若者の投票率向上目指し高崎工高で出前授業(産経新聞)

情報元 : 若者の投票率向上目指し高崎工高で出前授業(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00000028-san-l10
 来年の統一地方選や知事選を控え、高崎工業高校(高崎市江木町)で10日、県選挙管理委員会と高崎市による出前授業が行われた。主権者教育の一環として行われ、若者の主権者としての自覚をはぐくみ、投票率の向上につなげたい考えだ。
 この日の授業は3年生約120人を対象に、県選管の竹部拓也さんらが教師役となって、選挙と政治の関係や投票率の現状について説明。若年層の低投票率が続くと、若年世代の意見が政治に反映されにくい悪循環が発生することなどを確認した。その後、意見の異なる3人の候補者の政見放送をDVDで視聴させ、本物の記載台や投票箱を使い、実際の投票所に見立てたスペースで模擬選挙を行った。
 竹部さんは「来年は、統一地方選と参院選が重なる12年に1度の選挙イヤー。高崎市でも5つの選挙がある。投票を忘れないで」と生徒に呼びかけた。
 模擬選挙に参加した同校機械科3年の高橋翔太さん(18)は「選挙の仕組みを学んだことで、投票に行きやすくなった。自分がいいと思った候補者に投票しようという意識が芽生えた」と手応えを感じた様子だった。

“若者の投票率向上目指し高崎工高で出前授業(産経新聞)” の続きを読む

大阪ベイ経済新聞、年間PV1位は「USJストア」 パーク外最大規模に注目 /大阪(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 大阪ベイ経済新聞、年間PV1位は「USJストア」 パーク外最大規模に注目 /大阪(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00000042-minkei-l27
 大阪ベイ経済新聞の2018年PV(ページビュー)ランキング1位に輝いたのは、「USJ付近に『ユニバーサル・スタジオ・ストア』パーク外最大規模」の記事だった。(大阪ベイ経済新聞)
 「パークに入る前からドキドキワクワクしてもらいたい」と、7月20日にオープンした同店。店舗面積は1階・2階合わせて286平方メートルで、パーク外最大級。オープニングセレモニーには、TKOの木本武宏さんと木下隆行さんが登場した。
 ランキングは、今年1月1日から12月12日までに配信したヘッドラインニュースのPVを集約したもの。上位10位のランキングは以下の通り(カッコ内は掲載日)。
1.USJ付近に「ユニバーサル・スタジオ・ストア」パーク外最大規模(7/20)
2.ミニオン・スヌーピーを「独り占め」USJが新フォトサービス開始へ(12/11)
3.USJの「セーラームーン」詳細発表5戦士登場、「タキシード仮面」に会える体験も(1/30)
4.USJに新ミュージカルアトラクションアニメーション映画「SING」がパーク初登場(12/5)
5.USJに「名探偵コナン・ワールド」新作脱出ゲーム、推理ライブ・レストランも(1/18)
6.USJに「ファイナルファンタジーXRライド」因縁の対決シーン遭遇も(1/19)
7.弁天町に「大阪ベイタワー」ホテルや温浴施設開業、ベイエリアのハブ機能に(3/28)
8.USJに「モンハン」アトラクションウォークスルー型で狩猟体験(1/19)
9.大阪南港で「ビートルズ×忌野清志郎」展楽器やステージ衣装など貴重作品展示(2/13)
10.2019年春、USJのハリポタエリアに新キャッスル・ショー開業5周年記念で(11/27)
 2位は、USJが来年1月に始める新フォトサービスについて報じた記事。掲載1日で年間ランキング2位に躍り出たことから、フォトサービスへの期待が感じられる。3位の「セーラームーン詳細発表」の記事は、上半期ランキング1位だった記事。4位以降も、USJの記事が大半を占めた。クールジャパンイベントの人気と、来年から始まる新アトラクション・サービスへの関心の高さがうかがえる結果となった。
 USJ関連のほかには、「大阪ベイタワー開業」と「ビートルズ×忌野清志郎展」の記事がランクイン。大阪ベイタワーは、「大阪ベイエリアの新たなハブ機能に」と3月にオープン。来年2月には、都市型温泉テーマパークを施設内にオープンする予定だ。「ビートルズ×忌野清志郎展」は、米国外では東京での開催に次ぐ2回目の開催。グラミーミュージアムが保有する、ザ・ビートルズの貴重な展示作品400点以上と、忌野さん愛用の楽器類など50点が集結した。
 10位以降は、関西空港や船など、大阪ベイエリアならではの記事がランクインする中、ホテルやリノベーション総合施設などの開業予定を報じる記事が並び、大阪ベイエリアの新しい流れに関心が寄せられた。
 11月23日に、大阪ベイエリアの夢洲(ゆめしま)で予定している2025年大阪万博の開催が決定したことから、今後万博やIRに関する大きな動きが予想される。エリア全体の大きな流れはもちろん、地元民にとって必要な記事をいち早く掲載していきたい。

“大阪ベイ経済新聞、年間PV1位は「USJストア」 パーク外最大規模に注目 /大阪(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

「さんま焼き師」商標化 岩手、ブランド力高め発信(岩手日報)

情報元 : 「さんま焼き師」商標化 岩手、ブランド力高め発信(岩手日報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00409720-iwatenpv-l03
 大船渡市観光物産協会(斉藤俊明会長)は、独自で実施する認定制度「さんま焼き師」の名称を商標登録する。本州一のサンマ水揚げを誇る「本場」の炭火焼き方法を来訪客に伝授し、認定試験を行う制度。今後は、さんま焼き師の名称を使った商品開発なども見据え、焼き師のブランド化と「サンマのまち大船渡」の発信を強化する。
 認定制度は都内で開催する三陸・大船渡東京タワーさんままつりなど、県内外の各種イベントで培った炭火焼きのノウハウを売りに、交流人口拡大を図ろうと2016年度から実施。全国初の試みで、網台を使って炭火焼き方法を学ぶ実技講習と、筆記試験で構成する。
 認定試験はこれまで6回実施。北は青森県から南は鹿児島県まで全国から受験者が同市を訪れ、340人の焼き師が誕生した。
 制度のブランド化を推し進めるため、同協会は3月に商標登録を出願。登録の前提となる特許庁の査定は終わり、近日中に商標登録される見込み。

“「さんま焼き師」商標化 岩手、ブランド力高め発信(岩手日報)” の続きを読む

黒板塀で城下町再生 山形・上山(産経新聞)

情報元 : 黒板塀で城下町再生 山形・上山(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00000552-san-l06
 上山城(山形県上山市湯町)周辺を黒板塀で景観形成しようと平成17年から活動している市民団体「城下町再生志士隊」(酒井信一郎隊長)が進めてきた旅館山城屋(同市湯町)の市松扇の黒板塀が完成し、12日にお披露目された。
 今回完成したのは、大正11年築の登録有形文化財「山城屋」入り口右手に連なる黒板塀で、既存のブロック塀裏に控え壁を取り付けて補強、ブロック塀を覆い隠す形で黒板塀を完成させ、高さ1・2~1・5メートル、長さ27・4メートルに及ぶ。山城屋は、上山市出身の歌人、斎藤茂吉の弟、高橋四郎兵衛が経営し、茂吉もたびたび訪れたところでもある。
 平成17年に上山城周辺の武家屋敷通りの整備が完了したことから、建築士、造園業、塗装業、左官業など多彩なメンバーが集まり、城下町再生志士隊を結成。「景観に対する市民の意識を高められれば」と、市民のボランティア18人が日曜に集まり、手弁当で8月から約2カ月をかけて進めてきた。酒井隊長は「東京五輪・パラリンピックを控え、末広がりの意味から扇模様を入れ、多くの人たちが集まり、一つ一つの縁がつながり、地域がつながればという意味を込めた」とした。
 14年目に入った黒板塀づくりは、今年の完成で16カ所、長さ約307・9メートルに及び、設置費用も寄付金や市民の善意で賄い、今年は上山市の補助金も含め約103万円かけて完成した。完成式典には横戸長兵衛市長も参加、「市のまちづくりのグレードアップにもつながっており、ボランティアでまちづくりをしてくれることに感謝している」と述べた。
 酒井隊長は「市民からオファーを受けた中から選び、来年以降も黒板塀づくりを続けていきたい」としている。

“黒板塀で城下町再生 山形・上山(産経新聞)” の続きを読む

補助金予算を再度増額 民間のブロック塀撤去で田辺市(紀伊民報)

情報元 : 補助金予算を再度増額 民間のブロック塀撤去で田辺市(紀伊民報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00362797-agara-l30
 和歌山県田辺市は、民間のブロック塀対策への補助金を増額する予算案を、12月市議会に提出している。6月の大阪府北部地震以降に相談が相次ぎ、9月の補正予算で200万円を追加していたが、今回新たに300万円を増額。当初予算の100万円から、総額を600万円に引き上げる。
 ブロック塀対策の補助制度は、2014年度に開始。公道などに面し、高さ60センチ以上、延長2メートル以上あるブロック塀を対象に、撤去したり、フェンスなどに転換したりする費用の2分の1(最大10万円)を補助している。
 昨年度までは利用が進まず、4年間の交付件数は17件。本年度の当初予算は100万円と、昨年度から半減させていた。
 しかし、大阪府北部地震で小学生がブロック塀の下敷きになって死亡した事故を受け、問い合わせが急増。市防災まちづくり課には、12月12日現在、102件の相談が寄せられている。うち申請済みは28件、申請見込みが28件。
 同課によると、9月には北海道胆振東部地震、11月には田辺市などで震度4の地震があったこともあり、問い合わせがコンスタントに続いているという。

“補助金予算を再度増額 民間のブロック塀撤去で田辺市(紀伊民報)” の続きを読む

横手で「平鹿イルミネーション点灯式」 打ち上げ花火も /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 横手で「平鹿イルミネーション点灯式」 打ち上げ花火も /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181128-00000019-minkei-l05
 「槻(つき)の木光のファンタジー」点灯式が12月15日、平鹿の「浅舞感恩講保育園地内」(横手市平鹿町浅舞)で行われる。(横手経済新聞)「槻の木光のファンタジー」昨年の点灯式での打ち上げ花火子どもたちに夢を与えたいと1987年(昭和62)年から例年行うイルミネーション。秋田県指定天然記念物の「槻の木」をLEDで装飾した高さ約40メートルの巨大クリスマスツリーが毎年多くの人を魅了する。琵琶沼周辺のイルミネーションとツリーを、合わせて約3万個を超えるLEDがライトアップする。
点灯式当日は、おしるこや甘酒を振る舞うほか、大クラッカーや打ち上げ花火が会場を盛り上げる。平鹿・大雄・大森・十文字の市内4地域を回ることで抽選会に応募できる「イルミネーションスタンプラリー」を行う。
平鹿町観光協会事務局の佐藤久司さんは「地元の方はもちろん、観光客の皆さんにも槻の木のイルミネーションを見ていただきたい」と話す。
 開催時間17時30分~。点灯時間は17時~24時(12月24日は翌2時まで)。来年1月13日まで。

“横手で「平鹿イルミネーション点灯式」 打ち上げ花火も /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

かご盛り苺 ブーケのよう 倉敷・真備で生産ピーク(山陽新聞デジタル)

情報元 : かご盛り苺 ブーケのよう 倉敷・真備で生産ピーク(山陽新聞デジタル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00010007-sanyo-l33
 真っ赤なイチゴを一粒ずつ白い紙に包んだブーケのように華やかな「かご盛り苺(いちご)」が、岡山県倉敷市真備町地区の業者で生産のピークを迎えている。歳暮、クリスマスシーズンに“元気のメッセージ”を届けようと作業に励んでいる。
 製造・発送しているのは同町下二万の贈答用果物卸販売会社・環山堂青果センター。豪雨で氾濫した小田川沿いながら高台にあり、浸水被害は免れた。注文も全国からほぼ例年通りに寄せられているという。
 かご盛り苺は約30年前、木谷茂子社長が考案したロングセラー商品。甘い香りの漂う作業場では、木谷社長ら3人が籐(とう)製かごにウレタンを敷き、長崎県産の大粒「ゆめのか」「さちのか」を1粒ずつ薄葉紙で丁寧にくるんで3段、4段とピラミッド状に積み上げる。
 盛り付け後は、崩れないよう特殊フィルムで全体を包んで固定する。熟練を要する手仕事で「1日約200個が限度」と木谷圭吾専務。クリスマスまでは早朝からフル生産を続ける。
 2月中旬までの期間限定商品。4段重ねの大(1キロ、50粒程度)が9千円、3段の小(600グラム、30粒程度)が5900円。県内外の百貨店やインターネットなどからの受注で直接発送している。本年度の受注は15日まで。問い合わせは同社(086―698―0750)。

“かご盛り苺 ブーケのよう 倉敷・真備で生産ピーク(山陽新聞デジタル)” の続きを読む

LINEで中高生の悩み相談/青森県(デーリー東北新聞社)

情報元 : LINEで中高生の悩み相談/青森県(デーリー東北新聞社)デーリー東北新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00010002-dtohoku-l02
 青森県は来年1月、中高生など若者世代を対象に、無料通信アプリ「LINE」を通じてさまざまな相談を受け付ける。アカウント名は「ひとりじゃないよ@青森県」。内容は対人関係や学校生活での悩みなど自由で、会員制交流サイト(SNS)を使った相談への対応研修を受けた専門相談員が悩みに寄り添う。
 県障害福祉課による相談事業の一環で、LINEを使うのは初めて。受付期間は1月7~26日で、毎日午後6時から午後8時半まで受け付ける。
 厚生労働省の人口動態統計によると、青森県は自殺死亡率が毎年高く、2017年は人口10万人当たり20・8人で全国でワースト3位。また、2012~16年の死因を年代別に見ると、15~34歳の若年層で自殺が1位となっており、対策が急がれている。
 県は、若者の間でSNSの浸透が著しいことを踏まえ、「電話相談などもやっているが、若者の中には電話が苦手な人もいるかもしれない。LINEで気軽に相談してほしい」(同課)と話している。
 児童生徒らには、登録用のQRコードが印刷されたカードが学校などを通じて順次手元に届く。スマートフォンなどでQRコードを読み込んで「友達登録」をした後、トーク機能を使って相談員とやりとりする。
 問い合わせは県障害福祉課障害企画・精神保健グループ=電話017(734)9307=へ。

“LINEで中高生の悩み相談/青森県(デーリー東北新聞社)” の続きを読む

度重なる不祥事で、町長の報酬は『7割カット』に 滋賀県甲良町(関西テレビ)

情報元 : 度重なる不祥事で、町長の報酬は『7割カット』に 滋賀県甲良町(関西テレビ)関西テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-19220209-kantelev-l25
町長選挙に関して相次いだ不祥事で報酬を半分にされていた滋賀県甲良町長について、12日、更なる報酬カットが決まりました。
去年10月の町長選挙でまかれたウソのビラに、その選挙で知人から借りた400万円を記載しなかったウソの収支報告書。2つのウソが発覚した滋賀県甲良町の野瀬喜久男町長はこれまでに報酬を半額にされています。
さらに、12日の議会では役場の鍵付きロッカーに保管されていた住民513人分の個人情報流出が問題に。
3度目の正直…どころか、3度目の報酬カット案が可決されました。
【野瀬町長インタビュー】
「議会の議決は大変重く受け止めています」
「さらに町政進展のために頑張っていきたい」
今後、野瀬町長の報酬は7割カットになりますが同時に提出された不信任案については否決されました。

“度重なる不祥事で、町長の報酬は『7割カット』に 滋賀県甲良町(関西テレビ)” の続きを読む

ナシ農家姉妹、台風落果にめげない カレーを開発「特産品に」(福井新聞ONLINE)

情報元 : ナシ農家姉妹、台風落果にめげない カレーを開発「特産品に」(福井新聞ONLINE)福井新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181209-00010001-fukui-l18
 福井県坂井市のナシ農家が、台風21号で落果したナシを使ったレトルトカレーを開発し、販売を始めた。地元の菓子店がピューレにしたナシに地元畜産農家の若狭牛のミンチを組み合わせ、フルーティーでスパイシーな一品に仕上げた。「坂井市の新たな特産品になれば」と期待している。
 開発したのは「近ちゃんふぁーむ」の近藤美香さん(29)、井手孝美さん(27)姉妹。40アールで幸水や豊水を栽培している。
 同農家では、9月の台風21号で出荷前の豊水約6千個以上が落果、市場に出荷できなくなった。市からの提案で、ナシに入った傷をえくぼに見立て「にっこり美梨ちゃん」の名称で同月5日に返礼品として登録。2日間限定でふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」で受け付け、約1800個以上を廃棄することなく全国へ発送した。
 ただ、傷みの激しいナシは返礼品にすることができず、廃棄処分を覚悟していたとき、同市の菓子店「Sourire(スリール)」から「ピューレにして冷凍保存してあげる」と声が掛かった。
 姉妹は「成長を見守ってきた自分たちの子どものようなもの。何とかお客さまに届けられないか」と思案。「ナシをいつもとは違った味わい方で楽しんでもらえるのでは」と、姉妹が家庭で長年親しんできたナシ入りカレーの販売を思いついた。
 畜産農家「サンビーフ齋藤」(同市)にも協力を依頼。ピューレと若狭牛のミンチを使用し3、4回の試作を経て完成にこぎ着けた。「若狭牛 美梨カレー」と名付けた。
 姉妹は「1年掛けて育ててきたナシが落果したときは本当に悲しかったが、地元のみんなの協力でおいしいカレーができた。ぜひ味わってほしい」と話している。
 同県あわら市のJA花咲ふくいの農産物直売所「きららの丘」内のパン屋「ぱんの種」、坂井市ゆりの里公園の農産物直売所「ゆりいち」で販売している。同市のふるさと納税の返礼品にもなっている。

“ナシ農家姉妹、台風落果にめげない カレーを開発「特産品に」(福井新聞ONLINE)” の続きを読む