火星大接近 明治の人々が楽しんでいた錦絵も(テレビ高知)

情報元 : 火星大接近 明治の人々が楽しんでいた錦絵も(テレビ高知)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-00010000-kutvv-l39
昨夜はみなさん、空を見上げられましたか?きのう、火星と地球が15年ぶりに”大接近”しました。この”大接近”を明治時代の人たちも楽しんでいたことが伺える錦絵があるということで見せていただきました。
きのう午後10時過ぎに芸西天文学習館の天体望遠鏡で捉えた火星の映像です。地球の一つ外側を公転する火星は、およそ2年2か月ごとに地球に接近します。今回は、火星と地球との距離が5759万キロメートルにまで”大接近”しました。6000万キロメートルよりも近い距離になるのは15年ぶりです。
昔の人も、火星が大接近した時は夜空を見上げていたようです。明治時代に見られた火星大接近の貴重な歴史資料を持つ男性が高知市にいます。
島崎歯科医院の院長、島崎誠さんです。島崎さんは趣味で錦絵や昔の新聞などの歴史資料を集めています。
数万点はあるという資料の中に「火星大接近」の絵がありました。明治10年に発行された錦絵で、火星の中心には、西郷隆盛が描かれています。当時は「火星の中に西郷隆盛が見える」と話題になり、「身分を問わず大勢の人が火星を見て願い事をした」と言われています。
「明治維新から混乱が色々あって西郷さんが立ち上がって西南戦争となったわけですけどそういう歴史の流れに興味があるのでそれと火星の大接近が結びついているというのが何とも興味深いと思います」

“火星大接近 明治の人々が楽しんでいた錦絵も(テレビ高知)” の続きを読む

暑さ日本一 陥落? 全国トップの日 旧→7回 新→ゼロ アメダス移設の群馬・館林(上毛新聞)

情報元 : 暑さ日本一 陥落? 全国トップの日 旧→7回 新→ゼロ アメダス移設の群馬・館林(上毛新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180802-00010001-jomo-l10
 全国で記録的な猛暑となっている今夏、暑いまちで知られる群馬県館林市の存在感が薄れている。周辺の環境から「高温になりやすい」と指摘されていた館林の地域気象観測システム(アメダス)が6月に移設されて以降、1度も全国最高気温を記録していないためだ。新旧観測所の最高気温は、気象庁が公表を始めた7月2日からの1カ月平均で、新観測所が0.5度低い結果となった。
 7月2日から1日までの1カ月で、旧観測所(同市美園町)では事実上の「全国最高気温」を記録した日が7日あったが、新観測所(同市富士原町)はゼロ。市によると、4~10月に全国一の暑さとなったのは2017年は12日、16年は7日、15年は20日あった。
 1カ月の最高気温の平均は、旧観測所が約35.0度で、新観測所は約34.5度だった。同期間でみると、暑いことで知られる岐阜県多治見市が約35.4度、7月23日に観測史上最高気温の41.1度を記録した埼玉県熊谷市は約34.6度。県内では伊勢崎市が約34.5度だった。気象庁観測部は館林の結果について、「新旧の0.5度の差は驚く数字ではない。新観測所のデータでも、今まで通り暑いことに変わりはない」と分析した。
 観測所の移設で「日本一」から遠ざかっているものの、意外な余波が生まれた。市内で開催中の「館林の暑さを街の熱さに変える」とスローガンを掲げたグルメ総選挙が、予想以上の盛り上がりをみせている。
 主催する館林商工会議所が、投票数の減少を懸念してエントリー店舗に聞き取りをしたところ、売り上げは上々。担当者は「移設が話題になってメディアへの露出が増え、逆に関心が高まった。6回目の開催で客足が落ち着いてきたところだったので、いい刺激になった」と喜ぶ。
 日本一でなくても、暑さを「災害」と捉え市民を守る取り組みは手を緩めない。市は08年から毎年暑さ対策本部を設置し、1人暮らしの高齢者宅への声掛けやミスト発生装置の貸し出しなどを展開。事務局の地球環境課は「熱中症の搬送者ゼロを目指すのは変わらない」と力を込める。

“暑さ日本一 陥落? 全国トップの日 旧→7回 新→ゼロ アメダス移設の群馬・館林(上毛新聞)” の続きを読む

湯のまち擬人化・温泉むすめ「雲仙伊乃里」が熱い 人気投票中間発表1位 ファンの〝聖地巡礼〟も(長崎新聞)

情報元 : 湯のまち擬人化・温泉むすめ「雲仙伊乃里」が熱い 人気投票中間発表1位 ファンの〝聖地巡礼〟も(長崎新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-00000001-nagasaki-l42
 全国各地の温泉をイメージして擬人化したキャラクターと声優によるクールジャパン戦略の一つ「温泉むすめ」。108人のキャラのうち、長崎県雲仙市の雲仙温泉街をモチーフにした「雲仙伊乃里(いのり)」が、人気投票の中間発表で部門別1位を獲得した。声優のサイン入りパネルがある雲仙温泉観光協会にはファンが“聖地巡礼”で訪れるなど、ホットなにぎわいをみせる。
 「温泉むすめ」は、アニメや漫画のキャラを通じて各温泉街の魅力を国内外へ発信する企画で、3月に始動。内閣府から「クールジャパン企業」に選ばれたイベント運営会社、エンバウンド(東京)が主催する。
 むすめは、「温泉に宿った神様」という設定で、全国3千カ所以上の温泉から選ばれた108人で長崎県は2人。それぞれ別のイラストレーターが描き、違う声優が演じる。
 伊乃里は、101番目のキャラとして5月に誕生した。争いを嫌う慈愛に満ちたシスターという設定で、声優は奥野香耶さん、原画はカグユヅさんが担当。雲仙温泉観光協会によると、奥野さん、カグユヅさんはもともとファンが多いこともあり、伊乃里は登場直後から高い人気を誇っていた。
 雲仙温泉観光協会には奥野さん直筆のサインとメッセージ入りパネルがある。このパネルを会員制交流サイト(SNS)で発信したところ、ファンが続々と訪れ、奥野さんの写真集や「温泉むすめ」の原画集などが同観光協会に寄贈。あっという間に“聖地”となった。
 伊乃里効果に手応えを感じた同観光協会は、連動企画を開始。11日に温泉街である音楽イベント「雲仙△(サンカク)フェス」で、伊乃里の缶バッジを先着100人にプレゼントする。長崎県にもう1人いるキャラクター、「平戸基恵(もとえ)」がいる平戸温泉との連携や、奥野さんを招いたイベントも検討中だ。
 「温泉むすめ」の「総選挙」は13日まで。専用の楽曲が制作される上位入賞を果たせば、さらに人気は高まるとみられる。同観光協会は「雲仙一丸となって後押ししたい」と、応援も一段と熱を帯びている。

“湯のまち擬人化・温泉むすめ「雲仙伊乃里」が熱い 人気投票中間発表1位 ファンの〝聖地巡礼〟も(長崎新聞)” の続きを読む

台風が去り豪雨被災地でボランティアの受け付け再開 倉敷・真備町(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : 台風が去り豪雨被災地でボランティアの受け付け再開 倉敷・真備町(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-00010009-ksbv-l33
 台風が去り、ボランティアが戻ってきました。台風12号の接近により中止していたボランティアの受け付けが倉敷市で再開されました。
 午前10時には、気温が32度を超える中、台風の影響で3日間中止していたボランティアが倉敷市真備町に戻ってきました。31日は、バスに乗って、おかやま山陽高校の生徒もボランティアにやってきました。
(おかやま山陽高校/原田一成 校長)
「子どもたちは力はありますので、幸い夏休みですので、できる人ができることをしっかりとやっていこうと、呼びかけました」
 原田校長の呼びかけに集まったのは、野球部など運動部を中心に131人。中には、家が被災した生徒もいます。
(おかやま山陽高校 野球部/井元将也 元主将)
「自分の家はだいたい終わりました。復興まではまだまだ時間がかかると思うんですけど、できることを自分たちがやっていけたらなと思います」
 県外のボランティアも参加しています。兵庫県姫路市から来た男性は、他のボランティアとチームを組んで活動しています。
 向かった先は被災者の家。冷蔵庫など重い電化製品を軽トラックに積んでいきます。男性が真備町に来るのは2回目で、台風による2次被害も心配していました。
(姫路からのボランティアはー)
「(台風による)雨の被害もあんまり聞いてないんで、よかったかなと思います」
(被災した家の人はー)
「台風はきのうのはもう全然関係なし。きのう来てたらアウトですよここらは」
 汗をかきながらこまめに休憩をとりつつ、2軒の家を手伝いました。
(記者)
「こちらの浸水した家では、家具が運びだされ片付けは進んでいるものの、床下にたまった大量の泥をかき出すために、まだまだ人手が必要です」
(愛知からのボランティアはー)
「きょうは家の泥を排出する作業ですね。ちょっとでも助ければいいなと思いますけど」
 倉敷市災害ボランティアセンターによると、7月24日よりも100人多い、900人を超える受け付けがあったということです。

“台風が去り豪雨被災地でボランティアの受け付け再開 倉敷・真備町(KSB瀬戸内海放送)” の続きを読む

仙台市「フリーアドレス」を試験導入 仕事席が自由に選べ効率UP(仙台放送)

情報元 : 仙台市「フリーアドレス」を試験導入 仕事席が自由に選べ効率UP(仙台放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-00010007-oxv-l04
新しい制度の導入の前と後で様変わりした仙台市の財政局です。市は1日から自分の仕事をする席を自由に選べる「フリーアドレス制」と呼ばれる制度を試験導入しました。
仙台市郡市長
「どうですか?」
男性職員
「凄く風通しが良くて雰囲気も明るくなっていい感じです。」
仙台市が取り入れたフリーアドレス制は、その日ごとに自分の好きな場所で仕事ができる制度のこと。
ノートパソコンや荷物は机ではなく、新たに設置した個人用のロッカーで管理します。
以前は、たくさんの書類などが積み上げられ、机の上は物であふれていましたが、きょうの様子からはすっきりとしたようにも見えます。
男性職員
「机がこういう形になっているので、隣とか周りの人と話しやすくなって仕事がしやすいかなと思う」
職場を変えるフリーアドレス制。
一足早く導入した民間企業では効果を実感する声があがっています。
記者リポート
「こちらのオフィス用品を製造販売する企業では、11年前からフリーアドレスを導入しています」
コクヨ東北販売では働き方改革の一つとして「フリーアドレス制」を導入。
新たなオフィス作りに取り組んできました。
従業員
「例えば印刷をしたい時はコピー機の近く、内務の人と仕事したいという時は近くにと。1番は効率の良さが大きい」
こちらでは違う部署の人が並んで仕事をしていました。
従業員
「いろいろと相談できたり打ち合わせすることができるのがフリーアドレスのメリット」
コクヨ東北販売岡田博昭社長
「キッチンで勉強したりこたつがあるところで勉強したり、そういう子ほど集中力が高まったりとか成績が良かったりということを学校の先生からも聞くんですけど、それと全く同じものを会社の中にも取り入れようと。我々の業界でもチャレンジをしているところです」
さまざまな効果が期待される、フリーアドレス制。
仙台市は効果を検証した上で、来年度以降、他の部局にも導入していく方針です。
仙台市郡市長
「これだと情報共有もスムーズに出来るだろうし、何より職場の風通しが良くなるのは、いろんな意味で仕事の効率性が上がるのではと期待しています」

“仙台市「フリーアドレス」を試験導入 仕事席が自由に選べ効率UP(仙台放送)” の続きを読む

横手の園児らがマラソン大会向け「うちわ」作り 今秋の大会開催へ向け /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 横手の園児らがマラソン大会向け「うちわ」作り 今秋の大会開催へ向け /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180727-00000029-minkei-l05
 10月14日に開催予定の「よこてシティハーフマラソン」向け「応援うちわ」作りが7月25日、市内保育園などで行われた。(横手経済新聞)横手市の「大雄こどもセンター」で行われた「応援うちわ」作りの様子 横手市内の秋を走りながら楽しもうと2016年から開く同大会。昨年、「大雄こどもセンター」(横手市大雄)で子どもらが作った応援うちわが地域住民に好評だったことから、今年も企画した。たいゆう保育園(大雄)でも園児らが制作したほか、むつみ保育園(赤坂)でも予定し、合計100枚以上のうちわを準備する。
 園児や小学生ら約100人は、あらかじめ用意した白いうちわをキャンバスに見立て、思い思いの応援メッセージや絵を描いた。
 同大会を主催するよこてシティハーフマラソン実行委員会PR・渉外専門部会長の高橋秀明さんは「当大会は、ランナーはもちろん、沿道からの応援を工夫することで地域の皆さんにもランナーと共に楽しんでもらえる大会。今年もいい大会にできれば」と話す。

“横手の園児らがマラソン大会向け「うちわ」作り 今秋の大会開催へ向け /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

絶品のブドウいかが 阿波市で出荷始まる 直売所にぎわう(徳島新聞)

情報元 : 絶品のブドウいかが 阿波市で出荷始まる 直売所にぎわう(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180728-03079453-tokushimav-l36
 県内有数のブドウ産地・阿波市土成町で今季の出荷が始まった。栽培農家が設けた直売所は、旬の味覚を求める買い物客らでにぎわっている。
 同市土成町宮川内の三木哲雄さん(63)は約150アールのビニールハウスで、小粒のデラウェアや高級品種のシャインマスカットなど15品種を栽培。近くの直売所には、収穫したてのみずみずしい果実が並んでいる。
 デラウェアの販売価格は例年並みの1キロ800円程度。三木さんの妻玲子さん(58)は「出来は絶品。多くの人に食べてほしい」と話している。
 直売所は国道318号沿いに約10カ所が点在。三木さんの直売所の営業時間は午前8時半~午後5時。9月下旬ごろまで開く。

“絶品のブドウいかが 阿波市で出荷始まる 直売所にぎわう(徳島新聞)” の続きを読む

8人死亡 那須雪崩事故 遺族の高瀬さんが初任教諭ら140人に講話(下野新聞SOON)

情報元 : 8人死亡 那須雪崩事故 遺族の高瀬さんが初任教諭ら140人に講話(下野新聞SOON)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-03055910-soon-l09
 那須町で大田原高の生徒7人と教員1人が亡くなった雪崩事故で犠牲になった矢板市荒井、高瀬淳生(たかせあつき)さん=当時(16)=の母晶子(あきこ)さん(51)は30日、県教委が同町湯本で開いた初任者高校教諭ら向けの危機管理研修で講師を務めた。「生徒の命を預かっていることを忘れないことが危機管理につながる」。晶子さんは時折言葉を詰まらせながら、約140人の教諭らに訴えた。
 研修会は30、31の両日、教科指導などを学ぶ目的で開かれ、県立高と特別支援学校の教諭らが参加。危機管理に関する研修項目は今回初めて設けられ、講話は研修を知った高瀬さんが県教委に打診して実現した。
 高瀬さんはこの日、淳生さんが事故当時していた腕時計と、事故前に撮影された大田原高山岳部の集合写真を持って臨んだ。
 「皆さんの前で話ができることに感謝します」。一礼して話し始めると、事故当日の引率教員の判断に疑問が湧いたことや、事故後の県教委の対応に信頼を置けなかったことなどを率直に語った。
 また県高校体育連盟が事故後に作ったマニュアルの中にある熱中症対策の項目を読み上げ「『注意喚起を行う』『予防に努める』とあるが、表現があいまい」と批判。一定の気温で活動をやめるといった具体的な表記を提案し「経験で判断するのではなく、先生の考え方は統一しないといけない」と強調した。
 約45分間、用意された水に口を付けることなく、話し続けた高瀬さん。「疑問に感じたことは内側から声を上げて」と訴えたほか、最後は「(職業に)教諭を選んだことを誇れる教諭になって」と伝えた。
 聴講した黒羽高の神山雅(かみやままさし)教諭(27)は「改めて気を引き締め、数々の教訓を認識しながら事前に動いていきたい」と話した。

“8人死亡 那須雪崩事故 遺族の高瀬さんが初任教諭ら140人に講話(下野新聞SOON)” の続きを読む

沖縄県知事選告示まで3カ月 事実上の一騎打ちか(琉球新報)

情報元 : 沖縄県知事選告示まで3カ月 事実上の一騎打ちか(琉球新報)琉球新報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-00000009-ryu-oki
 任期満了に伴う県知事選(11月18日投開票)は11月月1日の告示まであと3カ月に迫った。現職の翁長雄志氏(67)は2期目への態度を明らかにしていないが、県政与党は知事が埋め立て承認を撤回した直後にも出馬に踏み切るとみる。一方、野党自民が擁立した宜野湾市長の佐喜真淳氏(53)は8月中旬にも出馬会見を開く予定だ。政府との対立が続く翁長県政への評価や辺野古新基地建設の是非が最大の争点となる。保守、中道勢力が分裂した前回選挙とは打って変わって今回は事実上の一騎打ちとなる公算が大きい。
 翁長氏は承認撤回を表明した7月27日、約1カ月半ぶりに与党県議と面談した。その席上、与党から2期目への出馬を求められ、「一日一日公務を着実にこなし、県民からの負託に応えていきたい」などと、述べるにとどめた。翁長氏が態度を明らかにしない中、政党や労組、企業などで組織する調整会議は、政策委員会を発足し後援会事務所の選定作業に入るなど、翁長氏再選に向けて選挙態勢づくりを急ピッチで進めている。
 一方、翁長氏は当初出席予定だった北海道での全国知事会議や国庫要請のための東京出張を体調を理由に取りやめるなど健康不安説が再燃する。ただ、与党幹部は「抗がん剤治療で日々体調に変化がある。翁長知事は必ず復帰する」と問題視しない考えだ。別の幹部は「今の段階で知事側から後継の話が出ないということは、知事選に自ら出馬するとのメッセージだ」と推し量り、知事の決断を期待する。
 一方、佐喜真氏は7月30日、自民党県連などでつくる候補者選考委員会の出馬要請を受諾。出馬の意思を表明した。月内にも選挙母体となる県民の会発足や政策発表、事務所開きなどを順次行い、選挙戦に備える予定。最大の課題は前回自主投票を決めた公明党との協力関係づくりだ。公明党への協力依頼と並行して維新にも推薦を求める考え。
 県政野党系では他に、元沖縄観光コンベンションビューロー会長の安里繁信氏(48)も出馬を表明している。31日には、自民党県連が仲介する形で佐喜真氏と安里氏による初めての会合が開かれ、候補者一本化に向け協議を本格化させることを確認した。安里氏周辺や自民県連関係者によると、安里氏が支持者に対する説明責任などを果たせば、候補者の一本化は早期に実現するとの見通しを示す。県連幹部の一人は「佐喜真氏と安里氏、そして県連幹部との会合を持つということは、佐喜真氏に一本化する舞台を整えたということだ。分裂選挙になることは絶対にない」と強調した。

“沖縄県知事選告示まで3カ月 事実上の一騎打ちか(琉球新報)” の続きを読む

昭和レトロ漂うまちに グッズ展示 8月2日から魚沼(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 昭和レトロ漂うまちに グッズ展示 8月2日から魚沼(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-00000014-hokuriku-l15
 レコードやおもちゃなど、昭和期の懐かしいグッズを集めた展覧会が8月2日、魚沼市七日市新田の温泉施設「ゆ~パーク薬師」で始まる。昭和レトロを観光振興に生かそうと、市民団体が進めている企画の第1弾だ。
 展示品は、同市青島の介護職員、桜井治さん(57)のコレクションの一部。桜井さんは自宅の隣に昭和をテーマにした「エリア878魚沼博物館」を開いている。おもちゃ、レコード、プロ野球関係資料など約10万点を展示・収蔵。著名人や新潟県内外からマニアが訪れている。
 桜井さんのコレクションに注目したのが市観光協会理事の榎本健二さん(50)。有志と「うおぬまレトロ化計画実行委員会」を結成し、昭和グッズを温泉地や中心商店街の集客につなげようと活動している。
 展覧会は「みて、さわって、あそべる しょうわレトロ展」と題し、レコード、映画ポスター、おもちゃなど約300点を展示する。ゴジラ映画のポスター、特撮番組やアニメのソノシートなど貴重な物だ。テレビゲーム機も展示され実際に遊ぶことができる。
 7月30日には、ゆ~パーク薬師で展示作業が行われた。桜井さん、榎本さん、実行委メンバーの高村保孝さん(35)が大広間のステージ上に展示品を並べた。
 桜井さんは「自分のコレクションが魚沼の活性化に役立てばうれしい」と話し、榎本さんは「これを足掛かりに、他の温泉地やまちなかにもレトロ化を広げたい」と意気込みを語った。
 今回の展覧会は、レトロ化計画実行委の働き掛けにゆ~パーク薬師が応じて実現した。総支配人の星勝義さん(49)は「昭和レトロのファンは相当数いると思う。企画を単発で終わらせず、成果があれば定期的な開催も検討したい」と期待を寄せた。
 同展は8月26日まで。4、14、25日は桜井さんによる展示品の解説が行われる。観覧には施設の入館料(大人650円、3~11歳400円)が必要。8、22日は休館。問い合わせは「ゆ~パーク薬師」、025(792)5554。

“昭和レトロ漂うまちに グッズ展示 8月2日から魚沼(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む