神楽の日入場者1万5000人 花巻 12年で節目到達【岩手】(岩手日日新聞社)

情報元 : 神楽の日入場者1万5000人 花巻 12年で節目到達【岩手】(岩手日日新聞社)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00010000-iwanichi-l03
 花巻市大迫町に伝わる神楽の定期公演「神楽の日」の入場者数が10日、1万5000人を突破した。2008年8月に始まってから12年目での到達となり、節目の入場者に記念品を贈って喜び合った。
 大迫神楽の日実行委員会(山影義一会長)が主催する神楽の日は、8、12、1月を除き毎月第2日曜日に大迫交流活性化センターで公演が行われており、国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産に登録される早池峰岳、大償の両神楽、市指定無形民俗文化財の八木巻神楽の3団体が月替わりで出演する。
 今年最初の開催となった同日は岳神楽が出演し、143人が来場した時点で1万5000人に到達。開演前、幸運を射止めた宮城県岩沼市の松浦知里さん(42)に山影会長が木彫りの権現様や大迫限定オリジナルワイン「葡萄(ぶどう)園の妖精」(赤)をプレゼントした。早池峰神楽を鑑賞するのは初めてという松浦さんは「世界遺産に興味があり、実際に見て足の運びがきれいだと感じた。1万5000人目は驚いたけど、幸先の良い年明け。運を使ったのではなく、ここに来て運を頂いたと思って1年を過ごしたい」と喜んでいた。
 神楽の日の入場者は15年10月に1万人に到達。17年度は年間を通じて過去最多となる1676人が来場した。山影会長は「徐々に定着し、県外から来る方々も増えている。有志のスタッフ、大迫高校の生徒らの協力で運営できており、今後もそれぞれの神社の権現様のご加護を頂きながら続けていきたい」と語った。

“神楽の日入場者1万5000人 花巻 12年で節目到達【岩手】(岩手日日新聞社)” の続きを読む

浪江に「イオンスーパー」 今夏開店へ、住民の利便性向上期待(福島民友新聞)

情報元 : 浪江に「イオンスーパー」 今夏開店へ、住民の利便性向上期待(福島民友新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00010012-minyu-l07
 福島県浪江町に今夏、イオングループでスーパーを展開するイオンリテールの店舗が進出する。吉田数博町長が12日、町議会全員協議会で明らかにした。スーパーの進出により住民の利便性向上や帰還促進が期待される。
 町によると、スーパーは町役場南側の空き店舗をリフォームする予定。店舗の建物面積は約1140平方メートル。
 同町は2017(平成29)年3月に東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が一部地域を除き解除された。コンビニで生鮮食料品や日用品などを販売しているものの、町内で幅広い商品が購入できるよう求める声が町民から上がっていた。
 町と同社は19日に商業環境整備の覚書を締結する。

“浪江に「イオンスーパー」 今夏開店へ、住民の利便性向上期待(福島民友新聞)” の続きを読む

スマホの校内持ち込み容認へ 県が来月 方向性 豪雨災害うけ議論に 広島(HOME広島ホームテレビ)

情報元 : スマホの校内持ち込み容認へ 県が来月 方向性 豪雨災害うけ議論に 広島(HOME広島ホームテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190212-00010005-hometvv-l34
県立高校で原則禁止されているスマートフォンなどの持ち込みを認めるか。来月、県が方向性を示します。
12日の県議会で平川教育長は、今月、開かれる「校長会やPTA代表らによる会議」で協議し、年度内に持ち込みに関して一定の方向性を示したいとしました。去年7月の豪雨災害をうけて、PTA連合会からスマートフォンや携帯電話の持ち込み解禁を要望されたことを踏まえ、県教委は持ち込みを認める方向で協議を進めていました。課題としては学校側が預かる方法や破損したときの責任、家庭でのルール作りなどがあげられています。

“スマホの校内持ち込み容認へ 県が来月 方向性 豪雨災害うけ議論に 広島(HOME広島ホームテレビ)” の続きを読む

高円寺・ルック商店街にメロンパン専門店「メロンドゥメロン」 焼きたてを提供 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 高円寺・ルック商店街にメロンパン専門店「メロンドゥメロン」 焼きたてを提供 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190212-00000027-minkei-l13
 メロンパン専門店「Melondemelon(メロンドゥメロン)新高円寺店」(杉並区高円寺南2)が2月16日、ルック商店街にオープンする。(高円寺経済新聞)人気の「リッチプレーン」 「焼きたてパンで毎日においしさの喜びを」をテーマに、素材にこだわったメロンパンやアップルパイをテークアウトで提供する「メロンドゥメロン」。全国に60店以上をチェーン展開する。
 高円寺に出店した理由について、オーナーの小原さんは「おいしいメロンパンを届けることでお客さまの笑顔を広げたいという思いから出店を決意した。高円寺はお祭りやイベントも多いので、活気あふれる街づくりの一役を担えれば」と話す。
 一番人気は「リッチプレーン」(190円)で、スイス産の発酵バターを使い、カスタードクリームを練りこんだビスケット生地が特徴。そのほか、外も中もチョコの「チョコチョコメロンパン」(210円)、「クロワッサン」(180円)もファンが多いという。
 小原さんは「焼きたてを味わっていただけるように、店で一つ一つ丁寧に焼き上げている。地域の方に必要とされる店にしていければ」と話し、来店を呼び掛ける。
 営業時間は10時~20時。

“高円寺・ルック商店街にメロンパン専門店「メロンドゥメロン」 焼きたてを提供 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

【黄門かわら版】隣県の絆、出会いと別れ(産経新聞)

情報元 : 【黄門かわら版】隣県の絆、出会いと別れ(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00000017-san-l08
 平成28年9月、作詞家、高野公男の没後60年のコンサートが水戸市内で開かれた。無二の親友だった作曲家の船村徹の呼びかけに、北島三郎や船村の門下生らが駆けつけた。茨城と栃木という隣県のよしみで築かれた「男の友情」は、多くのファンの共感と涙を誘った。
 船村は栃木県船生(ふにゅう)村(現在塩谷町)出身。東洋音楽学校(現東京音大)で高野と出会う。笠間市出身の高野は、故郷を思うヒット曲「別れの一本杉」の作詞を手がけた後、26歳という若さでこの世を去った。
 そもそも、2人にはわずか7年間という交友しかない。しかし、売れなかった時代に苦楽をともにしてきたせいか、互いの才能を認め合っていたという。
 作家、瀬戸内みなみさんが船村の晩年にインタビューした「わが人生に悔いなし」(月刊「Hanada」)によると、船村は「高野との出会いがなければ今の自分はなかった」と人生の“相棒”を慕った。茨城出身の高野の言葉は、船村の栃木弁に通じ、お互いが影のようにそばにいたという。「見てろ、今に地方の時代が来る。おれは茨城弁で詩を書く。おまえは栃木弁で作曲しろ」と激励した。
 船村は高野の夭逝をだれよりも悲しんだ。ぽっかり穴が空いたようにショックを受けた。命日には友が眠る笠間に足を運んでは、大衆音楽の普及に努めた濃密な時間を懐かしんだ。享年84。今月16日、船村の三回忌を迎える。 (日出間和貴)

“【黄門かわら版】隣県の絆、出会いと別れ(産経新聞)” の続きを読む

女川再稼働 県民投票条例請求を受理 知事、21日追加提案 (産経新聞)

情報元 : 女川再稼働 県民投票条例請求を受理 知事、21日追加提案 (産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190212-00000000-san-l04
 東北電力女川原子力発電所(女川町、石巻市)に関し、市民団体から再稼働の是非を問う県民投票条例の制定を求める直接請求が、県内有権者11万1743人分の署名とともに村井嘉浩知事宛てに提出されたことについて、村井知事は12日、同日午後に受理したことを明らかにした。
 村井知事は13日開会の県議会2月定例会の追加議案として、代表質問が行われる21日に追加提案すると説明。「県民が法律で決められた権利を行使し、出されたものを精査、受理した。今後は手続きにのっとり、私の意見を付けて議会に諮る」と語った。
 13日午前に県議会各会派に、午後には報道陣に対し、県側が村井知事の付けた意見も示して条例案を説明するという。
 11万人を超える署名が集まったことについて、村井知事は「必要な数(県内有権者数の50分の1)の3倍を集めたことはそれなりに大きな意義がある。しっかりと重く受けとめるべきで、意見の中で言及したい」と語った。

“女川再稼働 県民投票条例請求を受理 知事、21日追加提案 (産経新聞)” の続きを読む

山梨県甲州市で「ひな飾りと桃の花まつり」 (UTYテレビ山梨)

情報元 : 山梨県甲州市で「ひな飾りと桃の花まつり」 (UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00000003-utyv-l19
山梨県甲州市にある国の重要文化財「甘草屋敷」で、江戸時代から現代まで約4000点のひな飾りの展示が始まりました。
ひな飾りの展示は、甲州市の「ひな飾りと桃の花まつり」のイベントとして行われているものです。
メイン会場の甘草屋敷には、江戸時代に流行した浮世絵風の顔立ちが特徴の「古今雛」や御殿の中に人形を飾る「御殿飾り雛」、そしてなじみの深い段飾りまで約4000点が展示されています。
また、11日は琴の演奏も披露され、大勢の人が春の雰囲気を楽しんでいました。
このひな飾りの展示は、4月18日まで行われています。
[UTYテレビ山梨]

“山梨県甲州市で「ひな飾りと桃の花まつり」 (UTYテレビ山梨)” の続きを読む

4月開幕の瀬戸内国際芸術祭を前に…小豆島で一足早く作品披露 香川・小豆島町(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : 4月開幕の瀬戸内国際芸術祭を前に…小豆島で一足早く作品披露 香川・小豆島町(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00010001-ksbv-l37
 今年4月から開催される瀬戸内国際芸術祭を前に、小豆島では一足早く展示作品が関係者にお披露目されました。
 香川県小豆島町の「福武ハウス」には、7つの作品が展示されています。2013年にインドネシアや台湾などアジアの7つの国との交流拠点にしようと、廃校になった小学校の校舎をアートスペースにしました。
 新しい作品の完成に合わせて9日行われたオープニングセレモニーには、プロデューサーの福武總一郎さんや来日したアーティストら約60人が参加しました。
 ジャカルタ出身の国際的なアーティストヘリ・ドノさんの作品は、縦2メートル横3メートルのアクリルキャンパスを10枚使った大作です。
 一般公開は瀬戸芸開幕日の今年4月26日からです。

“4月開幕の瀬戸内国際芸術祭を前に…小豆島で一足早く作品披露 香川・小豆島町(KSB瀬戸内海放送)” の続きを読む

80歳の弁護士、和解金800万円流用の疑い 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)

情報元 : 80歳の弁護士、和解金800万円流用の疑い 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190212-00000001-utyv-l19
山梨県甲府市の80歳の男性弁護士が、裁判で得た和解金を一部の依頼人に支払わず、およそ800万円を私的に使った疑いがあるとして、県弁護士会が懲戒処分に向けた調査に入りました。
懲戒処分の対象となっているのは山梨県弁護士会に所属し、甲府市に事務所がある平出馨弁護士(80)です。
県弁護士会によりますと平出弁護士は去年5月、企業に対し出資金の返還を求めた裁判で和解を成立させましたが、裁判で得たおよそ5000万円の和解金を一部の依頼者に支払っていないということです。
県弁護士会は8人の依頼人の申し出を受け調査した結果、平出弁護士は和解金のうち800万円分を私的に使用した疑いがあると判断し、懲戒処分に向け調査することを決定しました。
弁護士会の調査に平出弁護士は、和解金の未払いを認め、「借金返済に充てた」などと説明しているということです。
[UTYテレビ山梨]

“80歳の弁護士、和解金800万円流用の疑い 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)” の続きを読む

ブルーメの丘、ミニブタふれあい中止 豚コレラ対策で(京都新聞)

情報元 : ブルーメの丘、ミニブタふれあい中止 豚コレラ対策で(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00000014-kyt-l25
 滋賀県近江八幡市内で豚コレラ感染が確認されたのを受け、ミニブタを飼育している日野町西大路の滋賀農業公園「ブルーメの丘」は、感染防止の取り組みを進めている。ミニブタのふれあい体験を中止したほか、来園者用の消毒マットや看板も設置して注意を呼び掛けている。
 園内の動物ふれあい施設「みにまるランド」では、ミニブタ3頭を飼育している。普段は放牧もしているが、同市で豚コレラの発生が確認されて以降、室内のみでの公開に切り替えた。来園者がウイルスの付いた手で触れるのを防ぐため、ブタの飼育スペースの前に柵も設置した。餌やり体験も中止している。
 園の入場口とランドの入り口には、消毒液をひたしたマットを用意。靴底や車いすの車輪などの消毒を促す看板も設置した。当面の間は対策を続ける予定で、同園の担当者は「ミニブタたちが病気にならないよう来園者にもご協力をお願いしたい」と話している。

“ブルーメの丘、ミニブタふれあい中止 豚コレラ対策で(京都新聞)” の続きを読む