北海道の各地で大雪 交通機関の乱れに注意 新千歳空港で10便欠航(HBCニュース)

情報元 : 北海道の各地で大雪 交通機関の乱れに注意 新千歳空港で10便欠航(HBCニュース)北海道放送(株)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00000002-hbcv-hok
急速に発達する低気圧の影響で、7日の道内は各地で雪が降り、8日にかけて大雪や吹雪による交通機関の乱れに注意が必要です。
小樽では7日朝から雪が降り始め、午前11時までの降雪量は21センチとなりました。
「すごいですね。今までの分が降ったのでは」(小樽市民)
「朝起きたらこんななので。びっくりですね」(観光客)
また、根室でも6日からの降雪量が19センチとなり、住民はこの冬初めての雪かきに追われました。
石狩や後志では、午後3時ころまでをピークに大雪や吹雪となる見込みです。
また、道内の沿岸部では最大瞬間風速30メートルの強い風が予想されています。
一方、新千歳空港では、これまでに道内の空港と結ぶ10便が欠航していて、午後からも吹雪や大雪による交通機関の乱れに注意が必要です。

“北海道の各地で大雪 交通機関の乱れに注意 新千歳空港で10便欠航(HBCニュース)” の続きを読む

台風20号 三重・松阪市で強風で倒れた木に車が衝突 運転の女性ケガ 建物等への被害も相次ぐ(東海テレビ)

情報元 : 台風20号 三重・松阪市で強風で倒れた木に車が衝突 運転の女性ケガ 建物等への被害も相次ぐ(東海テレビ)東海テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00004585-tokaiv-l24
 台風20号の影響で、三重県松阪市では強風で倒れた木に車が衝突し運転していた女性がケガをしたほか、建物などへの被害が相次ぎました。
 台風20号は日本海に抜けましたが、22日の降り始めからの雨量が三重県大台町宮川で444ミリと8月1か月分(477.7ミリ)の降水量に迫る雨が観測されました。
 また、尾鷲市では最大瞬間風速が毎秒36.3mと非常に強い風が観測されたほか、現在も各地に警報が出ています。
 この台風の影響でケガ人も出ています。三重県松阪市では午前0時ごろ、軽乗用車が路上に倒れていた木に衝突し横転、運転していた50代の女性が腰に軽いケガをしました。
 また、建物などへの被害も相次いでいて尾鷲市では空き店舗の外壁が強風で飛ばされ、路上に散乱しました。
所有者の女性:
「市役所から聞いてビックリした。ここは風が通り抜けて風が強い」
 一方、三重県津市や松阪市など一部の地域で停電が続いています。東海地方は引き続き大気が不安定となっていて、24日夜遅くにかけ激しい雨が降る恐れがあり注意が必要です。

“台風20号 三重・松阪市で強風で倒れた木に車が衝突 運転の女性ケガ 建物等への被害も相次ぐ(東海テレビ)” の続きを読む

台風20号接近 早めの避難を 夜にかけて雨や風が強まる【新宮市、和歌山市からの中継動画あり 23日18:00】(テレビ和歌山)

情報元 : 台風20号接近 早めの避難を 夜にかけて雨や風が強まる【新宮市、和歌山市からの中継動画あり 23日18:00】(テレビ和歌山)テレビ和歌山https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180823-00010001-wakayamav-l30
 強い台風20号の接近に伴い、県内では午後になって雨や風が強くなっています。台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込んでいる影響で、田辺市龍神村では、午後3時10分までの1時間に25ミリの強い雨となったほか、古座川町の西川では、午後1時39分までの1時間で14ミリの雨となりました。
 また、風も強くなっていて、最大瞬間風速は、串本町の潮岬で23.6メートル、白浜町で22.6メートル、古座川町の西川で17.3メートルを記録しました。明日正午までの24時間の雨量は、近畿地方の多い所で600ミリと予想されることから、大雨による土砂災害や低い土地への浸水、河川の増水やはん濫に警戒が必要です。また、明日にかけて予想される最大風速は、近畿地方では35メートル、最大瞬間風速は50メートル、波の高さは11メートルと予想されていて、暴風や高波にも厳重に警戒するよう呼び掛けています。
 さらに、和歌山市の安原、名草、三田地区、新宮市に避難勧告が出されたほか、田辺市と那智勝浦町や串本町など25の市町村で避難準備情報が出されています。夜にかけて、雨や風がさらに強くなると予想されることから、県や市町村では、今後の情報に注意しながら早目に避難するよう呼びかけています。
※新宮市、和歌山市からの中継動画あり
(23日18:00)

“台風20号接近 早めの避難を 夜にかけて雨や風が強まる【新宮市、和歌山市からの中継動画あり 23日18:00】(テレビ和歌山)” の続きを読む

非常に強い台風19号接近、21日夜から県南部が強風域に(RKK熊本放送)

情報元 : 非常に強い台風19号接近、21日夜から県南部が強風域に(RKK熊本放送)RKK熊本放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180821-00000003-rkkv-l43
非常に強い台風19号は、22日にかけて九州に接近し熊本県は21日夜から強風域に入る見込みです。
台風19号は非常に強い勢力となり、九州の南に進んできています。
22日は九州の西の海上を北上する見込みで、熊本県に接近するのは、22日の未明から昼すぎにかけてとなりそうです。
天草市の漁港では漁師たちが台風の接近に備えていました。
熊本県は、21日夜には、南部から風速15メートル以上の強風域に入る見込みです。
22日、県内で予想される最大瞬間風速は30メートル、海上では、暴風やうねりを伴った高波に警戒が必要です。
台風の影響で天草エアラインは21日の夕方の往復4便と22日の全便欠航が決まっています。
海の便では鬼池港と長崎・口之津港を結ぶ島鉄フェリーが夕方の往復6便と22日の全便が欠航となりました。

“非常に強い台風19号接近、21日夜から県南部が強風域に(RKK熊本放送)” の続きを読む

台風14号 11日奄美に接近か(MBC南日本放送)

情報元 : 台風14号 11日奄美に接近か(MBC南日本放送)MBC南日本放送|鹿児島https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180810-00031220-mbcnewsv-l46
台風14号は11日、奄美地方に接近する見込みで、強風やうねりを伴った高波、高潮などに注意が必要です。
台風14号は10日午前9時には日本の南を1時間におよそ20キロの速さで北北西に進んでいます。中心の気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルです。
台風が予報円の中心を進んだ場合、11日、奄美地方に接近するおそれがあります。奄美地方では11日は風が強く、沿岸の海域はうねりを伴い、しける見込みです。また、局地的に落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要です。
さらに、年間でも潮位が高い時期となるため、高潮のおそれもあり、気象台は注意を呼びかけています。

“台風14号 11日奄美に接近か(MBC南日本放送)” の続きを読む

【台風14号】11日夜に沖縄本島最接近 大東島は11日午前中(琉球新報)

情報元 : 【台風14号】11日夜に沖縄本島最接近 大東島は11日午前中(琉球新報)琉球新報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180810-00000007-ryu-oki
 沖縄気象台によると、台風14号は11日(土)午前中には大東島地方、11日夜には沖縄本島地方に最も接近する見込み。
 沖縄気象台は強風やうねりを伴った高波、落雷や竜巻などの激しい突風に注意するよう呼び掛けている。
 台風14号は、10日午前9時には、南大東島の南南東約350キロにあり、1時間に20キロの速さで北北西へ進んでいる。中心の気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。
 24時間後の11日午前9時の予報では那覇市の東約190キロを1時間に20キロの速さで北西に進む。中心気圧は992ヘクトパスカルの予報。暴風域を持たないまま大東島地方や沖縄本島値方に接近する見通し。
 台風の接近に伴い、大東島地方では10日から、沖縄本島地方と奄美地方では11日には、強い風が吹き、海はしける見込み。11日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は沖縄本島地方と大東島地方18メートル(25メートル)、先島諸島が15メートル(25メートル)、11日に予想される波の高さは沖縄本島地方4メートル、大東島地方5メートル、先島諸島3メートルとなっている。【琉球新報電子版】

“【台風14号】11日夜に沖縄本島最接近 大東島は11日午前中(琉球新報)” の続きを読む

台風14号発生(MBC南日本放送)

情報元 : 台風14号発生(MBC南日本放送)MBC南日本放送|鹿児島https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00031181-mbcnewsv-l46
8日午後、フィリピンの東の海上で台風14号が発生しました。
気象庁によりますと8日正午ごろ、フィリピンの東の海上で熱帯低気圧が台風14号になりました。ほとんで停滞しています。
中心の気圧は、994ヘクトパスカル最大風速18メートル、最大瞬間風速は25メートルです今後北よりに進むとみられます。また、台風13号や14号の影響により、海上はうねりを伴って波の高い状態が続きますので船舶などは十分、注意してください。

“台風14号発生(MBC南日本放送)” の続きを読む

台風接近、避難所開放警戒呼び掛け 観光客は屋内施設へ―熱海(伊豆新聞)

情報元 : 台風接近、避難所開放警戒呼び掛け 観光客は屋内施設へ―熱海(伊豆新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180729-00000002-izu-l22
 ■市内交通に乱れ 
 強い台風12号は28日午後4時現在、三宅島の南東約60キロの海上にあって時速45キロで西北西に進んでいる。気象庁によると、台風は次第に西寄りに進路をかえて同日深夜から29日未明にかけて東海地方から紀伊半島に上陸する見込み。伊豆地区には大雨、暴風、波浪、高潮の各警報を出し、警戒を呼び掛けている。
 中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル。中心から北東側130キロ、南西側90キロは風速25メートル以上の暴風域になっている。東側から本州に接近する異例の進路で、影響は余談を許さない。気象庁は29日正午までの24時間雨量が東海地方で400ミリに達する恐れがあるとしている。
 熱海市内では28日夕方から風雨が強まり、海上は終日大しけとなった。市は午後4時半過ぎ「避難準備・高齢者等避難開始」を発表。小中学校と南熱海マリンホール、上多賀会館を避難所として開放し、市民に厳重な警戒と避難を呼び掛けた。
 交通関係では熱海と初島、大島・神津島を結ぶ旅客船が全便欠航し、初島では宿泊施設利用者の一部が島内に足止めとなった。JR伊東線と伊豆急線は午後6時以降の運転を見合わせ、東海バスも一部路線を運休した。
 市内の3海水浴場は朝から遊泳禁止となり、行き場を失った家族連れなどで屋内温水プール「マリンスパあたみ」(和田浜南町)は朝から混雑した。関係者によると、午前9時の開館30分前から100人を超す人が行列をつくった。家族4人で行列に並んだ横浜市の会社員半藤誠さん(40)は「海水浴のつもりで熱海に来たが、台風では仕方ない」とあきらめ顔で語った。
 【写説】台風接近で市内の3海水浴場は遊泳禁止に。その影響で屋内施設のマリンスパあたみには朝から家族連れが長い行列をつくった=熱海市和田浜南町

“台風接近、避難所開放警戒呼び掛け 観光客は屋内施設へ―熱海(伊豆新聞)” の続きを読む

台風10号、沖縄本島地方に暴風警報(沖縄タイムス)

情報元 : 台風10号、沖縄本島地方に暴風警報(沖縄タイムス)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-00286886-okinawat-oki
 台風10号の接近に伴い、沖縄気象台は21日未明、沖縄本島地方と大東島地方に暴風警報を発表した。朝から昼前にかけてかなり接近し、最大風速25メートル、最大瞬間風速35メートルの暴風となる見込み。同地方には波浪警報も出ており、気象台は暴風と高波に厳重に警戒するよう呼び掛けている。
 
 台風10号は、21日午前0時には那覇市の南東約230キロの北緯24度55分、東経129度30分にあって、時速20キロで北北西へ進んでいる。中心の気圧は985ヘクトパスカル、最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートルで中心の北東側500キロ以内と南西側330キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。台風10号の予想接近時間 21日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、沖縄本島地方で25メートル(35メートル)、大東島地方で25メートル(35メートル)。

“台風10号、沖縄本島地方に暴風警報(沖縄タイムス)” の続きを読む

台風10号 21日にかけて奄美地方に接近(MBC南日本放送)

情報元 : 台風10号 21日にかけて奄美地方に接近(MBC南日本放送)MBC南日本放送|鹿児島https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00030775-mbcnewsv-l46
台風10号は、21日にかけて発達しながら、奄美地方に接近する見込みです。奄美地方では、うねりを伴った高波、暴風に警戒が必要です。
台風10号は、20日午前6時には、南大東島の南およそ330キロにあって、1時間におよそ20キロの速さで北北西に進んでいます。中心の気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートルです。このあと台風は、発達しながら奄美地方に接近する見込みです。
台風が予報円の中心を進むと、奄美地方南部では、20日の昼すぎには、風速15メートル以上の強風域に入るおそれがあり、20日夜遅くから21日にかけて、非常に強い風が吹く見込みです。
20日予想される波の高さは、奄美地方で5メートル、最大瞬間風速は、奄美地方南部で30メートルです。また21日午前6時までに予想される1時間雨量は、奄美地方の多いところで30ミリです。奄美地方では、うねりを伴った高波に警戒するとともに、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水などに注意が必要です。

“台風10号 21日にかけて奄美地方に接近(MBC南日本放送)” の続きを読む