岡山商工会議所の岡崎会頭が退任表明 後任候補は両備HDの松田久社長(山陽新聞デジタル)

情報元 : 岡山商工会議所の岡崎会頭が退任表明 後任候補は両備HDの松田久社長(山陽新聞デジタル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190131-00010005-sanyo-l33
 岡山商工会議所(岡山市北区厚生町)の岡崎彬会頭(75)=岡山ガス社長=は31日、3月末で会頭職を退く意向を明らかにした。歴代最多の7期目途中での退任。岡山財界を率いたトップが21年ぶりに交代する。
 この日、同会議所で開かれた定例記者会見で「体力、気力の衰えを感じるようになった。3月末をもって退任したい」と表明した。任期(10月末)途中で退くことについては「(今年は)会議所の140周年という節目で、一日も早く新しい人に引っ張ってもらいたいと考えた」と説明。後任候補として、両備ホールディングス社長の松田久氏(66)を挙げ、「岡山で有数の企業グループの代表。時代の変化にも対応できる」と理由を述べた。
 次期会頭は松田氏を軸に調整する方針。3月27日に予定される議員総会で選任する。岡崎氏は1998年4月、伊原木一衛前会頭の後を受け、会頭に就いた。

“岡山商工会議所の岡崎会頭が退任表明 後任候補は両備HDの松田久社長(山陽新聞デジタル)” の続きを読む

自由が丘の街歩きに「お困り解決MAP」 街案内人の地元大学生が作成 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 自由が丘の街歩きに「お困り解決MAP」 街案内人の地元大学生が作成 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00000009-minkei-l13
 自由が丘の街を巡回して来街者へ道案内などを行う街案内人「セザンジュ」が、子ども連れの保護者や車いす利用者などが安心して利用できる自由が丘駅周辺の施設や店舗の情報をまとめた「お困り解決MAP」を作った。(自由が丘経済新聞)毎週日曜・祝日やイベント時に街案内を行う「セザンジュ」の活動の様子 セザンジュは2010年、自由が丘商店街振興組合と産業能率大学の提携事業として活動を開始。現在約80人の同大生がスタッフとして在籍し、毎週日曜・祝日の歩行者天国実施時間帯に制服姿で駅周辺に立ち、事故を未然に防ぐ「見せる安全」を目的とした街中巡回、人気スポットへの道案内を行うほか、応急手当にも対応できるよう上級救命技能認定も取得している。
 セザンジュのスタッフは、来街者から「よくある質問」をまとめたデータファイルを各自持ち、道を知らない人には常備する白地図に道順を書き込んで手渡すなど街案内のサービス向上に努めてきたが、「セザンジュが活動していない平日に街へ来た人たちにわかり分かりやすいマップを作れないか」「小さい子連れの方や車いすの方などの困り事を解決したい」という声が学生たちから上がり、昨年2月にマップ制作のワークショップが立ち上がった。
 マップを作るための調査では、自由が丘駅から240メートル圏内にある施設や店舗の「入り口の段差」「通路の広さ」「テーブル席の椅子は可動か」などのバリアフリー対応をはじめ、「アレルギー対応メニューの用意」「外国人客への対応」など多岐にわたる調査項目を独自に設定。街案内の活動を通じて蓄積した情報に加え、授業の空き時間や放課後などを使って実際に施設や店舗を訪ね、車いすなども使いながら地道な現地調査を約3カ月行って仕上げた。
 「お困り解決MAP」は一般的な冊子ではなく、昨年10月にリニューアルした自由が丘商店街振興組合のウェブサイト「自由が丘オフィシャルガイドウェブ」のコンテンツとして提供しているのが特徴。グーグルマップのシステムを使ってオープンデータ化した。
 ウェブでマップを提供するに理由について、セザンジュ・スタッフの高本唯人さん(3年)は「取り出して広げて見る冊子型マップでは、子ども連れのお母さんには使いづらいと考えた。さらに自由が丘は店舗の入れ代わりが多く、冊子型だと情報がすぐに更新にできない。それらが解決でき、利用者にも浸透しやすいのがグーグルマップだった」と話す。
 現在公開している第1弾のマップでは「おむつ替えができる」「授乳室がある」「トイレがある」「AEDがある」の4項目のみを表示しているが、今後は調査対象エリアを駅から300メートル圏内に広げ、残りの調査項目についても順次マップに反映する予定だという。
 スタッフの秋本菜々子さん(2年)は「街へ来た方には私たちセザンジュが直接ご案内できるが、ウェブのマップがあれば前もって自宅でも街について調べていただける。マップを見て、自由が丘へ行こうと思ってほしい」と言い、ワークショップで中心となってマップ制作を進めてきた門屋千咲希さん(4年)は「自由が丘に初めて来た方に、このマップが心強い存在として使っていただけるようになれば」と期待を込める。

“自由が丘の街歩きに「お困り解決MAP」 街案内人の地元大学生が作成 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

乗用車とタクシー衝突 3人重軽傷 ひき逃げで捜査 運転手 車両放置し立ち去る 北海道釧路市(北海道ニュースUHB)

情報元 : 乗用車とタクシー衝突 3人重軽傷 ひき逃げで捜査 運転手 車両放置し立ち去る 北海道釧路市(北海道ニュースUHB)UHB北海道文化放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00000001-hokkaibunv-hok
 13日未明、北海道釧路市の国道で乗用車とタクシーが衝突しタクシーに乗っていた3人が重軽傷を負いました。乗用車の運転手は、車両を放置したまま現場から立ち去っていて警察はひき逃げ事件として捜査しています。
 13日午前2時20分頃、釧路市末広町6丁目の国道44号線で乗用車とタクシーが衝突しました。
 この事故でタクシーを運転していた佐藤孝夫さん(72)が重傷、乗客の2人も軽いけがをして、病院に搬送されました。
 一方、乗用車の運転手は現場から立ち去っていて、警察はひき逃げ事件として捜査しています。
 警察は、飲酒していた可能性もあるとみて調べています。車は釧路ナンバーのBMWだったということです。

“乗用車とタクシー衝突 3人重軽傷 ひき逃げで捜査 運転手 車両放置し立ち去る 北海道釧路市(北海道ニュースUHB)” の続きを読む

昼まで飲酒の女性職員、夕方も飲酒して車運転 外出先でも車内で飲酒、帰宅中に事故 寄居町が懲戒免職に(埼玉新聞)

情報元 : 昼まで飲酒の女性職員、夕方も飲酒して車運転 外出先でも車内で飲酒、帰宅中に事故 寄居町が懲戒免職に(埼玉新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00010007-saitama-l11
 埼玉県寄居町は27日、酒気帯び運転で物損事故を起こした町民課主事補の20代女性職員を懲戒免職に、不適正な事務処理をした上下水道課主査の50代職員を戒告の処分にしたと発表した。昼食でビール飲み徒歩で帰宅後、息子の代わりに車庫入れして車に衝突 朝霞市、酒気帯び運転の女性職員処分 町によると、女性職員は9月18日午後9時15分ごろ、深谷市内で酒気を帯びた状態で車を運転、アパートのブロック塀とフェンスに衝突する物損事故を起こした。女性はこの日、夏休みを取得しており、午前中から昼にかけて自宅でビールと缶酎ハイを飲んで睡眠。午後5時ごろ起床し、6時ごろ運動をするため公園に車で出掛ける際、残っていた缶酎ハイを一口飲んだ。公園で雨が降ってきたため、午後8時すぎまで公園駐車場で休憩したが、さらに菓子を食べながらビールを飲み、帰宅途中に事故を起こしたという。
 主査の職員は2016年度と17年度の農業集落排水施設維持管理組合受益者分担金の償還金と組合費の徴収で、未納金計約17万円を私費で補てんする不適正な事務処理をした。

“昼まで飲酒の女性職員、夕方も飲酒して車運転 外出先でも車内で飲酒、帰宅中に事故 寄居町が懲戒免職に(埼玉新聞)” の続きを読む

ニセ電話詐欺の勧誘役・34歳会社員に懲役7年判決 60~80代の男女13人から2444万円だまし取る(佐賀新聞)

情報元 : ニセ電話詐欺の勧誘役・34歳会社員に懲役7年判決 60~80代の男女13人から2444万円だまし取る(佐賀新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-03311638-saga-l41
 ニセ電話詐欺事件で現金を受け取る「受け子」の勧誘役を担ったとして、詐欺や窃盗などの罪に問われた住所不定、会社員の被告(34)に対し、佐賀地裁は6日、懲役7年(求刑懲役8年)の判決を言い渡した。
 吉井広幸裁判長は判決理由で、共犯者の受け子4人の供述は「信用できる」などとして共謀を認定し、弁護側の無罪主張を退けた。その上で「被告は一連の犯行を行った犯罪組織に所属し、調達した受け子と指示役をつなぐ役割を担っていた。被害は高額で、受け子よりも当罰性は一段階重い」と述べた。
 判決によると、被告は仲間らと共謀の上、昨年8~9月、佐賀県内外の60~80代の男女13人に親族などを装って電話し、うち11人から現金やキャッシュカードをだまし取ったり、カードを使って現金を引き出したりし、被害額は2444万円に上った。

“ニセ電話詐欺の勧誘役・34歳会社員に懲役7年判決 60~80代の男女13人から2444万円だまし取る(佐賀新聞)” の続きを読む

農林水産物を販売 阿久根市産業祭始まる(MBC南日本放送)

情報元 : 農林水産物を販売 阿久根市産業祭始まる(MBC南日本放送)MBC南日本放送|鹿児島https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00033527-mbcnewsv-l46
阿久根市で地元産の農林水産物などを販売する阿久根市産業祭が8日から始まりました。
この催しは、阿久根市の山の幸、海の幸などの魅力を知ってもらおうと開かれたものです。49の企業や団体などが参加し、阿久根で水揚げされた魚の干物や、新鮮な野菜、特産のボンタンなどが販売され、訪れた人たちが次々と買い求めていました。また、鶴翔高校の生徒らが育てたシクラメンの花も人気を集めていました。
阿久根市産業祭は9日も午前9時から午後3時まで阿久根市総合運動公園内の総合体育館で開かれ、ステージイベントもあります。

“農林水産物を販売 阿久根市産業祭始まる(MBC南日本放送)” の続きを読む

三田・兄殺害の元阪大生 神戸地検 弟に懲役12年を求刑/兵庫県(サンテレビ)

情報元 : 三田・兄殺害の元阪大生 神戸地検 弟に懲役12年を求刑/兵庫県(サンテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00010001-suntvv-l28
ことし1月、兵庫県三田市の自宅で兄を殺害したとして殺人の罪に問われている男に対し、検察は5日懲役12年を求刑しました。
三田市の無職細谷早志被告(23)はことし1月、三田市の自宅で兄の竜己さん(当時28)の頭や首を複数回包丁で突き刺すなどして殺害したとして、殺人の罪に問われています。
神戸地検は、ことし2月から細谷被告の刑事責任能力を調べる鑑定留置を実施していましたが、責任能力はあると判断し、ことし5月に起訴。初公判で細谷被告は、起訴内容を認めています。
5日神戸地裁で開かれた裁判員裁判の論告求刑公判で、検察側は「強固な殺意に基づく犯行態様は極めて悪質」と指摘した上で、「インターネットで殺害方法を検索するなど周到な計画を立てていた」などとして懲役12年を求刑。
一方、弁護側は「竜己さんから暴力や暴言を受けていたものの、発達障害でコミュニケーションがうまく取れず視野も狭くなった結果の犯行」として、懲役6年が相当と主張しました。
裁判は5日結審し、判決は7日言い渡されます。

“三田・兄殺害の元阪大生 神戸地検 弟に懲役12年を求刑/兵庫県(サンテレビ)” の続きを読む