三重県立高校入試、後期選抜1.11倍 南伊勢南勢校の志願なし(伊勢新聞)

情報元 : 三重県立高校入試、後期選抜1.11倍 南伊勢南勢校の志願なし(伊勢新聞)伊勢新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00000502-isenp-l24
 三重県教委は27日、県立高校入試後期選抜の志願状況を発表した。全日制は53校125学科・コースの定員7665人に8530人が志願し、志願倍率は前年同期と同じ1・11倍だった。南伊勢高南勢校舎の志願者がいなかったほか、昨夏に野球部の甲子園初出場で沸いた白山高が定員割れとなった。
 学科・コース別では、津西国際科学が4・75倍と最も高く、神戸理数の4・13倍、川越国際文理の3・75倍が続いた。
 最低は南伊勢南勢校舎普通で、後期選抜の志願者がいなかった。次いで志摩国際コースと白山情報コミュニケーションが低く、それぞれ0・19倍だった。
 志願変更は3月4―6日まで受け付ける。試験は11日に実施し、18日に合格者を発表する。
 定時制は定員583人に191人が志願し、倍率は前年同期比0・05ポイント減の0・33倍。通信制は418人の募集に対し、34人が志願し、倍率は前年同期と同じ0・08倍となった。

“三重県立高校入試、後期選抜1.11倍 南伊勢南勢校の志願なし(伊勢新聞)” の続きを読む

五島椿まつり開幕 来月3日まで催し多彩に(長崎新聞)

情報元 : 五島椿まつり開幕 来月3日まで催し多彩に(長崎新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-00000003-nagasaki-l42
 長崎県五島市の冬の一大イベント「第25回五島椿まつり」(実行委主催)が16日、市内で開幕した。3月3日までの期間中、市内各地で体験講座やバスツアー、盆栽展、マラソン大会など、ツバキにちなんだ多彩な催しがある。初日は東浜町2丁目の五島港公園でオープニングセレモニーがあり、多くの市民でにぎわった。
 市内のツバキは自生と植栽を合わせて約440万本。実から取れるつばき油は、料理や美容などに適した特産品として人気が高い。市内では昨年、ツバキ由来成分の研究や化粧品開発などに取り組む新会社が発足。来年2月には国際ツバキ会議と全国椿サミットの同時開催も控えるなど、ツバキを地域振興に生かす機運が高まっている。
 セレモニー会場では、地元グルメが集まる「五島うんまかもん市場」、餅まきやライブなどのステージイベントがあった。恒例となっているツバキの苗100本の無料配布は人気が高く、長い行列ができた。
 期間中のイベント案内は市のホームページなどで紹介している。問い合わせは実行委(電0959・72・2963)。

“五島椿まつり開幕 来月3日まで催し多彩に(長崎新聞)” の続きを読む

都道府県対抗eスポーツ選手権 パズルゲーム登録開始(茨城新聞クロスアイ)

情報元 : 都道府県対抗eスポーツ選手権 パズルゲーム登録開始(茨城新聞クロスアイ)茨城新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190202-00000008-ibaraki-l08
今年秋の茨城国体・全国障害者スポーツ大会の文化プログラムの一環として開催される「全国都道府県対抗eスポーツ選手権」(10月4~6日)で実施する3競技のうち、パズルゲーム「ぷよぷよ」の出場登録エントリーが1日、始まった。「小学生の部」「一般の部」(12歳以上)の2部門での個人戦で、各都道府県代表を決める予選は5~8月にかけて行われる。残りの2競技は順次、エントリーを始める。
小学生の部は、47都道府県を八つのブロックに分け、各ブロック別に代表決定戦を行い、勝ち抜いた代表計8人が10月の茨城国体の本大会に挑む。茨城県は関東ブロック(1都7県)に属し、8月12日に埼玉県の「イオンレイクタウンkaze」で開かれる。
一般の部は各都道府県別に代表決定戦を行い代表各1人を選ぶ。茨城県の決定戦は5月18日につくば市の「イオンモールつくば」で実施する予定。いずれも予選は出場登録者がハイスコアを競い順位を決め、成績上位者が対戦型のトーナメント戦に進み代表権を争う。
残る2競技のエントリーは、サッカーゲーム「ウイニングイレブン」が2月中旬、レースゲーム「グランツーリスモ」が3月から順次開始する。
詳細は茨城国体ホームページ内の特設サイトに掲載。県国体・障害者スポーツ大会局は「多くの人に参加してもらいたい」と呼び掛けている。(朝倉洋)

“都道府県対抗eスポーツ選手権 パズルゲーム登録開始(茨城新聞クロスアイ)” の続きを読む

原宿に「ピエール マルコリーニ」限定店 クーベルチュール・チョコの試食など /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 原宿に「ピエール マルコリーニ」限定店 クーベルチュール・チョコの試食など /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00000009-minkei-l13
 ショコラトリー「ピエールマルコリーニ」の期間限定ショップ(渋谷区神宮前5)が1月25日~27日、原宿にオープンする。(シブヤ経済新聞)「kabi」のシェフたちがプロデュースするスイーツ 店内には、高さ40センチのクーベルチュール・チョコレート(ココアバターの含有量の多いチョコレート)のブロックを用意し、来場者が削って試食することができるようにする。味は5種類用意し、それぞれ販売もする。
 同ブランドのクーベルチュール・チョコレートを使い、レストラン「kabi」(目黒区)のシェフがプロデュースしたメニューも販売する。発酵させたベリーが入ったマカロン、黒豆を使うケーキなど3種類のスイーツ詰め合わせ(1,500円、限定250個)など、各日異なる商品が登場する。
 期間中、ピエール・マルコリーニさんが案内する試食会も開く。「煎(せん)じたカカオ柑きつ添え」「ホットチョコレートユズ風味」「米粉のケーキとスモークティー」など6種類を試食提供する。開催は期間中8回(定員は計48人)。各日オープン時から参加パスを配布する。
 営業時間は12時~20時(最終日は17時まで)。

“原宿に「ピエール マルコリーニ」限定店 クーベルチュール・チョコの試食など /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

徳島県内公立高入試の特色選抜定員757人 前年度比31人増(徳島新聞)

情報元 : 徳島県内公立高入試の特色選抜定員757人 前年度比31人増(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-03126393-tokushimav-l36
 徳島県教委は15日、2019年度公立高校入試の特色選抜の募集定員を発表した。スポーツや文化活動の実績を評価する入試で、全日制30校63学科・類で行う。募集定員は前年度より31人多い757人で、総定員5620人に占める割合は13・5%。運動部の育成・強化を進める事業が19年度から「NEO徳島トップスポーツ強化事業」に変わり、指定競技が増えたことが定員増につながった。
 各校の定員は≪別表≫の通り。定員は強化事業指定校(24校)の指定競技と指定外競技の募集人員の合計。指定外競技の定員は各校で決めるが、普通科は定員の6%以内、専門学科と総合学科は13%以内などと上限を設けている。鳴門渦潮のスポーツ科学と名西の芸術は定員の100%を特色選抜で募る。
 受験は学力検査のほか、学校によって面接や実技を行う。一般選抜の募集定員は特色選抜の合格者数に応じて変動する。特色選抜の合格発表(2月9日)後の同12日、県教委が最終の定員を発表する。
 試験日は特色選抜が2月5日、一般選抜は3月5、6日。
 種目や分野ごとの募集人数は各校ホームページのほか、県の公立高校入試情報サイト(http://nyuushi.tokushima-ec.ed.jp/)で確認できる。

“徳島県内公立高入試の特色選抜定員757人 前年度比31人増(徳島新聞)” の続きを読む

障がい者雇用水増し 支援団体「納得できない」(中京テレビNEWS)

情報元 : 障がい者雇用水増し 支援団体「納得できない」(中京テレビNEWS)中京テレビNEWShttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00010007-sp_ctv-l23
 複数の省庁で雇用する障がい者の割合を水増ししていたとされる問題。24日には、愛知県豊橋市や豊川市でも雇用率に誤りがあったことが発覚。さらに、三重県警でも27日、不適切な雇用率の算出が行われていたことが発覚。
 手本となるべき行政機関による水増し疑惑に、障がい者支援団体は納得できないといいます。
「障がい者雇用水増し問題。愛知県における調査の要望」(障がい者支援団体)
 27日、愛知県庁を訪れた団体は、県内の自治体で障がい者が適切に雇用されているか、調査してほしいと訴えました。
 愛知県や名古屋市では、規定に沿って障がい者を雇用していると言います。この問題をめぐり愛知県知事と名古屋市長は。
大村秀章愛知県知事:
「障がい者施策の基本理念にしっかり立ち返り基づいて、障がい者雇用をしっかりやっていただきたい」
河村たかし名古屋市長:
「障がい者の皆さんの数字をごまかすなんてとんでもないこと」
 障がい者の雇用率は、国・地方公共団体などには2.5%、民間企業には2.2%と義務づけられ、達成できなかった一部の企業には「納付金」を支払う義務もあります。
 名古屋の昭和区にある障がい者施設「AJU自立の家」。
 身体障がい者がコンピュータを使って、ホームページ制作などを行っています。障がい者の就職は厳しいものがあると話します。
「重度で車いすに乗っていると、面接で落とされたりだとか、何十社と受けても働くところがないと言って、ここで働いている人もいる」(AJU自立の家石田長武副所長)
「(面接を)40~50社ほど受けたんですけど、なかなか合格にならなくて。障がい者っていうので入り口はなかなか狭いのかと」(利用者)
 さらに、一般企業へ就職しても、施設に戻って来た人もいました。
「障がいがあると、一般の人と同じ動きができないので、精神的につらかったですね」(利用者)
 ただでさえ厳しい障がい者の一般企業での就職。そこへ発覚した雇用率の水増し疑惑に当事者たちは不信感をあらわにします。
「共生社会を実現しないといけない省庁が、ただ数字を合わせるだけで雇用している形。数字(雇用率)を守っているというのは、これは納得できない。障がいがあっても働けるような社会になっていってほしい」(AJU自立の家石田長武副所長)

“障がい者雇用水増し 支援団体「納得できない」(中京テレビNEWS)” の続きを読む