インフルエンザ広島でも流行期 傾向と対策は(テレビ新広島)

情報元 : インフルエンザ広島でも流行期 傾向と対策は(テレビ新広島)広島ニュースTSShttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00000010-tssv-l34
インフルエンザの流行が拡大し、きのう県内にもインフルエンザ警報が発令されました。
今シーズンの傾向や対策について専門家に聞きました。
広島市内にあるこちらの病院にもインフルエンザの疑いのある多くの子供たちが詰めかけています。
県によりますと今月7日から13日までに県内7つの保健所のうち西部東と北部の2つの管内で定点当たりのインフルエンザの患者数が警報の基準となる30人を超えました。
このため県はきのう県内全域に昨シーズンより3週間ほど遅いインフルエンザ警報を発令しました。
今シーズンのインフルエンザの特徴を医師に聞きました。
【もり小児科・森美喜夫院長】
「年明けになって第1週、2週ぐらいからグッと患者さんが爆発的に増えている。ほぼ全部A型です。A型が2種類ですね。H1とH3が出ていてほぼ同数出ているので2回かかる可能性もある、1回かかったから、もう安心といういうことは今年は言えない可能性が高い」先週は県内8つの学校で学級閉鎖なども相次いで報告されていて、今週はさらに増えています。
正月休みの終わった学校や職場で流行が拡大したと見られています。
それでは、どのような対策をとったらよいのでしょうか?
【もり小児科・森美喜夫院長】
「普段の規則正しい生活をして基礎的な免疫を落とさないということが今から特に大切だ。
もし体調がおかしいなと思ったら人に移さないようにしっかりマスクをして人への伝播を防ぐというのはエチケットとして大事。もちろん手洗いとかうがいは基本的なことだ」
また、今年は新しい薬が登場し注目されています。
【もり小児科・森美喜夫院長】
「1年ぐらい前から新しい薬が出てこれは錠剤で1回飲めばそれでいいというお薬なので(薬の飲みにくい)高齢者には使いやすい薬だと思う」「効果はちゃんと5日間の(他の)薬を飲んだのと同じぐらいだと思う」
インフルエンザの流行はこれから2~3週間がピークになるとみられています。
今週、県内で学級・学年閉鎖があった公立学校は今週45校と先週の6倍近くに増えています。インフルエンザ流行ってます。マスクや手洗い、体調管理とお気を付けください。

“インフルエンザ広島でも流行期 傾向と対策は(テレビ新広島)” の続きを読む

ほとんど70歳以上…役職もう無理 居住しながら自治会解散(福井新聞ONLINE)

情報元 : ほとんど70歳以上…役職もう無理 居住しながら自治会解散(福井新聞ONLINE)福井新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190112-00010001-fukui-l18
 福井県福井市内にある二つの自治会が、解散したことが分かった。ともに少数の高齢世帯で構成しており、地区の自治会連合会などから割り振られる役職を務める負担が大きくなったためとみられる。福井県市町振興課によると、合併に伴う解散以外で、住民が居住しながら自治会がなくなるのは県内で初めて。超高齢社会の影響や地域コミュニティーの希薄化に伴う自治会解散の連鎖も今後懸念される。
 解散したのは、美山地区の東俣町にある「東俣町自治会」と、市中心部に近い乾徳2丁目の一画にある「乾徳10自治会」。市は昨年12月27日と今年1月4日にそれぞれの自治会廃止届を受理した。
 東俣町自治会は6世帯14人、乾徳10自治会は6世帯11人で構成。ともに住民のほとんどが70歳を超えており、福祉委員、青少年育成推進員などの役職を担うことが負担になっていたようだ。
 「自治会は災害など万一の際に互助組織として機能する。できるならば維持することが望ましい」とする市は、東俣町に隣接自治会との合併を勧めたが、「(他の集落に)迷惑をかけたくない」などと了解を得られなかった。ただ、災害に備え最低限の連絡体制を残しておくため、市との情報伝達役になる行政嘱託員は住民に引き受けてもらった。住宅街にあり周辺に自治会が多数ある乾徳については、今後合併を働き掛けていく。
 自治会の解散により、防犯灯の設置・電気料の補助金、ごみステーション美化協力金などの各種補助が受けられなくなる。
 両地域の住民とも、解散前と変わらない暮らし、集落機能は維持したい意向。東俣町は地区に対し必要な負担金は今後も納めることを検討し、ごみステーションも住民が協力して管理していくとみられる。乾徳では街灯の電気代を自治会の積立金から支払う予定。
 市自治会連合会の奥村清治会長は「高齢者への目配りができなくなるのでは」と心配し、自治会の解散が今後連鎖する事態も危惧する。
 市まち未来創造室によると、市内には1543の自治会があり、平均世帯数は約50世帯。高齢化による役員の担い手不足に陥る自治会は増えているという。このため市は自治会の合併を後押しし、合併後3年間は補助金を交付している。2013~17年度に22自治会が9自治会に再編された。

“ほとんど70歳以上…役職もう無理 居住しながら自治会解散(福井新聞ONLINE)” の続きを読む

さいたま市へ「住み続けたい」、86%に増加 市民調査「住みやすい」も84%(産経新聞)

情報元 : さいたま市へ「住み続けたい」、86%に増加 市民調査「住みやすい」も84%(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00000028-san-l11
 さいたま市は市のイメージなどを調べた「さいたま市民意識調査」を発表し、86・1%(前年度比3・2ポイント増)の市民が市に「住み続けたい」と考えていることが分かった。「住みやすい」と回答した市民は84・2%(同0・8ポイント増)だった。
 市は2020年東京五輪・パラリンピックまでに「住み続けたい」「住みやすい」の2項目について90%以上を目指す「さいたま市CS90運動」に3年前から取り組んでいる。達成にはさらなるまちづくりの充実が不可欠となっている。
 「住みやすい」と感じる人の性別・年代別の割合では60代女性が77・7%で最も低く、70歳以上男性80・6%、60代男性82・0%-と続いた。「今後特に重視する施策や事業」については「高齢者福祉」を挙げる人が最も多く、高齢者の満足度向上が課題となっている。
 居住区別では、浦和区と北区が90%を達成。一方で岩槻、西、桜の3区が80%を下回った。清水勇人市長は27日の記者会見で調査結果について「市の施策に一定の成果が出たものととらえている」とした上で「市民や企業、団体と連携し、さらにCS90運動を強化したい」と意気込んだ。

“さいたま市へ「住み続けたい」、86%に増加 市民調査「住みやすい」も84%(産経新聞)” の続きを読む

出雲ナンバープレート、八岐大蛇デザインに 2020年度から導入目指す(産経新聞)

情報元 : 出雲ナンバープレート、八岐大蛇デザインに 2020年度から導入目指す(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181129-00000015-san-l32
 島根県出雲市などが2020年度からの導入を目指している自動車のご当地ナンバープレート「出雲」のデザインが、出雲神話に登場する「八岐大蛇(やまたのおろち)」に決まった。国土交通省に提案し、審査を経た上で交付される。
 同市や飯南町、奥出雲町で結成した推進協議会がデザインを公募。寄せられた155点の中から5点を最終候補に選び、住民アンケートを実施。3578人から回答があり、1052票と最多だった出雲市の印刷業、土江淳志さん(47)の作品を、協議の末に選出した。
 1つの胴体に8つの頭を持つ伝説の八岐大蛇を、虹をイメージしたカラーを使って、躍動感たっぷりに表現している。
 「ご当地ナンバー(カラー、モノトーン含む)を付けたいか」というアンケートの質問に、8割が「取り付けたい」と回答するなど住民の関心も高い。同協議会は「ダイナミックなデザインで、若者から高齢者まで幅広い世代に支持されるはず」と、走る広告塔の効果に期待している。

“出雲ナンバープレート、八岐大蛇デザインに 2020年度から導入目指す(産経新聞)” の続きを読む

「防災は新たなステージへ」高知市で防災講演会(テレビ高知)

情報元 : 「防災は新たなステージへ」高知市で防災講演会(テレビ高知)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181128-00010001-kutvv-l39
災害から命を守るための行動について学んでもらおうと、地域の自主防災団体などが参加する講演会が開かれました。
防災気象講演会は正しく気象情報を読み解き、命を守る行動を取ってもらおうと開かれました。高知地方気象台の出宮稔台長は、98高知豪雨や今年7月の西日本豪雨の被害を気象データと共に解説しました。7月豪雨では気象台が発表した気象情報と自治体が取った態勢、住民の行動が一致していなかったと分析し、気象情報の意味や、避難のタイミングなどについて改めて説明しました。
参加者はそれぞれの立場で防災について考えていました。
「災害の警報とか準備行動とか、段階でニュアンスが違うというか。そういうのが僕なんか高齢者にはちょっと勘違いするような。こういう講習なんかでも顔を出していれば一つ身につけて帰って周りの人のために役立てたいと思います。」
気象台は「これまで経験したことのないような大雨が降るなど災害も変化してきている。防災も新しいステージにきている」と話し、新たな知識を持って対応するよう呼びかけました。

“「防災は新たなステージへ」高知市で防災講演会(テレビ高知)” の続きを読む

出雲ナンバープレート、八岐大蛇デザインに 2020年度から導入目指す(産経新聞)

情報元 : 出雲ナンバープレート、八岐大蛇デザインに 2020年度から導入目指す(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181129-00000015-san-l32
 島根県出雲市などが2020年度からの導入を目指している自動車のご当地ナンバープレート「出雲」のデザインが、出雲神話に登場する「八岐大蛇(やまたのおろち)」に決まった。国土交通省に提案し、審査を経た上で交付される。
 同市や飯南町、奥出雲町で結成した推進協議会がデザインを公募。寄せられた155点の中から5点を最終候補に選び、住民アンケートを実施。3578人から回答があり、1052票と最多だった出雲市の印刷業、土江淳志さん(47)の作品を、協議の末に選出した。
 1つの胴体に8つの頭を持つ伝説の八岐大蛇を、虹をイメージしたカラーを使って、躍動感たっぷりに表現している。
 「ご当地ナンバー(カラー、モノトーン含む)を付けたいか」というアンケートの質問に、8割が「取り付けたい」と回答するなど住民の関心も高い。同協議会は「ダイナミックなデザインで、若者から高齢者まで幅広い世代に支持されるはず」と、走る広告塔の効果に期待している。

“出雲ナンバープレート、八岐大蛇デザインに 2020年度から導入目指す(産経新聞)” の続きを読む

認知症高齢者に声かけを 奈良市で初の見守り訓練(産経新聞)

情報元 : 認知症高齢者に声かけを 奈良市で初の見守り訓練(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00000001-san-l29
 認知症の高齢者が行方不明になるケースが全国的に相次ぐなか、徘徊する認知症高齢者に声をかける模擬訓練が奈良市で初めて実施された。地域を挙げて見守り、安全を確保するのが狙い。訓練はJR奈良駅から近鉄新大宮駅にかけての路上で行われ、地域住民ら約40人が参加した。
 「こんにちは。どこに行くん?」
 奈良市大宮町の路上で、認知症高齢者にふんした女性に参加者の1人が声をかけた。「ここどこ? 疲れて足が痛い。大阪に帰りたいねん」と女性が言うと、参加者は「住所とか覚えていますか。少しあちらで休みましょう」と笑顔で話しかけ、近くの地域包括支援センターに誘導した。
 参加した大宮地区の民生委員、艸香(くさか)和子さん(65)は「認知症の方も増えているので、声かけの仕方はとても参考になった」と話した。
 県警人身安全対策課によると、昨年1年間に県内で確認された行方不明者は1109人に上り、うち302人が認知症患者だった。
 市は身元確認のための識別番号を表示するQRコードシールを無料配布しているほか、位置情報をリアルタイムで確認できるGPS(衛星利用測位システム)端末を希望者に月額500円で貸し出している。市福祉政策課の担当者は「地域社会の結びつきが希薄になっている今だからこそ、認知症患者を見守る気持ちを持ってほしい」と呼びかけている。

“認知症高齢者に声かけを 奈良市で初の見守り訓練(産経新聞)” の続きを読む

「健康寿命を伸ばす」再生医療と介護ロボットの活用策探るシンポ(テレビ新広島)

情報元 : 「健康寿命を伸ばす」再生医療と介護ロボットの活用策探るシンポ(テレビ新広島)広島ニュースTSShttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181123-00000007-tssv-l34
再生医療やロボットなどの最新技術を活用して、高齢者の自立した生活を支援する今後のリハビリテーションのあり方を考えるシンポジウムが、広島市内で開かれました。
広島大学で行われたシンポジウムには、リハビリや再生医療、ロボット工学を研究する専門家や学生など、およそ100人が参加しました。
シンポジウムでは各分野の最前線で活躍する研究者が講演し、病気などで身体に障害を負った患者のリハビリをアシストする最新のロボットの活用事例などが報告されました。
また脳や脊椎にある中枢神経の再生医療を普及させ、ロボット技術を応用することでいち早い運動機能の回復に繋げることを目指していく今後の展望なども議論されました。
【広島大学大学院・栗栖薫教授】
「リハビリテーションを行うことでより再生のプロセスが進むということがわかってきた。
これを上手く融合させてより健康寿命の延長という形にいければと思う」

“「健康寿命を伸ばす」再生医療と介護ロボットの活用策探るシンポ(テレビ新広島)” の続きを読む

絵本とわたしの物語展/奈良(奈良テレビ放送)

情報元 : 絵本とわたしの物語展/奈良(奈良テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00010000-tvnv-l29
 国内外の様々な絵本を集めた展示会が、きょうから奈良市のなら100年会館ではじまりました。
 この展示会は絵本を通して子どもから高齢者まで世代をこえた交流を深めてもらおうと企画されたものです。
会場には子ども向けだけでなく、大人を対象に描かれたものなど約250種、600点ほどの絵本が3つのテーマに分けて展示されています。目にするだけでなく実際に手に取って読むことが出来る本も用意されていて、来場者の関心を集めます。また、発表された年代を時代背景とともに見ることが出来るコーナーもあり、絵本を単なる読み物としてだけでなく時代を映す鏡と捉えています。ふれて、読んで、楽しめるこの展示会は18日まで奈良市のなら100年会館で開かれています。

“絵本とわたしの物語展/奈良(奈良テレビ放送)” の続きを読む

【ビジネス最前線】丸山工芸社(栃木・佐野) 生人形 手作り質感再脚光(産経新聞)

情報元 : 【ビジネス最前線】丸山工芸社(栃木・佐野) 生人形 手作り質感再脚光(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180825-00000057-san-l09
 平成最後の夏は記録的な猛暑。気分も涼しくと、お化け屋敷も注目された。技術の進歩でさまざまな仕掛けが可能になっているが、白い肌に恨めしそうな目、生々しい表情をした人形で驚かせる昔ながらのお化け屋敷も見直されている。
 お化け屋敷に欠かせない「生(いき)人形」の製作を中心に各地のお化け屋敷の設営などを手がけている全国でも数少ない会社が佐野市の丸山工芸社。同社3代目の柳誠社長の手がける「佐野の生人形」は栃木県の伝統工芸品に指定されている。
 ◆ものづくりの神髄
 生人形は、江戸時代後期から明治時代にかけて製作された人形。極めて精緻に実際に生きている人間のように見える表情や体の動きが再現されており、細部を精密に作り込む日本人のものづくりの神髄が示されていた。各地の興行で大いに人気を呼んだが、その後、需要はなくなり、廃れていった。
 ただ、お化け屋敷では、昔ながらの手作り人形の生々しい表情が怖さを演出してきた。作り方はだるまの型抜きと同じ。土台の上に和紙を貼って形を整える。「どうやって見た瞬間に驚かせるか。顎を引いてにらみつけるような目線で怖く見せる。目は重要」と柳社長。肌の質感もていねいに再現。表面のでこぼこを直すため桐の粉、白色の顔料である胡粉(ごふん)など材料も吟味し、一体一体手作りする。
 同社は人形製作だけでなく、お化け屋敷のプロデュース、設営も手がける。昭和のレトロ感が漂う演出は中高年や高齢者には懐かしさを感じさせ、若者には斬新な印象を与える。
 毎年、宇都宮市のオリオン通りにある「オリオンACぷらざ」や地元の道の駅、ショッピングモールでのお化け屋敷も人気。県外施設からの依頼、発注も多く、電車の中をお化け一色にする銚子電鉄(千葉県銚子市)の「お化け屋敷電車」(26日まで)のユニークな取り組みも今年で4年目を迎えた。
 ◆浅草花やしきから
 同社は大正11(1922)年、柳社長の父、梅吉さんが「丸山娯楽園」として創業。日本最古の遊園地、浅草花やしき(東京都台東区)で手がけて以来、全国の遊園地やデパート、夏のイベントで多くのお化け屋敷に携わってきた。
 その後、遊園地は減少。高い技術を必要とするが、需要の伸びない人形作りは後継者にとって事業を継承する環境が厳しく、同業者は次々と廃業した。父、兄に続く3代目として柳社長が同社を継ぎ、法人化したが、ハイテクの流れに人形で驚かせる手法が古くさいとされた時期もあった。だが、手作りの質感や本物を求められる時代となり、再び脚光を浴びている。4代目となる次男、亮太さん(37)にいろいろな技術を教えており、後継者育成にも余念がない。
                   ◇
 ◆会社概要 本社=佐野市田沼町727、(電)0283・62・0279▽創業=大正11年▽設立=昭和59年▽資本金=1000万円▽従業員=6人▽事業内容=人形製作、お化け屋敷の企画、設計、設営、遊具・アトラクションの設営、屋外広告の製作など。
                   ◇
 ■目線重視、人に負けないものを
 --生人形製作で大切なのは
 「人間に似せるだけでなく、動き出すような形に作る。化け物よりも(人間の姿の)幽霊は難しい。顎を引いて、目線の高さでにらみつけるような目にする。目は重要。人に負けないものを作るという気持ちでやらないと。(妥協して)『いいや、いいや』では駄目」
 --手作りでの苦労は
 「作り方はだるまの型抜きと同じ。材料は和紙とかで、特別な物はない。昔はご飯粒をつぶしてのりを作った。それがひと苦労。表面のでこぼこを直すのにへら一つで桐の粉とのりで固めるが、桐の粉に小さな虫の卵が入ることもあり、1年たって虫に食われたらがっかり。今は業者が専用のものを用意するので虫がいることはない」
 --お化け屋敷も手がける
 「その比重は大きくなっている。企画書を書いて、人形を作って驚かせる仕掛けも作る。重要なのは驚かせるポイント。また、表から見える場所に1場面作る。基本的に入り口と出口だけで、中は分からないが、お客さんを引きつける要素がないと。現場(施設側)は入場料を払わないお客さんに見えちゃうのはもったいないと言うが、足を止めてもらう工夫も必要だ」
                   ◇
【プロフィル】やなぎ・まこと
 岡山県の人形師や歌舞伎の舞台背景を製作する会社などで修業。実家に戻り、昭和59年に丸山工芸社を法人化。73歳。

“【ビジネス最前線】丸山工芸社(栃木・佐野) 生人形 手作り質感再脚光(産経新聞)” の続きを読む