを中心に、県内各地で期間中およそ50の公演を予定しています。今年は国内外からおよそ65人の音楽家が招かれます。
開幕を飾る、県庁で開かれた県民ふれあいコンサートでは、エレクトーン奏者の神田将さんがクラシック曲を中心に5曲を演奏しました。
霧島国際音楽祭は、8月5日まで行われます。

“霧島国際音楽祭 開幕 県庁でコンサート(MBC南日本放送)” の続きを読む

北陸オープンゴルフ開幕 石川遼ら168人出場(北日本新聞)

情報元 : 北陸オープンゴルフ開幕 石川遼ら168人出場(北日本新聞)北日本新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00107398-kitanihon-l16
 北陸オープンゴルフトーナメント2018は20日、富山市三熊の呉羽カントリークラブ(CC)日本海コース(6905ヤード、パー72)で開幕した。初日の予選ラウンドが始まり、男子のプロとアマチュア計168人が白熱の戦いを繰り広げる。富山テレビ放送、北日本新聞社主催。
 20回の節目を迎えた今年はプロ127人、アマ41人がエントリー。青空の下、選手たちは次々とラウンドをスタートさせていった。初参戦の石川遼(CASIO)ら豪華な顔触れがそろい、会場は大勢のギャラリーでにぎわっている。
 大会は2日間の計36ホールストロークプレーで争う。プロの部は予選60位タイ、アマの部は同20位タイまでが21日の決勝ラウンドに進む。

“北陸オープンゴルフ開幕 石川遼ら168人出場(北日本新聞)” の続きを読む

夏到来、夜空に3000発 函館港花火大会(函館新聞電子版)

情報元 : 夏到来、夜空に3000発 函館港花火大会(函館新聞電子版)函館新聞電子版https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000002-hakoshin-hok
 函館新聞社主催の第22回函館港花火大会が15日、函館港豊川埠頭をメイン会場に開かれた。夜空に約3000発の花火が色鮮やかに打ち上がり、夏の到来を待ちわびた大勢の観客を楽しませた。
 本紙創刊と「海の日」制定を記念し、1997年から毎年開催し、道南地域で夏の先陣を切る花火大会。小笠原金哉社長は「今年の夏は、港まつり、GLAYのコンサートなどイベントも盛りだくさん。函館が活性化し、元気なまちであり続けるよう、微力ながら努力していく」とあいさつした。
 今年は2部全14プログラムで構成。函館空港との調整のため、打ち上げに遅れがあった。カウントダウンに合わせて、午後7時50分ごろにワイドスターマイン「佳麗(かれい)」の打ち上げで開幕。「海上夢花壇」では、毎年好評の函館港ならではのロケーションを生かし、上空と水上を飾る競演で楽しませた。海をイメージした青を主体にした花火で魚やイカ、イルカを作り出す創作スターマインでは子どもたちの歓声が上がった。
 色が変化する「光のイリュージョン」、最大で直径320メートルにもなる大玉の競演「天空絢爛華」などでクライマックスに向かい、大きな音でも観客を圧倒。グランドフィナーレ「美麗」では、最大9カ所から打ち上がるパノラマ大スターマインの連発が約5分続き、黄金のきらめきで夜空を埋め尽くした。
 会場では今年も「FMいるか」とケーブルテレビ局「NCV」による実況生中継が行われ、花火と音楽を合わせて届けた。

“夏到来、夜空に3000発 函館港花火大会(函館新聞電子版)” の続きを読む

熱中症続出 猛暑の熱戦、球児ら苦闘 高校野球静岡大会(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)

情報元 : 熱中症続出 猛暑の熱戦、球児ら苦闘 高校野球静岡大会(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)静岡新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000024-at_s-l22
 連日、熱戦が繰り広げられている第100回全国高校野球選手権静岡大会。9日の梅雨明け以降の猛暑の影響で、熱中症などでプレー中に足にけいれんを起こすなどして治療を受ける選手や応援団、観客が続出している。静岡県高校野球連盟は適切な対策を呼び掛ける。
 県高野連メディカルサポート部のまとめでは、7日の開幕後、試合が行われた4日間で熱中症で処置したのは81件。昨年は大会期間の10日間合計で22件、近年最も多かった95回大会でも計34件だった。同部の甲賀英敏部長は「例年の大会を通じた10日間の合計数字を今年は4日間で大幅に上回った。対策が追い付かない状況」と困惑する。
 県内8球場で16試合が行われた15日、浜松球場では静岡西高の外野手が両脚をけいれんさせて治療を受けた。「おそらく熱中症の影響だと思う」とチーム関係者。あしたか球場では応援に来ていた浜松修学舎高の生徒1人が熱中症で救急搬送され、静岡大成高の選手が足にけいれんを起こして途中交代。掛川球場でも、常葉大菊川の2選手が終盤に足に違和感を覚えて交代した。
 県高野連メディカルサポート部は開幕前の責任教師・監督会議で熱中症の原因と予防対策を説明し、多くのチームが実践している。浜松修学舎高の藤田圭司監督は「水分はもちろんブドウ糖のタブレットを全員に食べさせている」と話す。応援団も体調に気を配る。富士市立高吹奏楽部の新明正樹顧問は「普段は室内練習で、今年は急激に暑くなった」と対応の難しさを指摘し、「部員には凍らせたペットボトル2~3本を持ってくるように伝えている」と言う。
 大事な試合に臨む選手の緊張感も体調に影響するだけに、日大三島の川口剛監督は「球場の高温は避けられない。常に選手に気を配るしかない」と語る。

“熱中症続出 猛暑の熱戦、球児ら苦闘 高校野球静岡大会(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)” の続きを読む

100回目の夏、甲子園への戦い始まる(宇部日報)

情報元 : 100回目の夏、甲子園への戦い始まる(宇部日報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00010002-ubenippo-l35
 第100回全国高校野球選手権記念山口大会が13日、山口市の山口マツダ西京きずなスタジアム(ヤマスタ)で開幕した。午前10時からの開会式では、出場全58チームが大観衆の拍手を受けながら堂々と入場行進。聖地「甲子園」を懸けた熱い戦いがいよいよ始まる。開会前には、西日本豪雨災害の犠牲者に1分間黙とうした。県高野連の栗林正和会長は「今大会のキャッチフレーズは『本気の夏、100回目』。先輩たちが積み重ねてこられた努力に感謝し、一球入魂のプレーで感謝のメッセージを発信してほしい」とあいさつ。選手宣誓は慶進の安達尚輝主将(3年)が務め「私たちの熱いプレーで山口を盛り上げ、新たな100年の歴史を刻むことができるよう最後の一球まで全力で戦い抜く」と力強く宣言した。
 司会は慶進の淺川詩乃さん(3年)、宇部高専の錦彩花さん(3年)ら4人が担い、選手たちをサポートした。日本高野連などが高校野球の発展を支えた人に送る育成功労賞などの表彰式もあり、同賞の元厚狭野球部監督の長尾孝信さん(66)、県高校野球功労賞に輝いた元宇部商野球部監督の玉国光男さん(70)ら3人が出席した。開会式終了後には、選手ら1324人で100とボールの形の人文字をを作った。開幕試合の厚狭―西市戦は午後1時半プレーボール。

“100回目の夏、甲子園への戦い始まる(宇部日報)” の続きを読む

映画見たら本物に会いに来て 恐竜博物館、全国PR 福井(産経新聞)

情報元 : 映画見たら本物に会いに来て 恐竜博物館、全国PR 福井(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000027-san-l18
 ■「炎の王国」上映前にCM、特別展も
 世界的メガヒットを記録した映画「ジュラシック・ワールド」のシリーズ最新作「ジュラシック・ワールド/炎の王国」が13日、全国公開され、県立恐竜博物館(勝山市村岡町)では特別展「獣脚類 鳥に進化した肉食恐竜たち」が同日開幕する。県ブランド営業課は、映画などの相乗効果で、入館者数拡大の好機として「恐竜王国福井」の全国PRに力を入れる。
 同博物館は、「ジュラシック・ワールド」の配給会社、東宝東和の協力を得て、全国の映画館で映画上映前に同博物館のCMを流す。ティラノサウルス、フクイラプトルなどが登場し、「博物館でリアルな恐竜を体感しよう」とPRする。13日からイオンシネマズの91館、TOHOシネマズの10館、福井市のテアトルサンクでCM(30秒または15秒)を放映する。首都圏の横浜ブルク13(横浜市)では映画とタイアップした「恐竜王国福井」PR展を開催。恐竜骨格展示なども行う。
 一方、同博物館の特別展では、全長約7メートルの大型獣脚類「ネオベナートル」の全身骨格(3Dプリンターなどで復元)と実物骨格、皮膜でできた翼を持った小型獣脚類「イー」(約380グラム)の実物化石など日本初公開の34点を含む79点の標本を、獣脚類の進化の歴史をたどる流れで展示、紹介する。また、リアルに再現された実物大の動くネオベナートルの迫力ある姿も見ることができる。10月14日まで。
 同博物館の入館者数は映画の前作がヒットした27年と、28年度に年間90万人を突破したが、29年度は約80万人に落ち込んでいる。同課担当は「前作公開の年は北陸新幹線金沢開業の効果もあって増えた。今回も映画を見たあとにぜひ本物の恐竜を見に来てほしい」と今年度90万人を目標に入館者増を期待している。

“映画見たら本物に会いに来て 恐竜博物館、全国PR 福井(産経新聞)” の続きを読む

【高校野球茨城大会】常総と明秀、コールド発進(産経新聞)

情報元 : 【高校野球茨城大会】常総と明秀、コールド発進(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000037-san-l08
 第100回全国高校野球選手権県大会は5日目の12日、県内6球場で2回戦12試合が行われ、春季県大会優勝の常総学院と春の甲子園でベスト16に入った明秀日立が登場した。
 常総学院は開幕戦を制した佐竹と対戦。初回に2番・水野の適時二塁打で先制し、三回には一挙6点を奪い、10-0で五回コールド勝ち。明秀日立は岩瀬日大と対戦し、18-0で五回コールド勝ちを収めた。
 昨年の準優勝校、霞ケ浦は初回、鬼怒商から2点を先制。七回には鬼怒商の6番・広瀬の犠飛などで1点差まで迫られたが、3点を追加し、突き放した。春季県大会ベスト4の水戸商は初回から打者一巡で10点を奪い、五回コールドで緑岡に快勝した。
 13日は6球場で2回戦12試合が行われ、昨年の優勝校、土浦日大が出場。J:COMスタジアム土浦の第2試合で牛久と対戦する。(永井大輔)

“【高校野球茨城大会】常総と明秀、コールド発進(産経新聞)” の続きを読む