勇壮たてもん、威勢よく曳き回し 魚津(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 勇壮たてもん、威勢よく曳き回し 魚津(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180804-00000007-hokuriku-l16
 魚津市の「じゃんとこい魚津まつり」が3日開幕し、初日は同市諏訪町の諏訪神社で「たてもん祭り」が行われた。地元若衆らが威勢よく曳(ひ)き回し、観光客ら約8千人が勇壮な姿に見入った。
 たてもん祭りは豊漁や航海の安全を願う伝統行事で国指定重要無形民俗文化財。そり形の台に高さ約16メートルの柱を立て、ちょうちんやぼんぼりを三角形につるす。重さは約5トン。2016年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された。
 諏訪町1~5区と港町、元町の7基が午後8時半ごろ、地元若衆らに引かれて神社周辺に勢ぞろいし、夏の夜空を華やかに彩った。笛や太鼓、若衆の掛け声が響く中、境内で1基ずつ勢いよく回転すると、拍手と歓声が上がった。
 祭りに先立ち、11月の「全国健康福祉祭とやま大会(ねんりんピック富山2018)」の炬火(きょか)の採火式があった。海を代表し、たてもんのちょうちんの火をランタンに移した。
 4日は午後7時40分から海上花火大会、同8時半からたてもん祭りの2日目がある。
 魚津まつりは市と魚津商工会議所、市観光協会主催、北日本新聞社共催。

“勇壮たてもん、威勢よく曳き回し 魚津(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

長岡の大花火 50万人を魅了(UX新潟テレビ21)

情報元 : 長岡の大花火 50万人を魅了(UX新潟テレビ21)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180803-00010000-niigatatvv-l15
長岡まつり大花火大会が2日開幕し、夜空に咲く大輪の花が50万人の観客を魅了しました。夕闇迫る空に空襲の犠牲者を追悼する「慰霊と平和への祈り」が花開いて始まった長岡花火。連日の暑さが少し和らいだ信濃川河川敷には、主催者発表でおよそ50万人の観客が訪れ、フェニックスや天地人花火など、鮮やかな光を放つ名物花火に歓声が上がりました。神奈川から訪れた女性は「大きくて音が響いてよかった」と感激した様子でした。3日も予定通り開催されることになっていて、多くの来場が期待されています。

“長岡の大花火 50万人を魅了(UX新潟テレビ21)” の続きを読む

女性題材、斬新な構図が持ち味/新鋭ねぶた師北村春一さん、伝統に挑戦(Web東奥)

情報元 : 女性題材、斬新な構図が持ち味/新鋭ねぶた師北村春一さん、伝統に挑戦(Web東奥)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180803-00000006-webtoo-l02
 2日開幕した青森ねぶた祭。制作8年目のねぶた師北村春一さん(37)は、斬新な題材や構図を強みとし、従来の様式美に対して攻めの姿勢で挑戦を重ねる注目の若手だ。「フォルムが難しい」「力強さが薄まる」として敬遠されがちな女性を今年も主役に据えた。近年、賞に名を連ね続ける北村家の新鋭は「誰も見たことがない新しいねぶたを作る」と飛躍を期している。
 北村さんは1981年、ねぶた師北村蓮明さん(70)の長男として青森市に生まれた。第6代名人・北村隆さん(70)はおじに当たる。幼い頃から家業のねぶたと共に過ごしてきたが「ねぶた師では食えない」と、民間企業に勤めた。
 しかし都内で働いていた2004年、父の作品が入賞したとの知らせに「地元に貢献する仕事がしたい」と心が動いた。07年、仕事をやめ父に弟子入り。制作を手伝いながら5年目の11年、NTTグループねぶたで初陣を果たした。
 今年の作品は中国神話が題材の「西王母の祝福」。同団体の運行60回目という節目でもあり、「恩返しに大賞をとり、海上運行に乗せてあげたい」と語る。
 北村さんが最も大切にしているのは「新しいねぶた」だ。既存の題材でも構図に変化を付け、観客に衝撃を与える。17年の「妖術師 滝夜叉姫」では他に類を見ない巨大なドクロを中心に置いた。同作や16年の「天岩戸伝説」では女性を主役級に据えて優美さと華やかさを表現した。
 しかし納得はいっていない。自信作「天岩戸伝説」は入賞を逃した。「滝夜叉姫」は優秀制作者賞を初めて受賞したが、念願のねぶた大賞はいとこの北村麻子さん(35)に。「悔しい。自分の中ではノータイトル」と唇をかんだ。
 それでも前を向き続ける。「この気持ちが自分を成長させてくれる」と、女性のフォルムや顔の美しさの研究に余念がない。
 北村さんの挑戦は制作以外にも表れている。同団体のねぶた小屋では色付け前の人形をライトアップする「Night Nebuta」や、子ども向けの「紙貼り体験会」などを行い、積極的に市民らと触れ合う機会を設けている。
 2日、出陣を前に北村さんは語った。「やれるだけやった。あとは楽しんでもらえれば」。若武者の戦いがまた、幕を開けた。

“女性題材、斬新な構図が持ち味/新鋭ねぶた師北村春一さん、伝統に挑戦(Web東奥)” の続きを読む

【千葉のゴジラへの道・安田尚憲】忘れることのない私の原点 悔しい思い原動力に(産経新聞)

情報元 : 【千葉のゴジラへの道・安田尚憲】忘れることのない私の原点 悔しい思い原動力に(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-00000070-san-l12
 今年も全国高校野球選手権大会が8月5日に阪神甲子園球場で開幕します。私の母校、履正社は7月27日に大阪桐蔭と北大阪大会の準決勝でぶつかりました。この日、私が出場する2軍の試合がたまたまナイターだったこともあり、インターネットの中継で両校の試合を見ることができました。結果は九回2死から逆転負け。すごくいい試合で、最後まで何が起こるか分からない野球の怖さを感じた試合でもありました。
 必死に頑張る後輩たちの姿は自分の刺激にもなりました。とても悔しい結果ではありますが、これで野球人生が終わるわけではありません。この悔しさはきっとこれからに生きると思います。聞けば、3年生の全員が大学で野球を続けるとのこと。これからも続く野球人生で素晴らしい栄光をつかんでくれることを願っています。
 思えば私自身も高校3年生の夏は大阪大会の準決勝で大阪桐蔭に敗れ、甲子園出場はなりませんでした。その時は4打数1安打。抜ければ試合展開が変わったであろう大きな当たりがあったのですが、中堅手にとられる悔しい場面もありました。
 大阪桐蔭は春の選抜大会の決勝で負けた相手だったということもあり、なんとかリベンジをしようと燃えていたのですが、それはかないませんでした。自分の中では負けても泣かないと決めていたのですが、試合後のミーティングでキャプテンから一言があり、次に副キャプテンの私が話をする番となったときに自然と涙がこぼれました。仲間たちと甲子園に行けなかった悔しさが自然と沸き上がってきました。その時の気持ちは今でも鮮明に覚えています。
 今にして思えば、あの日の悔しい思いこそが、もっともっとうまくなってやろうという私の原動力になっています。プロになった今も忘れることのない私の原点だと思います。
 さて現在の私ですが、調整は順調で、けがもなく試合に出続けることができています。1軍のペナントレースも後半戦に入り、残り試合数も減ってきました。今はいつ呼ばれてもいいような準備ができている状態です。なんとか後半戦で1軍デビューをして、1軍の戦力として活躍をしたいと思っています。
 呼ばれるその日までしっかりと身も心も備えていきたいと思っていますので、これからも応援よろしくお願いします。

“【千葉のゴジラへの道・安田尚憲】忘れることのない私の原点 悔しい思い原動力に(産経新聞)” の続きを読む

「新聞は人と出会うツール」 NIE全国大会、岩手で開幕(京都新聞)

情報元 : 「新聞は人と出会うツール」 NIE全国大会、岩手で開幕(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180726-00000029-kyt-l26
 教育での新聞活用について考える「第23回NIE全国大会」(日本新聞協会主催)が26日、岩手県盛岡市の市民文化ホールで開幕した。東日本大震災を経験した若者、教育や新聞関係者らが「新聞と歩む 復興、未来へ」をテーマに意見交換した。
 東日本大震災を経験した若者の座談会では、県立釜石高2年佐々木千芽さんが「地震直後はテレビが見られず被害状況が分からない中、新聞は届き、うれしかった。原発事故も新聞で知った」と振り返った。同県出身の宮城教育大3年高橋莉子さんは中学時代に学校新聞「希望」を発行したと紹介。「被災者を励ますつもりが、逆に励まされ、ボランティアが『希望』を持ち帰ったおかげで支援もいただいた。新聞は人と出会うツールだ」と語った。
 教育、報道関係者らの座談会では、岩手県山田町立大沢小の佐藤はるみ教諭が「今年の小学1年生は震災当時は生まれておらず、風化が進んでいる」と課題を挙げ、同県立総合教育センターの藤岡宏章所長は「多様な世代の情報をくみ取る新聞の役割は大きい」と語った。地元紙・岩手日報社の鹿糠敏和編集局報道部次長は「役目の重さを実感している。いのちを大切にする報道を続けたい」と述べた。
 「新聞力」などの著書がある明治大の齋藤孝教授の講演もあった。大会には教育、新聞関係者ら約1600人が参加。27日は実践発表や公開授業がある。

“「新聞は人と出会うツール」 NIE全国大会、岩手で開幕(京都新聞)” の続きを読む

花巻東 甲子園 盛岡大附に逆転勝ち 夏の高校野球岩手大会(岩手日日新聞社)

情報元 : 花巻東 甲子園 盛岡大附に逆転勝ち 夏の高校野球岩手大会(岩手日日新聞社)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180722-00010002-iwanichi-l03
 第100回全国高校野球選手権記念岩手大会(県高野連など主催)は22日、盛岡市の県営球場で決勝が行われ、今春選抜大会8強で第1シードの花巻東が、3連覇を目指した盛岡大附を4-3で下し、夏は3年ぶり9度目、春夏連続の甲子園出場を決めた。
 花巻東は二回に2点の先制を許したが、四回に8番佐藤千暁(3年)の右前適時打で1点差に追い上げると、六回には代打の菅原颯太主将(3年)の左翼フェンス直撃の適時打で同点とした。七回に勝ち越されたものの、九回に1死二、三塁から暴投で追い付くと、2死後に3番田中大樹(3年)の内野ゴロが敵失を誘い逆転。その裏の盛岡大附の反撃を封じ、花巻東が参加66チーム(70校)の頂点に立ち、100回記念大会出場を勝ち取った。
 花巻東は2017年秋、18年春の県大会を制しており、3季連続の県大会優勝となった。春夏連続の甲子園出場は、菊池雄星投手(現西武)を擁し春準優勝、夏4強だった09年以来となる。
 全国大会は、8月5日に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する。100回の記念大会となるため例年より7校多い56校が出場する。組み合わせ抽選は同2日で、花巻東は選抜大会で果たせなかった日本一を目指す。
花巻東  000101002|4
盛岡大附 020000100|3

“花巻東 甲子園 盛岡大附に逆転勝ち 夏の高校野球岩手大会(岩手日日新聞社)” の続きを読む

人気アーティストに熱狂 「FREEDOM」開幕(宮崎日日新聞)

情報元 : 人気アーティストに熱狂 「FREEDOM」開幕(宮崎日日新聞)宮崎日日新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180722-00013739-miyazaki-l45
 野外音楽フェスティバル「FREEDOM aozora2018」(GAKUONユニティ・フェイスなど主催)は21日、宮崎市のこどものくに特設会場で開幕した。小林市出身のシンガー・ソングライター「NOBU」らが出演。多くの観客が詰め掛け、会場は熱気に包まれた。22日まで。

“人気アーティストに熱狂 「FREEDOM」開幕(宮崎日日新聞)” の続きを読む

全国高校野球静岡大会4回戦 草薙球場(22日)(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)

情報元 : 全国高校野球静岡大会4回戦 草薙球場(22日)(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)静岡新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-00000024-at_s-l22
 ■飛龍、静岡の春夏阻む
 ▽4回戦(草薙第1試合)
 飛龍
 100003130―8
 011310000―6
 静岡
 ▽三塁打 木下、黒岩(静)
 ▽二塁打 五十嵐2、角田(飛)草薙、成瀬(静)
 ▽暴投 草薙(静)
 ▽試合時間 2時間50分
 【評】飛龍は六、七、八回に11安打の猛攻で5点差を逆転し、静岡を破った。
 飛龍は5点を追う六回、五十嵐の二塁打など長短4連打と2犠飛で3点を返し、八回に深谷の適時打で勝ち越した。五回途中に救援した岡田が4回⅓を3安打無失点に抑えた。
 静岡は五回までに長短11安打で6点を挙げたが、救援した投手陣が打ち込まれた。
 ■後半に猛打、5点差逆転 飛龍
 「ガンガン攻めるぞ」―。後半、長短14安打の猛打で一気に畳み掛けた飛龍が、県内公式戦無敗だった第1シードの静岡を撃破した。5点差をひっくり返しての勝利。その瞬間、飛龍ベンチは優勝を決めたかのように、喜びに沸き返った。
 八回、一打勝ち越しの場面で打席に立ったのは主将の深谷。「何を打ったか覚えていない」と無我夢中の殊勲打を振り返り、「今までやってきたことが正しいなら、結果は出るだろうと思っていた」と興奮気味に話した。小林監督代行も「100人以上の部員の思いを乗せて打ってくれた」と感慨深げだ。
 前半、静岡に長短11安打を浴びて6失点とリードを広げられた。だが、ナインは諦めなかった。深谷は「やっぱり静高は強い。でも、このくらいやってもらわなくちゃ」と、開き直った。
 チームは昨秋と今夏の大会開幕直後の2度、監督辞任を経験した。現在は就任したばかりの22歳の小林監督代行が指揮を執り、主力数人が先発や選手交代の決定に関わっている。非常事態にも「監督が変わっても甲子園に行きたい思いは変わらない」と深谷。「あと3試合。気を抜かずにこのままの勢いで攻めていく」と気持ちを高ぶらせた。
 ■静岡、投手交代流れ一変
 静岡ナインにあらがいようのない逆風が吹いた。前半は快勝ペースで得点を重ねた。だが後半、投手交代直後に流れは一変した。「負けは負け。相手打線がすごかったということ」と淡々と受け止めた黒岩主将も、「情けなくて、恥ずかしい」とやるかたない思いをつぶやいた。
 選抜後はけが人が相次いだ。5月上旬、不動のリードオフマンで遊撃手の村松が左足首に大けがを負った。開幕直前には二塁手の加茂が故障で離脱。右腕春も右肘痛からの回復途上で夏を迎えた。
 2点を追う九回1死一塁、代打に送られた村松は「ホームランを打って同点にしたかった」。出場への執念でリハビリに励み、驚異の回復力でたどり着いた打席。「まだ完璧に踏ん張ることができない。でもバットが振れるようになったのは奇跡。周囲の支えに感謝したい」と語った。
 村松が放った左翼への飛球は、スタンドまであとひと伸び届かなかった。「あれを運べないのは自分の実力。悔しいけれどこれをスタートラインに、もっと自分を高めていく」と前を向いた。
 ■島商、9回に勝ち越す
 ▽4回戦(草薙第2試合)
 島田商
 100200002―5
 000300000―3
 浜松大平台
 ▽三塁打 佐藤(浜)
 ▽二塁打 山本、菊地(島)鈴木裕、畑(浜)
 ▽捕逸 斎藤(島)
 ▽守備妨害 斎藤(島)
 ▽試合時間 2時間19分
 【評】島田商は小林の投打の活躍で浜松大平台に競り勝った。
 島田商は3―3の同点で迎えた九回、山本の死球と斎藤の右前打で2死二、三塁とし、小林の左前適時打で2点を勝ち越した。守っても五回に救援した小林が4回2/3を散発2安打無失点に抑えた。
 浜松大平台は、四回に佐藤の適時三塁打で同点としたが、島田商の小林に勢いを封じられた。
 ■決勝打の小林、投打活躍
 島田商は2年生エース小林の投打の活躍で、浜松大平台との競り合いをものにした。五回途中から救援した小林は4回2/3を2安打無失点に抑えて相手の勢いを止め、九回には決勝打を放って主役を独り占めした。
 「自分が決めてやる」と強気で臨んだ九回2死二、三塁の打席で狙っていた内角直球を思い切り引っ張った。再三、好機をつくりながらも残塁の山を築くなど、我慢の時間帯が続いていただけに、会心の一打にベンチも沸き返った。
 投げても「1点も与えない気持ちだった」と、切れのあるスライダーを効果的に使って相手打線を封じた。池田監督に「小林が登板すれば100%抑えてくれるというチームの信頼感がある」と言わしめた。

“全国高校野球静岡大会4回戦 草薙球場(22日)(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)” の続きを読む

パシフィコ横浜で福祉の総合イベント「ヨコハマ・ヒューマン&テクノランド」  /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : パシフィコ横浜で福祉の総合イベント「ヨコハマ・ヒューマン&テクノランド」  /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000049-minkei-l14
 パシフィコ横浜(横浜市西区みなとみらい1)で7月20日、福祉のことがわかる総合イベント「ヨコハマ・ヒューマン&テクノランド2018」(愛称:ヨッテク)が開幕した。(ヨコハマ経済新聞)
 今年で17回目を迎える同展は「探しに行こう!暮らしに活きるリハビリテーション」をスローガンに、最新の福祉機器の紹介や体験会などを開催する。主催は横浜市リハビリテーション事業団(横浜市港北区鳥山町1770)。
 オープニングセレモニーでは、横浜市総合リハビリテーションセンター・療育センターを利用する子どもたちが描いた絵でつくったフラッグのお披露目も行われた。
 会場では、暮らしを支えるリフト・階段昇降機・自助具などの福祉機器を試すことができるほか、理学療法士、作業療法士、義肢装具士、建築士などのリハビリテーション専門職スタッフから、福祉機器や住環境づくり、さまざまな生活場面における介助技術のアドバイスを受けることができる。
 試乗ができる車椅子・バギーの体験や、福祉車両の展示、介護ロボットやリハビリテーションロボットの展示、パラスポーツ体験、補助犬デモンストレーション、災害時への備えや避難時に活用できる福祉用具の紹介、大学生による福祉用具コンテストなど、さまざまな取り組みを紹介する。
 ヨッテク総合プロデューサーの小川淳さん(横浜市総合リハビリテーションセンターセンター長)は「2018年は『暮らしを彩るプラスワン』を全体テーマに、移動・暮らしにプラスワンする『質』に着目し、毎日の暮らしの工夫やアイデアを伝えたい。暮らしに役立つリハビリテーション・ノウハウを得て欲しい」と話している。
 会期は20日と21日。会場はパシフィコ横浜・展示ホールD。開催時間は10時~17時。入場無料。

“パシフィコ横浜で福祉の総合イベント「ヨコハマ・ヒューマン&テクノランド」  /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

石川遼、ハーフ終え首位 北陸オープンゴルフ(北日本新聞)

情報元 : 石川遼、ハーフ終え首位 北陸オープンゴルフ(北日本新聞)北日本新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00107399-kitanihon-l16
 北陸オープンゴルフトーナメント2018は20日、富山市三熊の呉羽カントリークラブ(CC)日本海コース(6905ヤード、パー72)で開幕した。初日は予選ラウンドがあり、ハーフを終えプロの部は石川遼(CASIO)が4アンダーで単独首位に立っている。富山テレビ放送、北日本新聞社主催。
 アマの部は、冨岡宇翔(金沢学院大)と織田信亮(杉の木台)が1アンダーでトップタイとなっている。
 20回の節目を迎えた今年はプロ127人、アマ41人の計168人がエントリー。初参戦の石川ら豪華な顔触れがそろい、会場は大勢のギャラリーでにぎわっている。
 大会は2日間の計36ホールストロークプレーで争う。プロの部は予選60位タイ、アマの部は同20位タイまでが21日の決勝ラウンドに進む。

“石川遼、ハーフ終え首位 北陸オープンゴルフ(北日本新聞)” の続きを読む