伝統紡ぐ新たな担い手 女性杜氏に外国人蔵人 【記者町香菜美が行く 酒処ちば巡り】(千葉日報オンライン)

情報元 : 伝統紡ぐ新たな担い手 女性杜氏に外国人蔵人 【記者町香菜美が行く 酒処ちば巡り】(千葉日報オンライン)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00010000-chibatopi-l12
 300年以上前から伝統を守り続ける酒蔵、“新しい風”を酒造業界に吹き込みながら造り続ける酒蔵…。千葉県内39の蔵元は特色を生かして日々「うまいお酒」を世に送り出す。ただ、酒造りを指揮する杜氏(とうじ)の高齢化など課題も抱える。こうした状況の中、女性杜氏や外国人蔵人など、かつての「常識」を打ち破る取り組みも出てきた。
 田園風景に囲まれた場所に、瓦屋根のどっしりとした酒蔵がある。江戸時代から続く「旭鶴」(佐倉市馬渡)だ。県内でもまだ珍しい、女性杜氏の田中素子さん(54)が柔らかい笑顔で迎えてくれた。
 「嫁ぐ前は銀行員でした」。酒造りとは無縁で25歳の時に現在の7代目蔵元、孝一さんと見合い結婚。3人の子を育てた母親だが「酒を造る気はまったくなかった」。
 人手が足りない作業を手伝う程度だったが、次第に酒造りに興味を持ち始めた。「地元の米でお酒を造りたい」と具体的な夢を抱くようになり、他の蔵に泊まり込むなど約5年間修行。旭鶴の杜氏が引退するのと入れ替わるように、1998年に伝統の蔵での酒造りに本格的に加わった。
 「女性の杜氏なんて」…。反発して酒蔵を離れた人もいたが、信念を貫いた。子育てしながら、義母や夫の支えを受け、初めて本県産の酒造好適米を使った特別純米酒「佐倉城」が完成。その後も、女性ならではの感性で、同性に好まれるようなサクラ色の純米にごり酒など、新たな酒の商品を送り出した。
 望んで飛び込んだ世界。冬は極寒の早朝から続く仕込み作業、瓶詰めの際は一本一本手作業で…。手間のかかる酒造りにも「大変なことはない」と笑う。
 「酒造りは子育てみたい」。酒の良さを引き出し、手を出し過ぎるのも避けたい。「自分の子どもみたいなものだから、どのお酒もおすすめ。それぞれの良さがあるでしょ」。酒蔵の“母”は“わが子”と真剣に向き合う。
 いすみ市に移り住み、「木戸泉」(同市大原)の門をたたいたのは、ジャスティン・ポッツさん(37)。日本食の「発酵」に魅せられた米国人は、きき酒師や酒匠の資格を持つ本格派。「日本食の文化を国内外にアピールしたい」と使命感に駆られる。
 24歳に来日し、次第に日本食に興味を抱いた。ある時、農家の食卓で味わったみそ汁に漬物。発酵で生まれた食べ物に感動し、魅了された。特に日本酒は米から水、そして発酵…。日本文化の魅力が詰まっていた。
 「皆が知らないのはもったいない」。全国の酒蔵を巡り、海外でも日本酒の魅力を伝えてきたが、国内での日本酒消費量が減少傾向を示すのが気になった。「日本酒が日本で文化になっていないのでは」
 頭では分かったが、体で理解しなければ伝わらない。「酒の造り手に加わろう」。とことん学ぼうと決意した。
 かつての仕事で縁があり、酒造りの芯の強さに引かれた木戸泉に懇願。四代目の荘司文雄さんは「二つ返事」で受け入れてくれた。寒い冬、日が昇る前に起き日が沈むまで酒と向き合う日々。「外とのつながりを断って酒造りに集中する。身体的にも精神的にもきつかった」が、日本酒の奥の深さを肌で感じた。
 以前より酒のことを知ったから、課題も目に付く。「日本酒は夜、家で飲むもの」。イメージが固定されすぎてはいないか…。「いつどのように飲むかは自由」。外国人目線で、日本酒のイメチェンを提案し、日本酒を広く知らしめる。
    ◇     ◇
 酒蔵でのイベント開催や海外へ販路拡大、日本酒を使ったユニーク商品開発…。日本酒の魅力を探り県内蔵元を巡る記者・町香菜美(25)が、酒ファン獲得を目指す蔵元などの独自の取り組みを探った。

“伝統紡ぐ新たな担い手 女性杜氏に外国人蔵人 【記者町香菜美が行く 酒処ちば巡り】(千葉日報オンライン)” の続きを読む

戦時の暮らし、紙芝居に 金沢市遺族友の会(北國新聞社)

情報元 : 戦時の暮らし、紙芝居に 金沢市遺族友の会(北國新聞社)北國新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00635012-hokkoku-l17
 市遺族友の会(遺児の会)は戦中、戦後の人々の暮らしをまとめた紙芝居の制作に乗り出した。会員や地域の高齢者への聞き取りなどを基に食事や農作業の様子、終戦後に石川を訪れた米兵とのやりとりなどを21枚の紙に描いている。8月末までに完成させ、子どもたちを対象にした読み聞かせの場を設けることで、戦後73年がたち、薄れてきている戦争の記憶を語り継ぐ。
 遺児の会は、太平洋戦争で父親を亡くした遺児でつくり、現在は70~80代の約80人が会員となる。高齢化が進む中、記憶に残る当時の風景を子どもたちに伝え、平和について考えてもらおうと、柴田勝弘会長(73)が紙芝居の制作を発案し、イラストレーターの渡辺富男さん(67)に作画を依頼した。
 渡辺さんは図書館で資料を探したほか、会員や地域の高齢者に当時の生活を聞き取った。「戦中、明かりが外に漏れないように電灯に布を巻き付けて夕飯を食べた」「富山の空襲のとき、卯辰山の向こうが夕焼けのように明るかった」「戦後に森本地区を訪れた米兵に『ギブミーチョコレート』と菓子をねだった」などの証言を基に、約3カ月かけて絵を仕上げた。
 今後、語りの文章を校正し、9月8日に本多の森ホールで営む市戦没者慰霊式でお披露目する。完成後は市遺族連合会と連携し、要望に応じて学校や公民館などで子どもたちに読み聞かせるほか、貸し出しも検討する。
 柴田会長は「遺児の立場で自らの経験を多くの子どもに伝え、平和が続いていくようにしたい」と話した。

“戦時の暮らし、紙芝居に 金沢市遺族友の会(北國新聞社)” の続きを読む

群馬・高崎「絶メシ」新展開 書籍化にテレビ… 九州・柳川にも波及(上毛新聞)

情報元 : 群馬・高崎「絶メシ」新展開 書籍化にテレビ… 九州・柳川にも波及(上毛新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180803-00010000-jomo-l10
 群馬県高崎市民に長年愛されてきた飲食店を絶やすまいと、市が昨年9月に開設した情報サイト「絶メシリスト」が新たな展開を見せている。1日にはサイトの情報をまとめた書籍が発売され、テレビ放送も決定。他自治体でも絶メシのサイト制作が進む。市は新たに総菜店なども絶メシリストの対象に加え、一層の盛り上がりを図っている。
 絶メシは「絶やすな」と「絶品」の二つの意味を込めた造語。市の情報サイトでは、プロのグルメライターによる調査隊が絶メシ認定した店を紹介している。
 市はこれまで、定食やカレー、中華といった飲食店を掲載してきたが、コロッケや豆腐、漬物などを販売する個人商店にも対象を拡大。掲載店は新たに加わった寺西精肉店(末広町)や宮石青果店(根小屋町)などを含め38店舗(1日時点)まで増え、今後も順次追加していく。
 一方、1日発売の書籍「絶メシリスト高崎」(1500円、高崎観光協会など発行)は28店舗を掲載。サイトの情報を再編集した文章と共に数々の写真を盛り込み、各店のメニューや店主の人柄を伝える。市内16の書店や通販サイト、アマゾンなどで取り扱う。
 3、17の両日にはBSフジの番組「絶メシ!」が放送予定。タレントの勝俣州和さんが司会を務め、市内の絶メシ店を紹介する。
 絶メシの取り組みは九州に波及し、福岡県柳川市が9月開設を目指して絶メシのサイトを準備中だ。西日本鉄道などと行う観光キャンペーンの一環で、同市の担当者は「柳川名物のウナギ以外にも観光客に紹介できる『食』を、と取り組むことになった。少子高齢化が進む中、地元に根付いた味を守ることにもつながるいい取り組み」と話した。
 高崎市は「絶メシリストは150万以上の閲覧数を獲得し、今なお人気。『古き旨(うま)きローカルグルメ』が残り続けるための取り組みを継続的に展開していく」としている。

“群馬・高崎「絶メシ」新展開 書籍化にテレビ… 九州・柳川にも波及(上毛新聞)” の続きを読む

JR四国がデイサービス事業に参入 高松市に1号店がオープン(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : JR四国がデイサービス事業に参入 高松市に1号店がオープン(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-00010000-ksbv-l37
 JR四国がリハビリに特化したデイサービス事業をスタートさせました。
 高齢化が進む中、少しでも多くの人が健康で自由に過ごせるようにとスタートさせた事業です。株式会社インターネットインフィニティーと共同で、リハビリ特化型のサービスを提供します。
 8月1日、高松市の1号店でオープニングセレモニーが開かれました。
 式のあとには実際に行われる運動プログラムも、実演されました。様々な道具を使って体を動かしながら、脳も一緒に鍛えていきます。
 JR四国のイメージキャラクター「すまいるえきちゃん」もプログラムに挑戦しました。
(JR四国/半井真司 社長)
「元気に旅行する方が増えるということは、我々にとっても非常にうれしい」

“JR四国がデイサービス事業に参入 高松市に1号店がオープン(KSB瀬戸内海放送)” の続きを読む

大子町 音楽に合わせステップ 企業と連携健康講習会 長寿へサポート(茨城新聞クロスアイ)

情報元 : 大子町 音楽に合わせステップ 企業と連携健康講習会 長寿へサポート(茨城新聞クロスアイ)茨城新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180727-00000007-ibaraki-l08
住民の健康寿命の延伸を図るため、大子町は民間大手企業と連携、各企業の健康長寿のノウハウを活用した事業に着手した。企業の担当者が毎月1回、同町に出向いて講習会を開催、筋力アップ体操や口腔(こうくう)ケア、栄養指導など多方面から健康寿命をサポートする。参画するのは食品やスポーツ、音楽関係など約10社で、綿引久男町長は「高齢化が進む中、企業の健康づくりの知識を生かし、町民の健康を守りたい」と期待を寄せる。
同事業初回の19日、高齢者約40人が参加。町文化福祉会館で、カラオケ事業を展開する企業が、音楽を使った体操教室を開いた。参加者は音楽に合わせて体を動かし、ステップを踏みながら手をたたくなどした。
母音発声の練習を交えた軽い有酸素運動も実施。参加者は笑顔で、懸命に体をひねるなどしていた。同町浅川の都筑均さん(68)は「単なる筋トレと違い、音楽を聞きながらやれば、自然に体が動く」と話した。

“大子町 音楽に合わせステップ 企業と連携健康講習会 長寿へサポート(茨城新聞クロスアイ)” の続きを読む

<観光イベント>3年ぶり国道巡行し活気 熱海市網代の阿治古神社例大祭(伊豆新聞)

情報元 : <観光イベント>3年ぶり国道巡行し活気 熱海市網代の阿治古神社例大祭(伊豆新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-00000004-izu-l22
 ■若衆、勇ましく練る 御神船「両宮丸」
 漁師町風情を色濃く残す熱海市網代の阿治古神社例大祭が19、20の両日、行われた。担い手確保のためにいったんは週末開催にかじを切った祭典だが、今年は本来の例大祭日に戻して再出発。最大の呼びもので、人手不足から見送っていた御神船「両宮丸」の国道135号巡行も3年ぶりに再開し、漁師町は一気に活気づいた。
 ■網代小6年4人が浦安の舞
 400年続くとされる伝統行事。20日の本祭り神事では護持会、祭典実行委員会、町内会の関係者が大漁と海上の安全を祈願し、いずれも市立網代小6年の菊間夕夏さん、中村友花子さん、飯島彩乃さん、朏(みかづき)百葉さんの4人が厳かに浦安の舞を、同神社鹿島踊り保存会の男衆約30人が市指定無形民俗文化財の鹿島踊りを雄々しく奉納した。
 鳥居前を出発した両宮丸は全長約12メートル、重量2トン。小田原北条攻めに協力した褒美で豊臣秀吉から着用を許されたとされる「流しひょうたん」の幕染めの着物をまとった若衆が「よー、よー」の掛け声勇ましく各町内を引き回した。135号沿線の片町は両宮丸発祥の町内で、住民は3年ぶりの巡行を喜び、気前よくおひねりを投げ入れた。
 過疎、少子高齢化に伴う担い手不足で、昨年はサラリーマンが参加しやすい週末開催としたが期待した効果を得られず、議論の末に本来の例大祭日に戻しての開催に落ち着いた。昨年に引き続き中央大の学生と県立熱海高の生徒有志を助っ人に迎え、両宮丸の国道巡行も復活して再出発にふさわしい祭典となった。
 実行委の杉野広太郎委員長は「無事にこの日を迎えることができて良かった。今後も住民一丸となっ伝統を守り、地域を盛り上げていきたい」と話した。
 【写説】「よー、よー」の掛け声勇ましく、両宮丸を力任せに引く若衆=網代
 【写説】優雅に浦安の舞を披露する網代小6年の女子児童4人=網代の阿治古神社

“<観光イベント>3年ぶり国道巡行し活気 熱海市網代の阿治古神社例大祭(伊豆新聞)” の続きを読む

ヤギ飼育 いきなり頭突き、引っ張られ けが しつけ必須 教本DVD作成 島根・出雲農林高

情報元 : ヤギ飼育 いきなり頭突き、引っ張られ けが しつけ必須 教本DVD作成 島根・出雲農林高日本農業新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171125-00010001-agrinews-l32

 除草の助っ人としてヤギに注目が集まる中、生態を知らずに飼って頭突きをされたり、引っ張られたりしてけがをするなどのトラブルが起きている。島根県立出雲農林高校は、扱い切れない人から引き取りを依頼する電話が来ることなどから、生徒がヤギのしつけ方法をまとめたDVDを作成中だ。しつけ方を知ってもらい、人間とヤギの良好な関係づくりに一役買う。

 ヤギは群れの中で頭突きをするようにしてあいさつしたり、けんかをしたりする習性がある。時には立ち上がる。つながれていても、お構いなしに引っ張ることもある。

 こうした生態を知らずに飼い、同校に「どつかれた」「あんなに凶暴だとは思わなかった」「引き取ってほしい」と相談が来るようになった。

 「ヤギの問題行動で悩んでいる人は多い」と同校動物科学科の福間浩文学科主任。持て余して捨てられるヤギもいた。高齢化が進む農村では耕作放棄地の除草対策として、試しにヤギを飼ってみようという人も出てきたが、慣れない飼育に戸惑う人も多いという。

 ヤギ飼育者で組織するヤギネットワークひろしまも「頭突きをするなどのヤギの特性を知らないと事故になる」と、人間側の認識不足を指摘。「ペットではなく家畜という認識が必要」と言う。

 最近は住宅地の除草と動物との触れ合い体験を狙い、都市部でも飼育されるようになった。

 同校は2014年度からヤギ研究班を立ち上げ、しつけに取り組んできた。「問題行動をなくすことはできないが、抑えることはできる」と福間主任。生徒が課題研究として、しつけを手掛けてきた。

 最初はおとなしい雌、翌年は雄で、さらに他で育てられた大人のヤギでも調教できるかを試してきた。個体差はあるが、おおむねしつけができる手応えを得た。

 ヤギのしつけ方法を映像で残そうとしているのは、同校動物科学科の3年生、奥原葉月さん(17)、勝部菜緒さん(17)、小泉ゆずはさん(17)。動画の台本に当たる絵コンテを作り、試し撮りもし、年内をめどにDVDの作品に仕上げる計画だ。

 人を引っ張ることなく横に付いて一緒に歩き、台に乗って“待て”ができる。指示に合わせておじぎやジャンプをする。先輩たちのノウハウを、今の3年生が集大成としてDVDにまとめる。

 同校は、福祉施設や保育園に出向き移動動物園も開設している。来場者にヤギのショーを見せた前後でアンケートを取ると、「怖い」「凶暴」だった印象が「賢い」「かわいい」に変わった。「私たちの取り組みで、ヤギがこんなふうに思ってもらえてうれしい」と生徒たち。DVDで「ヤギの習性や調教方法を知ってほしい」と期待する。

 畜産技術協会によると、全国のヤギ飼養頭数は2万頭弱。休耕田の除草などで注目されるものの、それほど増えていない。原因は「人気で価格が高くなったこともあるが、飼育に失敗するから」。雌が妊娠していることを知らずに、子ヤギが生まれて事故が起きた例もある。

 同協会は都市部の人にもヤギの特性を知ってもらおうと来年1月、初めて東京都内で飼養管理の説明会を開く。既に住宅関連団体などから問い合わせがあるという。(山野恭伸)

“ヤギ飼育 いきなり頭突き、引っ張られ けが しつけ必須 教本DVD作成 島根・出雲農林高” の続きを読む