飛鳥・奈良時代の塀や建物跡発見  三重・明和町(三重テレビ放送)

情報元 : 飛鳥・奈良時代の塀や建物跡発見  三重・明和町(三重テレビ放送)三重テレビ放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00010009-mietvv-l24
 国の史跡として発掘調査が続けられている三重県明和町の「斎宮跡」で、飛鳥・奈良時代の塀や建物跡が発見され25日、現地で説明会が開かれました。
 斎宮跡では、1970年から発掘調査を始め、これまでは史跡東部にある平安時代の調査が中心でした。
 今回、発見された区画は、近年、調査を進めてきた史跡西部の中垣内地区で、今年前半の調査で塀やその内部の建物跡など、飛鳥時代や奈良時代の遺構が見つかりました。
 中でも、斎宮制度が始まったとされる飛鳥時代の遺構は、初期の斎宮を知るうえで貴重な資料となります。
 斎宮歴史博物館の宮原佑治主任は、今後の発掘調査を進めるうえで非常に意義のある発見と話しています。
 25日は、大勢の考古学ファンが訪れ、博物館職員の説明に熱心に耳を傾けていました。
 
 また、調査の中で発掘された飛鳥時代のつぼの一部などの出土品も紹介され、参加者たちは当時の生活に思いをはせていました。

“飛鳥・奈良時代の塀や建物跡発見  三重・明和町(三重テレビ放送)” の続きを読む

子どもの自殺を防ぎたい 新学期を前に名古屋でセミナー(メ〜テレ(名古屋テレビ))

情報元 : 子どもの自殺を防ぎたい 新学期を前に名古屋でセミナー(メ〜テレ(名古屋テレビ))https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180826-00185498-nbnv-l23
新学期を前に子どもの自殺を未然に防ぐ方法を考えるセミナーが名古屋市内で開かれました。
東区のウィルあいちで開かれたセミナーは、夏休み明けに中高生の自殺が増えることを受けて子どもの自殺防止に取り組むNPO団体が企画しました。愛知いのちの電話協会のメンバーが「死にたいという言葉は死にたい程生きているのがつらいこと。つらかったねと言葉をかける。死にたい気持ちを吐き出すとつらさが薄れる」などと悩んでいる人への接し方を紹介し、学生や学校関係者ら約150人が耳を傾けました。またシンポジウムでは睡眠障害を専門とする医師が、睡眠時間の不足が気分が落ち込む原因になると指摘しました。

“子どもの自殺を防ぎたい 新学期を前に名古屋でセミナー(メ〜テレ(名古屋テレビ))” の続きを読む

捜査の的確さを競う!「通信指令」の技能大会 香川県警(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : 捜査の的確さを競う!「通信指令」の技能大会 香川県警(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-00010001-ksbv-l37
 香川県警の「通信指令」競技会が高松市で行われています。
 事件発生時の初動捜査の的確さなどを競うもので、香川県全ての警察署から12チーム、24人が参加しました。
 通信担当が、犯人の逃走先や服装などの情報をもとに犯人検挙に向けて、適切な動きが出来るかを競いました。
(香川県警察本部 通信指令課/山下正幸 次長)
「いろんな情報、これをいかに的確に聴取するかによって、今後検挙に向けた動きが変わります。がんばっていきますので皆さんご協力よろしくお願いします」
 成績優秀者は9月26・27日に行なわれる全国大会に出場します。

“捜査の的確さを競う!「通信指令」の技能大会 香川県警(KSB瀬戸内海放送)” の続きを読む

ハチミツ狙ったクマ捕獲 わなに1頭 先月末から養蜂箱壊されハチミツ食べられる被害 訓子府町(HBCニュース)

情報元 : ハチミツ狙ったクマ捕獲 わなに1頭 先月末から養蜂箱壊されハチミツ食べられる被害 訓子府町(HBCニュース)北海道放送(株)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00000002-hbcv-hok
26日、オホーツクの訓子府町でクマ1頭が捕獲されました。周辺では先月末から養蜂箱が壊される被害が相次いでいました。
26日午前10時半ごろ、訓子府町美園の山林で、おとなとみられるクマ1頭がわなにかかっているのをハンターが見つけました。
周辺では、先月末から養蜂箱が壊され、中のハチミツが食べられる被害が相次ぎ、町は今月3日にわなを置いて警戒を続けていました。
クマが捕獲されたところは住宅から1キロほど離れていて、人への被害はないということです。

“ハチミツ狙ったクマ捕獲 わなに1頭 先月末から養蜂箱壊されハチミツ食べられる被害 訓子府町(HBCニュース)” の続きを読む

別府市の「べっぷ浜脇薬師祭り」始まる おいらん道中に邦楽ショーなどイベント多彩 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 別府市の「べっぷ浜脇薬師祭り」始まる おいらん道中に邦楽ショーなどイベント多彩 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00000067-minkei-l44
 別府の晩夏を彩る「べっぷ浜脇薬師祭り」が24日、浜脇温泉(別府市浜脇1)周辺で始まった。(大分経済新聞)最優秀の市長賞を受賞した朝見1丁目2区自治会の「西郷どん」 ツーリズム浜脇まちづくり推進協議会(TEL090-9659-9080)、浜脇薬師奉賛会の主催。万病に効くとされる同温泉や安置されている薬師如来像への感謝と、湯治で長期滞在する客らを慰めるために始まった祭りで、毎年、8月下旬に開いている。今年は26日までの3日間開催で、「風流見立て細工」の展示、お化け屋敷、花魁(おいらん)道中(25日)、薬師音頭大会(26日)などの恒例行事のほか、初開催の邦楽ショー(25日)も開く。期間中は浜脇温泉を無料開放する。
 祭の柱となる「風流見立て細工」は、地域住民らがそれぞれテーマを決め、日用品を素材として見学者を喜ばせる飾り物を作る伝統行事。2013年に市の無形民俗文化財に指定された。今年は地域の自治会や各種団体が、サッカーやラグビーのW杯や西郷隆盛などを題材に取り入れた23点を出展した。
 初日の24日は17時30分から法要が行われ、浜脇こども太鼓が勇壮な演奏でオープニングを飾った。19時からの開会式では、同協議会の清家政人会長が「実行委員会は平均年齢70歳だが、年齢に負けないように頑張ってみなさんの期待に応えられるような楽しい祭りにしたい」とあいさつ。風流見立て細工の表彰に続き、餅まきで祭りの開幕を盛り上げた。
 25日は18時30分から花苗を無料配布するほか、19時から吾妻栄紘さんが民謡、石井応風さんが尺八、鈴木利枝さんが津軽三味線を披露。20時からは長野恭紘別府市長、ミス別府らが参加する花魁道中が行われる。最終日は18時から幼稚園児から高校生まで約50人が踊る「ユニークダンスシアター」のステージ、19時30分から約600人が参加する薬師音頭大会を開く。
 実行委事務局長の三重野治久さん(74)は「別府の夏を締めくくる祭り。邦楽は国内でも名だたる3人が声と腕を披露するのでぜひ聞いてほしい。花魁道中もダンスも薬師音頭も見応え十分。子どもから大人まで楽しめるのでぜひ来場してほしい」と呼び掛ける。
 期間中、旧南小学校を臨時駐車場として開放する。

“別府市の「べっぷ浜脇薬師祭り」始まる おいらん道中に邦楽ショーなどイベント多彩 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

進め!ストライダー 八ケ岳自然文化園で大会(長野日報)

情報元 : 進め!ストライダー 八ケ岳自然文化園で大会(長野日報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00010000-naganonp-l20
 原村の八ケ岳自然文化園は26日、園内に昨年オープンしたストライダーエンジョイパークの全長170メートルコースを使用し、「第1回八ケ岳ストライダー大会」を開いた。諏訪地方を中心に関東や中京などから2~5歳児約80人が参加。年齢別にレースを行い、保護者が熱い声援を送った。
 ストライダーは、ペダル、ブレーキがなく、足で地面を蹴って進む幼児向けの二輪車。2、3歳の各クラスは延長100メートル、4、5歳の各クラスは170メートルで順位を競い、各クラス上位3人を表彰した。
 コースは全面芝張りで連続する起伏も。ストライダーの普及を進めるストライダージャパン(東京)のホームページによると、公認パークは全国25カ所で諏訪地方では初めて。
 3歳クラスに出場した諏訪市の笠原一太ちゃんは、3カ月ほど前に祖父母からプレゼントされたストライダーで出場し「コーナーを回ったりして楽しかった」。父親の会社員克成さん(30)は「初めての大会だったが、完走してくれてうれしかった」と話していた。
 大会は原村地域おこし協力隊の坂口陽史さん(22)が計画。同園は「初回にもかかわらず大勢の子どもたちが参加してくれた。来年も開きたい」と話していた。

“進め!ストライダー 八ケ岳自然文化園で大会(長野日報)” の続きを読む

社説:安倍氏出馬表明 政策論議の機会増やせ(京都新聞)

情報元 : 社説:安倍氏出馬表明 政策論議の機会増やせ(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00000008-kyt-l26
 自民党総裁選(9月7日告示、20日投開票)に安倍晋三首相(党総裁)が連続3選を目指し立候補を正式に表明した。石破茂元幹事長との一騎打ちとなりそうだ。
 事実上の首相選びだ。約5年半の長期政権を担当してきた安倍氏は今後3年間のしっかりした内政、外交政策を示さなくてはならない。
 森友・加計問題や財務省決裁文書改ざん問題など政権不祥事で政治不信を招いた。この総括と対策が何よりも不可欠だ。
 鹿児島県で記者団に出馬表明した安倍氏が強調したのが「新たな国造り」だ。「どう進めていくか骨太の議論をしたい」と述べ、総裁選の争点とする考えを示した。
 その一つに憲法改正があるのは言うまでもない。戦力不保持の9条2項を残したまま、自衛隊を明記する改憲に「大きな責任を持つ」と主張している。
 石破氏は9条改正の優先順位は低い、としている。
 改憲を党是ともする自民党の総裁選で主要テーマには違いない。だが、次の総裁にどんな政策を期待するか聞いた共同通信世論調査では、社会保障や医療・福祉、経済政策、少子化対策が上位に並び、改憲への関心はそう高くない。
 改憲に議論が集中し、国民生活に根差した政策課題や安倍政治の検証という重要な論点がかすんでは困る。国造り論議では幅広く政策課題をぶつけてほしい。
 「正直、公正」な政治姿勢を石破氏は対立軸に据え、首相批判を強めてきたが、安倍氏はどう答えるのか。党や政権の在り方についても徹底した議論を求めたい。
 安倍氏の鹿児島での出馬表明は地方重視の姿勢を示したものだ。国会議員票は大半を早々と固め、優位に立つ。2012年総裁選で石破氏に地方票で負けた経緯もあり、地方行脚を本格化させて地方票でも大勝を狙う戦略といえる。
 今回3選を果たせば安倍氏は首相在職期間が通算で歴代最長となることも視野に入る。
 党内では既に選挙後の内閣改造や党役員人事に関心を示す空気もある。だが、6年ぶりの本格的な政策論争の機会を単なる権力闘争の舞台にしてはならない。
 気になるのは、石破氏陣営が公開討論を求めているのに対し、安倍氏陣営は消極的という。
 「骨太の議論がしたい」との考えは両氏共通だろう。選挙中は討論会や演説会など論戦の場を増やすべきだ。開かれた論争を通じ、日本の向かうべき針路を党員だけでなく、国民に示す必要がある。
[京都新聞 2018年08月27日掲載]

“社説:安倍氏出馬表明 政策論議の機会増やせ(京都新聞)” の続きを読む

「顔」に見える京都の風景 電話や木目、門…写真に(京都新聞)

情報元 : 「顔」に見える京都の風景 電話や木目、門…写真に(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00000012-kyt-l26
 顔のように見える京都市内の風景写真を展示した「街のポーカーフェイス」展が、下京区の大丸京都店で開かれている。建物の窓や樹木の凹凸などが作り出す表情を、買い物客が楽しんでいる。
 成安造形大講師のグラフィックデザイナー阪東勲さん(75)=堺市=が、観察する楽しさを伝えようと出展。10日間かけて市内中心部を歩いて見つけた顔のような風景を撮影した。
 まぶしそうな表情に見える木目やサルの目鼻口に似ている公衆電話、鋭いまなざしのようなデザインの門などが並ぶ。無料。10月2日まで。

“「顔」に見える京都の風景 電話や木目、門…写真に(京都新聞)” の続きを読む

名取市閖上 秋の味覚 サンマを堪能(TBC東北放送)

情報元 : 名取市閖上 秋の味覚 サンマを堪能(TBC東北放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180826-00000003-tbcv-l04
名取市閖上で26日、サンマが無料で振る舞われ訪れた家族連れらが秋の味覚を楽しみました。
今年で33回目を迎えた名取市のゆりあげ港朝市「さんま祭り」。
26日は北海道根室沖で獲れたサンマおよそ2000匹が無料で振る舞われました。
訪れた人たちは炭火でサンマを焼きその場で、熱々の秋の味覚を堪能していました。
主催者によりますと今年のサンマは去年と比べてひと回り大きく脂の乗りも良いということです。

“名取市閖上 秋の味覚 サンマを堪能(TBC東北放送)” の続きを読む

高山市長に國島氏3選 新人退ける(岐阜新聞Web)

情報元 : 高山市長に國島氏3選 新人退ける(岐阜新聞Web)岐阜新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00068807-gifuweb-l21
 任期満了(9月3日)に伴う岐阜県高山市長選は26日投票、即日開票され、無所属現職の國島芳明氏(68)=自民、公明推薦=が、無所属新人の精神科医益田大輔氏(43)を退け、3選を果たした。
 3選を決めた國島氏は「グローバル化に対応するため、これからも積極的に世界に高山を売り込んでいきたい」と抱負を語った。選挙戦では、市民協働のまちづくりや防災、医療関係の整備などを訴え、政党や労働組合などからの支持を得て組織戦を展開した。
 益田氏は福祉や教育の充実を訴え、現市政への批判票の取り込みも図り、支持を広げたが及ばなかった。
 三つどもえの戦いとなった前々回の市長選以来8年ぶりの選挙戦だったが、市民の関心は高まらず、投票率は61・94%で、前々回より8・41ポイント低下した。
 当日有権者数は7万3605人(男性3万4668人、女性3万8937人)。

“高山市長に國島氏3選 新人退ける(岐阜新聞Web)” の続きを読む