三重県立高校入試、後期選抜1.11倍 南伊勢南勢校の志願なし(伊勢新聞)

情報元 : 三重県立高校入試、後期選抜1.11倍 南伊勢南勢校の志願なし(伊勢新聞)伊勢新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00000502-isenp-l24
 三重県教委は27日、県立高校入試後期選抜の志願状況を発表した。全日制は53校125学科・コースの定員7665人に8530人が志願し、志願倍率は前年同期と同じ1・11倍だった。南伊勢高南勢校舎の志願者がいなかったほか、昨夏に野球部の甲子園初出場で沸いた白山高が定員割れとなった。
 学科・コース別では、津西国際科学が4・75倍と最も高く、神戸理数の4・13倍、川越国際文理の3・75倍が続いた。
 最低は南伊勢南勢校舎普通で、後期選抜の志願者がいなかった。次いで志摩国際コースと白山情報コミュニケーションが低く、それぞれ0・19倍だった。
 志願変更は3月4―6日まで受け付ける。試験は11日に実施し、18日に合格者を発表する。
 定時制は定員583人に191人が志願し、倍率は前年同期比0・05ポイント減の0・33倍。通信制は418人の募集に対し、34人が志願し、倍率は前年同期と同じ0・08倍となった。

“三重県立高校入試、後期選抜1.11倍 南伊勢南勢校の志願なし(伊勢新聞)” の続きを読む

大勢の鬼が吉野山を行列、奈良の寺社から集結(Lmaga.jp)

情報元 : 大勢の鬼が吉野山を行列、奈良の寺社から集結(Lmaga.jp)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00059897-lmaga-l29
日本屈指の桜名所・吉野山(奈良県吉野郡)で『鬼フェスin吉野山』が11日まで開催。その目玉として9日、奈良県内寺社の鬼が勢ぞろいする『鬼の夜会in吉野山』が開催された。【写真】ちょこんとお座りして護摩法要を受ける鬼たち県内6つの寺社から節分会、追儺会(ついなえ)などに登場する鬼たちが集結。吉野山の中千本エリアにある東南院から金峯山寺(きんぷせんじ)蔵王堂まで、修験者が吹くほら貝の音と共に、行列して道中で鬼踊りなどの所作を披露した。
ご夫婦で訪れた花岡さん(奈良県大和高田市在住・女性)は、「なかなか普段行きたくても、見に行けなかった鬼さんたちが揃っていてうれしかった。来年は更に多くの鬼さんが集まるかもしれないとのお話が出ていたので、本当に楽しみ」と笑顔で語った。
会場のひとつ「金峯山寺」は、修験道の開祖である役小角(えんのおづぬ)が開いた修験道の総本山。約1300年前、役行者が奈良の生駒山中で鬼の夫婦を改心させた、という言い伝えがあることから、2018年より同『鬼フェス』が開催されている。
金峯山寺・五條良知(ごじょうりょうち)管長は、「役行者にこらしめられた仏法護法の鬼の夫婦(前鬼と後鬼)が、以来、役行者に付き従って多くの人々を助けてきたことから、吉野では節分で『鬼も内』と言う。鬼を集めてここで改心していただくというものなので、みなさんの心の鬼をこらしめて」と話した。
取材・文・写真/いずみゆか

“大勢の鬼が吉野山を行列、奈良の寺社から集結(Lmaga.jp)” の続きを読む

早咲きの梅が見ごろ 甘い香りに誘われメジロが蜜を 三重・津市(三重テレビ放送)

情報元 : 早咲きの梅が見ごろ 甘い香りに誘われメジロが蜜を 三重・津市(三重テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00010003-mietvv-l24
 三重県津市にある「かざはやの里」で、早咲きの梅が見ごろを迎えています。
 かざはやの里には、45種類、約500本の梅が植えられています。
 このうち、早咲きの梅が赤や白、ピンクなどの花を咲かせて甘い香りを漂わせ、その香りに誘われてかスズメやメジロが蜜をついばむ様子が見られます。
 9日から3月24日までは「梅まつり」が開かれ、3月に入ってから見ごろを迎える遅咲きの梅もあることから、長期間にわたって梅を楽しめます。

“早咲きの梅が見ごろ 甘い香りに誘われメジロが蜜を 三重・津市(三重テレビ放送)” の続きを読む

ダイワロイネットホテル和歌山でデザートビュッフェ イチゴとチョコレートテーマに /和歌山(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : ダイワロイネットホテル和歌山でデザートビュッフェ イチゴとチョコレートテーマに /和歌山(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-00000072-minkei-l30
 「DessertBuffet~Strawberry&Chocolate~(デザートビュッフェストロベリーアンドチョコレート)」が2月11日、ダイワロイネットホテル和歌山のレストラン「サンクシェール」(和歌山市七番丁、TEL073-435-0390)で開催される。(和歌山経済新聞)サンクシェール併設の洋菓子店「LEPATISSERICHOUCHOU(パティスリーシュシュ)」に並ぶケーキ 年に2回、ゴールデン・ウィークとシルバー・ウィーク時期に3日間ずつ開催している同企画。2月開催は今回が初めてで、バレンタインデーにちなみチョコレートとイチゴをテーマに1日限定で開催する。
 イチゴは熊本産「ひのしずく」を使う。みずみずしい食感に、甘みが強く酸味がやや少ないのが特徴という。チョコレートはカカオ56%のフランス産と、カカオ70%のベネズエラ産を使う。
 パティシエの森謙太郎さんは「当店で一番人気のイチゴショートはもちろん、タルトやムースを中心に約25種類のケーキを用意する。和歌山では珍しい『ひのしずく』ふんだんに使うのでぜひ楽しんでほしい」と話す。「30代~40代の女性グループの来店が多いが、最近では男性グループでの来店も増えている。パスタやスープも用意するので、箸休めをしながら2時間たっぷり味わってほしい」とも。
 開催時間は15時~17時。料金は、大人=2,500円、小学生=1,200円、幼児(4歳以上)=500円。

“ダイワロイネットホテル和歌山でデザートビュッフェ イチゴとチョコレートテーマに /和歌山(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

墨絵や日本画、児童生徒の力作 坂井で140点展示(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 墨絵や日本画、児童生徒の力作 坂井で140点展示(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190203-00000008-hokuriku-l18
 福井県内の児童生徒が描いた墨絵や日本画の作品展が1月30日、坂井市の県教育博物館で始まった。子どもたちの表現力豊かな作品約140点を展示している。2月17日まで。
 越前和紙を活用して子どもたちの表現や鑑賞能力を高め、ふるさと福井に誇りを持ってもらおうと、県が2014年度から行う芸術教育推進事業の一環として、美術や図工の時間に仕上げた作品が並ぶ。
 会場には県内の小中高校と特別支援学校の児童生徒の作品がずらり。小学生は墨絵に挑戦し、濃淡を生かして植物や自然風景を描いている。線の太さや余白にもこだわり、黒一色で表現する奥深さを実感している様子が見てとれる。
 中高生は水干絵の具や岩絵の具を使って日本画に取り組んだ。多彩な色を組み合わせたり、影をつけたりして工夫を凝らしている。
 展示時間は午前9時~午後5時(17日は同4時半まで)。入館無料。

“墨絵や日本画、児童生徒の力作 坂井で140点展示(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

行方不明の70代夫を広島で発見 吉野ヶ里殺人・死体遺棄事件 佐賀(佐賀新聞)

情報元 : 行方不明の70代夫を広島で発見 吉野ヶ里殺人・死体遺棄事件 佐賀(佐賀新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-03328304-saga-l41
 佐賀県神埼郡吉野ヶ里町松隈の山中で福岡市東区唐原5丁目、無職岡田幸子さん(79)の遺体が見つかった殺人事件で、岡田さんとほぼ同時期に行方不明になっていた夫が22日、広島県大竹市内で見つかった。佐賀県警は、夫が岡田さんが行方不明になった経緯などを知っている可能性があるとみて、神埼署に移動して事情を聴いている。
 県警捜査1課によると、広島県警の警察官が、大竹市内にいる岡田さんの夫の70代男性を見つけた。
 岡田さんは昨年10月22日に夫の行方不明届を福岡県警東署に提出し、4日後には岡田さん自身の行方不明届も知人を通じて出されており、岡田さんの遺体が今月20日に発見されるまでの約3カ月、2人がどこで何をしていたのかは分かっていない。

“行方不明の70代夫を広島で発見 吉野ヶ里殺人・死体遺棄事件 佐賀(佐賀新聞)” の続きを読む

大分県護国神社で七草がゆ 300人が無病息災願い舌鼓 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 大分県護国神社で七草がゆ 300人が無病息災願い舌鼓 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00000015-minkei-l44
 大分市の大分県護国神社(大分市牧)で1月7日、七草がゆが無料で振る舞われた。参拝客300人が素朴な味わいに舌鼓を打ち、1年の無病息災を願った。(大分経済新聞)参拝者に振る舞った七草がゆ 五節句の一つ「人日(じんじつ)の節句」に合わせて毎年行っている。七草はいずれも大分市内で採れた「地物」で、前日に具材を切りそろえて用意し、7日朝からの調理でかゆに仕立てた。同神社で採れた豊後梅を使った梅干しやお茶も提供した。
 7日は暖かな日差しに包まれ、配布開始の10時前から大勢の参拝客でにぎわった。大分市内から訪れた30代女性は湯気の立つかゆを味わいながら「素朴な味がいい。今年1年、みんな健康でいられればうれしい」と笑顔で話していた。
 同神社では1月11日に鏡開きを行う。正月のお供え餅を先着300人に福餅として振る舞う。

“大分県護国神社で七草がゆ 300人が無病息災願い舌鼓 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

「#僧衣でできるもん」でお坊さんが問題提起 何のために?(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : 「#僧衣でできるもん」でお坊さんが問題提起 何のために?(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190110-00010007-ksbv-l37
 いまツイッターで注目を集めている「#僧衣でできるもん」というハッシュタグ。お坊さんたちが僧衣を着ていろいろな技を繰り広げる動画が拡散されています。何のために発信しているのか?その真意を探りました。
 二重跳びに、ジャグリング…お坊さんたちが僧衣を着て繰り広げる特技の数々。まるでお坊さんたちの「新春隠し芸大会」のようです。
 縄跳びをしながらリフティングを続けるのは、香川県丸亀市の善照寺の住職、三原貴嗣さん。三原さんは、お手玉のようなバッグを足でコントロールしながら技を繰り出す「フットバッグ」で日本一に輝いたパフォーマーであり、「へんも」を名乗ってブロガーとしても人気です。
 そんなへんもさんは、去年の年末にツイッターにある投稿をしました。福井県で40代の男性僧侶が僧衣で軽自動車を運転中、衣服が運転に支障するとして反則切符を切られたことに疑問を呈したものです。
(善照寺/三原貴嗣 住職)
「ツイッターでこれはちょっと困るよね、どうなるんかな?みたいなことを投稿したんです」
 法要などで檀家を回るときに僧衣を着たまま運転することは僧侶の日常生活。交通違反として反則切符を取られた事態に疑問を呈する投稿が瞬く間に広がりました。
 そこから生まれたのが「#僧衣でできるもん」というハッシュタグです。僧衣が、運転に支障になるほど動きを妨げるものではないというイメージを、ユーモアある動画でお坊さんたちがPRしました。これがイギリスの放送局BBCや、アメリカのワシントンポストにも取り上げられ、一大ムーブメントに。
(善照寺/三原貴嗣 住職)
「(Q.新春にあいまったことでかなり盛り上がりましたね)隠し芸大会と思って楽しんでる方もたくさんいるんですけど、僕らの中では、法の恣意的な解釈っていうのは問題になるし、これは僧衣だけの問題ではなくて、一般の方にも関わってくることだからみんなで考えましょうよと。そのときに大真面目に文章を書いて硬いやり方をしても、これだけ広まらなかったと思うので。PR手法としての観点で言えば、かなり効果の大きなムーブメントになったかなと思います」

“「#僧衣でできるもん」でお坊さんが問題提起 何のために?(KSB瀬戸内海放送)” の続きを読む

SDGsテーマに演劇 静岡、女性舞台チームがユーモア交え(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)

情報元 : SDGsテーマに演劇 静岡、女性舞台チームがユーモア交え(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)静岡新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190105-00000010-at_s-l22
 静岡市民文化会館のワークショップから誕生した女性舞台チーム「ハイポジション」が4日、葵区の青葉シンボルロードで開かれたイベントで国連の目標「SDGs(持続可能な開発目標)」をテーマにした演劇を披露した。
 ハイポジションは20代から30代の女性約20人で構成する演劇チーム。この日は8人のメンバーが舞台に立ち、2017年12月の旗揚げ公演で披露した演目をSDGs版にアレンジして演じた。
 劇は結婚式の3次会に同窓生が集まった設定。恋や将来のことを語り合う中で「誰一人取り残さない」というSDGsのメッセージやSDGsを取り入れようとしている静岡市の施策を、ダンスやユーモアを交えながら紹介した。
 イベントには静岡サレジオの中高生6人も参加し、SDGsを紹介する寸劇を披露した。
 イベントは市が3日から12日に設定している「SDGsウイーク」の一環で行われた。

“SDGsテーマに演劇 静岡、女性舞台チームがユーモア交え(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)” の続きを読む

「人を育てなさい」遺訓を胸に全国初挑戦 元Jリーガー、龍谷高サッカー部・太田恵介監督 亡き前理事長にいい報告を 佐賀(佐賀新聞)

情報元 : 「人を育てなさい」遺訓を胸に全国初挑戦 元Jリーガー、龍谷高サッカー部・太田恵介監督 亡き前理事長にいい報告を 佐賀(佐賀新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-03320467-saga-l41
 元J選手が教壇へ、教え実践
 30代で教職に就いた元Jリーガーが、念願の初陣を迎える。就任6年目で全国高校サッカー選手権に初出場する龍谷の太田恵介監督(39)。学園の前理事長で昨年1月に78歳で亡くなった井浦順爾さんに誘われたことが人生の転機になった。「先生にいい報告がしたい」と晴れ舞台での全力プレーを誓っている。
 「大切なのは人を育てること。(勝ち負けの)結果が全てじゃないよ」-。太田監督は前理事長の言葉をよく思い出す。勝つことだけを考えていたが、すっと肩の力が抜け、不思議と結果も出るようになった。昨年1月、初めて県新人大会で頂点に立ったが、病気療養中だった前理事長がその2日後に帰らぬ人に。直接優勝を報告することはかなわなかった。
 太田監督は静岡県出身で、清水商高(現・清水桜が丘高)から福岡大に進み、2002年にJ2福岡でプロデビュー。195センチの大型FWとして活躍した。ザスパ草津やV・ファーレン長崎、一時は米国のチームでもプレーした。
 08年に現役引退し、福岡大でコーチを務めていた時に教職の道に導いてくれたのが前理事長だった。13年に体育教諭として赴任すると同時にサッカー部監督にも就任。県大会は新人大会で優勝するまでベスト4が最高で、「いろんな反発もあったと思うけど、先生が全部受け止めてくれた」。クラブハウスの部屋に飾ってある1枚の遺影が、いつも背中を押してくれる。
 太田監督は前理事長の教えをさまざまな形で実践。寮生活を共にしている部員たちには「身の回りの整理整頓などがサッカーのプレーにもつながる」と掃除やあいさつなど日々の生活の大切さを訴えてきた。今年6月の県総体は準優勝だったが、11月の選手権は初の決勝進出で佐賀東を3-1で破った。
 チームは1月2日、羽黒(山形)と激突。太田監督は「自分たちがやってきたことを信じ、部員たちと戦い抜きたい」と話している。

“「人を育てなさい」遺訓を胸に全国初挑戦 元Jリーガー、龍谷高サッカー部・太田恵介監督 亡き前理事長にいい報告を 佐賀(佐賀新聞)” の続きを読む