宮崎・延岡にジビエ処理加工施設完成(MRT宮崎放送)

情報元 : 宮崎・延岡にジビエ処理加工施設完成(MRT宮崎放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00010004-mrt-l45
 宮崎県内で初めての取り組みです。シカやイノシシの食肉、いわゆる「ジビエ」の消費拡大を図ろうと、国の交付金を活用した処理・加工施設が延岡市に完成し、16日落成式がありました。延岡市で行われた落成式には関係者約50人が出席。テープカットをして完成を祝ったあと、さっそく施設内を見学しました。この施設は、延岡市が農林水産省からジビエ利用のモデル地区として選定されたのを受け、市内でジビエを販売している民間会社「マツダコーポレーション」が国の交付金約4500万円を含む、総事業費9800万円余りをかけて整備したものです。施設内には「解体」から「加工」、それに「こん包」までの一連の作業ができる専用の部屋が設けられています。
(マツダコーポレーション・松田秀人社長)「ジビエでおいしい肉を提供して観光客が呼べるようなシステム、流れを作っていきたい」
 施設では、来年1年間のジビエの加工処理数を1000頭と見込んでいて、高品質な「ジビエ」の安定供給を目指したいとしています。

“宮崎・延岡にジビエ処理加工施設完成(MRT宮崎放送)” の続きを読む

JR苗穂新駅舎開業「元気です北海道号」出発(HBCニュース)

情報元 : JR苗穂新駅舎開業「元気です北海道号」出発(HBCニュース)北海道放送(株)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00000001-hbcv-hok
JR苗穂駅の新駅舎が17日開業し、記念のリゾート列車「元気です北海道号」の出発式が行われました。
新しくできた苗穂駅の駅舎は、1910年・明治43年の開業から数え3代目で、これまでよりおよそ300メートル札幌駅よりに移転して2階建ての橋上駅となりました。17日は新駅舎の開業を記念して、苗穂・ニセコ間にリゾート列車「元気です北海道号」が運転され、出発式が行われました。また新駅舎の開業記念した入場券も発売され、買い求める人が行列を作りました。記念切符は表に新駅舎、裏に旧駅舎の写真がデザインされ、販売枚数は4000枚です。駅に隣接してつくられた自由通路も17日から通れるようになりました。

“JR苗穂新駅舎開業「元気です北海道号」出発(HBCニュース)” の続きを読む

陸上自衛隊が住民説明会で謝罪 訓練中の砲弾で車が被害 滋賀・高島市(関西テレビ)

情報元 : 陸上自衛隊が住民説明会で謝罪 訓練中の砲弾で車が被害 滋賀・高島市(関西テレビ)関西テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181118-02104405-kantelev-l25
滋賀県の陸上自衛隊の演習場からの砲弾で民間の車が被害を受けた問題で、初めて地元住民への説明会が行われ、陸上自衛隊が謝罪しました。
今月14日、滋賀県高島市の陸上自衛隊・饗庭野演習場で、迫撃砲の射撃訓練中に砲弾が国道近くに着弾し、近くの車のガラスが割れました。
17日、地元住民への説明会が初めて行われ、3年前にも射撃訓練でミスがあったことを指摘する声や、危険性の認識を問う声などが上がりました。
【地元住民は】
「こういう事案が、度々起こるということは、非常に住民としては耐えられない。ここには恐ろしくて住んでおられへん」
陸上自衛隊は住民に謝罪し、隊員の技量や装備品など幅広い観点から調査を行っていると説明しました。

“陸上自衛隊が住民説明会で謝罪 訓練中の砲弾で車が被害 滋賀・高島市(関西テレビ)” の続きを読む

琉球コラソン、ついに10連敗 ハンドボール 豊田合成に22-25(沖縄タイムス)

情報元 : 琉球コラソン、ついに10連敗 ハンドボール 豊田合成に22-25(沖縄タイムス)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181118-00346431-okinawat-oki
 ハンドボール日本リーグ男子暫定9位の琉球コラソンは18日、愛知県の豊田合成アリーナで今季第11戦を行い、同2位の豊田合成に22―25で敗れて10連敗を喫した。1勝10敗。
 次戦は23日午後2時、広島県安芸高田市の湧永満之記念体育館で同5位の湧永製薬と対戦する。

“琉球コラソン、ついに10連敗 ハンドボール 豊田合成に22-25(沖縄タイムス)” の続きを読む

外国人留学生と企業をつなぐイベント(RKK熊本放送)

情報元 : 外国人留学生と企業をつなぐイベント(RKK熊本放送)RKK熊本放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00000002-rkkv-l43
熊本で就職したい外国人留学生と企業を繋ぐ人材イベントを熊本市が初めて開きました。外国人留学生の就職支援は、先月、県内339の企業・団体でつくる県工業連合会から熊本市へ手渡された施策提言書に2年連続で盛り込まれていて、これを受ける形でイベントが企画されました。
「鹿児島では留学生向けの人材イベントがなかなかなくて。日本がずっと好きだったから、日本で就職したいです」(鹿児島の大学に通うベトナム人留学生)
イベントには、製造業や建設業などの県内外の企業18社と、韓国、中国、ベトナムといったアジアからの留学生30人あまりが参加し、企業紹介の後、働き方や採用活動での文化の違いなどについて意見を交わしていました。

“外国人留学生と企業をつなぐイベント(RKK熊本放送)” の続きを読む

スーパー女性刺傷、殺人未遂容疑で男逮捕 背後からいきなり刺す(京都新聞)

情報元 : スーパー女性刺傷、殺人未遂容疑で男逮捕 背後からいきなり刺す(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00000027-kyt-l26
 16日午後2時5分ごろ、京都市左京区高野東開町のスーパー「イズミヤ高野店」で、1階レジ付近にいた従業員の女性(35)が、男に包丁で背中と首の数カ所を刺された。女性は救急搬送時、意識はあったという。京都府警は午後3時すぎ、逃走したとみられる男を現場から北東約200メートルの自宅マンションで発見し、殺人未遂の疑いで緊急逮捕した。
 下鴨署によると、男は左京区一乗寺赤ノ宮町、無職の男(45)。「僕が包丁で刺したことに間違いない」と容疑を認めているという。男が着ていた服と、自宅から見つかった包丁には血のようなものが付着していたという。
 逮捕容疑は、1階食料品売り場のレジ付近で、仕事中の女性に背後から近づき、背中と首をいきなり刺した疑い。下鴨署の説明では、男は事件当時、野球帽をかぶり、マスクを着用していたという。
 男とみられる男が包丁を持ったまま現場から逃走した後、自宅マンションに向かう姿が付近で目撃されていた。同マンションに駆けつけた捜査員が、自宅にいた藤井容疑者から事情を聴いたところ、犯行を認めたため、緊急逮捕した。
 関係者によると、男は約6年前から同マンションで1人暮らしをしていた。2~3カ月前から、他の居住者との間で騒音などをめぐってトラブルを起こしていたという。
 現場は叡山電鉄茶山駅から北西約400メートルの商店や住宅が立ち並ぶ地域。

“スーパー女性刺傷、殺人未遂容疑で男逮捕 背後からいきなり刺す(京都新聞)” の続きを読む

楠木正成大河ドラマ誘致協に京都市も加盟 「しっかり連携」(産経新聞)

情報元 : 楠木正成大河ドラマ誘致協に京都市も加盟 「しっかり連携」(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00000014-san-l27
 「楠公さん」の愛称で知られる南北朝時代の武将・楠木正成と嫡男・正行をテーマにNHK大河ドラマ化実現を目指す自治体で作る誘致協議会に京都市が加盟することが決まり、16日、協議会会長の島田智明・河内長野市長らが門川大作・京都市長を表敬訪問した。
 この日、門川市長のもとを訪れた島田市長は「京都は日本の歴史を語るうえで欠かせない。京都市が入ってくれたことで、ますます大河(ドラマ化実現)に近づいた」と期待を寄せた。
 門川市長も「子供の頃に楠木正成の本を読み、強烈な印象が残っている。今の日本を作った先人をしっかりと学び、地域振興に生かすことは非常に大事。しっかりと連携し(大河ドラマ化実現に)取り組んでいきたい」と語った。
 『太平記』では、隠岐から帰って鎌倉幕府を倒した後醍醐天皇が、楠木正成の先導で京都に帰還したと記されている。こうした点を捉えても、京都は正成を語るうえで欠かせない場所のひとつといえ、京都市へも参加を呼びかけたところ、9月下旬に加入が決まった。誘致協議会は今年4月に25市町村で発足。近畿を中心に、京都、神戸、大阪、堺と関西の政令指定都市すべてを含む5府県35市町村が加盟済み。

“楠木正成大河ドラマ誘致協に京都市も加盟 「しっかり連携」(産経新聞)” の続きを読む

実りの秋を満喫! 農業試験場で野菜即売会とイモ掘り体験 和歌山・紀の川市(ABCテレビ)

情報元 : 実りの秋を満喫! 農業試験場で野菜即売会とイモ掘り体験 和歌山・紀の川市(ABCテレビ)ABCテレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00010003-asahibcv-l30
和歌山県紀の川市の県農業試験場で、農産物の即売や収穫体験イベントなどがけさから開催されています。
この催しは、和歌山県紀の川市貴志川町の県農業試験場で毎年開かれています。きょうは、試験場内で栽培されたキャベツやハクサイ、大根など新鮮な野菜が即売され、朝から大にぎわい。特に、子どもたちを対象にしたサツマイモ掘りと収穫体験が、人気を拍しています。子どもたちは「がんばれー」「採れた、いっぱい採れた。採れて良かった」と喜んでいました。この「ふれあいデーin農業試験場」の催しは、午後3時まで開催されています。

“実りの秋を満喫! 農業試験場で野菜即売会とイモ掘り体験 和歌山・紀の川市(ABCテレビ)” の続きを読む

10県知事会議 南海トラフ対策強化を 山本防災相に提言(愛媛新聞ONLINE)

情報元 : 10県知事会議 南海トラフ対策強化を 山本防災相に提言(愛媛新聞ONLINE)愛媛新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-17002801-ehime-l38
 愛媛県などで組織する「南海トラフ地震による超広域災害への備えを強力に進める10県知事会議」の代表世話人・尾崎正直高知県知事らが16日、東京・霞が関の内閣府で山本順三防災担当相(参院愛媛選挙区)に会い、医療救護体制の強化など南海トラフ地震対策の充実強化を求める13項目の政策提言書を提出した。

“10県知事会議 南海トラフ対策強化を 山本防災相に提言(愛媛新聞ONLINE)” の続きを読む

「意外と知らない公的支援制度」豪雨災害 被災者の生活再建相談(テレビ新広島)

情報元 : 「意外と知らない公的支援制度」豪雨災害 被災者の生活再建相談(テレビ新広島)広島ニュースTSShttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00000007-tssv-l34
豪雨災害の被災者の生活再建や心身のケアをサポートしようと開設された『地域支え合いセンター』が初めて相談会を開き、専門家が支援制度などについて被災者にアドバイスをしました。
『地域支え合いセンター』は被災者の生活再建や心身のケアなどを支援しようと13の市や町が社会福祉協議会に委託するなどして、開設したものです。
きょう坂町で開かれた初めての相談会では、弁護士や司法書士などの専門家が個別の相談に応じました。
【坂町坂西で被害にあった古本宗明さん】
「床下(浸水)だったんでまだ家財には(被害が)ないんですけど後の処理が想像を絶する状態」
車も1台廃車となった古本さん。床下浸水だったことから公的な支援は受けられないものと思っていましたが…。
【古本さん】
「(公的支援の対象は)床上ということだけしかなくて床下は対象外ですと出てるから。
相談する場所がなかった」
【広島弁護士会災害対策委員会・今田健太郎委員長】
「床下浸水であっても今後まだ義援金が第2次までしか出てないから第3次第4次だと床下まで対象に含めて支給されることがある。申請をしておかないとこれは。申請主義だから」古本さんは早速、その足で罹災証明書を役場に提出しました。
【坂町坂西で被害にあった古本宗明さん】
「受け付けてもらえました。あきらめてたんですけどこれでちょっと光が」
【広島弁護士会災害対策委員会・今田健太郎委員長】
「専門家やいろんな人の話を聞いてみて、あ、それは申請しておいたほうがいいんだなということを実感していただくこともできる。向き合って相談するということが大事かなと思いますね」
『地域支え合いセンター』は今後も相談会や自宅訪問などを通じ被災者への支援を続けていく方針です。

“「意外と知らない公的支援制度」豪雨災害 被災者の生活再建相談(テレビ新広島)” の続きを読む