春の陽気、梅はや見頃 若狭町・常神半島(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 春の陽気、梅はや見頃 若狭町・常神半島(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190226-00000005-hokuriku-l18
 福井梅の産地、福井県若狭町でかれんな白い小花がほころんでいる。暖冬の影響で例年より10日ほど早く咲き始め、常神半島などの沿岸は既に見頃を迎えた。淡い白色に彩られた枝が浜風に揺れ、春の到来を告げている。
 同町では三方湖から常神半島にかけて約8万本の梅の木が並ぶ。常神半島では今月上旬から花をつけ始め、民宿経営の女性(63)=同町=の梅林には、ほんのりと甘い香りが漂っている。「夏の日照りや台風による傷みを心配していたけれど、花の数は例年より多い。実がたくさんできてほしい」と話していた。収穫した梅は梅干しや甘露煮にして客に振る舞うという。
 一方、今月中旬に咲き始めた三方五湖畔は、まだ3分咲き程度。JA敦賀美方梅の里会館によると、今後気温の高い日が続けば一気に開花し、週末に満開を迎える見込み。見頃は1週間程度続くという。
 25日の県内は高気圧に覆われて晴れ、各地で3月下旬から4月上旬並みの暖かさとなった。

“春の陽気、梅はや見頃 若狭町・常神半島(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

横手で「キッズお片づけ教室」 小学生親子に整理収納を指導 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 横手で「キッズお片づけ教室」 小学生親子に整理収納を指導 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-00000029-minkei-l05
 小学生親子向けの「お片づけ教室」が3月3日、「あそびとまなびの森Cafeハンモック」(横手市婦気大堤、TEL0182-41-9033)で開かれる。(横手経済新聞)横手「キッズお片づけ教室」チラシ 片づけることの大切さを伝えることを通じて、思考力を身に付けることなどを目的に、整理収納アドバイザーの近千穂さんが初めて開く。参加者が使っている文房具箱や玩具箱などを持ち込み、必要なものと不要なものの仕分けや収納方法などを指導する。
 近さんは「子ども向けだが、整理収納の考え方は大人も同じ。保護者の皆さんにも整理収納について、改めて知るきっかけになればうれしい」と話す。
 開催時間は13時30分~15時。参加費1組300円。申し込み締め切りは3月1日。問い合わせは近さん(TEL090-7320-1394)まで。

“横手で「キッズお片づけ教室」 小学生親子に整理収納を指導 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

待ち遠しい春の訪れ・サクラ開花は「4月11日」の予想 山形市(さくらんぼテレビ)

情報元 : 待ち遠しい春の訪れ・サクラ開花は「4月11日」の予想 山形市(さくらんぼテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00010002-sakuranbo-l06
民間気象会社・ウェザーニューズがサクラの開花予想を発表した。山形市は「4月11日」の開花が予想された。
今シーズンのサクラの開花は3月21日に熊本、福岡、東京からスタートし、徐々に北上していく見通し。山形県を含む北日本はたびたび低気圧や寒気の影響を受けるため、2月後半や3月の気温が平年並みかやや低く、つぼみの成長が足踏みする時期がある。しかし4月に入ると気温が上がり、開花時期は例年並みになると予想されている。
具体的な開花予想日は山形市が4月11日で、平年の4月15日より4日早く、春先の気温が高く早咲きとなった去年より7日遅いと見込まれている。また霞城公園は4月5日に開花し、4月18日に満開になると予想されている。

“待ち遠しい春の訪れ・サクラ開花は「4月11日」の予想 山形市(さくらんぼテレビ)” の続きを読む

新馬場・荏原神社のカンヒザクラ満開に 2月中旬まで見頃 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 新馬場・荏原神社のカンヒザクラ満開に 2月中旬まで見頃 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190205-00000066-minkei-l13
 新馬場駅近くの荏原神社(品川区北品川2)で現在、境内のカンヒザクラ(寒緋桜)が満開となり、参拝客が冬の花見を楽しんでいる。(品川経済新聞)709年創建された荏原神社 709年創建と伝わる同神社は、品川の龍神として源氏や徳川など多くの武家の信仰を受けてきた。毎年6月に行われる牛頭天王(ごずてんのう)を祭る「天王祭」で知られる。東海七福神の一社として恵比寿神を御祭神とし、年始には東海道七福神巡りに訪れる参拝客でにぎわう。
 境内にある2本のカンヒザクラは同神社のご神木。区内で一番早く咲く桜として、地域住民に親しまれている。枝先には、花蜜を求めてメジロやヒヨドリが止まることもある。5日は、望遠レンズ付きの一眼レフカメラを持ち、撮影を楽しむ人の姿が多く見られた。
 カンヒザクラは台湾や中国南部が原産地で、日本では鹿児島や沖縄を中心に自生しており、鮮やかな緋紅色(ひこうしょく)の花が鐘状に下向きに咲くのが特徴。ヒカンザクラ(緋寒桜)とも言われるが、ヒガンザクラ(彼岸桜)と間違われることから、カンヒザクラと呼ばれることが多いという。
 同神社スタッフは「今年は1月下旬から咲き始め、例年並みの開花となった。荒天がなければ、2月中旬までお楽しみいただけるのでは」と話す。
 参拝に訪れた女性の一人は「青い空に桃色の花びらが映え、とてもきれい。毎年見に来ているが、この桜の美しさは何度見ても飽きない」と笑顔を見せていた。

“新馬場・荏原神社のカンヒザクラ満開に 2月中旬まで見頃 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

鳥取県南部町 とっとり花回廊の紅梅が満開(中海テレビ放送)

情報元 : 鳥取県南部町 とっとり花回廊の紅梅が満開(中海テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00010001-chukaiv-l31
鳥取県南部町のとっとり花回廊では、紅梅が満開を迎え、一足早い春を告げています。
とっとり花回廊の紅梅は、去年12月10日に開花しました。園内の東館裏には約30本の梅の木があり、2本の紅梅が、満開を迎えています。開花の時期は例年とほぼ同じですが、今年は気温が高めに推移しているため、例年よりも1カ月以上早く見ごろを迎えたといいます。
鳥取地方気象台は16日に梅の開花を発表しました。これは去年よりも1カ月半ほど早く、園内でも白梅が徐々に花を咲かせていました。
とっとり花回廊の梅の花は、紅梅を皮切りに順次見ごろを迎え、2月以降も楽しむことができるといいます。

“鳥取県南部町 とっとり花回廊の紅梅が満開(中海テレビ放送)” の続きを読む

広島・中区 縮景園で早くも梅が咲き始める(HOME広島ホームテレビ)

情報元 : 広島・中区 縮景園で早くも梅が咲き始める(HOME広島ホームテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00010001-hometvv-l34
中区の縮景園で例年よりも早く梅が咲き始め訪れた人たちを楽しませています。
縮景園の梅は例年より早い先月16日に咲き始めました。園内には白加賀や八重寒紅梅などおよそ18種類の梅が植えられていて開花の基準となる標本木はすでに沢山のつぼみをつけています。
一方、花が少ない時期に園内を彩るのは30株の冬ボタン。直径20センチもの大輪を前に立ち止まって眺める人の姿も見られました。この冬ボタンは今週末まで展示されています。

“広島・中区 縮景園で早くも梅が咲き始める(HOME広島ホームテレビ)” の続きを読む

ヒマワリ鮮やか大輪 兵庫・香住の花畑で見頃(産経新聞)

情報元 : ヒマワリ鮮やか大輪 兵庫・香住の花畑で見頃(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00000031-san-l28
 香美町香住区三谷地区の発酵食品会社「トキワ」(柴崎明郎社長)の花畑「但馬さとの風ファーム」で、今年初めて植えたヒマワリが見頃となっている。約7万7千本が順次開花しており、20日ごろまで楽しめるという。
 同社は今年、「農業への挑戦」の「人が自然との共存を楽しめる場所」の第1弾として花畑を企画。本社北側の休耕地約8千平方メートルを所有者から借り、今春から社員らが土作りを進め、約8万本のヒマワリの種を植え付けた。
 猛暑が続いたが高さ約1.5メートルに成長し、鮮やかな黄色の花を咲かせている。香住区では初めての大規模なヒマワリ畑とあって、家族連れらが夏の花を満喫している。香美町村岡区の県立村岡高校1年、上田遙菜さん(16)は「ヒマワリが美しいですね」と話した。
 ヒマワリ畑には観賞用のやぐらや休憩用のイスなども設けており、自由に見学できる。ヒマワリのシーズン終了後は秋のコスモスの準備に入るという。

“ヒマワリ鮮やか大輪 兵庫・香住の花畑で見頃(産経新聞)” の続きを読む

棚田彩るこいのぼり す~いすい(日本農業新聞)

情報元 : 棚田彩るこいのぼり す~いすい(日本農業新聞)日本農業新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00010001-agrinews-l32
 島根県津和野町の山間部、麓耕地区の棚田約5ヘクタールを満開のツツジと、住民が揚げたこいのぼりの群れが彩っている。
 圃場(ほじょう)整備でできたのり面に住民がツツジを植え始め、約1万5000株まで増やした。15年ほど前からは開花に合わせて、こいのぼりを揚げている。今年は83匹を一列に飾った。
 同地区自治会長で稲作農家の上杉誠さん(68)は「中旬から急に気温が上がり、ツツジが1週間ほど早く咲いた。もうすぐ代かきが始まる」と話す。見頃は今週いっぱい。こいのぼりは5月6日まで。(富永健太郎)

“棚田彩るこいのぼり す~いすい(日本農業新聞)” の続きを読む

大賀ハス、ピンクの大輪見頃 富山・ねいの里(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 大賀ハス、ピンクの大輪見頃 富山・ねいの里(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000001-hokuriku-l16
 ピンク色の大輪が美しい「大賀ハス」が、県自然博物園ねいの里(富山市婦中町吉住)の水辺の生態園で見頃を迎え、来園者の目を楽しませている。
 大賀ハスは、植物学者の大賀一郎博士が千葉市にある縄文時代の遺跡から発見。種を発芽させて育てることに成功し、千葉県の天然記念物に指定された。ねいの里は2004年に7株を手に入れ、現在では池全体に広がっている。
 今年は7月上旬から直径15センチほどのピンクの花が咲き始めたといい、今は5分咲き程度になっている。花びらは早朝に開花し、午前11時ごろには閉じる。1週間ほどで池全体で花が見られるようになり、お盆ごろまで見頃となる。

“大賀ハス、ピンクの大輪見頃 富山・ねいの里(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

絶景!境内一面に約1,400株のあじさい咲く/秋田(CNA秋田ケーブルテレビ)

情報元 : 絶景!境内一面に約1,400株のあじさい咲く/秋田(CNA秋田ケーブルテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00010003-cnaakitav-l05
秋田県男鹿市北浦の雲昌寺(うんしょうじ)で、境内のあじさいが満開となって見頃を迎えています。
元々は境内に一株のみ咲いていた雲昌寺のあじさい。副住職の古仲宗雲(しゅううん)さんが15年にわたり愛情を注ぎ増やし、現在は約1,400株にも至ります。
今年から、あじさいの維持管理協力金として高校生以上は観覧が有料となりましたが、快晴のこの日、平日にも関わらず大勢の人が訪れ、あじさいを眺めていました。
また、あじさいを一望できるよう、古仲さんの発案で昨年見晴らし台を作り、訪れた人たちのほとんどがその場所で写真を撮っていました。
例年、開花シーズンに約2万人が訪れているとのことですが、雑誌やポスター等に取り上げられたことで、今年は早くも1万人を超える人たちが訪れたとのことです。
古仲さんは「今後は、あじさいの見た目を綺麗にし、ここにしかない独自性と魅力を発信して、地域の活性化に貢献したい」と話していました。
雲昌寺のあじさいの見頃は、7月中旬頃までとのことです。

“絶景!境内一面に約1,400株のあじさい咲く/秋田(CNA秋田ケーブルテレビ)” の続きを読む