宇部市の予算案、過去最大規模664億1000万円(宇部日報)

情報元 : 宇部市の予算案、過去最大規模664億1000万円(宇部日報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-00010000-ubenippo-l35
 宇部市は15日、2019年度の当初予算案を発表した。一般会計は664億1000万円と過去最大で、地域経済への波及効果が期待される投資的経費は、前年度を12億1000万円上回る約70億円を計上する積極型予算を組んだ。26日に開会予定の3月定例市議会に提案する。
 18年度当初比では4・5%、28億9000万円増加。これまでで最大だった14年度の660億3000万円を上回り、10年連続で600億円以上の規模を確保した。編成に当たっては、2年目に入る第四次総合計画後期実行計画の着実な推進をベースに、社会情勢の変化に的確に対応した部局横断的な取り組みを九つのトピックスとしてまとめた。
 トピックスは、防災・減災災害死亡者ゼロのまちづくり(52億1827万円)、商業の振興と中心市街地のにぎわい創出(21億5825万円)、共生社会づくり(3億695万円)、ICT(情報通信技術)を活用した健康づくりのスマートウエルネスシティの推進(6485万円)、次世代交通システムの推進(936万円)、デジタル市役所の構築(1億2761万円)、宇部まるごと体験プロジェクト(16億4827万円)、市制施行100周年記念プロジェクト(1987万円)、持続可能な開発目標であるSDGs未来都市の推進(890万円)。
 新規事業は72事業(前年比11件減)で、予算額は約20億円(前年比約12億円増)。中心市街地活性化に向けた基本計画策定(347万3000円)、消費増税に合わせたプレミアム付き商品券発行(約10億2000万円)、ペーパーレス化の推進などを含むデジタル市役所の構築(1億2761万円)、仮称・宇部SDGs推進センターの設置(390万円)などに取り組む。投資的経費は、本庁舎の1期棟新築工事着手(10億1490万円)、恩田運動公園の整備(9億3619万円)、見初団地建て替え(6億4803万円)を要因に増える。
 財源構成は、市税などの自主財源が47・1%、地方交付税などの依存財源が52・9%。前年度に比べ、自主財源は5億2873万円増えるが、比率は1・3%減少する。財政構造の弾力性を示す経常収支比率は、市税など経常一般財源の収入増加により、前年度見込み値から、0・6ポイント改善の94・0%となる見通し。借金に当たる市債の19年度末残高は、18年度見込みより2億4800万円増の676億800万円となりそう。

“宇部市の予算案、過去最大規模664億1000万円(宇部日報)” の続きを読む

広げよう!ボードゲームの輪・「専門店」で交流会 いま市民が夢中 山形・長井市(さくらんぼテレビ)

情報元 : 広げよう!ボードゲームの輪・「専門店」で交流会 いま市民が夢中 山形・長井市(さくらんぼテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00010005-sakuranbo-l06
山形県長井市で今、ボードゲームがブームになっている。県内で唯一、専門店がオープンするなど、多くの市民が夢中になっている。その魅力は一体何なのか?
長井駅前にあるカフェ&バー「ある世界」は、県内で唯一ボードゲームが楽しめる専門店。オーナーの船山裕紀さんは、ボードゲーム好きが高じておととし店をオープンした。地元に気軽に遊べる場所を提供したいという思いだった。
店内には200種類以上のボードゲームが並び、1時間500円のワンドリンク制でボードゲームが楽しめる。11日の交流会には、子どもから大人まで10人ほどが参加し、昔懐かしいものや最新のボードゲームを楽しんだ。
ボードゲームの一番の魅力は「対面のコミュニケーション」。ネットゲームと違い、目の前の相手と会話しながら対戦することで、年齢も性別も越えた交流の輪が広がる。
(初参加の男性)
「知ってはいたがなかなか来れなくて、きょうは良い機会になった。はまります…はまりました」
(ボードゲームカフェ&バーある世界・船山裕紀さん)
「コミュニケーションをとらないとそもそもゲームは進まない。それが魅力だと思う。すぐ簡単にできるボードゲームがたくさんあるのでぜひ来てほしい」
店の営業は、毎週金曜と土曜の夜6時から。毎月第1、第3金曜には「最新作を楽しむ会」が開かれる。

“広げよう!ボードゲームの輪・「専門店」で交流会 いま市民が夢中 山形・長井市(さくらんぼテレビ)” の続きを読む

4月開幕の瀬戸内国際芸術祭を前に…小豆島で一足早く作品披露 香川・小豆島町(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : 4月開幕の瀬戸内国際芸術祭を前に…小豆島で一足早く作品披露 香川・小豆島町(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00010001-ksbv-l37
 今年4月から開催される瀬戸内国際芸術祭を前に、小豆島では一足早く展示作品が関係者にお披露目されました。
 香川県小豆島町の「福武ハウス」には、7つの作品が展示されています。2013年にインドネシアや台湾などアジアの7つの国との交流拠点にしようと、廃校になった小学校の校舎をアートスペースにしました。
 新しい作品の完成に合わせて9日行われたオープニングセレモニーには、プロデューサーの福武總一郎さんや来日したアーティストら約60人が参加しました。
 ジャカルタ出身の国際的なアーティストヘリ・ドノさんの作品は、縦2メートル横3メートルのアクリルキャンパスを10枚使った大作です。
 一般公開は瀬戸芸開幕日の今年4月26日からです。

“4月開幕の瀬戸内国際芸術祭を前に…小豆島で一足早く作品披露 香川・小豆島町(KSB瀬戸内海放送)” の続きを読む

雪の影響で高速道路の通行止めやスリップ事故相次ぐ…73歳女性が用水路に転落し死亡 香川(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : 雪の影響で高速道路の通行止めやスリップ事故相次ぐ…73歳女性が用水路に転落し死亡 香川(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00010004-ksbv-l37
 11日未明から降った雪の影響で、香川県では高速道路の通行止めやスリップ事故が相次ぎました。善通寺市では73歳の女性が用水路に転落し死亡しました。
 雪の影響で、瀬戸中央自動車道の早島インターと坂出インターの間、高松道の善通寺インターと高松中央インターの間が一時、通行止めとなりました。
(ドライバーはー)
「(Q.高速使えないっていうのは?)大変です。こういうときは」
 雪によるスリップ事故も相次ぎました。午前6時半ごろ、高松道上り線の府中湖パーキングエリアの近くで横転したトラックに路線バスが衝突し、3人が軽いけがをしました。
 午前7時半ごろには、善通寺市中村町の市道で新聞配達中の73歳の女性が、原付きバイクごと用水路に転落しているのが見つかりました。女性は病院に運ばれましたが死亡が確認されました。警察ではバイクがスリップして転落した可能性もあるとみて調べています。

“雪の影響で高速道路の通行止めやスリップ事故相次ぐ…73歳女性が用水路に転落し死亡 香川(KSB瀬戸内海放送)” の続きを読む

長野市の新築中の住宅から出火・不審火とみて原因調べる(SBC信越放送)

情報元 : 長野市の新築中の住宅から出火・不審火とみて原因調べる(SBC信越放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190131-00345535-sbcv-l20
長野市で新築中の住宅の一部が焼けました。
けが人はなく、警察は不審火とみて調べています。
午後6時前、長野市南堀の新築中の住宅から火が出ていると近所の人から消防に通報がありました。
火はおよそ1時間20分後に消し止められましたが、木造2階建ての住宅の1階の一部が焼けました。
出火当時は無人で、けが人はいませんでした。
現場には普段火の気がなく、警察は不審火とみて原因を調べています。

“長野市の新築中の住宅から出火・不審火とみて原因調べる(SBC信越放送)” の続きを読む

工藤寿樹函館市長3選出馬を表明 市長選は戦後初の無投票になる可能性も 北海道函館市(HBCニュース)

情報元 : 工藤寿樹函館市長3選出馬を表明 市長選は戦後初の無投票になる可能性も 北海道函館市(HBCニュース)北海道放送(株)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00000017-hbcv-hok
函館市の工藤寿樹市長が、4月の市長選挙に出馬し3選を目指すことを表明しました。
函館市の工藤市長は30日午後の記者会見で、3選への出馬を決めた動機を語りました。
「健康や経済面や生活面のレベルアップを図って市民生活の底上げを図らなければ」「単に人口が減るだけではなく、マチが本当の意味で衰退していく」(函館市・工藤寿樹市長)
工藤市長は69歳。
副市長などを経て、2011年の市長選で現職を破り初当選しました。
函館市長選は工藤市長のほかに出馬の動きはみられず、戦後初の無投票になる可能性もあります。

“工藤寿樹函館市長3選出馬を表明 市長選は戦後初の無投票になる可能性も 北海道函館市(HBCニュース)” の続きを読む

別府溝部学園短大と蒲江の漁師が「お魚さばき講座」 学生らおろし方学び4品調理 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 別府溝部学園短大と蒲江の漁師が「お魚さばき講座」 学生らおろし方学び4品調理 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190127-00000001-minkei-l44
 大分県内の魚食普及を目的とした「お魚さばき講座」が1月26日、別府溝部学園短期大学(別府市亀川中央町、TEL0977-66-0224)の調理実習室で開かれた。学生や一般参加者らが蒲江の漁師からブリのさばき方などを教わり、本格的な魚料理4品を作った。(大分経済新聞)刺身の盛り合わせを作る参加者 同短大食物栄養学科と佐伯市の蒲江漁業青年部連絡協議会の主催。1996年度から毎年実施しており、2014年度からはオープンカレッジ(公開講座)として地域住民にも門戸を開いている。23回目の今回は、同学科の1年生や留学生、オープンカレッジの参加者、連絡協議会会員ら約90人が参加。8グループに分かれて同協議会が用意した新鮮なブリやタイを調理し、試食会を行った。
 調理前のデモンストレーションで協議会会員がブランドの「美人ぶり」や「かぼすヒラメ」を手際よくさばいて、包丁使いのコツを伝授。学生らは3枚におろした切り身を使って刺し身の盛り合わせ、ブリの湯煮、タイのオーブン焼き、アラを使ったみそ汁のを作った。
 試食会では全員がそれぞれの料理を堪能。協議会副会長の村松教雄さん(36)は「自分たちが作る漁師の料理とは違い、煮付けを作るときに塩を振ってぬめりを取るなど一手間かけているのでおいしい。勉強になった」と笑顔を見せた。同大の元教授で1回目から関わってきたという青柳征子さん(74)は学内来賓として参加。「漁師と学生の交流がずっと続いているのは本当にうれしい。来年以降も続けてほしい」と話していた。

“別府溝部学園短大と蒲江の漁師が「お魚さばき講座」 学生らおろし方学び4品調理 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

冬型続き雪降りやすい天気 19日は緩む(UX新潟テレビ21)

情報元 : 冬型続き雪降りやすい天気 19日は緩む(UX新潟テレビ21)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00010000-niigatatvv-l15
県内は18日も冬型の気圧配置が続き、雪や雨が降りやすい天気となっています。積雪およそ160センチと県内で最も積雪がある津南町では、18日朝も断続的に雪が降るものの比較的落ち着いた状況で、除雪作業を進める住民の姿がみられました。県内は18日も冬型の気圧配置で、雪や雨が降りやすい状況となっています。19日朝までの24時間の降雪量は、山沿いで最大15センチから20センチ、平野部で5センチの予想ですが、19日は冬型は緩む見込みです。一方海上は18日夜遅くにかけてしけとなり、予想される波の高さは下越と佐渡で5メートル中越と上越で4メートルとなっています。

“冬型続き雪降りやすい天気 19日は緩む(UX新潟テレビ21)” の続きを読む

大寒に男女34人 川で心身清める(長崎新聞)

情報元 : 大寒に男女34人 川で心身清める(長崎新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00000003-nagasaki-l42
 一年で最も寒いとされる「大寒」の20日早朝、長崎県雲仙市千々石町の千々石川で恒例の「橘神社寒中みそぎ」があり、男女34人が冷たい川の中で心身を清めた。
 地元有志でつくる橘神社みそぎ会(宮本三平会長)が毎年開き21年目。県内外から21~69歳が参加した。
 男性は白いふんどし、女性は白装束の姿で本殿に参拝した後、たいまつを手に川へ移動。「エイ」と大声で気合を入れながら川の中に身を沈めた。
 この日、午前4時の気温は11度、水温は11・6度で例年よりやや高め。参加者は約5分間、手を合わせて寒さに耐え、“汚れ”が落ちるように祈った。
 みそぎを終えた参加者は、社務所に戻り七草がゆで体を温めた。初めて参加した佐世保市の会社員、吉田謙一さん(44)は「就職活動を控えた子どもの願掛けも込めて挑戦した。気合が入った」と晴れ晴れとした表情で話した。

“大寒に男女34人 川で心身清める(長崎新聞)” の続きを読む

自宅の屋根の雪下ろし作業中に転落 81歳男性死亡 北海道・旭川市(北海道ニュースUHB)

情報元 : 自宅の屋根の雪下ろし作業中に転落 81歳男性死亡 北海道・旭川市(北海道ニュースUHB)UHB北海道文化放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190119-00000002-hokkaibunv-hok
 19日午前、旭川市の住宅で、屋根の雪下ろし作業をしていた、81歳の男性が、誤って転落し死亡しました。
 19日午前9時30分ごろ、旭川市東光9条2丁目の住宅で、「男性が屋根から落ちた」と、近所に住む住民から、消防に通報がありました。
 警察や消防が駆け付けたところ、この家に住む新崎裕康さんが、雪の上に倒れていて、全身を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認されました。
 警察によりますと、屋根には、はしごがかかっていて、1人で雪下ろし中に、誤って転落したとみて調べています。
 発見当時、新崎さんは、ヘルメットや命綱などは、つけていなかっということです。
警察で、転落当時の詳しい状況を調べています。

“自宅の屋根の雪下ろし作業中に転落 81歳男性死亡 北海道・旭川市(北海道ニュースUHB)” の続きを読む