枕元に着物の男、屋根にわら人形… 認知症で幻覚「負けてたまるか」(福井新聞ONLINE)

情報元 : 枕元に着物の男、屋根にわら人形… 認知症で幻覚「負けてたまるか」(福井新聞ONLINE)福井新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00010002-fukui-l18
 夜中、枕元に着物を着た男が3人立っていた。「『あんたら誰?』って聞いても黙っていて、気持ち悪かった」。福井県内に住む真智子さん(82)=仮名=が初めて経験した幻覚だ。
 2010年ごろ、レビー小体型認知症と診断された。症状はさらに進んだ。屋根の上に、わら人形が何百体も並び、自宅の庭をわら人形を載せたトラックが何十台も駆け抜けた。浴槽にたくさんの魚が浮かんでいるのが見えて、風呂に入れないことも。
 幻覚の影響で、いすをひっくり返したり、テーブルに置いてあるものを投げつけたりもした。家族に訴えても信じてもらえず「つらかった」と振り返る。
 真智子さんに記憶障害はほとんどなく、会話に不自由はない。それでも、幻覚は見えてしまう。本人も家族も、そのギャップに苦しむ。
  ■  ■  ■
 「同じ病気の人と話がしたかった。心のよりどころがほしかった」。真智子さんは同県あわら市に認知症予防を目的とした「オレンジカフェ」があることを知り、2年前から妹(78)と一緒に訪れるようになった。
 週に1回のカフェにレビーの人はいなかったが、多くの人に出会った。認知症の人たちと会話やクイズを楽しむのは貴重な時間だ。「ここに来てから、幻覚があっても負けてたまるかと思うようになった。自分が強くなった」と感謝する。
 認知症の人や家族が集い、情報交換や、悩み相談などをする「認知症カフェ」は県内に38カ所(2017年6月現在)ある。13年の3カ所から大幅に増加している。15年に政府が策定した認知症の国家戦略「新オレンジプラン」では20年度末までに全市区町村での設置を目指している。
  ■  ■  ■
 13年に開設された福井市渕3丁目の「心愛」は毎週土曜日に開催。利用者の多くは初期の認知症で、17年度は家族を含め延べ約840人が利用した。
 カフェを運営する県立すこやかシルバー病院(福井市)の指定管理者、認知症高齢者医療介護教育センターの高嶋康子さん(53)は「初期の場合、日常生活に支障はないのに、『何かミスをして責められるのでは』という不安から、老人会などの地域活動を敬遠し、家に閉じこもりがちになる。そういう人の居場所にしたかった」と話す。
 ただ何年もカフェをやっていると、家族の形を垣間見ることがある。「多くの場合は配偶者が本人を連れてくる。子どもが親を連れてくるケースはほとんどない」。高齢者世帯の増加だけでなく、親子関係の希薄さを感じることもあるという。県内のあるケアマネジャーは「認知症のことで県外の子どもに連絡しても、取り合ってもらえず、施設入所の手続きすらできない」と嘆く。
 高齢者が高齢者を介護する「老老介護」だけでなく、認知症の人が認知症の人を介護する「認認介護」も珍しくない時代。ある看護師は「どちらかが入院すべき状況になっても、残された人は一人で生活することができないため、入院を諦めるケースがある」と打ち明ける。
 高嶋さんは「働いている現役世代には、自分の親に認知症の予防サロンに行くのを勧めるとか、初期のうちからデイサービスセンターに通うようにするなど、積極的にかかわってほしい。そうすれば本人の認知症の進行を抑えるだけでなく、後々の介護もしやすくなる」と呼び掛ける。

“枕元に着物の男、屋根にわら人形… 認知症で幻覚「負けてたまるか」(福井新聞ONLINE)” の続きを読む

絶景!境内一面に約1,400株のあじさい咲く/秋田(CNA秋田ケーブルテレビ)

情報元 : 絶景!境内一面に約1,400株のあじさい咲く/秋田(CNA秋田ケーブルテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00010003-cnaakitav-l05
秋田県男鹿市北浦の雲昌寺(うんしょうじ)で、境内のあじさいが満開となって見頃を迎えています。
元々は境内に一株のみ咲いていた雲昌寺のあじさい。副住職の古仲宗雲(しゅううん)さんが15年にわたり愛情を注ぎ増やし、現在は約1,400株にも至ります。
今年から、あじさいの維持管理協力金として高校生以上は観覧が有料となりましたが、快晴のこの日、平日にも関わらず大勢の人が訪れ、あじさいを眺めていました。
また、あじさいを一望できるよう、古仲さんの発案で昨年見晴らし台を作り、訪れた人たちのほとんどがその場所で写真を撮っていました。
例年、開花シーズンに約2万人が訪れているとのことですが、雑誌やポスター等に取り上げられたことで、今年は早くも1万人を超える人たちが訪れたとのことです。
古仲さんは「今後は、あじさいの見た目を綺麗にし、ここにしかない独自性と魅力を発信して、地域の活性化に貢献したい」と話していました。
雲昌寺のあじさいの見頃は、7月中旬頃までとのことです。

“絶景!境内一面に約1,400株のあじさい咲く/秋田(CNA秋田ケーブルテレビ)” の続きを読む

【佐賀】嘉瀬川の遺体は行方不明の81歳女性(九州朝日放送)

情報元 : 【佐賀】嘉瀬川の遺体は行方不明の81歳女性(九州朝日放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00010000-kbcv-l41
11日午後、佐賀市の嘉瀬川で見つかった遺体は、6日の豪雨で行方不明になっていた女性と判明しました。身元が判明したのは、佐賀市大和町で行方不明になっていた81歳の女性です。女性は、大雨が降った6日以降、行方不明になっていて、自宅近くの増水した川に転落した可能性があるとみて、消防などが捜索を続けていました。警察によりますと、11日午後1時すぎ、佐賀市大和町を流れる嘉瀬川の河川敷で、男性作業員が女性の遺体を発見し、警察に通報しました。死因は分かっていませんが、歯型などから行方不明だったこの女性と判明したということです。今回の豪雨による福岡県・佐賀県の死者は5人になりました。

“【佐賀】嘉瀬川の遺体は行方不明の81歳女性(九州朝日放送)” の続きを読む

鳥取県大山~中国人観光客へ魅力発信(中海テレビ放送)

情報元 : 鳥取県大山~中国人観光客へ魅力発信(中海テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180710-00010000-chukaiv-l31
中国からの観光客が6日に鳥取県大山町の大山寺を訪れ、県西部の文化や自然に触れました。6日は、中国南部の福建省から家族連れなど33人の中国人観光客が大山寺の本堂を訪れました。観光客らは、本堂の前で線香を焚いたあと手を合わせて祈りました。また、鐘を突いたり、記念撮影をしたりと大山寺の雰囲気を堪能しました。この中国人観光客は、「村走り」と呼ばれるウォーキングとマラソンを組み合わせた中国のスポーツイベントを体験しようとツアーに参加しました。村走りを取り入れたツアーは去年、東郷湖で初めて開かれ、好評だったことから今回が2回目の開催でした。しかし、あいにくの雨で「村走り」は中止となりましたが、主催した旅行会社は、今後も都市部に住む中国人を中心に旅行企画の提案を進めたいとしています。家族で参加した子どもの中には、嬉しいときに歌う歌を披露してくれた女の子もいました。村走りを企画した会社によりますと、来年以降も継続してツアーを実施し、鳥取県の魅力を感じている中国人観光客を呼び込むことにしています。

“鳥取県大山~中国人観光客へ魅力発信(中海テレビ放送)” の続きを読む

たまごの生産者直営専門店からこの夏オススメのTKG発売/秋田(CNA秋田ケーブルテレビ)

情報元 : たまごの生産者直営専門店からこの夏オススメのTKG発売/秋田(CNA秋田ケーブルテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00010000-cnaakitav-l05
生産者直営のたまご専門店「たまごの樹」で、コッコちゃんソフトクリームに次ぐインスタ映え商品が登場しました。
その名も「夏のTKG」!
TKGといっても「たまごかけご飯」ではありません。まるで、たまご焼きがのっているような見た目のかき氷なんです!
夏のTKG(たまごかき氷)480円(税込)
見た目のインパクトは絶大です!このかき氷には、直営店だからこそ用意できる、新鮮な卵で作った濃厚なアングレーズソースをたっぷり使用。
氷の上にはソフトクリーム、あんず、生クリームで目玉焼きのような見た目を表現しています。さらにカラメルソース、メープルシナモン、アングレーズソースの3種類のソースで、様々な味が楽しめます。
今年の夏はたまごの樹でTKGを口いっぱいにかきこんでみてはいかかですか!
たまごの樹追分店
営業午前10時~午後6時
火曜日のみ午前10時~午後5時
住所 秋田県潟上市天王字長沼10-1
電話 018-853-4510

“たまごの生産者直営専門店からこの夏オススメのTKG発売/秋田(CNA秋田ケーブルテレビ)” の続きを読む

山口・西日本豪雨災害県内の動き(yab山口朝日放送)

情報元 : 山口・西日本豪雨災害県内の動き(yab山口朝日放送)yab山口朝日放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00010001-yabv-l35
西日本豪雨で大きな被害を受け、男性1人が死亡した岩国市周東町の獺越(おそごえ)地区を村岡知事が視察しました。知事は「1日でも早い復旧復興にむけ全力で取り組む」と話しました。
今回の豪雨では岩国市周東町獺越の宮本智さん(89)、岩国市平田の藤井好子さん(70)、周南市樋口の河村典子さん(64)の3人が亡くなりました。
13日午後、多くの土砂や流木が残る岩国市周東町の獺越地区を村岡知事が視察しました。
村岡知事は犠牲者に黙とうを捧げました。このほか現地の状況を担当者に確認しました。
☆知事「道路は?」
担当者「路肩があって舗装されていたんですけど、斜面が土砂で一気に流れ落ちて道路がやられた」
また、日本酒・獺祭を製造する酒造メーカーも大きな浸水被害を受け、清掃作業が続けられています。
☆知事「次にいつ降るかわかりませんから、二次災害が起きないようにするのと、復旧を一日も早くやっていきたい。しっかりやりますから」
村岡知事はおよそ30分間視察し、被災状況を確認しました。
☆知事インタビュー「現場に来て今回の災害の大きさ、被害の甚大さ感じている。復旧復興にみなさん全力であたっていますけれども県としても一日でも早く復旧復興を果たせるように全力で取り組んでいきたいと思います」
JRは運転を見合わせていた区間のうち山陽線の岩国-柳井間で列車本数を減らしての運転。柳井-徳山間でバス代行をそれぞれ17日から実施すると発表しました。岩徳線については運転見合わせが続くということです。
豪雨の影響で9日から休校していた岩国市の県立高森みどり中学校と高森高校は夏休みを前倒しし、14日からとしました。
きょうは1週間ぶりに生徒たちが登校しました。豪雨で裏山の土砂が崩れたほか、JRの運転見合わせなどで登校手段が確保できないため学校は夏休みを1週間前倒しし、14日からとしました。きょうは全校集会がありましたが、登校できない生徒もいたということです。
☆校長の話「みなさんには引き続き不便な思いをさせてしまいますが、ともにしっかりこの危機を乗り越えていけるようにがんばっていきたいと思います」
夏休みは8月19日までで、期間中に復旧作業が行われます。
西日本豪雨で多くの被害が出た広島県に向け、山口県警が広域緊急援助隊を派遣しました。広島県内の被災地で行方不明者の捜索や被災者の救出救助などにあたります。
出発に際し機動隊の山藤隊長は「炎天下が予想される中、体調管理に気をつけ任務を全うしてください」と送り出しました。
☆緊急援助隊の後藤中隊長インタビュー「まだ広島・岡山には多数の行方不明者がおられます。いち早くそういった行方不明者を捜索してご家族のもとにお返しできたら」
部隊は14日から3日間、被災地で活動にあたる予定です。

“山口・西日本豪雨災害県内の動き(yab山口朝日放送)” の続きを読む

ラグーナテンボスに海上アスレチック 愛知(メ〜テレ(名古屋テレビ))

情報元 : ラグーナテンボスに海上アスレチック 愛知(メ〜テレ(名古屋テレビ))https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00183589-nbnv-l23
愛知県蒲郡市のテーマパーク「ラグーナテンボス」で海の上のアスレチックがオープンしました。
「海上ウォーターパーク」はラグーナビーチの海の上に作られたアスレチックです。足元が不安定な中、障害物を上ったり、飛び越えたりして、海の上ならではのスリルを味わうことができます。「海上ウォーターパーク」は9月2日まで営業予定です。

“ラグーナテンボスに海上アスレチック 愛知(メ〜テレ(名古屋テレビ))” の続きを読む

拓殖大学の学生が八王子のキャンパスで養蜂 1年がかりで初採蜜 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 拓殖大学の学生が八王子のキャンパスで養蜂 1年がかりで初採蜜 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000048-minkei-l13
 拓殖大学八王子国際キャンパス(八王子市館町)で現在、学生が中心となり養蜂を行っている。(八王子経済新聞)キャンパス内に巣箱を設けて養蜂を行っている 養蜂は同大国際学部農業総合コースと同学部竹下正哲教授のゼミメンバー、合わせて約60人が取り組んでいるもの。キャンパス内の農園にミツバチの巣箱を置き育てており、6月1日には初めて採蜜を行い、瓶にして約90個分の「拓大ハチミツ」が作られた。
 発展途上国では養蜂のニーズがあることを受け、特にネパールとのフェアトレードを含めた連携を目指して、2016年にプロジェクトがスタート。八王子を拠点に都市型農業に取り組んでいるFIO(堀之内)の協力を得ながらミツバチを育て始め、昨春に独り立ち。現在は4箱の巣箱を使い育てている。
 「拓大式で蜂蜜を作ってもらって、それを現地や日本で売り、収益を彼らに渡すことで貧困で苦しんでいるコミュニティーにも貢献できる」と竹下さん。「蜂蜜を加工して化粧品にしたり、蜜ろうを使っておしゃれなものを作ったりすることで高く売れるようにもなる。ネパールの人たちと協働で商品開発をして売ることで貧困を救いたい。そういうスキームを作りたい」とも。
 採蜜の際には、約30人の学生が4時に農園に集まったという。「初めて蜜が落ちてきたときには感動した」と竹下さん。プロジェクトに携わってきた同学部国際学科4年の織田賢治さんは「思ったよりも採れたが、もっと採れた」と悔しさを隠さない。「自分たちのやり方でビジネスモデルを作ることが今後の課題。これからの主役は3年生なので、アドバイスができれば」と話す。
 「養蜂をやろうと思って大学に入っていないので、驚きの連続だった。ハチを育てる知識も経験もなく、ゼロからのスタート。チャレンジ精神はあったので、先生と協力しながら進めてきた」と織田さん。プロの養蜂家の元を訪れ教えも請うたが、「ハチが冬を乗り越えられないなど失敗の連続だった」と振り返る。「ハチを見るとけなげに頑張っているので楽しくなり夢中になった。後輩たちにはハチに対する感情を大切にしてほしいし、ハチがいることで生まれる生態系を大事にしてほしい」と呼び掛ける。
 今秋からはSNSを通じたアピールなど新たな展開も見込む。プロジェクトを引き継ぐ同学科3年の柳沼和磨さんは「『拓大ハチミツ』はまだ有名ではない。まず広めることが大事」、同学科3年の篠原エナさんは「先輩たちが一から作ってくれたものをこれからは広げる段階。国内に限らず海外協力にもつなげていきたい」と意気込む。
 「蜂蜜という切り口が一つあるだけで、座学だけではない役に立つ学びができる。社会に出た後も役立つことを身に付けてもらえれば」と竹下さん。「ハチは尊く、世界の食の3分の1はハチが作っているといわれているが、どんどん減ってきている。何とか保存しなければいけない。ここは高尾山のすぐそばで蜜源も豊富。こういう場所から広げていく大きな運動の一環としても進めていきたい」と意気込む。

“拓殖大学の学生が八王子のキャンパスで養蜂 1年がかりで初採蜜 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

池袋にカフェ「ビチェリン」 トリノで250年以上続く老舗が海外初出店 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 池袋にカフェ「ビチェリン」 トリノで250年以上続く老舗が海外初出店 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000066-minkei-l13
 池袋の東京芸術劇場(豊島区西池袋1)2階に6月28日、イタリア・トリノのカフェ「Bicerin(ビチェリン)」(TEL03-3981-0808)がオープンした。(池袋経済新聞)「アフタヌーンティースタンド」 1763年に創業したトリノ最古のカフェで、「三銃士」「モンテクリスト伯」の著者アレクサンドル・デュマ・ペールや、プッチーニ、ニーチェ、ヘミングウェイなどに愛された老舗として知られている。海外初進出店舗として今回、東京芸術劇場、新宿タカシマヤ、名古屋・ミッドランドスクエアに出店した。
 255年以上門外不出のレシピで作られている同店看板メニューのチョコレートドリンク「ビチェリン」は、ホットチョコレートとコーヒー、ふわりと泡立てられたミルクを小さなグラスについで作り、異なる3層のテイストをゆっくり時間をかけて味わう。
 同店担当者は「文豪ヘミングウェイに『世界で残すべき100の物』の一つに選ばれたといわれる店名を冠した『ビチェリン』をお伝えするとともに、ぜいたくなひとときをお過ごしいただけるようディスプレーなど演出にもこだわたった」と話す。
 メニューは「ビチェリン」(980円)のほか、「ブランチ」(2,160円)、「アフタヌーンティースタンド」(3,240円)、温かいアップルパイに、冷たいバニラアイスを添えた「アップルパイのバニラ添え」(1,134円)なども提供。
 2016年「G7伊勢志摩サミット」で世界のトップが口にした焼き菓子「バーチ・ディ・ダーマ」も販売。同商品はイタリア語で「貴婦人のキス」という意味で、クッキー生地でチョコレートを挟んだイタリア郷土菓子。プレーン・抹茶・エスプレッソの3種詰め合わせで、価格は6個入り=1,620円、15個=3,974円、25個=5,400円。
 店内の天井の高さは4メートル以上。立食で120人まで対応でき、企業のレセプションやパーティー需要にも対応する。担当者は、「観劇前後の喫茶利用はもちろん、落ち着いた空間での多様なパーティーシーンに対応していきたい。厳選された素材と伝統のレシピが生み出すカフェと共に上質な時間と空間をお届けする」とアピールする。
 営業時間は11時~20時。

“池袋にカフェ「ビチェリン」 トリノで250年以上続く老舗が海外初出店 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

【高校野球茨城大会】土浦日大、連覇へ始動(産経新聞)

情報元 : 【高校野球茨城大会】土浦日大、連覇へ始動(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000016-san-l08
 第100回全国高校野球選手権県大会は6日目の13日、6球場で2回戦12試合が行われた。昨年の優勝校、土浦日大が初戦を迎え、牛久と対戦。4-2で勝ち、3回戦に進出した。
 藤代は鉾田二を相手に10-0の六回コールド勝ちを収め、石岡一は3-0で竜ケ崎一に勝利した。勝田は延長十回の末、粘る茨城を8-7で振り切った。連合チームとして大会史上初めて初戦を突破した岩瀬・真壁・筑波の3校連合は、つくば国際から点を奪えず、9点差を付けられ、七回コールド負けを喫した。
 14日は4球場で8試合が行われる。(永井大輔)

“【高校野球茨城大会】土浦日大、連覇へ始動(産経新聞)” の続きを読む