「特別な感情ない」 坂本弁護士元同僚の小島さん(カナロコ by 神奈川新聞)

情報元 : 「特別な感情ない」 坂本弁護士元同僚の小島さん(カナロコ by 神奈川新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180727-00028029-kana-l14
 1989年11月に起きた坂本堤弁護士一家殺害事件に関与し、事件解明のキーパーソンになった岡崎一明死刑囚(57)の刑が26日、他の確定死刑囚とともに執行された。坂本弁護士を知る元同僚弁護士は「彼に対してだけの特別な感情はない」と語った。
 岡崎死刑囚は、坂本弁護士=当時(33)、妻都子さん=同(29)、長男龍彦ちゃん=同(1)=の3人を殺害した実行犯の1人。一家3人の遺体は新潟、富山、長野県内の山中などに埋められたが、岡崎死刑囚が具体的な供述をしたことで遺棄現場の特定につながった。
 「95年の一家の遺体発掘時に、警察車両の中で待機する岡崎死刑囚を見掛けた」と振り返るのは、坂本弁護士が所属していた事務所の先輩に当たる小島周一弁護士(62)。遺体発見後に遺棄現場で逮捕され、車中でしょんぼりしていた姿が印象に残っているという。
 岡崎死刑囚は90年にも、龍彦ちゃんの遺棄現場を示唆する手紙を県警や弁護士事務所に匿名で送付していた。手紙を基に県警が現場を捜索したが、この時は発見に至らず、それから5年後、松本サリン事件や地下鉄サリン事件を経た95年に数メートル離れた場所で龍彦ちゃんの遺体は見つかった。
 小島弁護士は「彼の供述が解明の突破口になったのは間違いないが、それが心からの反省によるものだったのかどうかは分からない」と指摘。岡崎死刑囚の一審の公判では、坂本弁護士の母さちよさんの代わりに証言台に立ち、遺族としての厳しい処罰感情を代弁したこともあった。
 「他の死刑囚に比べ、岡崎死刑囚とは一番多くの接点があった」と小島弁護士。今回の死刑執行に特別な感情はないとしつつも、「これでよかった、ほっとしたという気持ちにはとてもならない」と、複雑な心境も明かした。
 「こういう犯罪が起こってしまう社会の根っこの部分を考え続けることが、必要ではないか。それが、事件の再発を少しでも防ぐためのすべになると思う」。一連の事件の死刑囚13人全員の執行が終わった節目に、改めて訴えた。

“「特別な感情ない」 坂本弁護士元同僚の小島さん(カナロコ by 神奈川新聞)” の続きを読む

30分間回泳、児童が挑戦 3日間で97校8千人 浜松(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)

情報元 : 30分間回泳、児童が挑戦 3日間で97校8千人 浜松(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)静岡新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180727-00000020-at_s-l22
 浜松市内の小学5年生がプールで足を付かずに泳ぎ続ける恒例の「30分間回泳」(市教委など主催)が26日、西区の市総合水泳場トビオで始まった。27、30の両日と合わせて計3日間で97校の約8千人が挑戦する。
 海や山に囲まれた同市で水難事故から身を守るとともに、泳力を向上させて自信を養おうと毎年開催。初日は35校から約2400人が参加した。
 グループに分かれてスタートの合図で一斉に泳ぎ始め、クロールや平泳ぎ、背泳ぎなど自由な泳法でプール内を周回。思い思いのペースで泳ぐ児童にプールサイドの教員が励まし、30分間泳ぎ切ると他校の児童や保護者からも拍手が送られた。

“30分間回泳、児童が挑戦 3日間で97校8千人 浜松(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)” の続きを読む

[NIE]新聞と歩む 復興、未来へ ◆花巻東高校(岩手日日新聞社)

情報元 : [NIE]新聞と歩む 復興、未来へ ◆花巻東高校(岩手日日新聞社)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180726-00010005-iwanichi-l03
 2017年度にNIE新規実践指定校となった花巻市松園町の花巻東高校。「表現力の向上と主体的に意見表明に取り組む姿勢の育成」を掲げ、文章表現によって言葉の重みが実感できる学習に全校で取り組んでいる。
 各学年で総合学習の時間を使い実践。各紙で報じられたニュースから問題点などを見つけて考える「課題作文」の製作などを行っている。
 6月27日は、国語科教諭で同校NIE統括責任者を務める夏井友也教諭(44)らの指導で、3年生約180人が学んだ。一人ひとりが新聞記事を参考に、進路選択について紙面風にまとめた「進路新聞」づくりなどに挑戦。各教室には授業のために全国紙、地方紙、業界紙などが用意され、数紙を読み比べる生徒の姿もあった。
 授業を受けた林颯太君(18)は、目に留まった経済ニュースやコラムを参考に記事を執筆。「文字が多くて難しい印象だったが、読んでみると、いろんな意見が発見できた。新聞は世の中を知ることができる」と発見できた様子。看護師志望という佐藤花音さん(18)も「医療コーナーや看護の記事などを切り抜いている。関連する話題が近くに掲載されているなど、新聞は内容が頭に入ってきやすい」と話し、理解を深めていた。
 夏井教諭は「あるニュースに対し表層的なコメントしかできなかったのに、それについて自分で話し、解決策を書くまでになる生徒もいる。知識だけのレベルにとどまらず、ニュースを身近な出来事として捉えられるなど、徐々に変わってきたと感じる」と、新聞による教育効果を指摘する。
花巻東高校
 私立の全日制普通高校。前身の花巻商業高と谷村学院高が1982年に合併し現校名となる。特別進学やアスリート特進などのコースを設置。硬式野球やソフトボール、サッカーなどスポーツが盛ん。小田島順造校長。生徒640人。花巻市松園町55の1。
NIEとは?
 Newspaper in Educationの頭文字で、「エヌ・アイ・イー」と読む。「教育に新聞を」と訳し、米国で始まった運動で、わが国では1989年から新聞界を挙げて取り組んでいる。

“[NIE]新聞と歩む 復興、未来へ ◆花巻東高校(岩手日日新聞社)” の続きを読む

宮崎県出身のプロ棋士が直接指導 綾町で将棋の強化合宿(MRT宮崎放送)

情報元 : 宮崎県出身のプロ棋士が直接指導 綾町で将棋の強化合宿(MRT宮崎放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180726-00010002-mrt-l45
ここからプロ棋士が生まれるのでしょうか。宮崎県出身のプロ棋士が直接指導する将棋の強化合宿が綾町で始まりました。(田島記者)「こちらが合宿が行われている部屋ですが、子供たちが真剣な表情で将棋盤に向かっています」
 日南市出身のプロ棋士、高崎一生六段が親子2代に渡って毎年開いているこの強化合宿。2泊3日のスケジュールでみっちり将棋の指導が受けられ、県内外から小学生から高校生までの約40人が参加しています。合宿では、高崎六段のほか、宮崎市出身の都成竜馬五段も直接子供たちを指導し、会場には、パチパチと将棋を指す音が響き渡りました。
(参加者)「都成さんや高崎さんみたいにプロ棋士になりたいです」「女の人では、将棋のプロ棋士になっている人がいないので、最初になりたい」
(高崎一生六段)「この中からプロを目指すような子が、今までもいましたし、これからも出てくれたらなと」
 プロ棋士を夢見る子供たちは合宿中、朝から晩まで将棋漬けになって、レベルアップを目指します。

“宮崎県出身のプロ棋士が直接指導 綾町で将棋の強化合宿(MRT宮崎放送)” の続きを読む

出産した乳児を殺害・遺棄 容疑で18歳少女逮捕 結城署(茨城新聞クロスアイ)

情報元 : 出産した乳児を殺害・遺棄 容疑で18歳少女逮捕 結城署(茨城新聞クロスアイ)茨城新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180725-00000011-ibaraki-l08
自身が出産した男児を殺害し、遺体を軽乗用車内に遺棄したとして、結城署は25日、殺人と死体遺棄の疑いで、結城市、自称介護士、少女(18)を逮捕した。
逮捕容疑は19日ごろ、自宅トイレで産んだ男児を殺害し、遺体を自宅敷地内に駐車していた軽乗用車内に遺棄した疑い。同署は少女の認否を明らかにしていない。
同署によると、20日午前1時半ごろ、栃木県内の病院から「赤ん坊を産み落とした可能性のある患者が来ている」と、同署に通報があった。少女は体調を崩したとして、両親に付き添われて来院した。同日午前5時40分ごろ、同署員が軽乗用車内で透明のビニール袋に入れられた男児の遺体を見つけた。
男児は身長約50センチ、体重約3300グラム。同署は24日、司法解剖して男児の死因を調べた。死因の特定には至らなかったが出産時に生きていたことが判明した。少女は独身で、両親ときょうだいの5人暮らし。

“出産した乳児を殺害・遺棄 容疑で18歳少女逮捕 結城署(茨城新聞クロスアイ)” の続きを読む

人影のない夏休みのプール…記録的猛暑で学校のプール開放中止(UTYテレビ山梨)

情報元 : 人影のない夏休みのプール…記録的猛暑で学校のプール開放中止(UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180725-00000001-utyv-l19
こちらは夏休みの小学校のプールですが、ごらんのように誰もいません。
山梨県内の小学校では熱中症を避けるため、夏休みのプールの開放を中止する学校が出始めています。
山梨県内で最も児童数が多い甲府市の山城小学校のプールです。
普段は夏休みの児童たちでにぎわっていますが、学校側は25日から2週間プールの開放を中止しました。
これは記録的な猛暑によって水温やプールサイドの温度が上がり、学校までの通学を含めて子どもたちが熱中症にかかるおそれがあるためです。
「(プール開放中止は)本当に残念だが、こういった酷暑はそうあることではないので、子どもたちには我慢してもらいたい」(山城小学校竜沢規之教頭)。
県教育委員会は各市町村に、県内の気温が35度以上になる日などは子どもたちの外での運動や学校でのプールの開放を原則中止するよう通知しています。
このうち甲府市では公立25の小学校のうち7校がプールの開放を中止、5校は開放する期間を短縮する措置をとり、猛暑に伴う影響は夏休みの子どもたちにも拡大しています。
[UTYテレビ山梨]

“人影のない夏休みのプール…記録的猛暑で学校のプール開放中止(UTYテレビ山梨)” の続きを読む

図書館や科学館などが入った複合施設 オーテピアオープン(テレビ高知)

情報元 : 図書館や科学館などが入った複合施設 オーテピアオープン(テレビ高知)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180724-00010000-kutvv-l39
図書館や科学館などが入った複合施設=オーテピアがきょうオープンしました。セレモニーには、オープンを待ちわびた大勢の人が訪れていました。
きょうオープンしたオーテピア。5階建てで、高知県と高知市の図書館を合体させたオーテピア高知図書館と高知みらい科学館、オーテピア高知声と点字の図書館が入った複合施設です。オープニングセレモニーでは尾崎知事が、構想から8年かけて完成したオーテピアに、期待の言葉を述べました。
図書館は中四国最大級で、205万冊が収蔵可能です。追手前小学校の跡地に建てられたこの施設、学校の卒業生の姿もありました。
図書館では毎週土曜日に行われる本の読み聞かせをはじめ、様々なイベントが予定されています。
平日は1日5回、土日は1日7回の投影が予定されているプラネタリウム。初日のきょうは日本科学未来館館長で宇宙飛行士の毛利衛さんがゲストとして駆けつけました。
プラネタリウムは直径が12メートルのドーム型で座席数は82席。最新式の投影装置が導入されていて、街の様子と星を同時に映すことができます。
サイエンススクエアというスペースでは、理科の教諭が1日3回、実験を通して科学の楽しさを伝えます。初回のショーには大勢の親子連れが訪れ、鉄や小麦粉は、塊の状態では燃えないものの、粉状にすることで酸素と融合し爆発することなどを学んでいました。
また、正面入り口手前には追手前小学校のメモリアルスペースが設けられています。きょうははりまや橋小学校の3年生や卒業生たちが追手前小学校の校歌を歌いながら、新たに完成した石碑の除幕を行いました。平成25年3月の閉校まで141年の歴史を刻んできた追手前小学校。5年半を経て新たな歴史が刻まれることに卒業生の思いもひとしおです。
高知市中心部に新たに完成したオーテピア。文化の拠点となることはもちろん、人の流れがもたらす経済の活性化にも大きな期待が寄せられています。

“図書館や科学館などが入った複合施設 オーテピアオープン(テレビ高知)” の続きを読む

リウボウ70周年(下) 世界市場視野に(琉球新報)

情報元 : リウボウ70周年(下) 世界市場視野に(琉球新報)琉球新報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180726-00000022-ryu-oki
◆原点回帰し新展開へ/ホールディングス 糸数剛一会長
 終戦から3年という物資の乏しい時代に誕生し成長を続けてきたリウボウグループは今、国境や業種さえも超えた大競争時代を迎えている。リウボウホールディングスの糸数剛一会長がキーワードに上げたのは、世界を相手にビジネスをするという「原点回帰」だ。
 地域や時間の制約が少ないインターネット通販の成長や他業種の参入により、競争環境は激化している。一方でITの発展や技術の進歩を背景に、アイデア次第で大きな飛躍を遂げる企業も現れている。「やる気と知恵と実行力さえあれば何でもできる時代だ。日本本土から遠く離れた沖縄でも、新しいビジネスモデルを考えれば勝てる」と前向きに捉えている。
 新たなモデルとして、県内だけで過当競争に陥るのではなく、世界を対象にしたビジネスに乗り出している。2017年には、共同出資で設立した会社がベルギーの高級チョコレートブランド「Galler(ガレー)」の日本販売代理店となり、全国でガレーブランドを販売した。台湾ではこれまで知られていなかった沖縄の商品を相次いで出し、高い評価を得た。糸数会長は「もう一度琉球貿易という原点に戻って世界を相手に仕入れ、さらに沖縄の良い物を世界中で売って行く。100年企業を目指すためにも、マーケットは世界軸にする」と意気込む。
 人材育成にも力を注ぐ。県外の大手企業などから貿易実務やITなどさまざまな分野のプロを採用し、一緒に仕事をすることで自社の若手や中堅社員に経験を積ませている。「変革のスピードを上げたい。5年後、10年後には国際性があり、東京と比べても遜色のない人材を育てたい」と話す。
 革新的な取り組みを続ける糸数会長だが、先人への畏敬の念は強い。「あの貧しい時代にリスクを取って起業した先人は本当にすごい。先人が現在のわれわれを見て、トホホと思ってしまうようでは申し訳ない。70周年を機に覚悟と気持ちを新たにし、世界に出て行くことで沖縄に恩返しをしたい」と言葉に力を込めた。

“リウボウ70周年(下) 世界市場視野に(琉球新報)” の続きを読む

高校生が災害ボランティア 高知・宿毛市(テレビ高知)

情報元 : 高校生が災害ボランティア 高知・宿毛市(テレビ高知)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00010002-kutvv-l39
住宅の浸水や土砂崩れなどの被害が出た宿毛市では、須崎市の高校生がボランティアに参加し、災害復旧活動を手助けしました。
宿毛市を訪れたのは県外出身者が多い、明徳義塾高校のソフトテニス部や相撲部などの生徒41人と教諭らです。一行は社会貢献活動の一環で災害ボランティアに参加し、2つの班に分かれて被災した地区に入りました。このうち小深浦地区では住宅の裏山が崩れて土砂が溜まっていて、生徒達はスコップで土砂をすくって袋に詰めたり土のうを運んだりしていました。
「結構、しんどいですけど、ここの民家の人が土が無くなることによって生活が良くなると思うのでその人のために頑張りたいと思います。」
「うれしいことですよ。若い子らが一所懸命やってくれたらどれだけはかどるかわからん。」
また、もう1班は小筑紫町の内外ノ浦地区で活動しました。こちらでは住宅の裏山が崩れ、防護柵の隙間から土砂が流れ出し道路を塞いでいたといいます。生徒達はスコップやクワを使って道路から土砂をかき出したり側溝に溜まった土砂を取り除いたりしました。
「大変ですけどみんなと力を合わせてやったら楽しくできていいです。ちょっと暑いです。」
強い日差しが照りつけ汗を流して作業をする生徒達。スポーツドリンクやスイカで水分を補給しながらボランティア活動に取り組んでいました。

“高校生が災害ボランティア 高知・宿毛市(テレビ高知)” の続きを読む

オウム真理教の死刑囚 名古屋拘置所では岡崎死刑囚と横山死刑囚の2人死刑執行(中京テレビNEWS)

情報元 : オウム真理教の死刑囚 名古屋拘置所では岡崎死刑囚と横山死刑囚の2人死刑執行(中京テレビNEWS)中京テレビNEWShttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180726-00010002-ctv-l23
 オウム真理教を巡る一連の事件で、法務省は26日、教団元幹部ら残る死刑囚6人全員の死刑を執行しました。今月6日に7人の死刑が執行されており、これで13人全員の死刑が終了しました。名古屋拘置所では26日、岡崎一明死刑囚と横山真人死刑囚の2人の死刑が執行されました。
 岡崎死刑囚は1989年、オウム真理教問題に取り組んでいた坂本弁護士一家3人を殺害したなどして、横山死刑囚は1995年に発生した地下鉄サリン事件に関与したとして、それぞれ死刑が確定していました。
 岡崎死刑囚と横山死刑囚の2人は今年3月、東京拘置所から名古屋拘置所に移送されていました。
 移送後の5月に横山死刑囚の弁護士が面会に訪れたところ、事件については一切ふれず、淡々と話していたということです。また、岡崎死刑囚の支援者も拘置所を訪れていましたが、面会できませんでした。ただ、支援者と手紙のやりとりはしていました。
 これまでの取材で、岡崎死刑囚が支援者に送った手紙には「全ての真相を積極的に話していきたい」などと記されていました。

“オウム真理教の死刑囚 名古屋拘置所では岡崎死刑囚と横山死刑囚の2人死刑執行(中京テレビNEWS)” の続きを読む