高岡銅器の技術見て 幕張の立体造形フェスでPR(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 高岡銅器の技術見て 幕張の立体造形フェスでPR(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190127-00000002-hokuriku-l16
 高岡市の高岡伝統産業青年会(和田瞬佑会長)は2月に千葉市の幕張メッセで開かれる立体造形の祭典「ワンダーフェスティバル2019冬」に初出展する。全国からフィギュア愛好家が集まるイベントで、高岡銅器の技術をアピールする。メンバーは26日、同市波岡の梶原製作所で展示品の梱包(こんぽう)作業を行った。 (高岡支社編集部・安多萌子)
 ワンダーフェスティバルは、造形メーカー「海洋堂」(大阪)などが主催する。プロ、アマチュアを問わず約2千ブースが並び、フィギュアなどの模型を展示販売する。
 青年会は、釈迦如来立像の仏頭(高さ約2メートル)や四天王の一つ多聞天像(同)などの銅像を展示するほか、手のひらサイズの仏像や螺鈿(らでん)、蒔絵(まきえ)の置物など計約300点を展示販売する。伝統技術を広く紹介しようと鋳物体験や、高岡銅器と高岡漆器の製造工程を紹介するパネル展示も行う。高岡の伝統産業を若年層にアピールするとともに、フィギュア分野での伝統技術の需要も見込めるという。
 この日は搬出に向け、メンバーが仏頭などの展示品を木枠で囲む作業を行った。和田会長は「細かい技巧が凝らされた仏像は高岡銅器の粋の結集。高岡の造形技術をしっかりとアピールしたい」と意気込んだ。

“高岡銅器の技術見て 幕張の立体造形フェスでPR(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

高岡にeスポーツ拠点/新文化を飛躍に生かせ(北日本新聞)

情報元 : 高岡にeスポーツ拠点/新文化を飛躍に生かせ(北日本新聞)北日本新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190127-00120118-kitanihon-l16
 新たな競技「eスポーツ」への注目度が高まりつつある。いわゆるコンピューターゲームで海外では巨大市場を形成し、プロ選手は子どもたちの憧れの的になっているという。
 日本の取り組みの遅れを指摘する声がある中、北陸初の拠点施設が5月、高岡市にオープンする。新しいスポーツ文化を地域の飛躍に生かしたい。
 eスポーツはエレクトロニック・スポーツの略。ゲームによる対戦を「スポーツ」と位置付け、種目は球技や格闘、レース、パズルなど幅広い。年齢や性別、障害の有無にかかわらず対戦でき、認知症予防につながるとの論文も発表されている。
 今秋の茨城国体で文化プログラムに採用されるほか、2022年の中国・杭州アジア大会では正式競技となる。五輪への導入も取り沙汰されており、世界での認知度は高い。
 総務省の調査報告書によると世界の市場規模は17年で700億円。21年には1700億円に膨らむとの予測がある。ゲーム関連会社Gzブレイン(東京)の調査では、18年の国内市場は前年比13倍の48億円と急成長している。22年には100億円規模に迫るとみられ、各地で競技施設の整備が進むだろう。
 高岡市の施設は、高岡駅前の商店街で建設中の16階建て複合ビルに入居する。カフェに併設されたガラス張りの空間にゲーム用パソコン12台を設置。カフェの客がスクリーンで観戦できる。市内の企業の取り組みで、認知度アップや競技人口拡大につなげる考えという。昨年9月に発足した県内初のプロチーム「TSURUGI(ツルギ)」の活動拠点にもなる。
 海外では国や自治体が率先して普及に取り組んでいる。中国には国主導の大会があり、韓国では国や自治体が競技用スタジアムを整備。フランスはプロ選手に国民健康保険を適用するなどの支援を行っているという。
 県内でも魚津市は積極的で、魚津商工会議所や北陸職業能力開発大学校と共に、ゲームのクリエーター育成や企業誘致を目指す「つくるUOZUプロジェクト」を進めている。若者の人口流出に歯止めをかける狙いで、完成したゲームにはeスポーツ向きのものもあるという。
 学校教育での活用も視野に入る。小学校では20年からコンピューターのプログラミングが必修となる。21年には中学校、22年には高校も取り入れる。eスポーツは興味を喚起する格好の素材になり得る。
 3月には初の全国高校eスポーツ選手権が開かれる。県内4校は予選で敗退したが、今後につなげてほしい。競技は戦術のほか、反射神経や集中力が重要になる。トレーニングの大切さは一般スポーツと変わらない。
 ただ、ゲームに熱中するあまり、正常な生活ができなくなる「ネトゲ廃人」の問題も指摘されている。eスポーツが健全に発展するよう、そうした点にも十分配慮した上で普及を進めることが大切だ。
 県は日本eスポーツ連合の組織がある11都道府県の一つ。先進県として、行政も情報収集を怠ってはならない。

“高岡にeスポーツ拠点/新文化を飛躍に生かせ(北日本新聞)” の続きを読む

約1億円を脱税の疑い 静岡市の製麺会社と社長を告発 名古屋国税局(中京テレビNEWS)

情報元 : 約1億円を脱税の疑い 静岡市の製麺会社と社長を告発 名古屋国税局(中京テレビNEWS)中京テレビNEWShttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-00010001-ctv-l23
 名古屋国税局は、役員給与の源泉徴収をめぐって所得税約1億円を脱税したとして静岡市駿河区の製麺会社「高岡屋」と岡田鉦治朗社長(76)を所得税法違反の疑いで告発しました。
 関係者によると、高岡屋は2016年までの3年間で会社の役員などを務める親族十数人の源泉所得税を一部徴収せず、計約1億円を納付しなかった疑いがもたれています。2017年6月、国税局が強制調査に入り発覚しました。
 岡田社長は中京テレビの取材に対し「徴収時の処理にミスがあった。すでに納税は済ませた」としています。

“約1億円を脱税の疑い 静岡市の製麺会社と社長を告発 名古屋国税局(中京テレビNEWS)” の続きを読む

eスポーツ 世界に挑戦 来月 県内初プロチーム(北日本新聞)

情報元 : eスポーツ 世界に挑戦 来月 県内初プロチーム(北日本新聞)北日本新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00110021-kitanihon-l16
 コンピューターゲームで対戦し腕前を競う「eスポーツ」の県内初のプロチーム「TSURUGI(ツルギ)」が9月に発足する。eスポーツはインドネシアで開催中のジャカルタ・アジア大会で公開競技となるなど、スポーツ大会の競技として採用する潮流が世界的に広がっている。TSURUGIは、認知度の向上やレベル強化に向け、県内の愛好者が立ち上げる。代表の堺谷陽平さん(28)=射水市小島(大島)=は「ゲームに対する良くないイメージを変え、職業としてプレーヤーを目指せる土壌をつくりたい」と話している。 (社会部・石黒航大)
 eスポーツは、2000年ごろから競技として認識され始め、現在世界の競技人口は1億人以上とされる。22年のアジア大会(中国・広州)では正式種目に決まっており、五輪での採用も検討されている。国内では19年の茨城国体で、都道府県対抗の大会が開催される。
 堺谷さんは、自身が会長を務める県eスポーツ協会で16年からイベント「トヤマゲーマーズデイ」を実施。富山を県内外のプレーヤーの交流の場の一つとして確立させた。
 ただ、プロチームの大半は東京や大阪など都市圏に集中しており、スポンサー集めの観点から個人が富山でプロを目指すのは厳しいという。堺谷さんは「富山の若者がeスポーツをやりやすい環境をつくりたい」と、仲間らと協力して地域に根差したプロチームづくりを目指した。
 チーム名は剱岳がモチーフで、「富山から頂点を目指す」という思いを込めた。北陸を中心にプレーヤーを集め、活動拠点の高岡市で練習する。国内外の大会やリーグに参加するほか、競技の面白さを県民に広めて潜在的なプレーヤーを掘り起こし、競技人口拡大にもつなげる。
 7月下旬に会社を立ち上げ、スポンサー集めに励んでいる。9月9日のトヤマゲーマーズデイでチーム設立を正式発表する。堺谷さんは「成績を残してチームの環境を高め、いずれは県内から世界的なトッププレーヤーを生み出したい」と意気込んでいる。
◇eスポーツ
 エレクトロニック・スポーツの略。電子機器のコンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツと捉え、観客は大型モニターなどで観戦する。サッカーの「ウイニングイレブン」、格闘技の「ストリートファイター」などが人気。先進国とされる米国や韓国は億円単位の賞金が出る大会もあり、プレーヤーは野球選手と同様に子どもたちの憧れの職業になっている。

“eスポーツ 世界に挑戦 来月 県内初プロチーム(北日本新聞)” の続きを読む

高岡商ナイン帰県(北日本新聞)

情報元 : 高岡商ナイン帰県(北日本新聞)北日本新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-00109321-kitanihon-l16
 第100回全国高校野球選手権に出場した高岡商の選手が17日、同校に戻った。生徒や保護者ら約200人が出迎え、同校史上初の16強入りを果たしたナインの健闘をたたえた。
 チームは2年ぶり19度目の出場。1回戦で佐賀商、2回戦で佐久長聖(長野)を破ったが、3回戦で優勝候補の大阪桐蔭(北大阪)に1-3で惜敗した。
 選手はバスに乗り、午後5時ごろに到着。宮岸毅校長は「多くの県民に勇気を与えてくれた。本当にお疲れ様でした」とあいさつ。野球部OB会の宮田義弘会長が「高商野球部の歴史を塗り替える活躍だった」とねぎらった。
 吉田真監督は今大会の試合結果を報告。「大阪桐蔭戦では全てを出し切った。多くの人に支えてもらい、72人の部員一人一人が力を発揮したことが結果につながった」と振り返った。
 中村昂央主将は「今回の経験を生かして日本一になってほしい」と後輩に夢を託した。大阪桐蔭戦で8回11奪三振と好投した山田龍聖投手は今後の進路については未定としながらも、「最終的にはプロになってトップクラスの世界でやりたい」と話した。
 

“高岡商ナイン帰県(北日本新聞)” の続きを読む

夏の甲子園・佐久長聖は高岡商業に惜敗ベスト16ならず(SBC信越放送)

情報元 : 夏の甲子園・佐久長聖は高岡商業に惜敗ベスト16ならず(SBC信越放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00334591-sbcv-l20
夏の全国高校野球で県代表の佐久長聖は2回戦で、富山県代表の高岡商業に4対5で敗れ、ベスト16入りはなりませんでした。
佐久長聖は3点を追う3回、ノーアウト1塁3塁から、4番西藤慶人のセカンドゴロの間に1点を返します。
高岡商業に2点を追加され、1対5と4点をリードされた6回。
ノーアウト2塁3塁のチャンスで6番齋藤眞乃輔が、高めに浮いたストレートをレフト前に運び2点差とします。
最終回で佐久長聖は相手のエラーで1点差まで詰め寄りますが、あと1本が出ず4対5で敗れ、ベスト16入りはなりませんでした。

“夏の甲子園・佐久長聖は高岡商業に惜敗ベスト16ならず(SBC信越放送)” の続きを読む

北前船の歴史壁新聞に 伏木小(北日本新聞)

情報元 : 北前船の歴史壁新聞に 伏木小(北日本新聞)北日本新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180810-00108919-kitanihon-l16
 「北前船こども交流拡大プロジェクト」のワークショップが10日、高岡市伏木北前船資料館などで行われ、伏木小学校5年生47人が北前船について調べたことを壁新聞にまとめた。
 文化庁は15道府県の北前船ゆかりの地を日本遺産「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落~」に認定。寄港地の児童に北前船が築いた地元の文化や歴史を学んでもらおうと、北前船交流拡大機構が日本財団の「海と日本プロジェクト」の一環としてワークショップを企画した。
 児童は2グループに分かれ、伏木北前船資料館と市鋳物資料館を見学。北前船が高岡から米やニシンを煮炊きする鋳物製の釜などを運び出し、全国からは昆布や肥料、鋳物の材料などが入ってきたことを学んだ。
 同校に戻った児童は、調べてきたことを壁新聞にまとめた。岡田穏花(ほのか)さんは「北前船を通じて伏木や高岡が発展したことが分かった」と話した。

“北前船の歴史壁新聞に 伏木小(北日本新聞)” の続きを読む

9市町に暴風警報 富山地方気象台(北日本新聞)

情報元 : 9市町に暴風警報 富山地方気象台(北日本新聞)北日本新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180728-00107996-kitanihon-l16
 富山地方気象台は28日夕、県内9市町に暴風警報を出した。暴風警報が出たのは富山、魚津、滑川、黒部、高岡、氷見、射水の7市と入善、朝日の2町。残る6市町村には強風注意報を出している。

“9市町に暴風警報 富山地方気象台(北日本新聞)” の続きを読む

富山大と県立大で合格発表 一般入試前期

情報元 : 富山大と県立大で合格発表 一般入試前期北日本新聞社

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180308-00097768-kitanihon-l16

 富山大と県立大は8日、一般入試前期日程の合格者を発表した。各キャンパスで合格を確認した受験生は、4月の入学に向け期待に胸を膨らませた。

 富山大五福キャンパスでは、合格を確かめた受験生が家族と写真を撮ったり、同大アメリカンフットボール部員に胴上げされたりして喜びをかみしめた。

 新設される都市デザイン学部に合格した岩田尚也さん(高岡南高校)は「涙が出るほどうれしい。地方創生について学び、将来は地元の高岡駅の活性化に取り組みたい」と意気込んだ。

 富山大の前期日程は4238人が受験し、1289人が合格。実質競争率は3・3倍だった。

“富山大と県立大で合格発表 一般入試前期” の続きを読む