白血病乗り越えて 川音佳子さん(浅川) 念願の飲食店開店(福島民報)

情報元 : 白血病乗り越えて 川音佳子さん(浅川) 念願の飲食店開店(福島民報)福島民報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190303-00001232-fminpo-l07
 田園に囲まれたのどかな店内に、いつも笑い声が響く-。白血病治療で二度の骨髄移植を受けた浅川町の川音佳子さん(39)は病を克服し、町内に飲食店「アトライ カフェ&バー」を開いた。家族らの支えを受けながら闘病を続け、決して夢を諦めなかった。「私が生きる姿で勇気を与えられたら」。前向きに、力強く人生を歩んでいる。 
 「焦らず、一歩一歩前進してきた。店を始められたのは奇跡」と振り返る。 
 保育士として働いていた二〇一二(平成二十四)年三月、急性骨髄性白血病と診断され、九月に骨髄移植を受けた。翌二〇一三年四月に再発し、同年七月には、二度目の移植を受けた。合併症とみられる舌がん、食道がんにも苦しめられたが、度重なる手術にも負けなかった。 
 夫の道(とおる)さん(39)と子ども二人の存在が難病に立ち向かう支えだった。家族のためにも、くじけてはいられなかった。働いていた託児所は退職せざるを得なかったが、今年一月、趣味の料理を生かした飲食店開店という夢をかなえた。 
 店名の「アトライ」は英語の「a try(挑戦)」から名付けた。長女の愛湖(あいこ)さん(11)、夫の道さん、長男の廉(れん)君(9つ)、自身の佳子の頭文字からなる。店ではシェフとして腕を振るい、サンドイッチやハンバーガー、ハンドドリップコーヒーなどを提供する。道さんが接客などを担当する。 
 「白血病にかからなければ保育士を続けていたはず。病気が人生の転機となった」。全てを前向きに受け止めてきた。夫と二人きりでの経営で、体力面の不安もある。苦労は絶えないが、好きなことができる喜びのほうが大きい。お世話になった人たちに、これからは恩返しをしていくとの思いは強い。自身の闘病体験を伝え、店で骨髄バンクのPRもしていくつもりだ。 
 道さんは、白血病患者の骨髄提供者(ドナー)になることが決まった。佳子さんが発病したことがきっかけでドナー登録をしていた。「不思議な縁を感じる。妻も誰かに助けられた命。自分も人の役に立てて良かった」と笑顔を見せた。 

“白血病乗り越えて 川音佳子さん(浅川) 念願の飲食店開店(福島民報)” の続きを読む

「ゲレ食コンテスト」で阿智村のスキー場のメニューがチャンピオンに(SBC信越放送)

情報元 : 「ゲレ食コンテスト」で阿智村のスキー場のメニューがチャンピオンに(SBC信越放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00346927-sbcv-l20
県内のスキー場にある飲食店の料理コンテスト「ゲレ食バトル」で、阿智村のヘブンスそのはらのスタミナラーメンが1位に選ばれました。
チャンピオンとなったヘブンスそのはらが提供する「ヘブ二郎」は、豚骨しょうゆ味のラーメンに大量のもやしやニンニク、それに厚さ2センチ近いチャーシューが乗っています。
表彰式ではヘブンスそのはらを運営する阿智昼神観光局の白澤裕次社長に賞状などが贈られ、白澤社長は「スキー客は体力を使うので、とにかく満足してもらい体力回復に努められるように開発した」と話していました。
6回目を迎えた今シーズンは県内25のスキー場の合わせて46のメニューがエントリーし、「ヘブ二郎」がスキー客から最も高い評価を受けました。
きょうは試食会も行われ、食べた人は「力が湧き出る味」「チャーシューもやわらかく食べやすい」などと話していました。
「ヘブ二郎」は税込み1100円で、ヘブンスそのはらのレストランで来月下旬まで販売されます。

“「ゲレ食コンテスト」で阿智村のスキー場のメニューがチャンピオンに(SBC信越放送)” の続きを読む

熊本市の繁華街のビルで火事 一時騒然(RKK熊本放送)

情報元 : 熊本市の繁華街のビルで火事 一時騒然(RKK熊本放送)RKK熊本放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190220-00000006-rkkv-l43
20日午後8時半ごろ、熊本市中央区の繁華街にある雑居ビルから火が出て、周囲は一時騒然となりました。
「先ほどからバンバンと何度も爆発音をあげながら、火の手が強くなってきています」(記者)
警察と消防によりますと20日午後8時35分ごろ、熊本市中央区安政町にある8階建てビルの2階部分に入居する飲食店から煙が出ているのを、通行人などが見つけ、消防に通報しました。
消防が駆けつけ、火はおよそ2時間後に消し止められましたがビルの2階部分が全焼し、ほかの階にも煙が充満したということです。
出火当時、火が出た飲食店には約40人がいて、全員が逃げ出しましたが、1人が軽いやけどをしたということです。

“熊本市の繁華街のビルで火事 一時騒然(RKK熊本放送)” の続きを読む

比嘉酒造「残波」 新デザインへSNS活用 発信力ある人招き試飲会(琉球新報)

情報元 : 比嘉酒造「残波」 新デザインへSNS活用 発信力ある人招き試飲会(琉球新報)琉球新報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00000012-ryu-oki
 【東京】比嘉酒造(読谷村)は、シークヮーサーを使ったリキュール「残波 青切りシークヮーサー」のボトルデザインの開発で、SNS(会員制交流サイト)上の「インフルエンサー(影響力のある人)」を活用した取り組みを新たに始めている。写真動画投稿サイト「インスタグラム」で4万~10万人のフォロワー数を持つインフルエンサーを招いた試飲会を4、5の両日、都内の沖縄料理店で開き、彼女たちの意見を聞いた。
 比嘉酒造は観光客に好まれるよう新たにボトルデザインを検討している。県内の若手デザイナーたちが制作した複数のデザインについてインフルエンサーから意見を聞き、写真で拡散してもらう。比嘉酒造の太田敏・取締役営業統括本部長は「泡盛がおしゃれで、おいしいよというイメージを広めていけるよう取り組みたい」と話した。
 4日、都内の飲食店で開いた試飲会には、インフルエンサー8人が思い思いに新ボトルをスマホで撮影。沖縄料理と残波の水割りを味見し「思ったより酸っぱくなく、甘くておいしい」「お土産に買いたい」などと話していた。
 さらに28日まで、残波のインスタグラム公式アカウント@awamori.zanpaに投稿された新デザイン3種から好みのデザインを選び、SNS上で検索しやすくするハッシュタグ「#」で投稿するキャンペーンも始める。最も多かったデザインを投稿した人は抽選で旅行券などが当たる。
 昨年度は、ハッシュタグをつけて泡盛をおしゃれに飲んでもらうキャンペーンを実施した。「味はおいしいが、このボトルでは買わない」など厳しい意見が寄せられ、本年度は新ボトル開発に取り組んだ。

“比嘉酒造「残波」 新デザインへSNS活用 発信力ある人招き試飲会(琉球新報)” の続きを読む

未明に空き家が全焼・出火原因は分からず 山形・酒田市(さくらんぼテレビ)

情報元 : 未明に空き家が全焼・出火原因は分からず 山形・酒田市(さくらんぼテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-00010001-sakuranbo-l06
山形県酒田市で空き家1棟が全焼した。火事によるけが人はいなかった。
6日午前1時すぎ、酒田市飛鳥にある空き家から火が出ているのを近所の人が見つけ、消防に通報した。空き家は、市内の飲食店経営・鈴木秋彦さん(49)が所有していて、消防が約3時間後に消し止めたが、木造一部2階建ての住宅1棟が全焼した。けが人はいなかった。
警察によると、この住宅には1月下旬まで人が住んでいたが、現在は無人だった。
(近所の人)
「玄関の所が燃えていた。(住人は)1月中に引っ越ししたらしい」
警察と消防は午前10時から実況見分し、出火原因を調べている。

“未明に空き家が全焼・出火原因は分からず 山形・酒田市(さくらんぼテレビ)” の続きを読む

のとしし都内で拡販 羽咋の合同会社が提供 利用店増加、出荷量全体の1割に(北國新聞社)

情報元 : のとしし都内で拡販 羽咋の合同会社が提供 利用店増加、出荷量全体の1割に(北國新聞社)北國新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190131-00694202-hokkoku-l17
 イノシシの解体や販売などを行う羽咋市の合同会社「のとしし団」が提供する能登産イノシシ肉「のとしし」を使う飲食店が都内で増えている。新鮮でくせがなく、おいしいと評判で、徐々に口コミなどで広がり、取引先は2016年度から右肩上がりで推移する。都内への出荷量は全体の1割に上っており、今後ものとししの魅力を発信して販路の拡大につなげる。
 のとししを使う和食店「ご馳走(ちそう)や叶(かな)え」では神楽坂店と新宿歌舞伎町店で、バラ肉の角煮や、すね肉を使った赤ワイン煮込み、スペアリブ、ぼたん鍋、ぼたんすき焼きなどを提供する。2年半前に神楽坂店近くで開かれた石川県のフェアでのとししを知ってから使い始めた。
 新宿歌舞伎町店では毎月24キロを使用し、客からは「臭みもなく、脂もベタベタしない」「豚肉みたい」などの感想が聞かれる。大谷友伸店長・料理長は「今後はイノシシが好物とするイモ類との組み合わせで、話題の新メニューを開発してみたい」と話す。
 東京・代々木八幡で新アメリカ料理を扱う「ヨル15℃」には、昨年夏から塩漬けしたバラ肉入りのカルボナーラと、肩ロース肉とロース肉の炭火焼がメニューに登場している。杉窪章匡オーナーシェフが石川県出身という縁もあり、1カ月で8キロ程度を使っている。
 同店では「脂もしつこくなく、おいしい」「カルボナーラとイノシシがこんなに合うのですね」と客からの評判も上々で、運営会社のウルトラキッチンの広報担当者は「肉のおいしさや品質に信頼を置いている」と太鼓判を押す。
 のとししは、新鮮さを維持するため、捕獲したイノシシを現地で仕留めて血抜きし、高圧洗浄機できれいにして施設に運び入れ、1時間以内で処理する。皮はぎや洗浄、乾燥を経て部位に切り分けた後、真空パックで急速冷凍している。
 のとしし団によると、のとししを使う都内の飲食店は2016年度が2店、17年度は11店、18年度は13店と増え、年間出荷量の約1割に相当する約400キロに上る。担当者は「今後も継続的に使ってもらうために努力したい」と話した。

“のとしし都内で拡販 羽咋の合同会社が提供 利用店増加、出荷量全体の1割に(北國新聞社)” の続きを読む

鳥取・八頭町産「花御所柿」の規格外品、柿バターに(産経新聞)

情報元 : 鳥取・八頭町産「花御所柿」の規格外品、柿バターに(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00000017-san-l31
 鳥取県八頭町産の高級甘柿「花御所柿」を生かした柿バター「TOTTORI FRUIT BUTTER(花御所柿)」を、飲食店やゲストハウスなどを経営する「トリクミ」(同町)が開発、販売を始めた。
 花御所柿の規格外品と大山バター(大山乳業農協)とを合わせ、糖度が高い花御所柿の上品な甘さを濃厚なバターに加えた。ミキサーにかけて食感を残した柿を、バターと馴染ませながらじっくり煮込んで作った。あつあつのトーストに塗って食べると、やさしい風味が楽しめる。
 花御所柿は、同町で200年以上前から生産されている大変希少性の高い柿。「こおげ花御所柿」として農林水産省の「地理的表示(GI)保護制度」に登録されたが、生産が難しく、出荷できない規格外品になる率は高い。
 柿農家から規格外の柿を何とかしたいとの相談を受けたトリクミの古田琢也社長が、奈良県で作られている柿バターをヒントに、高級柿の柿バターの商品化を思いついたという。
 「風味を出すのに一番苦労しました。八頭町の特産品として全国へ情報発信していきたい」と同社広報担当の北村直人さんは言う。
 同商品は1個120グラム入りで800円。
 同社が運営する飲食店などで限定500個を販売する。同社は今後、梨やスイカなどを使った県産フルーツバターの開発を手掛ける予定。

“鳥取・八頭町産「花御所柿」の規格外品、柿バターに(産経新聞)” の続きを読む

三谷のイノシシ肉、東京進出 金沢の工房、拡販期待 メキシコ料理店が採用(北國新聞社)

情報元 : 三谷のイノシシ肉、東京進出 金沢の工房、拡販期待 メキシコ料理店が採用(北國新聞社)北國新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00687409-hokkoku-l17
 ジビエ工房三谷(金沢市高坂町)で加工されたイノシシ肉が今月、初めて東京に出荷される。工房と付き合いのある関係者が橋渡し役となり、メキシコ料理店での採用が決まった。工房メンバーは「東京の人に里山の味を楽しんでもらいたい」と出荷を心待ちにしており、課題となっている販路拡大にもつなげる。
 ジビエ工房三谷は2016年に発足し、山あいの三谷地区でイノシシの捕獲、加工、販売までを一手に担っている。これまで加工肉は市内のスーパーや飲食店などに卸してきた。
 昨年は過去最高となる420頭を捕獲した一方で、肉の流通経路の拡大はなかなか進んでいない。普及を後押ししようと昨年10月からは、移動販売車の活用を始めるなどしてジビエの魅力を伝えている。
 工房からイノシシ肉を仕入れるのは、世田谷区のメキシコ料理店「ロス・タコス・アスーレス」。今月24日の新年会で、豚肉の代わりにイノシシのバラ肉10キロを使い、蒸し焼き料理「カルニタス」として常連客に提供する。
 仲介役となったのは、小松市地域おこし協力隊で、南加賀ジビエコンソーシアムの福岡大平さん(27)だ。羽咋市の獣肉処理施設で勤務経験があり、工房メンバーにイノシシのさばき方を伝授した福岡さんの元に、知人で料理店オーナーシェフのマルコ・ガルシアさん(34)から「イノシシ肉を卸して欲しい」と連絡があり、工房を紹介した。
 工房は普段使わないイノシシの脂5キロも無償提供する。杉本秀夫施設長は今回を皮切りに、県外でも愛好者を増やしていきたい考えで「肉好きが集まる東京で、ジビエ料理のおいしさが広まる足掛かりにしたい」と話した。

“三谷のイノシシ肉、東京進出 金沢の工房、拡販期待 メキシコ料理店が採用(北國新聞社)” の続きを読む

【かながわ元気企業 年末編】鎌倉ビール醸造 手作りならではの味わいを(産経新聞)

情報元 : 【かながわ元気企業 年末編】鎌倉ビール醸造 手作りならではの味わいを(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181231-00000009-san-l14
 鎌倉ビール醸造の地下1階には15個のタンクが設置され、酵母が麦汁をビールに変えていく。日本を代表する観光地・鎌倉市の名を冠する地ビール(クラフトビール)は、従業員数13人の小さな工場で造られている。
 基本的に市内と、かつて存在した「鎌倉郡」の一部である江の島(藤沢市)でのみ、飲むことができる商品だ。
 代表取締役社長の今村仁右衛門さん(61)は、この地で大正7(1918)年に創業した酒の小売店の3代目で、平成9年に父とともに現在の会社を立ち上げた。きっかけは、「鎌倉名物」などと称したみやげものを見たことだった。
 ◆地元に地酒を造る
 「鎌倉のおみやげなのに、生産地が他県のものばかりであることに気付き、愕然(がくぜん)とした。お客さんには鎌倉発の商品を楽しんでもらいたい。そう思って、地酒としてビール造りを決意した」(今村社長)という。
 現在、大手メーカーのほとんどは、発酵温度が低く長時間熟成させる「ラガー」と呼ばれる商品を取り扱っている。品質を均一に、かつ大量生産するのに向いているからだが、対して同社は短期間で発酵させる「エール」タイプを採用している。1度に造れる量は330ミリリットル瓶に換算すると、最大でも4500本。この仕込みを年に約70回繰り返している。
 観光客でごった返すJR鎌倉駅前の「小町通り」でアンケートをとったり、飲食店で消費者の反応を直接、聞いたりしながら、商品の味にはその都度、変化を与えてきた。
 「この街にやってくるのは若い女性が圧倒的に多い。そうした方々にビールについて聞くと、みなさん『苦くておいしくない』と言う。ならば、そうでないものを造ろうと」(同)。ときにはかんきつ系の香りがするホップを使うなど、トライを繰り返している。試飲後、多くの人が抱く感想が「フルーティー」だという。
 ◆レシピ更新50回
 現在、販売されている地ビールの賞味期限はいずれも90日で、大手メーカーが規定する9カ月に比べるとかなり短め。しかも要冷蔵だ。これは酵母を濾過(ろか)せずに生きたまま瓶やたるに詰めているため。「酵母は同じ所作で仕込みを行っても、その日の温度の変化などで微妙に味が変わってくる」(同)。極力、その差が出ないように調整しているというが、「その変化も手作りならではと楽しんでもらえたらありがたい」とも、今村社長は語る。
 国内外のさまざまなバイヤーから異なる原料を調達し、品質を維持するために、これまで約50回ものレシピ更新を行ってきた。そんななか、創業以来一貫して変わらないのが、使われている「水」。意外にも使用しているのは水道水だ。
 「神奈川の水道水は、もとをたどれば富士山の伏流水。ヘタに井戸を掘るよりも、安定的に上質な水を得られる」と今村社長は語る
 ◆飲み手を最優先
 鎌倉という立地条件が味方したおいしい水は、特別な浄水器を通したうえで使用される。こうして造られた商品は今では市内と江の島の200店以上で提供されている。
 今年1月からは、これらの飲食店向けにたる単位で用意していた限定醸造ビールの瓶詰販売も開始。地元を盛り上げるため、今後も販売地域を広げるつもりはない。
 日本のビール市場に占める地ビールのシェアは0・6%。そのなかで目指すのは、「主張はしないが存在感のあるビール造り」。「飲み手にどう感じてもらうかを最優先にしたい」と今村社長の鼻息は荒い。(宇都木渉)
                   ◇
 ■会社概要
 ▽本社=鎌倉市大町5の9の29(0467・23・5533)
 ▽設立=平成9年2月
 ▽資本金=5100万円
 ▽従業員数=13人
 ▽売上高=5億3000万円(平成30年6月期)
 ▽事業内容=地ビール・清涼飲料水・食品の製造販売・コンビニエンスストア事業など

“【かながわ元気企業 年末編】鎌倉ビール醸造 手作りならではの味わいを(産経新聞)” の続きを読む

越谷レイクタウンの池に一夜限りの天の川 光の球1万個を放流 /埼玉(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 越谷レイクタウンの池に一夜限りの天の川 光の球1万個を放流 /埼玉(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181225-00000013-minkei-l11
 越谷の大相模調節池(越谷市レイクタウン4 )で12月22日、青いLEDが光源の「いのり星」1万個を放流する「こしがやイルミレイク2018」が初開催された。主催は越谷市。(春日部経済新聞)
 主催は越谷市で、市の魅力を発信する取り組みの一環。クリスマスイルミネーションとクリスマスマーケット共に、同市で初の開催となる、着水すると光る8,5センチの光の球「いのり星」を大相模調整池に放流した。
 「参加型イルミネーションイベント 『こしがやイルミレイク2018』 “想い”が光り輝く天の川になる」と題した同イベント。先着1250人の来場者が「いのり星」を放流、水面は青い光で埋め尽くされた。
 パンやギョーザなどの飲食店から帽子や雑貨のクラフト店まで計15店がクリスマスマーケットとして出店し、家族連れやカップルが来場した。子どもと来場した越谷在住の女性は、「越谷にこんなおしゃれなイベントがあるのはうれしい。幻想的できれいだった」と話していた。
 クリスマスイルミネーションは今月25日まで。

“越谷レイクタウンの池に一夜限りの天の川 光の球1万個を放流 /埼玉(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む