秋田で地域の未来を考える「あきた若者塾」 参加者募集 /秋田

情報元 : 秋田で地域の未来を考える「あきた若者塾」 参加者募集 /秋田みんなの経済新聞ネットワーク

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00000052-minkei-l05

 秋田県は現在、地域の活性化を題材に開く勉強会「あきた若者塾2018」の参加者を募集している。(秋田経済新聞)「あきた若者塾2018」ポスター 地元の若者が地域の未来や活性化について考える場を提供することなどを目的に、2016年から県が展開する同事業。「遊学舎」(上北手荒巻)や五城目町を会場に、NPO法人「あきたパートナーシップ」(秋田市上北手荒巻)が運営する。

 国際教養大学(雄和椿川)の熊谷嘉隆教授や実業家らを招いた講演会を開くほか、ワークショップや体験型研修など計7回の講座を通じ、コンテスト「秋田を元気にするプラン」向けプレゼンテーション資料の作成と発表に取り組む。東京大学卒業後、民間企業勤務を経て、現在、五城目町在住の柳澤龍さんがファシリテーターを務める。

 これまでに延べ約70人が参加した同事業。コンテストからは「県外在住の県出身者らがターゲットの旅行プラン」や、人手不足の行楽・観光地の運営者と大学生をつなぐ「ボランティアとアルバイトを組み合わせたプラン」などが生まれた。

 同NPOの担当者は「これまで気づかなかった秋田の魅力や課題に向き合いながら、仲間やネットワークづくりに取り組む。さまざまな立場の皆さんとの交流や意見交換ができる機会。高校生や大学生から、おおむね40歳前後の社会人まで多くの皆さんに参加いただければ」と呼び掛ける。

 開催期間は7月29日~12月9日。定員50人。参加無料。コンテストの優秀賞には2万~5万円の報奨金を進呈する。問い合わせは同NPO法人(TEL018-829-5801)まで。

“秋田で地域の未来を考える「あきた若者塾」 参加者募集 /秋田” の続きを読む

買い物難民解消へ発車オーライ 青森・つがるで移動スーパー運行開始(Web東奥)

情報元 : 買い物難民解消へ発車オーライ 青森・つがるで移動スーパー運行開始(Web東奥)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00000003-webtoo-l02
 青森県つがる市の「街の駅あるびょん」を運営するNPO法人元気おたすけ隊(長谷川靖久代表理事)が2日、木造地区で移動スーパー「あるびょん号」の運行を始めた。日常の買い物に困っている高齢者など「買い物難民」の解消が目的。同法人が既に取り組んでいる買い物代行宅配と並行して行い、採算性向上を図る。
 移動販売は、県の補助を得た実証事業。買い物弱者支援サービスの多くが単独では利益を得にくいことから、サービスの組み合わせが継続可能なモデルとなり得るかを、1年かけて探る。同じ実証事業を南部町商工会も9日から行う。
 軽トラックを改良した「あるびょん号」で販売するのは、生鮮食品や総菜など約600点。価格は単価100円当たり10円上乗せしている。運行は週3日。月曜日に越水・広岡、水曜日に千代田・近野、金曜日に永田・石館・蓮川の各方面を回り、主にコミュニティ消防センター前で販売する。
 初日は越水周辺を主に巡回し、スタッフが「欲しいものがなければ次回持ってくるよ」「宅配にもできるよ」とPR。各地で客が数人ずつ訪れ、駒田地区の農業、工藤幸一さん(65)は「近くに商店がないから助かる」と肉、牛乳などを購入した。
 自らスタッフの一員として回った長谷川代表理事は「選んで買うって楽しい、話もできて面白いと言われるようにしたい。地域の見守りにもなるので軌道に乗せたい」と意欲を示した。
 巡回先の問い合わせはあるびょん(電話0173-42-8333)へ。

“買い物難民解消へ発車オーライ 青森・つがるで移動スーパー運行開始(Web東奥)” の続きを読む

病は気から「本当」 県南西政懇 本田氏、臨床研究を紹介

情報元 : 病は気から「本当」 県南西政懇 本田氏、臨床研究を紹介茨城新聞社

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180628-00000005-ibaraki-l08

県南西政経懇話会が27日、つくば市小野崎のホテルグランド東雲で開かれ、NPO法人医療制度研究会の本田宏副理事長(64)が「病は気から」と題して講演した。世界中の研究結果に基づき、ストレスや絶望感を持つ人ほど病気になりやすいことを指摘し、「笑いや人との交流が病気を予防する」と訴えた。

本田氏は外科医としての経験や、国内外のさまざまな臨床研究の結果を説明。乳がん患者への性格研究では、がん告知を聞いて「絶望した人」「受け入れた人」「抵抗した人」「闘争心を持って闘った人」の順で余命が短かったとし、「ストレスを感じ、自分はもう駄目だ、と思うと病気になる。性格(考え)を変えることで、お金がかからず副作用がない対策ができる。強い意志と希望が、がん治療成功に影響する」と語った。

病気の予防策としては、「笑い」の大切さや、孤独になりストレスを抱えないことなどを挙げ、「皆で集まって、おしゃべりしたり、意識的に他人と接する機会をつくったりすると良い。多彩な人間関係が、風邪や高血圧も防ぐ」と助言。免疫細胞の一種、ナチュラルキラー細胞の活性化にもつながるとし、「生きがい追求型の幸福が体にストレスを感じないことも証明されている」と強調した。

県南西政懇出席者 (順不同、敬称略) 千葉繁(阿見町長)川島正行(いっしん代表取締役)馬場清康(オークラフロンティアホテルつくば代表取締役社長)東郷治久(サンスイグループ代表)関正樹(関彰商事代表取締役社長)須藤茂(筑西市長)塚田一年(塚田陶管取締役会長)斎田陽介(つくば研究支援センター代表取締役)塩田尚(つくば市議会議長・山中八策の会)中川清(土浦市長)尾形和彦(東京ガスつくば支社長)中川喜久治(中川ヒューム管工業代表取締役社長)塩谷智彦(東京電機代表取締役)藤井信吾(取手市長)市川一隆(ホテルグランド東雲代表取締役)林康夫(水戸証券つくば支店長)大久保司(八千代町長)四本恵子(書家)青木美加(サンツクバ社長) 【掲載は会員名】

“病は気から「本当」 県南西政懇 本田氏、臨床研究を紹介” の続きを読む