ソースカツ丼でまちおこし 会を旗揚げ、桐生のソウルフードを全国へ(産経新聞)

情報元 : ソースカツ丼でまちおこし 会を旗揚げ、桐生のソウルフードを全国へ(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181219-00000027-san-l10
 「ソースカツ丼」を提供する飲食店が数多くある桐生市で、「桐生ソースカツ丼会」(針谷智之会長)がこのほど結成された。桐生飲食店組合と桐生麺類商組合の加盟店舗の店主ら14人が参加。ソースカツ丼が市の名物グルメであることを全国に発信して観光客を誘致し、まちおこしにつなげる狙いがある。 (橋爪一彦)
                   ◇
 ソースカツ丼は、針谷会長が店主を務める志多美屋本店(同市浜松町)が元祖とされる。大正10(1921)年ごろに誕生したといい、現在は市内で約60店舗が提供。揚げたてのカツを各店秘伝のソースにくぐらせ、どんぶりに盛ったご飯にのせて食べる。店舗によってカツやソースの味付けが違い、キャベツは添えないのが特徴だ。
 織物業の最盛期の昭和30年ごろには職人たちが夜食用に出前で注文する定番メニューに。市内で「カツ丼」といえば、卵でとじたカツ丼ではなく、ソースカツ丼を指すほど浸透していった。
 針谷会長は「昔から市民に愛されてきたソウルフード。味ではどこにも負けないと確信している。桐生名物、ひもかわと併せて『桐生2大グルメ』として、まちの活性化につなげていきたい」と意気込む。
 来年のゴールデンウイークまでに各店舗を紹介したパンフレットを作製し、スタンプラリーを行う予定。また、飲食店組合と麺類商組合の加盟店舗から会員を募集している。
 問い合わせは、桐生飲食店組合(0277・45・0987。月、水、金の午後2~6時)か、おおとら食堂(0277・44・6528)。

“ソースカツ丼でまちおこし 会を旗揚げ、桐生のソウルフードを全国へ(産経新聞)” の続きを読む

東北初の受動喫煙防止条例、山形県提案 飲食、宿泊施設で推進(産経新聞)

情報元 : 東北初の受動喫煙防止条例、山形県提案 飲食、宿泊施設で推進(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181218-00000079-san-l06
 受動喫煙の対策強化を盛り込んだ改正健康増進法が7月に成立したことを受け、県は学校や病院では屋外であっても喫煙場所を設けないよう求める受動喫煙防止条例案を県議会の12月定例会に提案している。国の法律よりも厳格な県独自の条例を目指すが、従業員を雇っている店では原則禁煙とする東京都の条例とは異なり、自主的な取り組みを求める「努力規定」が中心。成立すれば東北、北海道では初めての条例となる。(柏崎幸三)
                   ◇
 県の成人喫煙率は平成22年の段階で、20・5%と全国平均19・5%より高く、20、30代の出産・子育て世代の喫煙率も全国平均に比べ4~6ポイント高かった。
 平成26年2月の県議会で受動喫煙防止の必要性を問われた吉村美栄子知事は「条例制定が必要」と答弁した。だが、「客足に影響する」「分煙などの設備投資が必要」などの反対が宿泊業界などから起こった。
 県では「受動喫煙の防止対策を禁煙と誤解している人が多く、周知期間を設け判断したい」と表明、同年5月に「受動喫煙防止県民運動推進会議」を立ち上げ、イベントなどで啓発活動を続けた。27年2月には全国初の「やまがた受動喫煙防止宣言」を制定、県民運動として受動喫煙防止に取り組んできた。
 その結果、26年度に97・1%だった小中学校内の禁煙実施率は、29年度には100%に。同じく90・2%だった官公庁は100%、68・9%の社会福祉施設も94・7%に上昇、県健康づくり推進課の貝沼浩則課長は「国より先に山形県は受動喫煙防止対策を行ってきた」と自負する。
 一方、27・0%と低かった飲食店は31・0%、宿泊施設は30・6%が33・8%と微増にとどまった。「受動喫煙防止の理解は進んだが、飲食店や宿泊施設は更なる取り組みが必要」(同課)と、県独自の条例制定にかじを切った。
 国の改正健康増進法では、個人経営または資本金5千万円以下で、客席の面積100平方メートル以下の既存飲食店は、店頭に「喫煙可」とすれば喫煙専用室がなくても喫煙を可能にできる。県の条例案は禁煙達成率の低い小規模飲食店でも、望まない受動喫煙の防止に自主的に取り組むよう求める。
 貝沼課長は「受動喫煙防止を進めるのは国も県も同じだが、県が取り組んできた『やまがた受動喫煙防止宣言』を後戻りさせないための取り組み」と話す。条例案は県議会の閉会日となる21日の本会議で可決され、成立する見通しだ。

“東北初の受動喫煙防止条例、山形県提案 飲食、宿泊施設で推進(産経新聞)” の続きを読む

小倉のカレー専門店「サンタクロース亭」復活 元サラリーマンが起業 /福岡(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 小倉のカレー専門店「サンタクロース亭」復活 元サラリーマンが起業 /福岡(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181217-00000014-minkei-l40
 小倉・鍛冶町のカレー専門店「サンタクロース亭」が12月10日、約8カ月のブランクを経て復活した。(小倉経済新聞)トンカツもルーもライスもすべてリニューアルした「サンタクロース亭」のカツカレー 今年3月、閉店を知らせる張り紙が店頭に掲示され、シャッターが閉ざされたままだった同店。11月に入り、近隣の飲食店店主から「シャッターが少しだけ開いていた」「店の外にスパイスの香りがしている。カレーを作っているようだ」という声が上がっていた。
 以前は「九州環境プラン」(同)の直営だった同店がフランチャイズ事業に切り替わり、技術系のサラリーマンだった秋吉誠也さんがフランチャイジーとして、同じ場所で独立開業した。店舗面積は約15坪、席数は20席。
 秋吉さんは前職時代から、森や自然と触れ合う子ども向けのイベントを開いている。「24時間勤務のサラリーマンでは限界がある。活動にもっと時間を割くことができる仕事に転職を」と考え、活動を通じて知り合った同社会長の岡本賢吾さんの呼び掛けに応じて、飲食業界に転じた。
 「知名度の高かった店を再開するということでプレッシャーもあり、毎日が緊張の連続。万人を笑顔にするサンタクロースがコンセプトの店だが、(開店直後で)まだ余裕がない」とぎこちない笑みをこぼす秋吉さん。
 再開に当たり、カレーのレシピや米、豚カツの豚肉を見直した。「隠し味に特製みそを使うなどし、以前のお客さまにもはっきり分かってもらえるように味を変えているが、あまりスパイシーすぎないように調整もしている。万人受けする味でも際立った味でも駄目」とカレーの難しさを話す。
 主力メニューの豚カツは「より深いうま味になっている」と、ブランド豚で知られる「三元豚」の熟成肉を使い、カレーに合う米として佐賀県産の「さがびより」を選ぶなど、多方面にこだわった。
 主なメニューは、「オニオンカレー」(500円)、「カツカレー」(750円)、「トンカツトッピング」(250円)、「コールスロー」(50円)など。
 営業時間は11時30分~14時30分(1日の提供数に達し次第閉店)。

“小倉のカレー専門店「サンタクロース亭」復活 元サラリーマンが起業 /福岡(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

名水の湧き水でコーヒー、至福のひととき 兵庫・多可で催し(神戸新聞NEXT)

情報元 : 名水の湧き水でコーヒー、至福のひととき 兵庫・多可で催し(神戸新聞NEXT)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00000004-kobenext-l28
 環境省が平成の名水百選に認定した湧き水「松か井の水」でいれたコーヒーを楽しむイベントが1日、兵庫県多可町加美区奥荒田の新松か井の水公園であった。町内外から訪れた人たちが、名水のコーヒーで至福のひとときを味わった。【動画】コーヒー抽出世界大会へ UCCカフェプラザの中井さん 同地区では、古くから親しまれている「松か井の水」と、近年、県道沿いに見つかった「新松か井の水」の2カ所の取水場があり、いずれも地元が保全活動に取り組む。
 この地域の貴重な資源をもっと知ってもらおうと、多可町商工会未来創造実践部の女性4人組「マムライフ」が初めて企画した。
 コーヒーだけでなく、播州百日どりのサンドイッチやシフォンケーキなどの軽食も用意したが、予想以上の来客で売り切れが続出した。メンバーで飲食店ボリジ(同町加美区寺内)の店主青山加奈さん(40)は「皆さんに喜んでもらえたようなので、今後も続けていきたい」と話していた。(長嶺麻子)

“名水の湧き水でコーヒー、至福のひととき 兵庫・多可で催し(神戸新聞NEXT)” の続きを読む

船橋駅南口にカフェ&バー新店 夫婦で開業、20種類の塩で料理提案 /千葉(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 船橋駅南口にカフェ&バー新店 夫婦で開業、20種類の塩で料理提案 /千葉(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181119-00000069-minkei-l12
 「Cafe&SaltBarTJ」(船橋市本町4、TEL047-405-9009)が9月23日、船橋駅南口から徒歩7分ほどの御殿通り沿いにオープンした。(船橋経済新聞)店舗外観 店主は東京ドームホテルで18年間マネジャーとして働いていた神谷勝也さん。「いつか独立して自分の店を持ちたいと思っていた」と話す。妻の直子さんも飲食店での経験が豊富であることから「二人で店をやっていこうと決めた」とほほ笑む。
 神谷さんは都内出身だが、「都内に近くて人口も多く活気がある町」を探す中で、この物件に巡り合ったという。神谷さんは「お客さんから船橋のことをいろいろ教えてもらって、この2カ月でかなり詳しくなった」と話す。
 店名の「TJ」は愛犬の名前であるティーダとジェクトの頭文字から名付けた。店舗面積は約13坪。カウンター席9席、テーブル席8席を用意。中が見えて入りやすいようにと、入り口ドア横には窓を設けた。
 ランチメニューは「自家製煮込みデミグラスチーズハンバーグ」(1,200円)と日替わりの「TJパスタ」(1,000円)を用意。いずれもサラダ、パンまたはライス、ドリンクが付く。18時からのバータイムは、野菜の蒸籠蒸し(500円)、アボカドや舞茸などの天ぷら(600円~)、刺し身、千葉県産の豚ロース焼き(1,000円)、特大海老(1本1,800円)など一品メニューをそろえる。
 同店では塩を約20種類用意し、料理に合う塩を提供している。神谷さんは「もともと塩が好きで、塩を使い分けることで料理の味を引き立てることができる」と話す。鹿児島の「星の砂塩」など国産の塩や、強い硫黄の香りがするチベットの「マグマ塩」など外国産のもの、ブレンド塩も。
 ドリンクは市販されていない生ビールの「アサヒマルエフ」(650円)やモルト、バーボン、日本酒、ワインなどを用意。日本酒の5勺(550円~)は香りを楽しんでもらうため、ワイングラスで提供するという。
 営業時間は11時30分~16時、18時~23時。火曜定休。

“船橋駅南口にカフェ&バー新店 夫婦で開業、20種類の塩で料理提案 /千葉(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

公共の場「泣いてもかまへんよ!」 パパママ応援ステッカー(京都新聞)

情報元 : 公共の場「泣いてもかまへんよ!」 パパママ応援ステッカー(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00000023-kyt-l25
 三日月大造滋賀県知事ら若手知事14人でつくる「日本創生のための将来世代応援知事同盟」は、公共の場で泣いてしまった乳幼児をあやすパパとママを、各県の方言で応援するステッカーを作成した。滋賀版は「泣いてもかまへんよ!」と呼び掛けている。18日午前に草津市の県立琵琶湖博物館で配布する。
 子育てを温かく見守る社会を目指し、今年から進める「WEラブ赤ちゃんプロジェクト」の一環。11月19日の「いい育児の日」に合わせ、14県が総額約250万円でチラシとステッカー各1千枚などを作成した。
 ステッカーは縦4センチ、横5・5センチ。共通の赤ちゃんのイラストに「泣いでもさすけね!」(福島)「泣いてもいいじ!」(長野)「泣いてもええっちゃ!」(山口)「泣いてもいっちゃが!」(宮崎)など各県の方言が添えられている。
 滋賀では県立施設など100カ所にポスターを掲示し、子育て家庭を応援する「淡海子育て応援団」の飲食店などにもステッカーを配る。

“公共の場「泣いてもかまへんよ!」 パパママ応援ステッカー(京都新聞)” の続きを読む

北海道地震の被災地も標的? 窃盗容疑で男2人逮捕/青森署 北日本を行脚か(デーリー東北新聞社)

情報元 : 北海道地震の被災地も標的? 窃盗容疑で男2人逮捕/青森署 北日本を行脚か(デーリー東北新聞社)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00010005-dtohoku-l02
 青森署は13日までに、青森市の理容院や飲食店の閉店中に侵入し、現金13万円を盗んだとして、建造物侵入、窃盗未遂、窃盗の疑いで、いずれも兵庫県加古川市在住で無職の新田悠佑容疑者(29)と源天成容疑者(21)の2人を逮捕した。
 青森県警によると、9月上旬に岩手県、北海道でも同様の被害が10件以上発生している。新田容疑者は供述を拒否。源容疑者は容疑をおおむね認め、「北海道の地震後に盗みに行った」と供述しており、道警や岩手県警などと合同で両容疑者の関与を調べる方針。
 2人の逮捕容疑は9月8日午後6時半ごろから9日午後0時10分ごろまでの間、青森市千刈の理美容室に侵入し、レジスター等を物色。同市北金沢の理容院から現金13万円を盗んだほか、同地区の飲食店に侵入し、店舗内を物色した疑い。
 青森県警は3人グループとみており、共犯者とみられる1人を指名手配中。新田容疑者が「北海道、青森方面で盗みをしよう」と誘ったという。

“北海道地震の被災地も標的? 窃盗容疑で男2人逮捕/青森署 北日本を行脚か(デーリー東北新聞社)” の続きを読む

「やっぱり初物はおいしい」女川港でもサンマ初水揚げ 〈宮城〉(仙台放送)

情報元 : 「やっぱり初物はおいしい」女川港でもサンマ初水揚げ 〈宮城〉(仙台放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00010004-oxv-l04
気仙沼同様、全国有数のサンマの水揚げ量を誇る女川港にも、今シーズン初となるサンマが水揚げされました。
買受人
「昨年よりもサイズも凄く良くて獲れもいいのかなという印象ですけど、サンマでいっぱい仕事したいなと思ってますんで、たくさん獲れていただければなと思います」
28日は、北海道根室沖で獲れたサンマ、約58トンが初水揚げされました。
入札では1キロあたりの価格が300円から380円で、去年より100円ほど安く取引されました。
水揚げされたサンマは、さっそく女川町にある飲食店のメニューに加わりました。

「せっかくここに来たからサンマ食べています」

「やっぱり初物はおいしいですね」
こちらの鮮魚店でもサンマを買い求める人の姿が…。

「初物は食べたいからね。刺身とか焼いて食べますよ」
女川港での水揚げは去年より3週間ほど早く、8月に女川港でサンマが水揚げされるのは、震災以降初めてだということです。
女川魚市場加藤實社長
「サンマが揚がればですね女川町全体が活気づくと、女川の街がね、復興へ向けてね、これからも進んで行くと思います」

“「やっぱり初物はおいしい」女川港でもサンマ初水揚げ 〈宮城〉(仙台放送)” の続きを読む

【解説】豪雨に猛暑…旬の夏野菜が高騰 販売店や飲食店からも悲鳴(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : 【解説】豪雨に猛暑…旬の夏野菜が高騰 販売店や飲食店からも悲鳴(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-00010000-ksbv-l37
豪雨に台風、猛暑と自然災害が相次ぎ、野菜が打撃を受けています。旬を迎えた夏野菜の値上がりに消費者だけでなく販売する側も頭を抱えています。
 (コープ扇町店/農産担当矢野弘明さん)
「夏野菜と言われる果菜類、キュウリであったりトマトであったり、そちらの方が若干高い気がします」
 高松市のコープ扇町店では果菜類と呼ばれるトマトやキュウリの価格が上がっています。取材した日はキュウリ1本68円、トマトは1個148円でした。
 また値上がりだけではなく、ナスは擦れが目立ったり、トマトは日持ちせずすぐに皮にしわが寄ったりと品質が安定しません。
(コープ扇町店/農産担当矢野弘明さん)
「急に頼んでいた物が入ってこなかったり入ってきても品質が悪かったりしたときにどうしても売り場を埋めなければならないので、そういうときにちょっと苦労したりします」
(田嶌万友香リポート)
「スーパーでは商品がなかなか揃わないため、関連する調味料などを並べることで商品棚を埋めています」
(買い物客は―)
「結構半額商品を狙っているので例えばキャベツなんかでも4分の1とかでも60円とか半額で、そんなときに2つまとめて買ったりとか」
「だいぶ高いなとは思いますけど仕方がないことだなと思っています。いろんなところの雨の被害だとかお天気だとか。採れない、腐っちゃうというのをテレビで見ますので農家さん大変だなという思いなので」
 野菜を飲食店や施設などに販売している河野商店では、注文を受けた分だけ量を揃えられなかったり、商品があっても高すぎるために原価で販売せざるを得なかったり対応に苦慮しています。
(河野商店/河野江津子さん)
「今までで一番、お嫁にきて40年近くになるんですけど、初めてです。こんなにキャベツの値段が高かったり、青物類が高いのは初めてです。とっても高くてお客様に申し訳ないくらい。量が取れなくて、だから注文いただいてもそれをそろえるのが大変です」

“【解説】豪雨に猛暑…旬の夏野菜が高騰 販売店や飲食店からも悲鳴(KSB瀬戸内海放送)” の続きを読む

有楽町で「滋賀 地酒の祭典」 33蔵が参加し東京初開催 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 有楽町で「滋賀 地酒の祭典」 33蔵が参加し東京初開催 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-00000041-minkei-l13
 「滋賀地酒の祭典in東京」が9月17日、東京交通会館(千代田区有楽町2)12階のカトレアサロンで開催される。主催は滋賀県酒造組合。(銀座経済新聞)
 「滋賀地酒の祭典」は滋賀県で毎年秋に行われ、今年で12回目を迎えるイベント。毎年、県内外から数千人を集める。
 初の東京開催となる今回は、滋賀県酒造組合に加盟する33の蔵元の300近くの地酒が出展され、各ブースで試飲や購入ができる。
 広報担当の竹岡真彦さんは「琵琶湖を有する滋賀県は伊吹山地、鈴鹿山地、比良山地、比叡山地に囲まれ、山々を源とする名水と肥沃(ひよく)な土壌に育まれた米を有する、酒造りに最適の地といわれている」と話す。
 「滋賀県には小さな酒蔵が多く独自性を追求した酒造りが特徴。多彩な味わいを持つ地酒として、ここ数年、日本酒愛好家を中心に人気が高まっている」とも。
 開催時間は酒販店や飲食店の人のみ入場可能な前半=13時~15時30分、一般向けの後半=15時30分~18時。入場料は前売り=3,000円、当日=3,500円。

“有楽町で「滋賀 地酒の祭典」 33蔵が参加し東京初開催 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む